転職したいけど何がしたいかわからないときの適職発見法!

転職したいけど何がしたいかわからないときの適職発見法!

転職したいと考えていても、自分が何をやりたいかがわからないという方も多いのではないでしょうか?

よく「自分のやりたい仕事じゃないと、長続きしない」といわれます。

せっかく転職するのであれば、長続きできるような職場に転職したいですよね。

そこで今回は、「転送したいけど何がしたいかわからない」と考えている方向けに、「何がしたいかを見極めるポイント」と転職活動で注意すべきポイントについて紹介します!

5分程度で読み終わる内容にまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

「何がしたいか」を見極めるポイント4つ

何がしたいかを見極めようといわれても、正直何から始めていいかわからないですよね。

そこで以下の「何がしたいかを見極めるポイント」をおさえて、実践してみてください。

  • これまで楽しかったことを書きだしてみる
  • 逆にやりたくないことを書きだしてみる
  • 身近な人に「どんなことができそうか」を聞いてみる
  • 普段興味を持ったことを洗い出してみる

以下で詳しく紹介しています。

これまで楽しかったことを書きだしてみる

これまでの経験上何が楽しかったのかを、ノートやスマホに書きだして可視化しましょう。

楽しいことは「何がしたいか」に繋がりますから、自分の経験をしっかりと振り返ることをおすすめします。

もしも「楽しかったこと」が浮かばない場合は「褒められた経験」でも構いません。

褒められることは、モチベーションの向上にもつながります。

プラスな方向に気持ちが動いた経験を「やりたいこと」の軸にしていきましょう。

逆にやりたくないことを書きだしてみる

「やりたいこと」を見つけるにはその逆の「やりたくないこと」を描きだしてみましょう。

「やりたくないこと」の逆を考えていけば、必ず自分のやりたいことが見つかるでしょう。

「雑用ばかりは嫌だ」「長時間の残業は嫌だ」などの些細なことでも構いません。

自分のやりたくないことをつぶしていった先に、やりたいことが見えてきます。

ただし何でもかんでもやりたくないと決めつけてしまうと、やりたいことが見つからなくなってしまいますので、自分の中で優先度を見つけておきましょう。

身近な人に「どんなことができそうか」を聞いてみる

自分自身で「楽しかったこと」や「やりたくないこと」がわからない、という人は第三者の意見を取り入れてみるのもいいでしょう。

「今まで自分をみてきてどんなことができていたか」
「自分はどんなことに興味をもっていそうか」

など客観的に見た自分の印象を聞くようにしましょう。

自分ではわからなかった魅力を見つけることもできます。

親や友人など普段からかかわりを持っている人に聞くのがベストです。

もしも仕事上の強みを見つけたいという人は、直接の上司に確認してみるといいでしょう。

自分が意識していなかったような思いもよらない特徴を教えてもらえるかもしれませんよ。

普段興味を持ったことを洗い出してみる

自分が何に興味を持ったのかをしっかりと洗い出してみることも、「やりたいこと探し」には有効です。

ただ興味を持ったことを探すといわれてもわからないという方は、検索履歴やなんのニュースに興味をひかれたのか、どんな本を購入しているのかなど時間やお金をかけているものに注目するようにしましょう。

それらの共通点をまとめてみた中に、「やりたいこと」が紛れているかもしれません。

意外と身近なところに「やりたいこと」が落ちている可能性もあるんですよ。

将来自分がどうなっていたいかを考えるのも重要

「やりたいこと」を転職で求めるのは、長続きさせるために重要なのですが、それだけでは不十分です。

「将来自分がどうなっていたいか」を実現できる職場であるかどうかも、転職先を決定する判断材料にしましょう。

特に「将来管理職になれるかどうか」「産休や育休をとっても昇進できるか」「女性管理職がいるかどうか」など、将来のキャリアに繋がる条件を重視しましょう。

いくら転職できたといっても、将来的に昇進や昇給の見込みがないと、また職場に不満が出てしまうことになってしまいます。

自分の将来のビジョンを立てて、それを実現できるような職場であるかの情報収集もしっかり行いましょう。

「何がしたい」だけでなく労働環境も重視しよう

「何がしたい」だけでなく、その職場の労働環境も重視していきましょう。

やりたいことも重要ですが、実際働く職場の労働環境が整っていないと、精神的や身体的につらくなってしまうことに繋がります。

特に、以下のポイントを重視していきましょう。

  • 自分の生活レベルにあった収入かどうか
  • 人間関係の良い職場かどうか
  • 福利厚生が整っているかどうか

以下で詳しく解説していきます。

自分の生活レベルにあった収入かどうか

転職先を決定する際は、その職場の提示している収入が自分の生活レベルにあっているかどうかを確認しましょう。

転職する理由の中には「給与への不満」を挙げる人は意外と多いのです。

「やりたいこと」を重視しすぎて、転職で給与が下がってしまうのは避けたいですよね。

自分のやりたいことを実現できて、給与も自分の生活レベルにあっているところを探して行くようにしましょう。

人間関係の良い職場かどうか

どの職場でも人間関係は非常に重要な項目です。

特に人間関係の良い職場かどうかは、精神衛生上も非常に重要な項目です。

そのため人間関係の良い職場であるかどうかもしっかり考慮するようにしましょう。

人間関係の良い職場であるかどうかを判断するには、事前の情報収集が必要です。

転職エージェントを利用すると、内部事情を教えてもらうこともできますので、利用を検討してみてください。

福利厚生が整っているかどうか

交通費や住宅補助などの福利厚生が整っているかどうかは、意外と見落としやすい項目です。

手当を支給してくれるかどうか、休暇は取りやすいかどうかなど働きやすさを重視しましょう。

やりたいことを実現するうえでは、職場の社員へのフォローアップは必要不可欠です。

どんな福利厚生を用意しているのかをしっかり事前に把握するようにしましょう。

転職したいけど何がしたいかわからない人の注意すべきポイント

転職したいけど何がしたいかわからない人の注意すべきポイントは、以下の5つです。

  • 「何がしたい」と「転職理由」の優先度を偏らせない
  • 全く関連性のない業界・業種への転職はしない
  • 方向性が決まっていないのに現職を退職しない
  • 将来のキャリアも考慮する
  • 自分一人で悩みすぎない

以下で詳しく解説します。

「何がしたい」と「転職理由」の優先度を偏らせない

「何がしたい」の優先度と「転職理由で挙げた不満解消」の優先度を偏らせないようにしましょう。

どちらも転職において考慮すべき重要な項目ですが、片方を優先しすぎてしまうと後々「やっぱりこの職場違うかも…」とミスマッチが発生することにもつながります。

どちらも考慮したうえで、転職活動に挑むようにしましょう。

全く関連性のない業界・業種への転職はしない

全く現職に関連性のない業界・業種への転職は避けるようにしましょう。

もしも「やりたいこと」であっても、関連性のない業界・業種への転職は非常に難しく、内定がもらえる可能性が非常に低いです。

自分の今いる職場での業務やスキルが生かせるような転職先を見つけるようにしましょう。

方向性が決まっていないのに現職を退職しない

「やりたいことを見つけるために辞めます!」といって、方向性が決まっていないのに現職を退職しないようにしましょう。

方向性が決まっていない状態で転職活動をするのは、長期化する可能性が非常に高いです。

転職活動は交通費や衣服代など非常にお金がかかりますから、長期化するとなると安定した収入源が無ければ続けていけません。

しかし方向性が決まっていない不安定な転職活動中に。職場をやめてしまうと安定した収入先が無くなってしまいます。

転職活動を安定して行うためにも、働きながら方向性を決めて転職活動をするようにしましょう。

将来のキャリアも考慮する

上の項目でも紹介しましたが、「やりたいこと」だけでなく、将来の自分のキャリアも考慮して転職活動を進めるようにしましょう。

今のやりたいことも長期的に働くうえで重要ですが、将来家庭を持った際や老後の貯蓄を考慮するとなると、将来昇進できるかどうかは重要な項目になります。

そのため転職する際は「やりたいこと」の他にも将来管理職ポストにつけるかどうか、昇給はどの程度されるのかなどを把握しておくことが重要です。

自分一人で悩みすぎない

「自分のやりたいことを探すんだから、自分一人で解決しなければ…」という悩みを抱える方も中にはいるのではないでしょうか?

「やりたいこと」を探すときは、自分で振り返ることも重要ですが、第三者から見た意見も参考になります。

親や友人など身近でかかわりが深い人に、自分の評価をしてもらいましょう。

転職したいけど何がしたいかわからないなら転職エージェント!

これまで紹介してきた、「やりたいこと」を見つけるポイントや注意点を踏まえてみても、やっぱりはっきりとしない方は、転職サポートのプロである転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントは無料で転職をサポートしてくれるサービスです。

「どの職に向いているか」「やりたいことは何か」など転職活動を始める前段階からサポートしてくれますので、有効活用していきましょう。

将来のキャリアも考慮して転職サポートをしてくれる

転職エージェントは、将来のキャリアプランの構築も手伝ってくれます。

正直、キャリアプランといってもどんな見通しを立てていいのかわからないですよね。

転職エージェントはこれまでの支援実績から、どんなキャリアプランを立てればいいかをアドバイスしてくれます。

条件に合った求人を提示してもらえる

転職エージェントは、やりたいこと探しやキャリアプランの構築のみではなく、それらを踏まえた求人を紹介してくれます。

また転職エージェントが紹介してくれる求人の中には、条件のいい非公開求人が混ざっている可能性があります。

自分だけでは見つけられない転職先を見つけることもできますので、利用しない手はないでしょう。

転職したいけど何がしたいかわからない人向けの転職エージェント!

20代の転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは株式会社マイナビが運営している転職エージェントです。

マイナビエージェントは20代の転職に強みを持っています。

20代で自分の「やりたいこと」を探したいと考えている方は、ぜひ利用してみてください。

マイナビエージェント詳細ページ

マイナビエージェント公式サイト

幅広い選択肢が欲しいならdoda

doda

リクルートエージェントは転職大手リクルートが運営している、業界最大級の転職エージェントです。

幅広い業界・業種の求人を取り扱っており、コンサルタントの知識も豊富です。

これまでの支援実績から得たノウハウを活用して、転職を包括的にサポートしてくれますから、「やりたいこと」を探している人でも安心して利用できます。

doda詳細ページ

doda公式サイト

「やりたいこと」を見つけていい転職先を見つけよう!

いかがでしたか?

転職をしたいのにやりたいことが見つからないときは、自分の過去をしっかりと振り返って分析することが重要です。

また、転職をする際は「労働環境」や「将来のビジョン」も考慮することが、長期的に働き続けていくうえで重要になります。

また注意すべきポイントをしっかり踏まえたうえで、活動を始めるようにしましょう。

自分一人では分析ができない…という方は転職エージェントのサポートを受けるようにしましょう。

無料でサポートを受けられますし、求人を紹介してもらうこともできますよ!

記事の後半で紹介したような転職エージェントの他にも、まだまだ転職エージェントはありますので、自分に合った転職エージェントを探すのもいいかもしれません。

自分のことや将来のことを考慮して、「やりたいこと」を実現できる転職先を見つけていきましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件