残業月に20時間って普通?残業代はいくらぐらい貰える?

残業月に20時間って普通?残業代はいくらぐらい貰える?

日本で働いている多くのビジネスマンが毎月残業をしていると思うのですが、「月20時間の残業って普通なの?」と疑問に感じている方は多いのではないでしょうか?

この記事では残業が月20時間が普通なのか、残業代はいくら貰えるのかについて解説します。

残業が月20時間のメリット・デメリットや月20時間より少なくする方法もご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

残業が月20時間は普通?

結論からお伝えすると、残業が月20時間は少ない方です。

「月20時間で少ないの?」と感じられるかもしれませんが、日本の平均残業時間は40時間〜45時間と言われています。

月20時間と比較すると、おおよそ2倍の数字になります。

月20時間の残業ということは、1日当たりの残業時間は平均して1時間です。

中には月100時間以上も残業している方もいるため、月20時間が少ない方だと思います。

しかし職種によっては多いのかもしれません。

残業が少ないと言われている事務職で月20時間も残業をしているのであれば、普通ではないと思います。

職種によって残業時間は異なるため、あくまで全職種の平均として考えてみてください。

月20時間の残業がある生活

「月20時間も残業している」ということをだけを聞くと、「大変そう」と感じると思います。

そこで月20時間の残業がある生活を簡単にご紹介します。

会社には9時に出社して通勤時間は片道1時間とすると、下記のような生活になります。

起床 7時〜7時30分
出社 9時
勤務終了 18時
残業終了 19時
帰宅 20時
就寝 24時

月20時間の残業があると、上記のような生活になります。

意外と自由な時間は多いと思いますし、睡眠時間もしっかり7時間取れています。

月20時間の残業は自分の時間も確保できるようになっています。

月20時間の残業でいくら貰える?

残業をすると「残業代(時間外労働手当)」が支給されます。

もちろん残業が少ない人よりも多い人の方が残業代を多く貰えるため、給与も高くなります。

1カ月間の給料が月給で24万円だった場合、月20時間の残業代は「約37,500円」です。

1カ月が30日と仮定すると、下記のような計算で残業代を導き出せます。

24万円÷1カ月間の所定労働時間(1日8時間で週5日で月160時間)=1,500円

1500円×1.25=1,875円

20時間×1,875円=37,500円

※表記変更必須

月給が変わることで残業代も変わるのですが、上記の計算式に当てはめるとおおよその残業代は把握できます。

残業が月20時間のメリット

残業は「少ない方が良い」と思っている方もいれば、「多い方が良い」と思っている方もいます。

その理由は残業することでさまざまなメリット・デメリットが生じるからです。

そこでまずは残業が月20時間のメリットを3つご紹介します。

プライベートの時間がある

1つ目のメリットは「プライベートの時間がある」ということです。

上記で残業月20時間の生活をお伝えしましたが、プライベートの時間は多かったと思います。

睡眠時間によって変動しますが、約3時間〜5時間はプライベートな時間があります。

プライベートな時間があることで、同僚とご飯を食べに行くこともできますし、家族との時間も満喫できます。

プライベートの時間を確保できることは、残業が月20時間の大きなメリットです。

仕事に対して高いモチベーションで取り組める

2つ目のメリットは「仕事に対して高いモチベーションで取り組める」ということです。

残業が月20時間ということは、平均的に見ても少ない方で、何度もお伝えしているようにプライベートの時間があります。

仕事がある日でもプライベートな時間があると、リフレッシュすることができて、高いモチベーションで仕事に取り組めると思います。

また単純に1日で働いている時間も少ないため、モチベーションの管理がしやすいです。

残業が月40時間以上になってくると、高いモチベーションで仕事に取り組むことは難しいでしょう。

心身ともに健康で居られる

3つ目のメリットは「心身ともに健康で居られる」ということです。

残業が月20時間だと仕事に対するストレスも少なく、睡眠時間もしっかりと確保できるため、心身ともに健康な状態で居られると思います。

晩ごはんを食べる時間も20時〜21時程度になると思うので、不健康な体にはなりにくいです。

ビジネスマンとして心身ともに、健康で居られることは大きなメリットになると思います。

残業が月20時間のデメリット

残業が月20時間にはデメリットもあります。

メリットとデメリットを比較して、月20時間の残業が自分にとって良いのか判断してみてください。

残業が月20時間のメリットを2つご紹介します。

給与が少なくなる

1つ目のデメリットが「給与が少なくなる」ということです。

残業時間が増えれば増えるほど残業代はもらえるため、月20時間だと給与が少ないです。

しかし給与が少ないというのは、平均時間の月40時間と比較してということです。

そのため給与を増やしたい場合は、残業の多い職種に転職した方が良いでしょう。

ただ転職することで、基本給が下がってしまう可能性もあるため、しっかりと考えることが大切です。

残業しにくい環境

2つ目のデメリットが「残業しにくい環境」ということです。

残業が月20時間ある会社では、ほとんどの社員が月20時間程度の残業だと思います。

そのような会社では「残業は月に20時間まで」という暗黙のルールができている場合があります。

ビジネス業界では「時短ハラスメント」と言われることで、残業時間の削減や定時退社を強いるハラスメントのことを指します。

そのため残業したくても、残業しにくい環境になっています。

働きたいときに働くことができないということは、月20時間のデメリットになるでしょう。

残業を月20時間以内にする方法

「残業が月20時間でも多い」「残業は10時間以内にしたい」と考えている方は多いと思います。

そこで残業を20時間以内にする方法をいくつかご紹介するので、参考にしてみてください。

もし月20時間以上の残業を希望される方は、残業の多い職種へ転職することをおすすめします。

組織として残業時間を少なくする

残業するということは、法定労働時間内に仕事が終わっていない証拠です。

もし仕事が終わっていれば残業する必要はないと思います。

そのため月20時間以内にしたい方は、仕事を効率的にこなすことを意識してみてください。

そして大切なポイントが「個人」ではなく「組織」で取り組むということです。

組織として残業時間を少なくするように仕事をすると、月20時間以内にできると思います。

ただし立場によっては組織で取り組むように促すことは難しいと思うので、まずは個人からでも取り組んでみてください。

スケジュール管理を徹底する

仕事を法定労働時間内に終わらせるためには、スケジュール管理を徹底することが大切です。

1日のスケジュール管理を徹底できるようになれば、緊急の案件やトラブルが発生しない限り、残業することなく退社できると思います。

そして1週間単位でスケジュール管理ができるようになると、緊急の案件やトラブルが発生しても、法定労働時間内に終わらせることができるでしょう。

残業の少ない職種に転職する

職種によって平均残業時間は変わるので、残業が少ない職種に転職することで月20時間以内にできます。

残業が少ないと言われている職種は下記の通りです。

  • 一般事務
  • 医療事務
  • 受付
  • 社内SE
  • 貿易業務
  • 品質管理
  • 薬剤師 など

上記の職種の中で転職しやすいのは「事務・社内SE」になると思います。

残業なしで定時で帰れるおすすめの仕事10選

そして希望通りに転職を成功させるためには、「転職エージェント」を活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することを、幅広くサポートしてくれるサービスで、具体的には「求人紹介・面接対策・書類添削・日程調整・条件交渉」などをサポートしてくれます。

転職エージェントを活用することで、働きながら転職を成功させることもできます。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントは総合型のものから業界に特化しているものまで、さまざまあるため、「どのサービスを利用すれば良いんだろう?」と悩まれることが多いと思います。

そこでおすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手人材会社「マイナビグループ」が運営している総合型の転職エージェントです。

20代から圧倒的な人気がある転職エージェントで、35歳までの登録者が多い傾向があります。

そのため取り扱っている求人も若者向けが中心です。

そんなマイナビエージェントでは、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、業界ならではのサポートを受けられます。

また丁寧に手厚くサポートしてくれるため、働きながらでも転職を成功させられます。

マイナビエージェント詳細ページ

doda

doda

dodaは国内最大級の転職支援サイトで、転職サイトと転職エージェントのサービスが1つになっています。

両方のサービスを受けられることもあり、dodaの登録者は550万人を超えています。

そんなdodaには「スカウトサービス」があります。

登録しているだけで企業からオファーしてくれるサービスで、積極的に転職活動をしなくても、希望通りに転職できる可能性があります。

dodaでは公開求人だけで約7万件取り扱っているため、希望に近いものを探し出せると思います。

doda詳細ページ

残業が月20時間は平均よりも少ない

この記事では残業が月20時間は普通なのかということについてお伝えしましたが、月20時間の残業は平均よりも少ないです。

残業大国と言われている日本の平均残業時間は40時間〜45時間と言われていて、月20時間の約2倍の数字です。

ただし人によっては「月20時間は多い」と感じられる場合があると思うので、上記でお伝えした方法を参考にしてみてください。

そして残業が少ない職種に転職する場合は、転職エージェントを活用して希望通りに転職しましょう。

残業100時間は罰則の対象!残業の上限時間と違法な職場への対処法

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件