クラウドファンディングとは?資金調達の仕組みとメリット・デメリットをわかりやすく解説

クラウドファンディングとは?資金調達の仕組みとメリット・デメリットをわかりやすく解説

「クラウドファンディングって、結局なに?」

「どんな仕組みでクラウドファンディングにお金が入ってくるの?」

「クラウドファンディングって安心して使える?」

最近なにかとWEB上でクラウドファンディングという言葉を聞きますが、どのような仕組みなのか分からないという方は多いのではないでしょうか?

お金をやりとりするクラウドファンディングでは、少しでも怪しさが残っていれば安心して利用できませんよね。実際に利用する際も、相手の顔が見えないので怖さもあるはず。

そこで今回はクラウドファンディングの使い方や仕組みから、メリット・デメリットまで徹底解説します。

クラウドファンディング初心者のための成功させるコツもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のポイント

  • クラウドファンディングの簡単な使い方とコツ
  • クラウドファンディングのメリットとデメリット
  • クラウドファンディングの種類解説

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングとは、商品やサービスを開発するための資金調達をするプロジェクトのこと。

クラウドファンディングのプロジェクトページには、商品・サービスの詳細や制作者の気持ちが書かれています。

実際にはクラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げ、SNSなどでお願いをすることで商品・サービスを応援したい利用者がお金を寄付したり、リターン商品を購入します。

「企画に賛同する複数名で金銭的に支える」といった新しい資金調達方法として、最近注目されているのがこのクラウドファンディングです。

クラウドファンディングの仕組みってどうなっているの?

クラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げる人は、基本的に費用面を問題として抱えている商品・サービス開発者です。

実際に資金調達としてクラウドファンディングを利用することもあれば、商品やサービスの認知拡大のために利用する人もいます。

基本的にクラウドファンディングはお金を集めるサービスですが、その使い方は千差万別です。

それに対してクラウドファンディングで応援する人は、魅力的な商品・サービスに自分で指定した金額を支払うことでプロジェクトを支えます。

後ほど詳しく解説しますが、金額に応じたリターンが見込めるので寄付ではありません。

またクラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げる際に仲介サービスを利用するのですが、金額を第三者が一度預かることで、持ち逃げされるリスクはなくなります。

開発者も支援者も安心して利用できる仕組みとなっています。

クラウドファンディングには3種類ある

クラウドファンディングには3種類あります。

そのなかでも購入型クラウドファンディングは、一般的に浸透している方法といえるでしょう。

クラウドファンディングには目標金額に達成しなければ決済されないものと、未達成でもお金を支払われるものがあります。

購入型クラウドファンディング

購入型のクラウドファンディングでは、リターンを商品に設定することが必須です。

これにより、支援者は応援だけでなく商品やサービスを購入したことになるので満足度が高くなる傾向があります。

寄付型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディングでは、リターンを設定する必要がありません。

プロジェクトは比較的に社会貢献活動のものが多いので、金銭的に余裕のある心優しい応援者が集まります。

金融型クラウドファンディング

金融型クラウドファンディングでは「融資」といった形でお金を集めるので、リターンとして配当金がもらえます。

金銭でのお返しといった特徴があります。

クラウドファンディングのメリット・デメリットは?

クラウドファンディングには仲介サービスがあるので、金銭面では安心できるはず。

それでも実はデメリットもあります。

ここからはクラウドファンディングのメリットやデメリットを紹介していくので、プロジェクト立ち上げの参考にしてみてください。

クラウドファンディングのメリットは?

クラウドファンディングにはメリットが4つあります。

  • 個人でも利用可能
  • 返済のリスクがない
  • 融資を断られた案件でも資金調達ができる
  • 大きい金額の支援も期待できる

以下で詳しく解説していきます。

まずは、クラウドファンディングは個人でも法人でも利用が可能ということ。

クラウドファンディングでは、プロジェクトの立ち上げの資金調達に困っていることが多いので、むしろ個人のほうが利用率が高いでしょう。

あくまでも商品やサービスに投資するものなので、プロジェクトの立ち上げ側の大きさはあまり関係ありません。

また金融融資を断られたとしても、クラウドファンディングでは資金調達ができます。

応援される分だけ、大きい金額も期待できるでしょう。

そして借りているのではなく、あくまでも寄付であったり購入であったりするので、返済のリスクはありません。

金銭面で困っている事業者にとっては、1番のメリットといえるでしょう。

クラウドファンディングのデメリットは?

クラウドファンディングにはデメリットが2つあります。

  • 目標未達成のプロジェクトでは決済されないものもある
  • 管理コストが大きくなる可能性がある

以下で詳しく解説していきます。

まずクラウドファンディングのプロジェクト形式には、主に「All or Nothing方式」と「All in方式」の2種類があります。

「All or Nothing方式」では目標未達成の場合に決済がされず、プロジェクトを立ち上げた人には支援が一切発生しません。

ただし「All in方式」であれば集まった分だけの支援が得られます。

このクラウドファンディングの方式を理解していないと、手数料だけ取られてしまうことになりかねないので注意しましょう。

また支援数を大きくするために、リターンとして高額な商品やサービスを設定してしまう起案者もいます。

これは管理コストが大きくなってしまい、せっかく集まったお金も使用できなくなる可能性があります。

以上2つのデメリットをよく把握したうえで、注意してクラウドファンディングを利用しましょう。

実際のクラウドファンディングのやり方を教えて!

クラウドファンディングといえば、日本最大級のキャンプファイヤーという仲介サイトがあります。

今回はキャンプファイヤーでクラウドファンディングを立ち上げるという想定で、詳しく解説いたします。

以下がクラウドファンディングのやり方をまとめたものです。

  1. キャンプファイヤーに登録する
  2. プロジェクトを立ち上げる
  3. 応援してほしい商品やサービスの写真、紹介文を考える
  4. いただく金額に応じたお返し内容を設定する
  5. ページをひと通り確認して投稿する
  6. 各SNSでクラウドファンディングの立ち上げを拡散する

1つずつ、詳しく解説していきます。

キャンプファイヤーに登録する

まずはキャンプファイヤーに登録しましょう。

氏名、メールアドレスなど基本情報を入力して返信を待ち、送られてきたURLから会員登録をします。

案内通りに進めていくだけなので、難しさはありません。

プロジェクトを立ち上げる

次にクラウドファンディングの新規プロジェクトを立ち上げます。

応援してほしい商品やサービスの写真、紹介文を考える

応援してもらえるような商品・サービスの紹介文を書いたり、写真を挿入しましょう。

こちらのコツについては後で詳しく解説しますが、商品やサービスの使い方の説明だけではなく、開発の想いや背景について記載すると応援されやすくなります。

いただく金額に応じたお返し内容を設定する

次に、支援いただいた金額に応じたリターンの内容を考えましょう。

金額が大きくなる分、お返しするものが多くなるように設定するのが基本です。

ちなみにクラウドファンディングのリターンが大きいと、興味本位で支援されることも多くなります。

話題性を高めるために、大きなリターンについて検討するのもおすすめです。

ページをひと通り確認して投稿する

ひと通り入力が終わったら、内容の確認をしてください。金額がズレていたりすると修正するのも大変ですし、後々大きなトラブルになる可能性もあります。

各SNSでクラウドファンディングの立ち上げを拡散する

確認が終了してから、プロジェクトの投稿とSNSの拡散をしてください。

ちなみにクラウドファンディングのやり方をまとめた本も販売されているので、興味がある人は購入してみてもいいかもしれません。

クラウドファンディングのコツってある?

「ひと通りは勉強したけど、それでもクラウドファンディングで集まらなかったらと考えると…」

そんな方もいるかもしれません。WEB上にプロジェクトは残るので、成功させたいですよね。

そこでクラウドファンディングのコツを3つ紹介します。

クラウドファンディングの代行会社に頼む

コストはかかりますが、絶対に成功させたいなら、クラウドファンディングを専門として活躍しているプロに頼みましょう。

支援者が集まるような紹介文の書き方や今後の動き方も含めて、しっかりと相談に乗ってもらえます。

「初めてのクラウドファンディングに挑戦してみたい」
「ここで失敗はできない」
「マーケティングを使った効率的なクラウドファンディングがしたい」

こういった考えを持っているのであれば、クラウドファンディングは代行会社にお任せしましょう。

SNSなどで多くの人の目にプロジェクトを触れさせる

クラウドファンディングにはSNSがつきもの。どれだけ多くのSNSユーザーにリーチさせて、見てもらえるかが成功のコツです。

拡散したくなる仕掛けや心に響くような投稿で「この商品・サービスに投資したい」と思わせましょう。

SNSマーケティングのプロもいるので、そういった方に外注するのもおすすめです。

純粋に社会貢献になるプロジェクトで挑む

クラウドファンディングは多くの人の心を動かせたかで、成功するかが決まるといっても過言ではありません。

つまり純粋に社会貢献につながるようなプロジェクトを用意すれば、感動するユーザーは多くなるでしょう。

まとめ

クラウドファンディングは最近になって、広く知れ渡るようになったのでどこか怪しい部分も感じられましたよね。

ですがクラウドファンディングの概要やコツを知った今、あなたもすぐにプロジェクトを立ち上げることができます。

自分の商品やサービスの特徴を参考にして、効率の良いクラウドファンディングを選んでみてくださいね。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件