新卒で「使えない」と思われないために必要なことを徹底解説

新卒で「使えない」と思われないために必要なことを徹底解説

大学生から社会人になるときにはわからないことが多く、さまざまな不安を抱えると思います。

その不安の1つに「この新卒、使えないなと思われないかな…」ということがあるのではないでしょうか?

この記事では、新卒で使えないと思われないために必要なことを解説します。

「使える新卒」と思ってもらえるためにすべきことなどもご紹介しているので、社会人になることに不安を抱えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

新卒は「使えない」と思われることが多い?

新卒は先輩社員から、「使えない」と思われることが多いです。

「社会人としての経験が浅いから、使えないと思われても仕方ない」と思われるかもしれませんが、先輩社員は「経験が浅い」ということを理解したうえで、使えないと感じています。

新卒として求められることができていれば、使えないと思われることはありません。

実際に求められていることができている方は、使えないと思われていないです。

社会人として早く活躍したい方は、「使えない新卒」と思われないようにすべきです。

新卒で使えないと思われないために必要なこと

新卒で使えないと思われないためには、いくつか抑えておきたいことがあります。

1つでも多くのことを抑えていれば、使えない新卒と思われる可能性は低くなります。

使えないと思われることがないように、下記で記載している内容を参考にしてみてください。

社会人としての自覚を持つ

新卒は社会人になって間もないため、学生気分が抜けていない方が多いです。

学生気分のまま社会人になってしまったことから、使えないと思われることがあるので、社会人としての自覚を持つことが大切になります。

社会人としての自覚を持つということは、不明確な部分が多いので、「自分の行動で会社に迷惑をかける」と考えることをおすすめします。

このように考えて行動していれば、自ずと社会人としての自覚が芽生えてきます。

社会人としての自覚を持てている方ほど、使えないと思われる可能性が低くなります。

身だしなみを整える

社会人は身だしなみを整えることが当たり前のマナーになっています。

身だしなみを整えるということは、社会人経験の浅い新卒でもできることです。

そのため、使えない新卒と思われないためには、「身だしなみを整える」ということが挙げられます。

男性であれば、サイズ感のあっているスーツを着用して、清潔感が出るように髪型をセットします。

女性であれば、ビジネス向きなメイクをして、清潔感のある服装を心がけます。

新卒は身だしなみを確認されることが多いので、しっかりと整えるようにしてください。

スケジュール管理を徹底する

社会人になると、スケジュール管理を徹底する必要があります。

学生時代には許されていたことが許されない環境になるので、少しのスケジュールミスで「使えない新卒」と思われてしまいます。

そのため使えない新卒と思われないためには、スケジュール管理を徹底することが大切です。

スケジュール管理の中でも、時間に対する意識は強めることをおすすめします。

社会人では10分前行動が当たり前とされていて、1分の遅れでも許されません。

もし、スケジュール管理が苦手な方は、先輩社員にコツなどを聞いてみることをおすすめします。

自分から積極的に行動する

新卒では社会人になって間もないことから、「何をすれば良いのか、わからない」となるケースが多々あると思います。

わからないことは仕方ないことなのですが、そのときに自分から積極的に行動することが大切です。

指示を待つだけでは、使えない新卒と思われてしまいます。

また、先輩社員は積極的に行動する新卒を好む傾向があります。

「使える新卒だな」と思われるためにも、自分で考えて積極的に行動することが大切です。

言われたことができる

新卒は「わからないことが多い」ということから、先輩社員からの指示を受けることが多いです。

「この資料を作って」「〇〇日までにデータを集めていて」などと指示されることが多いので、新卒は「言われたことができる力」を身に付けることが大切です。

言われたことが正確にできていれば、使えない新卒と思われることはありません。

「そんなことで良いの?」と思われるかもしれませんが、意外にも言われたことができない方が多いです。

新卒として言われたことだけでも、完璧にできるようにしてください。

報連相を徹底する

社会人の中では「報連相」ということがとても大切にされています。報告・相談・連絡を意味する報連相は、社会人経験の浅い新卒にとっては、より大切なことです。

この報連相ができているだけで、使えない新卒と思われる可能性が低くなります。

報連相が徹底できている新卒は、先輩社員の環境下で行動しているため、何かトラブル・失敗があったときでも、先輩社員が対応することが可能です。

もし、報連相をなしで行動してしまうと、トラブル・失敗に誰も対応できなくなり、先輩社員は「使えない新卒だな」と思います。

わからないことの多い新卒は、些細なことでも報連相することをおすすめします。

使える新卒と思われるためにすべきこと

使えない新卒と思われることもあれば、「使える新卒」と思われることもあります。

社会人としてすぐに活躍するには、使える新卒と思われるような人材になるべきです。

使える新卒と思われるためにすべきことをいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

期限よりも早く提出する

上記でお伝えした通り、新卒は先輩社員から指示されることが多くあり、「〇〇日まで」と期限を決められます。

その期限よりも早く提出できる方は、使える新卒と思われやすいです。

期限よりも早いということは、「仕事のスピードが早い」ということになります。

また、言われたこと以上の完成度に仕上げて提出することも大切です。

例えば、「テレアポした企業を資料にまとめて」と指示されたとします。

そのときに企業だけではなく、テレアポした日時を掲載して提出すると、「仕事ができる新卒」と思ってもらうことができます。

ただし、必要のないことに時間をかけることは意味がないので、「本当に必要なのか」ということを考えることが大切です。

努力を欠かせない

使える新卒と思われるためには、周りよりも努力することが大切です。

学歴や今までの経験によって新卒の中でも差が生まれているかもしれませんが、新卒はほとんど同じ位置からのスタートになります。

そのような状況で、使える新卒と思ってもらうには、努力をするしかありません。

周りよりも努力ができていれば、周りよりも使える人材と思ってもらえます。

「今の自分には何が必要なのか」「どんなスキルを身に付ければ良いのか」ということをしっかりと考えたうえで、努力することをおすすめします。

読書をする

「使える新卒になろう」と考えて行動をしても、考え方や知識が伴っていないと、先輩社員から使えると思われることは難しいです。

使える新卒と思われるためには、さまざまな考え方や知識を蓄えることが大切になるので、読書することが大切になります。

読書は効率よく、さまざまな考え方や知識を得られるものです。

例えば、ある経営者(Aさん)が会社を設立するまでのことが書かれた本を読んだとします。

その本ではAさんの何十年という経験が「1冊の本・300ページ」ほどにまとめられています。

もし、1日で本を読み切ることができれば、Aさんの何十年という経験を1日で知ることができ、自分の知識として得ることができます。

このように読書は効率よく、さまざまな考え方や知識を得られます。

読書をしたことで使える新卒と思われることはないですが、読書をしている新卒だからこそ、使えると思われる可能性が高くなります。

使えないと思われることに悩んでいる方は転職すべき

新卒で使えないと思われることにストレスを抱えている方や悩んでいる方は、「会社を辞める」という選択を考えるべきです。

新卒として使えないと思われることは、職場や仕事内容が「自分に合っていない」という可能性があります。

自分に合っていない職場や仕事内容では、いくら頑張っても使えないと思われることになるかもしれないです。

そのような環境で働き続けてもストレスや悩みを抱えることになるので、思い切って転職することをおすすめします。

新卒で会社を辞めたときには「第二新卒」として転職活動をおこなえるので、スムーズに転職を成功させられる可能性が高いです。

職場や仕事内容が自分に合っていないと感じる方は、思い切って転職してみてください。

新卒におすすめの転職エージェント

新卒での転職を成功させるには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関するサポートを受けられるサービスになります。

新卒におすすめの転職エージェントを2社ご紹介するので、気になるものがあれば、登録してサービスを受けてみてください。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手人材紹介会社「株式会社マイナビ」が運営している総合型の転職エージェントです。

取り扱っている求人数は4万件を超えていて、大手企業から中小企業まで幅広く取り扱っています。

そんなマイナビエージェントは、20代から高い信頼を得ています。

実際に登録者の60%以上が20代になっています。このデータは企業に向けて発信されているため、マイナビエージェントは「20代を採用したい」という企業が求人を掲載しています。

「大手の転職エージェントが良い」という方には、マイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェント公式サイトはこちら

マイナビエージェント詳細ページはこちら

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、「レバレジーズ株式会社」が運営している既卒・第二新卒に特化した転職エージェントです。

内定率が80%を超えていて、社会人経験の浅い新卒でもスムーズに転職できる可能性が高くなっています。

また、学歴を重要視しない企業が多く、登録者の30%は高卒です。

そんなハタラクティブでは、転職で役立つコンテンツがさまざま用意されています。

用意されているコンテンツは下記の通りです。

  • みんなの就職エピソード
  • 失敗しない就活ガイド
  • ハタラクTV
  • 転職のQ&A など

転職で役立つコンテンツがあることで、不安や悩みを自分で解消することが可能です。

転職することに不安を感じている方には、ハタラクティブをおすすめします。

ハタラクティブ公式サイトはこちら

ハタラクティブ詳細ページはこちら

まとめ

この記事では、使えない新卒と思われないために必要なことをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

新卒は先輩社員から「使えない」と思われることが多いのですが、いくつかのことを抑えるだけで使えないと思われなくなります。

中でも「社会人としての自覚を持つ」ということが大切です。

学生気分のままの新卒は使えないと思われやすいので、「会社の一員になった」ということを常に意識しておくことで、使えないと思われる可能性が低くなります。

この記事でお伝えした内容を参考にして、使えないと思われない新卒を目指しましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件