未経験でもライターに転職できる?いきなりフリーランスで稼げる?

未経験でもライターに転職できる?いきなりフリーランスで稼げる?

ライターは大きく「紙」と「WEB」に分けられて、近年はインターネットが普及してきたことで「WEBライター」が主流になります。

そんなWEBライターはサラリーマンの副業としての人気が高く、「ライターに転職したい」と思っている方も多いと思います。

しかしライターという職業は未知な部分が多いため、「未経験でも転職できるの?」と不安になっている方が多いのではないでしょうか?

この記事では未経験からライターに転職するポイントや、フリーランスについて解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

未経験からでもライターに転職できる

ライターへ転職したいと持っている方の多くが「未経験でも転職できるのかな?」と不安に感じていると思います。

結論からお伝えすると、未経験でも転職できます。

未経験でも転職できる理由はさまざまあるのですが、ライターは特別なスキルを必要としない職業です。

依頼された内容に沿って文章を書く仕事になるため、未経験でも転職が可能です。

さらに日本に在籍しているライターが依頼されるのは「日本語」の記事です。

日常的に使用している日本語を文章として文字化することがライターなので、特別な資格などは一切必要ありません。

そのため「未経験でも転職できるのかな?」と不安に感じることはありません。

企業によっては未経験可で採用枠を出している

転職市場ではどの業界でも「経験者」が優遇されます。

経験者の方が即戦力で働くことができますし、中途採用にはぴったりだと思います。

しかし、求人を出している全ての企業が経験者を求めているわけではありません。

企業によっては未経験可で採用枠を出していることがあります。

ライターは特別な資格を必要としない職業になるため、未経験で採用してもすぐに即戦力の人材になります。

そのため企業は未経験可で採用枠を出しているのでしょう。

経験者だと希望給与が合わないから

上記でお伝えしたように企業によっては未経験可で採用枠を出しているのですが、その理由として給与が安いからと考えられます。

経験者と未経験者を同じ給与で採用することはできないと思いますし、経験者は経験者なりの給与を希望します。

そのため給与が安く採用できる未経験者を求める企業があります。

「給与が安いのか…」と不満に感じるかもしれませんが、転職後に給与アップさせることは可能です。

未経験からでもライターに転職する6つのポイント

上記でお伝えしたようにライターは未経験からでも転職することが可能です。

しかし簡単に転職できるわけではありません。

未経験からでも希望通りに転職するためには、いくつかのポイントをおさえて転職活動をする必要があります。

未経験からライターに転職する際に、おさえておきたい6つのポイントをご紹介します。

文章力があることをアピールする

1つ目のポイントが「文章力があることをアピールする」ということです。

ライターに転職する際は何かアピールすることが大切になります。

経験者であれば実績などをアピールできるのですが、未経験の場合は実績をアピールできません。

そのため未経験の場合は「文章力」があることをアピールしましょう。

何度もお伝えしていますが、ライターは文章を書くことが仕事になるため、文章力はなくてはならないスキルです。

未経験でも必要になるスキルを持っていると、採用される可能性が高まります。

企業に出す文書はできればコピペは使わない

2つ目のポイントは「企業に出す文書はできればコピペを使わない」ということです。

未経験でライターへ転職する際は「テストライティング」として、企業に自身が書いた文書を提出しなくてはいけない場合があります。

その文書はできるだけコピペを使わないようにしましょう。

コピペとはすでにあるサイトの記事をそのまま自分の記事として書くことになります。ライターとしてコピペは禁止事項になるので、できるだけ使わないようにしましょう。

ライター登録して案件を通して経験を積む

3つ目のポイントは「ライター登録して案件を通して経験を積む」ということです。

未経験よりも経験者の方が確実に優遇されるため、転職する前に経験を積むことも1つの方法になります。

未経験でも案件を受注することが可能で、お金を稼ぎながら経験を積むことができます。

ライターとして案件を受注する場合は、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサイトに登録しましょう。

ライター登録することで未経験でも案件でも受注できます。

経験を積むということを第一優先にして、単価などはあまり気にしないでおきましょう。

Web関連の企業でライター職を目指す

4つ目のポイントが「Web関連の企業のライター職を目指す」ということです。

「WEBライター=フリーランス」と思われている方が多いと思いますが、企業に勤めているライターも多いです。

Web関連の企業ではライター求人を出していることが多く、その企業に転職することで正社員のライター職になれます。

未経験でも企業のライター職に転職できるかどうかは、求人次第になります。

未経験からでもWeb関連の企業でライター職を目指すことは可能です。

リサーチ力を磨く

5つ目のポイントが「リサーチ力を磨く」ということです。

ライターはクライアントに依頼された内容に沿って文章を書く仕事になるため、リサーチ力が必要になります。

自身が無知な内容ほどリサーチ力が必要になり、リサーチ力で記事の質も変わってきます。

未経験の場合はSEOに関する知識や日本語力を身に付けようと思いますが、未経験ほどリサーチ力が大切です。

WEBライターの始め方と必要な準備を徹底解説!

転職エージェントを活用する

6つ目のポイントが「転職エージェントを活用する」ということです。

経験者・未経験者に関わらず、転職する際は転職エージェントを活用することが大切になります。

転職エージェントを活用することで、未経験でも転職しやすく、スムーズに採用してもらいやすいです。

さらに求人紹介から面接対策まで転職に関することは、幅広くサポートしてくれます。

そして転職エージェントは全て無料で利用できるので、未経験でライターへ転職する際は必ず活用しましょう。

ライターにおすすめ転職サイト・エージェントランキング

未経験からでも最初からフリーランス転職できる?

ライターには大きく「フリーランス」と「企業に勤めている方」に分けることができます。

どちらの形でもライターになるため、フリーランス転職するべきなのか、企業に転職するべきなのか悩まれることが多いと思います。

結論からお伝えすると、未経験でもフリーランス転職することは可能です。

また、フリーランスには採用不採用がないため、希望することで必ずフリーランスライターになれます。

未経験からフリーランス転職することについて詳しく解説していきます。

フリーランスになるには経験が重要

未経験でもフリーランス転職することは可能なのですが、フリーランスでお金を稼いで行くためには「経験」が重要になります。

案件を発注するクライアントの気持ちを考えてみてください。

未経験のフリーランスライターとライターを抱えている企業、どちらに発注しますか?

多くの方がライターを抱えている企業だと答えると思います。

しかし、経験が豊富なフリーランスライターとライターを抱えている企業だと、意見は偏らないと思います。

これほどフリーランスには「経験」が重要になります。

案件単価が安いので数をこなす必要がある

未経験でフリーランス転職した場合は、案件単価が安いです。

ライターは文字単価が多いのですが、1文字0.3円〜0.5円の案件が多いです。

2,000文字の記事を書いても600円〜1,000にしかなりません。

そのため未経験でフリーランス転職した場合は、数をこなす必要があります。

数をこなさなければ経験も積めませんし、そもそも生活することも難しいでしょう。

経験を積んで行くと1文字1円以上の案件を受注できると思いますが、未経験フリーランスの場合は0.3円〜0.5円の案件が多いと思います。

未経験者のできる仕事は限られている

未経験者の場合はできる仕事が限られています。

特別な資格が必要ない職業とはいえ経験者でないと受注できない案件があり、未経験者ではなかなか案件を選ぶこともできないと思います。

そのため無知なジャンルの案件を受注しなくてはいけない場合もあり、初めは1記事にかかる時間も長いでしょう。

しかし、それは仕方ないです。

不得意なジャンルを書くことで経験が豊富になるので、できる仕事を積極的にしていくことが大切になります。

Webライターは儲からない?!平均年収と高収入を得る人の特徴を解説!

ランサーズなどの案件紹介サービスから手を付ける

フリーランス転職した場合は、上記でお伝えした「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサイトから手を付けましょう。

直接企業に営業をかけても、未経験の場合は契約してくれません。

しかし、ランサーズなどのクラウドソーシングサイトは未経験可の案件も多く、未経験でも仕事を受注できます。

未経験からフリーランス転職した場合は、サンラーズなどのクラウドソーシングサイトをうまく活用しましょう。

現職と並行しながら少しずつ経験を積む

フリーランスライターを目指す場合は、現職と並行しながら少しづつ経験を積むことをおすすめします。

未経験でいきなりフリーランス転職してもなかなかお金を稼ぐことができません。

ライターはPCとインターネット環境があれば取り組める職業になるので、現職と並行しながらでも十分経験をつけると思います。

しかし「副業」になるので会社の規約などには十分注意してください。副業がOKな場合は現職と並行して経験を積むことをおすすめします。

ライターの仕事はつらい?よくある悩みと解決方法

未経験でライターに転職したい方向けの転職サイト・エージェント

上記でもお伝えしましたが、未経験でライターへ転職する場合は転職サイト・エージェントのサービスを活用することが大切になります。

しかし、日本国内にはさまざまな転職サイト・エージェントがあるため「どのサービスが良いんだろう?」と悩まれると思います。

そこで未経験からライターへ転職する際に、おすすめの転職サイト・エージェントを3社ご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

1つ目が「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは大手人材会社リクルートグループが運営している総合型の転職エージェントです。

業界屈指の転職支援実績を誇り、充実したサポート体制が整っています。

ライターの転職に特化しているわけではないのですが、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、ライターの転職に精通している方が手厚くサポートしてくれます。

そしてリクルートエージェントでは、20万件以上の求人を取り扱っています。

そのためライターの求人も多数取り扱っているでしょう。

リクルートエージェント詳細ページ

doda

doda

2つ目が「doda」です。

dodaは業界最大級の転職支援サイトで550万人の登録者を誇ります。総合型の転職支援サイトで、dodaに登録することで転職サイトと転職エージェントのサービスを受けることができます。

さらに業界最大級の転職支援サイトになるため、転職を成功させるノウハウを持っています。

そのノウハウを駆使して転職をサポートしてくれるため、未経験でもライターへ転職しやすいでしょう。

そしてスカウトサービスもあるため、企業側から転職者にスカウトする場合もあります。

doda詳細ページ

エン転職

エン転職

3つ目が「エン転職」です。

エン転職は総合型の転職サイトで、テレビCMをやっていることから高い知名度を誇ります。

転職サイトになるためキャリアアドバイザーのサポートはないのですが、転職者からの満足度は高く、求人の質が好評です。

掲載している1社1社をエン転職のスタッフが独占取材しているため、信頼できる情報が掲載されています。

ライターの求人も多数取り扱っていて、「自分で求人を検索したい」という方にはen転職がぴったりでしょう。

エン転職詳細ページ

ライターにおすすめ転職サイト・エージェントランキング

未経験からでもコツコツ経験を積んで転職しよう

この記事では未経験からライターに転職することについてお伝えしましたが、未経験からでもライターへ転職することは可能です。

ただし未経験の場合は、簡単に転職できるわけではありません。

そのため上記でお伝えしたポイントをおさえながら転職活動をしてください。

また未経験の場合はコツコツ経験を積んで転職する方法もあります。

少しでも希望通りに転職したい方は、現職と並行してライターの経験を積むことをおすすめします。

そして転職する場合は転職サイト・エージェントのサービスをフルに活用しましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件