ライターの仕事はつらい?よくある悩みと解決方法

ライターの仕事はつらい?よくある悩みと解決方法

パソコンとインターネット環境があれば仕事ができる「ライター」という職業は、「しんどくなさそう」「楽に仕事ができそう」と思われることが多いです。

実際にライターへ「転職したいな」と思っている方は多いのではないでしょうか?

しかし、実際はそんな楽な仕事ではありません。

パソコンとインターネット環境があればできる仕事だからこそ、つらいと感じることもあります。

この記事ではライターの良くある悩みや悩みを解決する方法をご紹介します。

ライターへの転職を考えている方は参考にしてみてください。

実録!つらいと感じるライターのよくある悩み

上記でもお伝えしたようにライターは「つらい」と感じることが多いです。

しかし、ライター経験のない方からすると、「何がつらいの?」と疑問だと思います。

そこでつらいと感じるライターのよくある悩みを解説していきます。

ライターへの転職を後悔しないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

未経験からの転職が難しい

1つ目の悩みが「未経験からの転職が難しい」ということです。

ライターへ転職するためには、まず求人を探す必要があります。

しかしライターの求人は少なく、中途採用している企業はそう多くありません。

新卒の未経験の場合は入社することが可能ですが、中途採用の未経験の場合は難しいです。

またライターの仕事は「ただ文字を書くだけでしょう?」「簡単そう」と思われることが多いのですが、ある程度の専門性を必要になります。

そのため中途採用として転職する際には、即戦力の力が必要になり未経験での転職は難しくなります。

1記事にかける時間配分がわからない

2つ目の悩みが「1記事にかける時間配分がわからない」ということです。

基本的にライターは依頼された内容に沿って文章を書くことが仕事になり、文章を書くために取材をしたり調査をしたり依頼された内容の情報を収集します。

一見簡単そうに見えますが、1記事にかかる時間配分が明確ではありません。

情報収集に時間がかかるかもしれませんし、文章を書いている途中に内容がズレていることに気付き、全て書き直すことになることもあります。

1記事にかける時間配分が明確でないことは、ライターのつらい悩みになるでしょう。

PCを使うので腱鞘炎になりやすい

3つ目の悩みが「腱鞘炎になりやすい」ということです。

ライターの仕事は大きく「紙」と「Web」に分けることができるのですが、近年はインターネットが普及していることで「Webライター」が主流になります。

WebライターはPCを使って文章を書くため、腱鞘炎になりやすいです。

腱鞘炎とは腱鞘と腱がこすれ合って炎症を起こす病気で、手首・指の使いすぎが原因になります。

イメージできると思いますが、PCで文章を書くためには、手首と指を使う必要があるため腱鞘炎を起こしやすくなります。

腱鞘炎になると、私生活にも影響が出てしまい、つらいと感じることが多くなります。

記事の質がぶれるとメンタルにくる

4つ目が「生地の質がぶれるとメンタルにくる」ということです。

ライターは記事を書くことが仕事になるため、記事の質によって評価が変わります。

質の良い記事を書き続けることがライターの理想になるため、少しでも記事の質がぶれるとメンタルにきます。

さらにライターは「個」で働くことが多いため、よりメンタル的に追いこまわれることがあります。

どの仕事においてもメンタルにくることはあると思いますが、その中でもライターはメンタルにきやすい仕事でしょう。

納期が重なると日程調整に苦しむ

5つ目の悩みが「納期が重なると日程調整に苦しむ」ということです。

上記でもお伝えしたようにライターの仕事は依頼を受けて記事を書いて納品するという流れになります。

そのためどの記事にも「納期」があります。ライターとして仕事をしている以上は、納期を守ることは前提条件です。

その納期のタイミングが重なることで、日程調整に苦しみます。

納期を守るためには休みを返上することになり、また納期の近い記事から執筆していくと他の記事も納期が迫ってきます。

そして予定していた日程とは違う日程で働くことになります。

ライターにとって納期が重なることはつらいと感じる悩みでしょう。

記事制作に慣れていないと労働時間が長くなる

6つ目が「記事制作に慣れていないと労働時間が長くなる」ということです。

記事制作に慣れるまでは、一般的に数時間で執筆できる記事が1日、2日とかかってしまうことがあります。

慣れるまでは仕方ないことなのですが、納期は決められています。

納期を守るためには、労働時間を長くするしかありません。

納期が決められている以上は、労働時間が長くなる事は覚悟しておく必要があります。

しかし記事制作に慣れてしまえば、労働時間が長くなることは少なくなるでしょう。

希望通りの案件を見つけづらい

7つ目の悩みが「希望通りに案件を見つけづらい」ということです。

ライターは依頼された内容に沿って文章を書く仕事になるので、自分が書きやすい内容と書きにく内容があります。

そのため多くのライターが書きやすい内容の案件を受けたいと思います。

しかし、そう簡単に希望通りの案件を見つけることができません。

案件は世の中にたくさんあると思いますが、ライターもたくさんいるため希望している案件だけを書くことは難しいです。

希望通りでない案件ほど、上記でお伝えした労働時間が長くなったり、1記事にかける時間配分がわからなくなるでしょう。

個人で仕事を受けると低い単価からスタートになる

8つ目の悩みが「個人で仕事を受けると低い単価からのスタートになる」ということです。

ライターには企業に勤めている方とフリーランスで働いている方がいます。

この悩みはフリーランスで働いている方が対象になるのですが、低い単価から仕事がスタートします。

特に経験の浅いライターの場合は、より低い単価でスタートすることになるでしょう。

ただし、経験を積んでいくことで単価はアップできます。あくまでスタート時点での単価になります。

クライアントと連絡が途絶えることもある

9つ目の悩みが「クライアントと連絡が途絶えることもある」ということです。

基本的には契約書を結んでライターとしての仕事を受けるのですが、SNSやブログなどから直接依頼が来たときは、契約書を結ばずに仕事を受けることがあります。

契約書を結んでいない場合は、クライアントに飛ばれる可能性があります。

記事を納品するとクライアントと連絡が取れなくなることがあります。

企業に勤めてライターの方は大丈夫だと思いますが、フリーランスで働いている方は必ず契約書を結ぶようにしましょう。

フリーランスなら確定申告が面倒くさい

10個目の悩みが「確定申告が面倒くさい」ということです。

こちらの悩みもフリーランスで働いている方が対象になるのですが、フリーランスは個人事業主になるため、確定申告を自分でする必要があります。

日頃からレシートや領収書の管理をしておかなければ、より面倒なことになるでしょう。

確定申告の仕組みにさえ慣れてしまえば面倒に感じることも少なくなると思うのですが、慣れるまでは面倒でしょう。

確定申告は「面倒だからやらない」ということはできないため、フリーランスライターがつらいと感じる悩みになるでしょう。

Webライターは儲からない?!平均年収と高収入を得る人の特徴を解説!

ライターのよくある悩みを解決する4つの方法

ライターのよくある悩みをお伝えしてきましたが、多くの悩みは解決できます。

悩みを解決することで「つらい」を感じることも少なくなるでしょう。

悩みを解決できる方法を4つご紹介するので、ライターへの転職を考えている方は参考にしてみてください。

ライターになる前にランサーズで経験値を積む

1つ目の方法が「ライターになる前にランサーズで経験値を積む」ということです。

ランサーズとは、インターネットを介してライターとクライアントをマッチングするサービスになります。

ランサーズ株式会社が運営しているクラウドソーシングサービスで、多くのフリーランスライターが利用しています。

このランサーズを利用してライターとしての経験値を積みましょう。

ライターに転職する前にランサーズで経験値を積むことで悩みの多くは解決できます。

ランサーズは未経験でも利用可能になるので、まずはランサーズを利用してみてください。

記事の時間配分を考えながらライティングする

2つ目の方法が「記事の時間配分を考えながらライティングする」ということです。

記事の時間配分を考えながらライティングすることで、1記事にかかる時間も明確になり、スムーズにライティングしやすくなります。

また時間を決めることで自分に足りていない部分を知ることができます。

情報収集に時間がかかっているのか、文章を書くことに時間がかかっているのか、ライターとして成長するためにも記事の時間配分を考えることは大切になります。

得意なジャンルを見極めてみる

3つ目の方法が「得意なジャンルを見極めてみる」ということです。

上記でもお伝えしましたが、ライターには書きやすい内容と書きにくい内容があると思います。

ベテランライターになれば、どのジャンルでも質の良い記事を書けると思いますが、転職したばかりだと得意・不得意があると思います。

そのためどのジャンルが得意でどのジャンルが不得意か見極めることが大切になります。

得意なジャンルを見極めることで、記事の執筆時間も長くならずに1つのジャンルを極めることができます。

ライターへ転職したばかりの場合は、得意なジャンルを見極めてそのジャンルを極めるようにしましょう。

自社メディアを運営する企業に転職してみる

4つ目の方法が「自社メディアを運営する企業に転職する」ということです。

上記ではクライアントから仕事を受けることでの悩みをお伝えしてきましたが、自社メディアを運営する企業に転職することでクライアントという概念がなくなります。

自社メディアのライターとして仕事をしていくため、1つのジャンルについて書くことも可能です。

ただし、自社メディアを運営している企業へ転職することは難しいため、まずはサンラーズで経験値を積むことをおすすめします。

ライター職への転職でおすすめな転職サイト・エージェント

ライターへ転職する際に自分の力だけで転職しようとする方が多いのですが、転職サイト・エージェントのサービスを利用した方が転職活動がスムーズに進みやすいです。

ただし、転職サイト・エージェントは国内に数多くあるため、「どのサービスが良いんだろう?」と悩むと思います。

そこでライターにおすすめの転職サイト・エージェントをご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは大手人材会社リクルートグループが運営している転職エージェントで、業界最大級の転職支援実績を誇ります。

さらにリクルートグループで培った転職ノウハウを駆使してサポートしてくれるため、ライターへの転職成功率を高めることができます。

そんなリクルートエージェントは業界No.1の求人数を誇ります。

その数は非公開求人も含めて20万件以上です。

20万件以上の求人を取り扱っていれば、ライターの求人も自ずと多くなるでしょう。

圧倒的な求人数の中から希望するものを探したい場合は、リクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェント詳細ページ

doda

doda

dodaは業界最大手の転職支援サイトで550万人もの登録者を誇ります。

dodaでは転職サイト・転職エージェントのサービスが1つになっているため、両方のサービスを受けることができます。

自分で求人を検索することも可能ですし、キャリアアドバイザーから紹介してもらうことも可能です。

そんなdodaでは各業界に精通しているキャリアアドバイザーが在籍しています。

そのため各業界ならではの質の高いサポートをしてくれます。サポート力を重視したい方は、dodaがおすすめです。

doda詳細ページ

ライターならではの悩みと解決法を知って挑戦するか決めよう

この記事ではライターがつらいと感じている悩みと解決法をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

ライターに限らず異業種へ転職する際は、その職業ならではの悩みや解決法を把握することが大切になります。

把握せずに転職してしまうと転職したことを後悔してしまいます。

上記でお伝えしたライターならではのつらい悩みや解決法を把握したうえで、転職するか決めるようにしましょう。

そして転職する際は転職サイト・エージェントを活用するようにしましょう。

ライターにおすすめ転職サイト・エージェントランキング

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件