転職を繰り返す人の特徴10個と長期的に働くための対策を伝授します

転職を繰り返す人の特徴10個と長期的に働くための対策を伝授します

転職は自分に合った仕事を見つけるベストな方法ですが、何度も繰り返すのはリスクがあります。

転職回数が多すぎると、次第に書類選考が通りにくくなり、待遇面も悪化していく可能性が。

ここでは、転職を繰り返してしまう人の特徴や、転職を繰り返した場合に起こりうるデメリットについて徹底分析。

最後に、転職をストップさせ長期的に働くための対策を伝えていきたいと思います。

「これ以上転職するとまずいかも」

「転職活動に疲れた……」

「待遇がどんどん悪くなっているような気がする」

そんな人は是非チェックしてみて下さいね!

一般的な転職回数は1~2回

終身雇用制度がある日本でも転職が一般的になってきましたが、それでも平均的な転職回数は1.8回です。

転職サイト「ミドルの転職」の調査によると、20代での転職回数の平均は0.9回で、70%の人が新卒入社した企業を辞めている計算になります。

30代になると1.7回になり、ほぼ全ての人が転職を経験していることになりますが、中には5回以上転職をしている人が全体の17%もいるようです。

つまり5人に1人が「転職を繰り返す人」ということです。

転職を繰り返す人の特徴10個

5回以上転職を繰り返している人は、以下のような特徴があります。

ご自身に当てはまっているところがないか、チェックしてみましょう。

20代の場合は、3回以上の転職経験があれば要注意です。

①やりたいことが明確になっていない

そもそも転職とは、自分の目標達成やキャリアプランの実現のために行うものです。

しかしやりたいことが明確になっていないと、「思っていたのと何か違う」と感じて、せっかく入社した会社を簡単に退職してしまうことになります。

さらに1度転職を経験すると、「転職って簡単にできるんだ」と勘違いして、何度も転職を繰り返してしまうループに陥ってしまうのです。

②不安を感じやすい性格である

会社の状況や自分の立場に不安を抱え、転職する人も少なくありません。

「このままこの会社にいて将来は大丈夫なんだろうか?」「この会社は本当に自分に合っているのか?」など、考えればキリがないものです。

このようなタイプは性格や考え方を変えない限り、どんな会社に行っても落ち着きません。

③忍耐力が低い

少しでも嫌なことがあると、辞めて解決しようという人も危険です。

仕事はいいことばかりではありませんし、顧客を相手にしていると理不尽なこともあるでしょう。

「なんで自分がこんなに我慢しなくちゃならないの?」と不満を抱え転職しますが、忍耐力がないため、次の転職先でも同じことを繰り返してしまいます。

④スキルや能力を活かした職場を求める

スキルアップしながら徐々に年収や待遇を上げていく人は、外資系企業への転職者に多くみられます。

自分が持つ得意分野の能力を発揮することは、大変すばらしいことです。

しかし今の職場ではこれ以上得られるものがないと、早々に見切りをつけるのも良くありません。

簡単に転職してしまっては、そこで得られるはずだった経験を自ら放棄することになります。

⑤提示された労働条件に不満を持つ

採用が決まると企業から労働条件が提示されます。

その中には、勤務地や給与、勤務時間や想定残業時間などがあり、それらに不満を持つ人も多いようです。

とくに給与面に関しては、自分の生活と直結しているため、思っていたよりも低い賃金を提示されるとモチベーションが下がってしまいます。

給与は前職の年収が大きく関係していて、次々に転職をしている人は給与が低いまま転職を行うことになり、条件が徐々に悪化してしまうのです。

⑥職場の雰囲気にうまく溶け込めない

職場の雰囲気に馴染めない、人間関係が築けないというのも、転職を繰り返す要因のひとつです。

毎回、同じような悩みを抱える場合は、「自分に問題があるのかも?」と立ち止まって考えてみましょう。

自分で見えない壁を作っているのかもしれませんし、転職したばかりで、周囲も気を使っているのかもしれません。

どちらにしろ、自分から積極的に挨拶を交わすなどして、馴染むように努力することも大切です。

⑦仕事の内容が自分に合っていない

自己分析をしっかりと行わずに会社を選んでしまう人も、転職を繰り返す傾向が強いようです。

「人見知りするのに営業職」「評価されたい願望が強いのに事務職」というようなケースが当てはまります。

自分の得意とするところを活かさずに、向いていないことを一生懸命やっているので結果も現れません。

そして「この仕事は自分に向いていない」と、同じことを永遠と繰り返します。

⑧飽きっぽい性格で一つのことを継続できない

性格が飽きっぽい人は、仕事を一通り覚えたところで会社自体に飽きてしまいます。

そして新しい刺激を求めて転職を繰り返すことになりますが、当然、条件や評価はどんどん悪化していきます。

このようなタイプは、子どもの頃から同じような傾向が強くでていたかもしれません。

習い事が続かない、中学や高校の3年間で部活を何度も変わるなどです。

20代であれば「色んな場所で経験を積んでいる」という強みになりますが、30歳を過ぎると要注意。

履歴書だけで、「入社しても続かない人」というレッテルを貼られてしまうでしょう。

⑨自分の間違いを認められない

「自分の間違いを認めない人=プライドが高い人」は、仕事が思うようにこなせないと会社や周囲のせいにします。

そして「会社が悪い」「上司が悪い」などと言ってあっさりと退職してしまうのです。

⑩一人で転職活動を進めている

1人で応募企業を決め、1人で履歴書や職歴書を書き、1人で面接に挑んでいる人は、同じ過ちを犯していることに気付いていません。

自分の適性や性格を把握しないまま転職先を決めてしまっていては、同じことを永遠と繰り返すだけです。

20代で転職3回は多い?転職回数が多い人のアピール術!

転職を繰り返す人に降りかかる5つのデメリット

明らかに違法と思われるブラック企業は、さっさと転職した方が身のためですが、そうではない場合はある程度の我慢も必要です。

少しでも嫌なことや気に入らないことがあると転職していたのではキリがありません。

転職のしすぎは、一体どんなデメリットがあるのでしょうか?

転職回数の多さで採用担当者からの印象悪化

転職を繰り返す人は、「打たれ弱い」「責任感がない」「忍耐力がない」など、悪いイメージを与えます。

採用担当者は履歴書だけであなたの性格を見抜いてしまうので、採用には至らないでしょう。

年齢が高くなって若手との差別化が難しくなる

30歳を過ぎても転職を繰り返していた場合、若手との差別化ができなくなります。

マネージャー候補や店長候補などでの入社はいいですが、スキルがないまま転職を繰り返すと、永遠に新人扱いのままです。

これでは賃金も上がりませんし、若手と比べられたときに不利になってしまいます。

若手で身につく能力が手に入らなくなる

早い段階で仕事を辞めていると、身につくべき能力を得られないまま転職を繰り返すことになります。

そうなると経験不足で転職が難しくなり、条件や待遇が悪くなっていくでしょう。

選べる仕事が少なくなっていく

20代の頃はポテンシャル採用といって、潜在能力やこれから成長するであろう伸びしろに期待して採用されるケースがあります。

しかし20代後半に差し掛かった頃から、ポテンシャルではなくスキルや経験を評価されるようになるのです。

経験が浅いと応募できる会社が少なくなるのは当然。

もしかすると正社員に就くことがむずかしくなり、非正規社員として働かなくてはならない可能性もでてきます。

社内での評価が上がりにくくなる

簡単に会社を移る人は、転職先でもあまり信頼されません。

そうなると重要なプロジェクトに携わる機会を逃したり、責任ある仕事を任せられなくなったりして、評価される機会を失うことになります。

転職を繰り返さずに長期的に働くための対策

転職は時間・労力・お金がかかり、失敗すると信用や価値を下げてしまいます。

そのような事態に陥らないためには、長期的に働くことが大切です。

転職する癖をなおし、腰を据えて働くためにはどうしたらいいのか、解決策を紹介します。

自己分析を入念に行う

学生時代の就活で散々やったという人もいるかもしれませんが、再度しっかりと自己分析を行ってみましょう。

社会人経験を持った今だからこそ、より正確な分析ができるかもしれません。

転職サイトなどでは、職業適性テストが無料で行えます。

自分の新しい一面を発見できるチャンスです。是非試してみて下さい。

仕事に何を求めているのかを洗い出しておく

働く上で自分が大切にしていること、大切にしたいことは何でしょうか?

「周りからの評価」「収入」「職場の雰囲気」、自分なりに優先順位を決めて、ノートに洗い出してみて下さい。

可視化することで改めて大切なことを知り、転職のミスマッチを防げます。

慣れるまで転職を思いとどまる

慣れない仕事は、決して楽しくはないですよね。ミスをしたり注意されたりすると、「この仕事自分には向いていない」と思ってしまうかもしれません。

しかしそこで一度我慢して、仕事を続けてみましょう。

仕事が分かりだすと面白さが増し、会社がどんどん楽しくなっていきます。

そうすると人間関係も築けるようになり、辞めたいとは思わなくなるはずです。

第三者の目線から自分を分析してもらう

自分ひとりで就活をしてきた人は、第三者の意見を取り入れてみることをお勧めします。

家族や先輩、友人などに、自分がどんな仕事が向いているのか聞いてみて下さい。

ただし聞く相手を間違えると、誤った指摘をされる可能性もあるので要注意。

できるだけ長く、ひとつの会社に勤めている知人を選ぶといいかもしれません。

転職エージェントを利用してサポートを受ける

なかなか親身に相談に乗ってくれる人がいないという場合は、転職エージェントを活用するのがベストな方法です。

転職エージェントに相談することで、自分では解決できなかった転職を繰り返す原因が見えてくるかもしれません。

転職エージェントでは、職歴書の書き方や面接対策、あなたの自己分析もしっかりと行ってくれるサービスです。

転職のプロが、無料であなたにピッタリの会社を紹介してくれるので、使わない手はありません。

長く続きやすい仕事の条件とは?職種別イメージとその裏側をリサーチ

長期的に働くために利用すべき転職エージェント3選

数ある転職エージェントの中から、転職を繰り返してしまうあなたにピッタリの転職エージェントを3社紹介していきます。

就職shop

就職shop

利用対象者が30歳以下と限定されている、20代の若者に特化した転職エージェントです。

非公開求人が多く、未経験の若者をしっかりと育成してくれる求人案件を豊富に抱えています。

紹介する企業は、就職shopが取材した企業のみという点も安心です。

就職shop詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

「丁寧にしっかりサポートして欲しい」という人にピッタリの、20代〜30代に特化した転職エージェントです。

拠点は全国の主要都市10カ所にあり、非公開求人は全体の80%を占めています。

業界別に専任の担当者がいるため、専門的なアドバイスやサポートが受けられるのが大きな魅力です。

マイナビエージェント詳細ページ

ハタラクティブ

ハタラクティブ

第二新卒や既卒など、若手の転職に強いハタラクティブ。

内定率は80%以上を誇り、カウンセリング実績は6万人を超えています。

これまで得られたノウハウをもとに、転職を繰り返してしまうあなたの不安や悩みを解決してくれる転職エージェントです。

ハタラクティブ詳細ページ

転職の繰り返しに歯止めをかけて長期的に働ける職場を探そう

転職を繰り返す人の特徴に当てはまっていた人は、綿密な自己分析と自身の性格を知ることが大切です。

転職エージェントを利用して「長く続けられる仕事」への転職を成功させましょう。

転職でキャリアアップを図ることは重要ですが、不満からくる転職は繰り返してはいけません。

今の職場は本当に合っていないのかしっかりと見極めてから、「次の転職を最後にする!」という気持ちを持って臨みましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件