適応障害があっても転職を成功させるためのポイントを徹底解説!

適応障害があっても転職を成功させるためのポイントを徹底解説!

適応障害だと診断された人、もしくは適応障害かもしれないと思っている人は、現在の職場環境を変えたいと思っているのではないでしょうか?

ストレスの要因が職場にあると感じる場合、「環境を変えると改善する」と考えるのは間違いではありません。

転職によって状態が改善する余地は十分にあります。

しかし「適応障害でも転職は成功するの?」「面接では精神疾患があることを話した方がいい?」など不安もあるはず。

また環境を変えれば必ず治るというワケではないため、転職は慎重に行わなくてはなりません。

この記事では、適応障害であっても転職を成功させるポイントを説明していきたいと思います。

あなたが悩みを抱え込むタイプの性格なら、第三者に協力してもらいながら転職活動を進めていくことも、視野に入れてご覧下さい。

適応障害になるとどうなるの?

適応障害になると、精神面だけでなく、その症状が行動や身体にも表れる場合があります。

疑わしいけれど、まだ医師の診断を受けていないという人は、いくつか該当するものがあれば専門医に診てもらうことをお勧めします。

精神的に不安定になる

ストレスの原因が職場にある場合、会社に着くと動悸がしたり、仕事中にとつぜん不安になったりすることがあります。

また集中力や注意力がなくなり、気になることがあると他の業務が手につかないという状況に陥るケースもあり、症状は人によって異なります。

記憶力が曖昧になることも多く、仕事への自信がなくなってくるのも症状のひとつです。

生活習慣が悪化する

適応障害と、うつ病や不安障害といった精神疾患を持つ人との違う点が、「ストレスの要因が周囲にないときは症状が暖和される」というところです。

そのため、自宅に戻ると元気になって、趣味に没頭するということもあります。

「深夜まで頭が冴えている」「家での時間が幸せすぎて眠りたくない」という風に、夜眠れず生活習慣が乱れてくる点に注意しなくてはなりません。

また飲酒や喫煙の量が増える人も多いようです。そして生活習慣の乱れは、健康状態に直結します。

健康状態が悪化する

適応障害によくある症状として、動悸や冷や汗、疲労の蓄積などが生じやすくなります。

また吐き気を催したり、手先や唇が震えたりして、ひどくなると過呼吸を起こすケースも。

そうなると仕事を続けていくことが難しくなり、休職や退職を選択せざるを得ない状況に陥ってしまいます。

適応障害で仕事に影響を出さないための4つのポイント

医師に適応障害であることを診断されたら、診断書をもらい上司や人事に相談することをお勧めします。

その上で、具体的に下記のような対策を取ってもらうのがベストです。

抱えている仕事の量を減らす

過労によるストレスや、適性ではない仕事の量を抱えている場合は、業務量を調整してもらえるようにお願いしてみましょう。

中には人手不足で、仕事を誰かに振るのが申し訳ないと思う人もいるかもしれません。

しかし業務で大きなミスをしてしまっては、元も子もありませんので、症状がきちんと改善されるまでは様子をみてもらいましょう。

人事異動を願い出る

特定の上司や先輩からハラスメント的な嫌がらせを受けているなら、人事異動を申し出るのが先決です。

その場合は、病気のことも上司には打ち明けず、まずは人事や社内の相談窓口を通す方がいいでしょう。

ただし、これは社員数が100名以上で、部署が変わるとほとんど顔を合わせなくても済むというのが条件です。

たとえ人事異動があったとしても、部署同士の席が近い、毎日顔を合わせる距離にいるという風なケースでは、仕事に支障がでてしまう可能性があります。

一時的に休職する

仕事をしながら改善される、もしくは仕事への影響がでないということであれば、仕事との両立が図れます。

しかし「会社自体がイヤ」「症状が悪化している」「仕事のことを考えると吐き気がしてくる」というような重い症状の場合は、いったん休職した方がいいかもしれません。

福利厚生が充実していれば、休職中も給与の何割かが手当として発生します。

一人暮らしや養っている家族がいる場合は、人事にしっかりと確認をとってみて下さい。

転職して環境を一新する

適応障害であることを相談しても、聞く耳を持たない上司や、環境がまったく改善されないケースもあります。

「自分の症状を上司に相談しても、何も改善されなかった。」

「適応障害に対しての知識が周りになかったため、ただのおかしい人と思われ、馬鹿にされて笑われていた。」

このような声も見受けられました。

その場合、残念ながら職場にいても状況が改善されることは難しいため、転職を考えなくてはなりません。

転職ですべてが解決できるとは限りませんが、悪化してうつ病にならないためにも、早期に転職活動を始める準備をした方がいいでしょう。

適応障害でも転職を成功させる5つのポイント

やみくもに転職活動をしても、新しい職場に馴染めなかったら意味がありませんよね。

あなたはまだ正常な健康状態でないため、転職先を選ぶのは慎重になるべきです。

適応障害でも働き続けられる仕事に応募する

適応障害の人は、ノルマがあり外出が多い営業職や総合職などは、仕事がハードでストレスが溜まりがちです。

まずは病気を治すことを第一に考えて、以下のような企業や仕事を選ぶのはいかがでしょうか?

定時退社・完全休日2日制の企業

業務量が一定していて、残業が発生しないような職場が望ましいです。

週末もしっかりと休みが取れて、仕事とプライベートがしっかり分けられる企業を選びましょう。

家でも業務が進められる仕事

最近では、在宅勤務を推奨する職場も増えてきましたね。

自宅で仕事ができれば、体調が悪い日があっても業務に支障をきたすこともありませんし、対人面でのストレスからも解放されます。

また都心勤めで満員電車での通勤をしている人も、ストレスの軽減が期待できるでしょう。

事務職など人と接しない仕事

事務職のような人との関わりが少ない仕事は、適応障害でも働きやすいです。

一方で、営業や接客業、サービス業などは、対人面でストレスを受けやすい職種ですので、避けることをお勧めします。

ほかにも、SEやデザイナーといった、一人でパソコンに向かって過ごすような仕事も最適です。

転勤のない仕事

適応障害の人は環境への順応性が低いため、転勤や出張が多い仕事は向いていません。

商社や、支店があちこちにあり異動が多そうな企業、銀行の総合職なども避けた方がいいでしょう。

地方の公務員や、コールセンター、バックオフィス系の仕事は転勤もなく、穏やかな気持ちで働くことができます。

職場の雰囲気がいい仕事

アットホームで働きやすい職場を選ぶことも大切です。

しかし入社する前にどんな職場かを判断することは難しいですよね。

そんなときは企業の口コミサイトなどをチェックしてみるのがお勧めです。

求人票には「雰囲気のいい職場です!」などと書かれていても、人を集める決まり文句であることも多々あります。

実際の評判は「転職会議」や「Openwork」のような口コミサイトを見たり、SNSをチェックしたりして情報収集してみましょう。

職場の空気が悪い…空気を悪くする要因とあなたにできる解決策

転職できる状態にまでメンタルを回復させる

転職活動を始める上では、まずかかりつけの医師に相談することをお勧めします。

転職は緊張やプレッシャーなど精神的なものを感じやすくなるため、転職活動を始めても問題ない状態かを判断してもらって下さい。

無理だと診断された場合は、いったん転職活動をストップして状態が回復するのを待ちましょう。

なぜ転職をしたいのかを事前に洗い出しておく

転職をする上では、「病気であることを受け入れてくれる企業選びをする」という点を重視するべきです。

しかし目的を持った転職でなくては、転職する意味がありません。

面接でも、転職を決めた理由や志望動機は必ず聞かれますので、しっかりと自己分析を行いましょう。

企業の情報収集を念入りに行う

転職で失敗しないためには、適応障害の人に対する企業の取り組みや考え方を知ることです。

面談では、自身が適応障害であることを話し、会社がどんな取り組みをしているのかを面接官に聞いてみるのもお勧めです。

「適応障害であることを言ったら採用されないかもしれない」と思うかもしれませんが、隠して入社した場合、仕事がうまくいかないことを能力のせいにされてしまう可能性があります。

また隠していたことがのちのちバレるよりも、初めから正直に話し、受け入れてもらえる職場に入社した方が働きやすいと思いませんか?

まずは病気を治すことが何よりも大切です。

最初の段階で話しておけば、業務量や配属先を配慮してもらえるかもしれません。

転職エージェントを活用してプロ目線のサポートを受ける

自分にはどんな職場があっているのか、どの企業なら病気を悪化させず働けそうか、そんな疑問に答えてくれるのが転職エージェントです。

転職のプロであるキャリアドバイザーが、一人ひとりに合った職場を、プロ目線で見つけてくれます。

アドバイザーは企業情報にも精通しているため、入社後のミスマッチも防げますし、あなたの悩みにも的確なアドバイスをしてくれるはずです。

面談の日程調整やフォローもありますし、アドバイザーを通して入社条件の交渉することもできます。

適応障害からの転職で利用すべき転職エージェント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、35歳以上〜50代のニーズが高い転職エージェントです。

ハイキャリアで、課長職や部長職の経験がある人に適しています。

適応障害の人にお勧めする理由として、企業と求職者の間に立つスタッフが一人だけという「両面型」のサービスを提供している点です。

企業側と求職者の担当者が異なる場合は、それぞれの要望や状況を深く理解できないことがあるため、入社してからのミスマッチが発生する場合があります。

しかし双方のニーズをしっかりと把握している両面型の場合、お互いの満足度が高い転職が実現できます。

JACリクルートメントには、およそ750名のコンサルタントが在籍しており、質の高いサービスが好評です。

JACリクルートメント詳細ページ

就職shop

就職shop

20代の若者にお勧めしたいのが、フリーターのような社会経験が少ない人の転職に力を入れている就職shop。

面接前の「書類選考がない」のが大きな特徴です。

就職shopでは、営業が直接企業へ足を運んで取材した会社のみを紹介するため、職場の雰囲気がつかみやすく自分の理想に近い企業へ入社できます。

また「以前の会社ではどんな仕事をしていたのか?」「前職を辞めた理由は?」など、必ず聞かれるような質問の面接対策も行ってくれます。

就職shop詳細ページ

転職サイトの適職診断も積極的に利用しよう

仕事で過剰なストレスが溜まる場合、あなたの適性にあった職業ではないのかもしれません。

転職サイトでは、敵職探しのツールとして、適職診断を無料で利用できます。

自分の意外な一面が見えたり、転職に活かせる強みや弱点が把握できたりする点もメリットです。ぜひ活用してみましょう。

適応障害にかかってもあきらめずに転職活動を進めよう

適応障害は、環境を変えることで改善が見込める病気です。

転職を成功させれば、症状も軽くなり本来の自分に戻ることができます。

先述したような、精神疾患の人たちを理解してくれる職場を選び、転職活動に励みましょう。

「新しい環境に不安がある」「再発したらどうしよう」など不安がある方は、アルバイトや派遣社員などの非正規社員からスタートするのもおすすめです。

無理をせず、自分自身を大切にして、適応障害を改善させていきましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件