ジョブホッパーの悲惨な末路とは?今からでも間に合うキャリアの再生方法

ジョブホッパーの悲惨な末路とは?今からでも間に合うキャリアの再生方法

転職を何度も繰り返している人のことを転職業界では「ジョブホッパー」と言います。

そんなジョブホッパーは悲惨な末路を辿ると言われることが多く、「どうしよう…」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

この記事ではジョブホッパーの悲惨な末路と今からでも間に合うキャリアの再生方法について解説します。

ジョブホッパーが評価されない理由や、おすすめの転職エージェントもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ジョブホッパーとは?

ジョブホッパーの末路をお伝えする前に、ジョブホッパーについて詳しくご紹介します。

ジョブホッパーは明確な定義が決められていないのですが、一般的には半年や1年など短期間で転職して、転職回数が5〜6回を超えるビジネスマンのことを指します。

転職業界でよく使われる言葉で、特に人事部は「ジョブホッパー」という言葉を使います。

ジョブホッパーは転職市場では敬遠される存在で、そもそも「面接する時間も無駄」と思っている企業が多いです。

そのため求人の募集要件に転職回数3回以内などという要件をつけて、ジョブホッパーを対象外にする企業も増えています。

「若いうちに転職をしてさまざまな職種を経験することが大切」と言われることもありますが、ジョブホッパーと判断されてしまうと希望通りに転職できなくなります。

20代の転職回数は平均どれくらい?何回まで転職して大丈夫?

ジョブホッパーの悲惨な末路

ジョブホッパーはマイナスな表現として使われることが多く、悲惨な末路を辿ると言われています。

そこでジョブホッパーが辿る悲惨な末路として考えられる3つをご紹介します。

採用してくれる企業がなくなる

1つ目の悲惨な末路が「採用してくれる企業がなくなる」ということです。

上記でお伝えしたようにジョブホッパーは企業から敬遠される存在なため、求人の対象外にされることが多いです。

また求人の対象外になることはなくても、「ジョブホッパーは採用しない」と決めている企業は多いと思います。

そのことを考えると、ジョブホッパーを採用してくれる企業はなくなります。

転職市場において1社も採用しないということは考えられないですが、ジョブホッパーとして希望通りに転職することは難しいでしょう。

アピールできるスキルがない

2つ目の悲惨な末路が「アピールできるスキルがない」ということです。

ジョブホッパーは何度も転職してさまざまな職種を経験しているため、「他の転職希望者よりもスキルが高い」と思われることが多いのですが、アピールできるスキルはないことが多いです。

さまざまなスキルは習得しているかもしれませんが、全て中途半端です。

反対に転職経験がないとアピールできるスキルは1つしかないかもしれませんが、その1つが魅力的だと思います。

ジョブホッパーと言われる方は30代〜40代が多いため、アピールできるスキルがないと転職を成功させることは難しいでしょう。

ブラック企業しか選択肢がなくなる

3つ目の悲惨な末路が「ブラック企業しか選択肢がなくなる」ということです。

上記でもお伝えしているようにジョブホッパーが希望通りに転職することは難しいため、ブラック企業しか選択肢がなくなってしまいます。

ブラック企業は常に人手不足を抱えている状態になるため、ジョブホッパーでも採用します。

ブラック企業と言われる会社が潰れないのは、ジョブホッパーの存在が大きいとも言われています。

ジョブホッパーはキャリアアップするために転職を重ねたにも関わらず、末路としてはブラック企業にしか転職できなくなります。

ジョブホッパーが評価されない理由

ジョブホッパーの悲惨な末路をお伝えしましたが、「なんでジョブホッパーってだけで評価されないの?」と疑問に感じている方はいると思います。

そこでジョブホッパーが評価されない理由をいくつかご紹介します。

年齢の割にスキルが伴っていない

ジョブホッパーは30代〜40代が多いと思うのですが、年齢の割にスキルが伴っていないため評価されません。

20代でスキルが伴っていなくても「育成する時間がある」ということで転職できる可能性は高いのですが、30代〜40代には即戦力のスキルを求めます。

その求められるスキルを持っていないため、高い評価を得られないのです。

もし1つの業界に特化して転職を繰り返している場合は、高い評価をしてくれる企業があるかもしれません。

継続力がない

ジョブホッパーは転職を5回〜6回繰り返している人を指すため、「ジョブホッパー」というだけで継続力がないと判断できます。

「採用してもまた転職する」と判断されるため、ジョブホッパーは評価されません。

中途採用している企業は即戦力で働き続けてくれる人材を前提に探しているため、ジョブホッパーは対象外と考えられます。

自己評価が高い

ジョブホッパーは自己評価が高いことが多いです。

「自分の実力はこんなものではない」「自分ならまだまだやれる」と自己評価が高いため、ジョブホッパーになってしまったと考えられます。

自己評価が高いことを決して悪いことではないのですが、中途採用する企業側の気持ちに立つと「採用しよう」とは思わないでしょう。

本当に実力があるのであれば、転職せずに1つの企業でキャリアアップすると考えるからです。

「自己評価は高いものの、本当の実力は低い」ということに企業側は気付いているため、高い評価はしません。

人間関係の構築が苦手

ジョブホッパーは人間関係を構築することが苦手なことが多いです。

それは企業側も把握していることで、人間関係が理由で転職を繰り返していると判断されます。

もし企業側の立場だとして、人間関係を構築することが苦手な人材を採用しようと思いますか?

ほとんとの方が「採用しない」と答えると思います。

仕事は1人でできるものではないので、最低限の人間関係を構築できるスキルが必要です。

ジョブホッパーは何が悪いのか?転職を繰り返して人生を成功させる方法

20代で転職3回は多い?転職回数が多い人のアピール術!

ジョブホッパーのキャリア再生方法

ジョブホッパーは上記でお伝えした悲惨な末路を辿ることになる可能性が高いです。

しかし、安心してください。ジョブホッパーでもキャリアを再生することは可能です。

そこでジョブホッパーになってからでも間に合うキャリアの再生方法をいくつかご紹介するので、参考にしてみてください。

1つのスキルを磨く

ジョブホッパーとしてキャリアを再生するためには、1つのスキルを磨くことが大切です。

今までの転職回数を消すことはできないため、継続力を企業側にアピールしても意味がありません。

今からでもアピールできることは習得しているスキルだけで、1つのスキルを他の人材よりも磨き上げればキャリアは再生できます。

そしてスキルの証明として、おすすめなのが「資格」です。

資格は自分のスキルや知識を簡単に証明できるもので平等な評価を受けられます。

転職したい業界を決めて資格を取得すると、ジョブホッパーでもキャリアを再生できます。

今後は転職をしない

ジョブホッパーとしてキャリアを再生するためには、もう二度と転職しないことが大切です。

「6回から7回に変わっても大丈夫だろう」と考える方が多いのですが、転職回数が1回増えるだけで評価は下がります。

さらに直近の転職であればあるほど評価は下がります。

そのためジョブホッパーとしてキャリアを再生したいと思っている場合は、もう二度と転職しないようにしてください。

そして二度と転職しなくて良い求人に応募しましょう。

転職エージェントを活用する

ジョブホッパーとしてキャリアを再生するためには正社員として転職を成功させる必要があるのですが、何度もお伝えしているようにジョブホッパーが転職を成功させることは難しいです。

しかし「転職エージェント」を活用すると、ジョブホッパーでも転職を成功させられる可能性は高められます。

転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスで、「転職サイト」とは異なるサービスを提供しています。

具体的には「求人紹介・面接対策・書類添削・日程調整・条件交渉」などです。

ジョブホッパーとしてキャリアを再生するためには、転職エージェントの活用が必須条件と言っても過言ではありません。

ジョブホッパーにおすすめの転職エージェント

転職エージェントは総合型のものから業界に特化しているものまでさまざまあるため、「どのサービスを利用すれば良いんだろう?」と悩まれることが多いと思います。

そこでジョブホッパーにおすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

doda

doda

dodaは業界最大級の転職支援サイトで転職サイト・エージェントのサービスが1つになっています。

両方のサービスを受けられることもあり、登録者は550万人を超えています。

そんなdodaでは転職を成功に導いてくれるキャリアアドバイザー(転職のプロ)が在籍しています。

在籍しているキャリアアドバイザーは各業界に精通していて、業界ならではの手厚いサポートを受けられます。実際に利用した方からもサポート力が非常に好評です。

doda詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手人材会社「マイナビグループ」が運営している転職エージェントです。

業界トップクラスの転職支援実績を誇り、サポート力も定評があります。

そんなマイナビエージェントではマイナビグループで培った「転職ノウハウ」を駆使してサポートしてくれます。

そのため他社よりも手厚いサポートを受けることができて、安心して転職活動を進められます。

対面でもWEBでも面談が可能になるため、転職活動を進めやすいです。

マイナビエージェント詳細ページ

今からでもキャリアの再生は間に合う

この記事ではジョブホッパーの悲惨な末路についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

ジョブホッパーは転職市場では敬遠される存在で、悲惨な末路を辿る可能性が高いです。

しかし、ジョブホッパーでもキャリアを再生することは可能です。

「ジョブホッパーだから無理だ」と諦めるのではなく、上記でお伝えした方法を参考にしてキャリアを再生させましょう。

転職を繰り返す人の特徴10個と長期的に働くための対策を伝授します

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件