上司との食事で注意すべきマナーとは?食事を断ることはマナー違反?

上司との食事で注意すべきマナーとは?食事を断ることはマナー違反?

社会人になると、上司から食事に誘われることが多々あります。

上司との食事では抑えておきたいマナーがさまざまあるのですが、「どんなマナーに注意したら良いのか、わからない」と悩まれることが多いのではないでしょうか?

この記事では、上司との食事で注意すべきマナーについて解説します。

話が広がりやすい話題や、上司の誘いを断ることなどについてもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

上司との食事で注意すべきマナー

上司との食事で注意すべきマナーはさまざまあります。

1つでもマナーに反した発言・行動をしてしまうと、上司からの印象は悪くなります。

上司との食事で注意すべきマナーをいくつかご紹介します。

ランチや飲み会など、さまざまな食事シーンでのマナーをご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

職場でのランチが嫌だ!お昼くらい一人で過ごしたい方必見の対処法

上座に座ってもらう

上司との食事で最も抑えておくべきマナーが、上司の座る位置です。

一般的な食事のマナーとして「目上の方が上座に座る」と定められているので、上司には上座に座ってもらうことが大切です。

上座とは、出入口から最も遠く、人の出入りが少ない席のことを指します。

「どこが上座かわからない」というお店では、「居心地よく座っていられるのはどの席なのか」ということを考えてみてください。

居心地よく座っていられる席が上座です。

ランチでも飲み会でも、上司には上座に座ってもらうことがマナーになります。

上司よりも高い料理を注文しない

上司と食事に行ったときには、「好きなものを頼みなさい」と言われることが多いです。

しかし、好きなものを頼んでしまうと、マナー違反になる可能性があります。

上司と食事に行ったときは、上司よりも安い料理を注文することがマナーとなっています。

上司が1,500円の定食を注文したときには、1,000円〜1,400までの料理が最適です。

1,000円以下の料理を頼んでしまうと、かえって上司に気を遣わせてしまう可能性があるので、上司よりも少し安い料理を注文するようにしてください。

食事のときに音を立てない

上司との食事に関わらず、基本的なマナーとして「音を立てない」ということは注意すべきです。

ナイフやフォーク、粗食音などで音を立ててしまうと、美味しい食事の妨げになるので、マナー違反とされています。

上司だけではなく、お店にいる他のお客様にも迷惑をかけることになり、上司に恥をかかせる可能性もあるので、注意すべきマナーとして挙げられます。

上司に合わせて禁煙する

上司と食事に行ったときは、「上司に合わせて禁煙する」というマナーに注意すべきです。

自分が喫煙者であっても、上司が喫煙者ではない場合は、喫煙しないことが1つのマナーになります。

タバコの匂いが嫌いな上司もいれば、努力して禁煙している上司もいるため、安易にタバコを吸ってしまうことには注意が必要です。

また、上司が喫煙していることに対して、嫌な顔をしないことも1つのマナーとして挙げられます。

自分が禁煙者であっても、上司との食事では、上司に合わせることが大切なので、タバコの匂いや煙を嫌がらないようにすべきです。

料理・お酒の批判をしない

上司との食事で向かうお店は、上司の好みや興味に関連していることが多いです。

場合によっては上司の知人が経営しているお店という可能性があるので、料理・お酒の批判をしないということが注意すべきマナーとして挙げられます。

上司との食事で向かったお店の料理・お酒を批判するということは、間接的に上司の好みやセンスを否定していることになります。

もし、自分の口に合わないお店であっても、批判することには注意すべきです。

過剰に「美味しいです!」などと振る舞う必要はないですが、批判はしないようにしてください。

翌日にお礼を伝える

上司との食事のマナーで忘れがちなのが、お礼を伝えることです。

一般的にお会計は上司が済ませてくれることが多いため、その場ではお礼を伝えていると思いますが、社会人のマナーとして「翌日にもお礼する」ということが大切になります。

当日と翌日に2回お礼を伝えることで、より感謝している旨を上司に伝えることが可能です。

また、翌日に伝えるときは、「楽しかった・勉強になった」など、自分の感情を添えることをおすすめします。

上司は部下の感情を気にする傾向があるので、感情を添えて伝えることが大切です。

上司よりも早く食べ終わらない

上司とランチに行ったときは、「上司よりも早く食べ終わらない」というマナーに注意すべきです。

上司よりも早く食べ終わってしまうと、「早く食べないと…」と上司を焦らせてしまいます。

それは部下としてはマナー違反になる行動なので、「上司と同じタイミングで食べ終わる」ということを意識すべきです。

完全に同じタイミングで食べ終わることが難しい場合は、上司よりも数分早く食べ終わることが最適になります。

上司を待たせることが最もマナー違反になるので、注意してください。

グラスが空く前に注文を聞く

上司との飲み会では、上司のグラスに意識を向けておくことが大切です。

上司のグラスが空いている状態が続くことは良くないので、残りわずかになると、ドリンクメニューを渡すことがマナーになっています。

もし、「まだ大丈夫だよ」と言われた場合には、上司の手の届く場所にメニューを置いておくことをおすすめします。

何度も何度もメニューを渡されることを好まない上司もいるので、臨機応変に行動を変えることが大切です。

上司との食事におすすめの話題

上司との食事ではマナー以外にも、「話を盛り上げる」ということが大切になります。

上司がその場を盛り上げるのではなく、部下がその場を盛り上げる必要があるので、上司との食事では話が盛り上げる話題を提供する必要があります。

上司との食事におすすめの話題をいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

料理・お酒に関する話題

上司との食事で最も話しやすく、盛り上がりやすい話題が、料理・お酒に関することです。

特に、食事している料理やお酒の話題は盛り上がりやすい傾向があります。

例えば、上司が日本酒を飲んでいたとします。

その場合には、「〇〇さん(上司)は、よく日本酒を飲まれるんですか?」「好きな日本酒などはあるんですか?」などと話題を提供すると、話が広がりやすいです。

上司が料理・お酒に詳しい方であれば、より話は盛り上がります。

ただし、上司によっては料理・お酒に対してこだわりを持っていない場合があるので、上司によって使い分ける必要があります。

家族に関する話題

食事で上司との距離を縮めたい場合には、家族に関する話題がおすすめです。

家族に関する話題はプライベートの一面を公開することになるので、上司との距離を縮めやすくなります。

特に、子供がいる上司の場合には、おすすめできる話題です。

自分の子供の話をすることが嫌いな方は少ないと思うので、話が盛り上がりやすく、上司は上機嫌になりやすいです。

ただし、結婚していない上司や、プライベートを公開したくないと考えている上司の場合は、話が広がらないため、違う話題をすぐに提供するようにしてください。

趣味・特技に関する話題

上司との食事におすすめの話題は、趣味・特技に関することです。

社会人として働いていて、「趣味・特技がない」ということは考えにくいので、高確率で話が広がります。

また、自分と同じ趣味・特技を持っていた場合には、上司との距離をグンと縮められます。

趣味が同じだった場合には、休日に趣味の誘いを受けることもあり、上司と良好な関係を築けるようになる可能性が高いです。

ただし、上司に合わせてウソをつくことはおすすめしません。

趣味・特技に関する話題は話が広がりやすいので、ウソがバレてしまう可能性があります。

ウソをついている部下に良い印象を抱く上司はいないと思うので、ウソをついてまで上司に趣味・特技を合わせる必要はないです。

トレンドに関する話題

上記でお伝えした話題で話が広がらなかったときは、トレンドに関する話題をおすすめします。

社会人であれば、ニュースや新聞などで情報収集していることが多いので、トレンドに関する話題は話が広がりやすいです。

トレンドになっていることであれば、経済・芸能・政治・スポーツなど何でも良いです。

ただし、食事中に堅苦しい話をすることを好まない上司がいます。

そのような上司には、芸能やスポーツのトレンド話題が最適です。

上司からの誘いを断ることはマナー違反?

上司から食事に誘われたときに、「今日はしんどいな…」「今日は家でゆっくりしたい」というときがあると思います。

そのようなときは、食事の誘いを断っても良いです。

上司からの誘いを断ることはマナー違反ではないので、「行きたくない」と思うときは、断ることをおすすめします。

しかし、上司の誘いを断り続けることはおすすめしません。

上司の好意を踏みにじることになるので、断りすぎには注意してください。

上司からの誘いを断るおすすめの理由

上司からの誘いを断りたいときには、「どんな理由が良いのだろう?」と悩まれると思います。

上司からの誘いを断るときには、第三者を登場されることがおすすめです。

例えば、「田舎から両親が出てきている」という理由を伝えると、上司は「それなら仕方ない。また今度にしよう」と断ったことに悪い印象を抱きにくくなります。

他にも、「妻の体調が良くない・学生時代の恩師に会う」などの断り方が挙げられます。

しかし、第三者を理由に断り続けることには無理があります。

第三者を登場される以外におすすめの断り方は下記の通りです。

  • イベントがある(結婚式の準備・マンションの集会・保育園の迎えなど)
  • 予約していることがある(医療関係・習い事・ライブなど)
  • 体調不良
  • お金に余裕がない など

上司からの誘いを断ることはマナー違反ではないですが、断られたことで気分が良くなる上司はいないので、断り続けることには注意してください。

職場の人間関係を良くする6つの方法とNGな行動

上司との食事では注意すべきマナーが多い

この記事では、上司との食事で注意すべきマナーについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

上司との食事では、注意すべきマナーがさまざまあり、1つのマナー違反で大きく印象を悪くしてしまうことがあります。

上司と良好な関係性を築くためには、最低限のマナーは抑えておくことが大切です。

また、上司からの誘いを断ることはマナー違反ではありませんが、断り続けることは印象を悪くするので、注意してください。

この記事でお伝えした内容を参考にして、上司との食事で良い印象を与えられるようにしましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件