転職サイトにブラックリストはあるの?サイトに登録できない原因とは

転職サイトにはブラックリストがある?

転職活動中になかなか内定がもらえない時、転職サイトに登録できない時、転職サイトにもブラックリストがあるのではと不安になりますよね。

ブラックリストに自分の名前があったら、二度と転職できないのではと感じている方も多いと思います。

そんな不安で夜も眠れない方のために、転職サイトにブラックリストがあるのか徹底的に調査したので、ご紹介します。

転職のサポートをする転職サイトには、登録を断ったり、求人情報が流れなかったりなどのブラックリストがあるのでしょうか?

実際に転職した方の口コミを参考にしながら、ブラックリストの有無を調査します。

転職サイトにブラックリストはない可能性が高い

まず、転職サイトにはブラックリストがない可能性が高いです。

その根拠となるものが2つあるのでご紹介します。

転職に関する情報を扱っている信用情報機関がない

よくブラックリストと聞くとクレジットカードのブラックリストを思い浮かべると思います。

クレジットカードの場合、支払い遅延や滞納額が記載されたデータが、信用情報機関で一括管理されています。

しかし、転職サイトの場合はそのような信用情報機関はありません。

つまり、ブラックリストのように名前で特定されて転職サイトに登録できないわけではありません。

ブラックリストではなく悪い噂のせいかも?

ブラックリストではないのであれば、転職サイト内にある悪い噂が転職の邪魔をしている可能性が高いです。

転職サイトや転職エージェントは紹介した人材が優秀でないと企業の信頼が揺らいでしまいます。

つまり、転職サイト側も真面目で転職後に活躍してくれそうな人材を求めています。

もし、紹介した転職先との面接を無断キャンセルした場合、転職サイトも紹介先から悪いイメージを持たれてしまうので、転職サイトの中では人材に関する情報交換が頻繁におこなわれている可能性が高いです。

転職サイトを実際に利用した人の声

では、実際に転職サイトを利用した方にブラックリストがあるかどうかたずねた結果はどうなっているのでしょうか。

ブラックリストある派の意見

ブラックリストがあると考えている方にはこのような意見がありました。

  • 「おかしな人材を紹介する訳にはいかないからあるに違いない」
  • 「求職者側が転職サイトと連絡をとってブラックリストを作成しているに違いない」
  • 「転職サイト同士の情報交換はされていない。面接をドタキャンした企業のなかではブラックリストがある可能性が高い」

こうして考えてみると、転職サイトと言うより、求職者の中にブラックリストがあるだけで、転職サイトに登録できないのはブラックリストによる影響がないようです。

ブラックリストない派の意見

ブラックリストがないと主張している方の意見はコチラです。

  • 「社会人としての常識を備えていれば、断られることはまずない。」
  • 「他の転職サイトの利用が可能なので、一括管理されているブラックリストはない」

このような意見がありましたが、両者に共通している意見をまとめると、「ブラックリストは転職サイトや転職エージェント内ではなく、求人を出している会社にある可能性が高い」ということです。

転職エージェントにはブラックリストはない?

よく転職サイトと転職エージェントは混同されがちですが、この2つには違いがいくつかあります。

転職エージェントのほうが親切、転職サイトは自分のペース

転職サイトは転職に関する情報を提供してくれるサービスで、転職エージェントは転職を全面的にサポートしてくれるサービスです。

たとえば、転職の面接対策や履歴書の書き方、面接会場までの付き添いまでしてくれます。

転職サイトに登録までは出来たけど、なかなか内定がもらえない方は、転職エージェントに登録して正しい転職活動をエージェントに教えてもらうと転職しやすい環境になります。

では、転職サイトは全く使えないサービスかというとそうではありません。

転職サイトは自分のペースで転職できる気軽さと転職先としてたくさん応募できることが強みです。

転職エージェントは適切な転職先を分析して紹介してくれるので、たくさん応募したい方にとっては不向きかもしれません。

自分にあった転職サービスを利用するようにしましょう。

転職サイトでの態度が悪いとアカウント凍結の可能性

転職サイトを利用して面接をキャンセルしたり、連絡がなかなか取れない状況が続くと転職サイト側の評価が下がり、アカウントが凍結されることがあります。

アカウントが凍結されると転職する手段を一つ失うことになるので、転職が難しくなります。

転職を成功させたいのであれば、転職サイトとの連絡を途絶えないようにしましょう。

転職サイトに登録できない場合はどうすればいいの?

そもそも転職サイトに登録できない方はブラックリスト以前の問題の可能性が高いです。転職サイトに登録できない場合はどうすれば良いのでしょうか。

考えられる原因とは

転職サイトに登録できない場合にはこのような理由が考えられます。

  • 転職回数が極めて多い場合
  • 年収が低い人
  • 一般の企業に役立つ経験・スキル・資格を持っていない人
  • 特殊な職歴の人(芸能界、作家、自営業、自衛官など)

このような方はそもそも転職サイトに登録しようとすると断られるケースが多いです。

また、社会人経験がないのに転職エージェントに登録しようとしても断られますし、逆に年齢が高すぎると断られます。

転職サイトに登録するときに断られた場合は審査が緩めの転職サイトを選ぶようにしましょう。

審査基準別の転職エージェント

転職サイトを審査基準別にご紹介します。

転職する目的によって、転職サイトの使い方も変わるのでお気をつけください。

審査が厳しい転職エージェント

これらの転職エージェントは高いキャリア専門の転職サービスで、今よりも高い年収を希望して転職する方やキャリアアップのための転職のためのサイトです。転職サイトも質が高い人材を求めているので、登録の審査も比較的厳しめです。

審査が緩めの転職エージェント

これらの転職エージェントは顧客層が広めなので、それに伴って登録の審査が緩めです。

審査がゆるいと質の悪いユーザーが集まってしまうので、求人情報が減ってしまう可能性もあるので要注意です。

審査が厳しくなくて、質も高い転職エージェント

この2つは登録拒否された人に特におすすめの転職サイトです。

DODAエージェントは人気ランキングでもトップで初めて転職活動をしている方にもおすすめです。

転職サイトと転職エージェントを組み合わせたサービスで、自分が希望した転職先に転職エージェントが適性を見出したり、転職のサポートをしてくれます。

ぜひ、この2つから転職先を見つけてみてください!

ブラックリストを気にせず、真摯に転職活動に取り組もう

転職に何度も失敗していると不安で押しつぶされそうになるとおもいます。

転職サービスを適切に活用し、正しく転職活動を続けているといつか転職が成功するかもしれません!

その時に必ず、転職サイトや転職エージェントに対して真摯な態度で取り組むようにしましょう。

転職成功のヒントになったら幸いです。