Webライターは儲からない?!平均年収と高収入を得る人の特徴を解説!

Webライターは儲からない?!平均年収と高収入を得る人の特徴を解説!

「Webライターって儲からないって聞くけど、実際どうなの?」
「未経験から始めて稼げるようになるのか?」
「もうWebライターで稼げる時代は終わったって聞いたけど?今からだと遅くない?」

数年前、個人ブログが流行った時代に、とても魅力的に思えたWebライター。

しかし最近では「今からWebライター始めるのって遅いよね。」という風潮があり、いつのまにか「儲からない」とレッテルを貼られました

結論から言って、まだまだWebライターの需要は高いですが、実際どこまで儲かるのか気になりますよね。

そこでこの記事では「Webライターがどれだけお金を稼げるのか」「平均年収・最高年収はどれぐらいなのか」を解説しています。

また、Webライターで稼げる人の4つの特徴も説明しているので、気になる方はぜひ参考にしてくださいね。

Webライターは儲からない?年収には格差がある

第二新卒とは?いつまで使えるの?転職を成功させるコツを解説!

Webライターは一概に儲からないとは言えず、年収には大きな格差があります

つまり、スキルの高いライターは多くの収入を稼ぎますが、経験の乏しいライターは儲からないのが現状です。

フリーランス(個人事業主)という職業形態は「スキルがないと稼げない」が鉄則。「Webライター儲からない」という人は単純にスキルがない人と言えるでしょう。

発注者から求められるには「数字で結果を出した実績」や「SNSでの拡散力」が必要になるので、まずは経験を積むのが最優先ですね。

経験を積んだ先に、Webライターとして稼げる未来が待っています。

ライターにおすすめ転職サイト・エージェントランキング

Webライターがお金を稼ぐ案件の内容

Webライターがどうやってお金を稼いでいるか、受注する案件の内容を解説します。

具体的には、以下の3つのように定められています。

  • 原稿料が決められている
  • 文字単価が決められている
  • 時給単価が決められている

それぞれの形態について、詳しく解説します。

原稿料が決められている

Webライターの案件では、1記事当たりの原稿料が決まっている形式があります。

実際の案件をまとめると、以下のようになります。

案件レベル 1記事当たりの原稿料
初心者用の案件 1000円程度
一般の案件 1000円~1万円
スキルが必要になる案件 1万円~10万円
ハイレベルな案件 10万円~50万円

ライティング案件は経験実績があるほど稼げる仕組みになっており、逆に言えば経験の浅いライターは儲かりません。

ただし、専門性の高い法律系の記事などは書ける人が少ないので、経験が浅くても高単価の受注ができることがあります。

経験を積んで1記事10万円の案件を受注できれば、月に10本の受注で月収100万円が達成できることもありますね。

文字単価が決められている

Webライターの案件では、1文字あたりの文字単価が決まっている形式もあります。

実際の文字単価は、以下のようになります。

案件レベル 1文字あたりの文字単価
初心者でも受注できる案件 0.1円~1円
スキルが必要な案件 1円~3円
ハイレベルな案件 3円以上

フリーライターがよく利用するクラウドソーシングでは、文字単価が設定された案件がほとんどです。

クラウドソーシングとは、案件が紹介されているサイトのことで、Webライターはこのサイトからやりたい案件を選択して受注するのが一般的な流れ。

文字単価設定の案件を受注するなら、文字単価1円以上のライティングを受注するのがオススメです。

文字単価1円なので、10000字書ければ日給1万円。月収で計算すると20万円(土日を休む場合)になります。

本業としてはイマイチですが、副業としてはまあまあでしょう。この経験を積んでいくことで月収を50万円まで上げることも可能ですし。

ただし、ある程度ライターとしての経験がないと、1日に10000字の記事を作るのは至難の業です。

安定して1日に10000字書けるようになるには、少なくとも1~2か月の修業が必要になるでしょう。

時給単価が決められている

Webライラ―の案件では、時給単価が設定されている形式もあります。フリーのWebライターではあまりないですが。

時給単価は外部のライターに業務委託する場合に用いられ、時給の目安は1500~5000円程度です。

時給単価形式もライターのスキルによって報酬が変動するので、一貫してWebライターとしての経験・実績がモノを言うのが分かりますね

Webライターの平均年収

ビズリーチに年収制限はある?ハイクラス向け転職サービス会員の平均年収は?

Webライターの平均年収を、フリーランスと企業の正社員に分けて解説します。

儲からないといわれているWebライターが、実際どれくらいの収入を得ているのか、確認してみましょう。

まったり人間でもフリーランスとして生計を立てられている7つの理由

フリーランス(個人事業主)Webライターの年収

フリーランス(個人事業主)Webライターの平均年収は、260万円~550万円です。月収にすると、21万円~46万円ほどですね。

具体的に表にまとめると、以下のようになります。

年収 割合
200万円未満 32.0%
200万円~400万円 26.9%
400万円~600万円 21.5%
600万円~800万円 8.2%
800万円~1000万円 5.5%
1000万円~1200万円 2.3%
その他 3.6%

※出典:「フリーランス白書 2019」(文筆系)

フリーライターの3人に1人がライター年収200万円未満であり、600万円をこえるのは5人に1人です。

ただし、フリーランスという形態上、働き方がおのおので違うので、年収に差があるのは当然。

年収200万円未満の中には、副業としてWebライターを続けている方も多くいるでしょう。

逆に、Web業界でも有名なライターの中には、年収2000万円以上の方もいます。

「Webライターは年収〇〇円です!」と断言はできませんが、優秀なスキルを持つ人が稼げることは間違いないですね。

【2020年最新版】日本の年収の中央値は240~456万円!中央値と平均は何が違う?

正社員Webライターの年収

企業の正社員としてWebライターを務めている方の平均年収は、480万円~550万円です。

フリーライターと違って年収が収束しているので、収入を把握しやすいですね。Webライターの市場価値は年収500万円程度と言えるでしょう。

また、Webライターにも種類があり「取扱説明書などのライティングを専門とするテクニカルライター」と「広告のキャッチコピー専門のコピーライター」の2つがあります。

2つのライターでいえば、年収はコピーライターの方が50万円ほど高いので、企業に勤めるならコピーライターの方がオススメですね。

Webライターで高収入を得る人の4つの特徴

事務職は職場でいらない?理由と自己価値を高める方法を解説します

では、Webライターで高収入を得る人は、普通のライターと何が違うのでしょうか。

収入の高いWebライターの特徴は、以下の4つです。

  • ライティングスキルが最高峰
  • 専門性の高い記事を書ける
  • 有名で拡散力がある
  • 新サービスや経済の最新情報に詳しい

それぞれの特徴について、詳しく解説します。

20代で手取り15万~20万円って普通?平均年収と今より収入を上げるコツ!

ライティングスキルが最高峰

高収入を稼ぐWebライターは、最高峰のライティングスキルを持っています

最高峰のライティングスキルとは、ユーザーの知りたい情報に的確に答えており、なおかつ数字で結果を出すスキルです。

単純な話ですが、野球選手なら毎打席ホームランを打つ選手は重宝されますし、世界大会16連覇するようなレスリング選手は非常に価値がありますよね。

各フィールドで最高の人材が活躍するように、Webライターでは良質な記事を作ることが「最高」とされます。

ただし、ライティングスキルは一朝一夕で極められるものではないので、地道な努力を続けた方にしか身につきません

継続的にコツコツ努力することが、一番の近道と言えますね。

専門性の高い記事を書ける

専門性の高い内容で記事を書けるライターは、高収入を稼げます。

Webライティングでは、法律・医療・健康などなど、専門的な知識がないと作成できないコンテンツはたくさんあります。

これらの難しいジャンルで記事を作れる方は、メディア事業を行う企業からの需要が高いです。書ける人が少ないので。

Webライターで稼ぎたいなら、ライティングスキルを学ぶと同時に、専門性の高い内容を2,3個勉強するのも良いかもしれませんね。

有名で拡散力がある

高収入を稼ぐWebライターは、有名で拡散力を持っていることが多いです。

最近ではSNSの普及によって、情報の発信・閲覧が容易にできるようになりましたよね。

Webライターの目的は、書いた記事をたくさんのユーザーに見てもらうことなので、情報を拡散できるライターは需要が高いです。

今までは、情報発信の場が個人ブログや書き込みサイトなど、Web上にしかありませんでしたが、今はアプリをタップするだけで共有できます。

特に、WebライティングはTwitterと相性が良く、Twitterで多くのフォロワーを持っている人たちは高報酬案件の受注が可能

稼げるWebライターになりたいなら、SNSアカウントも併用して大きくする必要がありますね。

新サービスや経済の最新情報に詳しい

企業からの新サービスや経済情報などの最新情報に詳しい人は、Webライターとして高収入を得ることができます。

専門性の高い内容を書けるのと同じように、世の中が知らない情報を書けることは非常に価値があります。

例えば、中国が自動運転のバスを実用化している、Amazonが無人コンビニをオープンした、などなど。

経済でいえば、2020年11月20日現在で需要が高いのは、コロナのニュースやアメリカの大統領選挙などでしょう。

これらの内容はニュース記事にでき、知りたいユーザーも多いため、高単価の案件を受注できますね。

Webライターで稼ぐための3つのポイント

40代の転職で苦労する人の特徴と乗り越えるための対策を解説!

Webライターで稼ぐために意識すべき3つのポイントは、以下の3つです。

  • 文字単価1円以上の案件を受注する
  • ジャンルを一つに絞らない
  • ライティングは継続がカギ

それぞれのポイントについて、詳しく解説します。

文字単価1円以上の案件を受注する

フリーライターの案件受注は文字単価のモノが一般的ですが、文字単価1円以上の案件を受注するのがオススメです。

1円を下回る案件では、やっとの思いで10000字書いても報酬の少なさに落ち込んでしまうからです。

一度「いや頑張ったのに報酬少なくね?」と感じると、おそらく短期間でライターを辞めてしまうでしょう。

ライティングは継続する必要があるので、モチベーションにつながる高単価の案件を選ぶようにしましょう。

ただし、ライティング経験が浅いうちに文字単価2円以上の案件は受注できないので、やはり1円を目安にしてくださいね。

ジャンルを1つに絞らない

Webライターで稼げるようになるなら、自分の得意なジャンルだけに絞らないようにしましょう。

初心者Webライターにありがちなのが、内容に興味のある案件しか探さないこと。

ネット記事の需要は「ライターが書きたいものではなくユーザーが知りたいもの」にあります。

ただし、Webライター初心者として初めて案件を受注するなら、自分の好きなジャンルでも構いません。

注意すべきなのは、最初から「このジャンルに絞るぞ」と決めてしまうことです。ライターとして高収入を得たいなら、これはNG。

最低でも2,3個くらい得意ジャンルを作っておくと、Webライターとして稼げる未来に繋がりますね。

ライティングは継続がカギ

高収入Webライターに必要なライティングスキルは、継続することでしか身につきません。地道に努力し続けた人のみが報われる世界です。

また、ライティングは基本的に地味な作業なので、他の分野より継続が難しいでしょう。

今までの経験から「継続的なことが苦手だ」という方は、Webライターを目指す前にもう一度考えた方が良いですね。

Webライターは副業でもできる

儲かる仕事おすすめ10選!高収入を目指せる職業・副業を紹介!

Webライターは、副業もかなりメジャーになってきた職業です。

ライター業務は、パソコンとネット環境さえあればできる業務。場所と時間を自由に選べるという点で、副業に適した職業と言えます。

ライティングのプロでなくとも、土日に2つの案件を受注して日給1万円もらえれば、月に8万円の収入になります。

更に経験を積んでいけば、日給2万円なら月に16万円の副業収入。副業としては十分でしょう。

ただ、納期に追われることで平日と休日の区別をつけづらく、土日にリラックスできないこともあるので注意が必要ですね。

未経験からWebライターを目指すなら

就職しやすい職業を知りたい!学歴不問・未経験OKの仕事とは?

未経験からWebライターを目指すなら、まずはWebライターのアルバイトを始めるのがオススメです。

Webライターのアルバイトを推す理由は、以下の3つです。

  • ライティングのプロからノウハウを吸収できる
  • 会社のお金でサイトを運営できる
  • 給料が貰える

どれもライティングを独学でやっていたら不可能なことで、成長スピードも格段に変わります

最近では、Web関連のスキルを身に付けるためのスクールも多くありますが、もちろんすべて有料サービスです。

どう考えても、実戦で学びながら給料をもらえるアルバイトのほうが、メリットが大きいですよね。

未経験からWebライターを目指すなら、まずはライターアルバイトを募集している求人を探しましょう。

Webライターで儲からない人はスキルのない人

SEから別業界へ転職できる方法と業界について徹底解説!

「もうWebライターは儲からない。」と言われる時代ですが、実際は年収に格差があるのが現状です。

きっぱり言えるのは「儲からない人はスキルがない」ということで、逆に言うと、スキルを身に付ければ誰でも高収入Webライターになれます

働き方によっても収入は変わってくるので、Webライターを「本業・副業のどちらにするべきなのか」「自分にはどちらが合っているのか」を検討しましょう。

また、たとえWebライターを本業にしようと思っても、収入の目途がつくまでは本業を退職することは控えてくださいね。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件