【女性の転職】マイナビエージェントの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

【女性の転職】マイナビエージェント

転職するにあたってどこのサービスを利用するか迷ってしまいますよね。

マイナビといえば新卒採用のイメージが強いですが、転職サービスにおいても利用者満足度が高く、手厚いサポートが評判です。

ここではマイナビエージェントのメリットとデメリット、どんな人に向いているのかなどをご紹介していきます。

自分に合ったエージェントを見つけて、転職活動を成功させましょう!

目次

一目で分かる【女性の転職】マイナビエージェントの評判

求人数
求人の質
サポートの手厚さ
非公開求人
パソナキャリア

マイナビエージェントは、求人数はDODAやリクルートなどの業界最大手には劣りますが、求人の質がよく、サポートも手厚いので利用者満足度が高いことが特徴です。

【女性の転職】マイナビエージェントの運営会社はどんな会社?

マイナビエージェントは就職・転職情報サイト「マイナビ」「マイナビ転職」を運営するマイナビグループの人材紹介サービスです。

マイナビは新卒採用のイメージがあるかと思います。

実際、新卒採用の領域ではリクルートを追い越し業界NO.1になりました。

新卒部門で1位になったことで、次は転職部門でのNO.1を目指している企業であり、2017年の夏以降から転職部門での評判もあがってきています。

マイナビ転職・マイナビエージェントとの違いは?

マイナビが運営する転職サービスとして「マイナビ転職」と「マイナビエージェント」があげられます。

マイナビ転職とマイナビエージェントは同じサービスだと思っていませんか?

2つの違いを見てみましょう。

マイナビエージェント マイナビ転職
求人 7000件 6000件
非公開求人 2万件以上 なし
面接指導・書類添削 あり なし

同じ会社が運営するサービスですが、扱っている求人は異なります。

またマイナビ転職の1つあたりの採用数が数十名なのに対して、マイナビエージェントは採用人数が数名や若干名の求人も多く扱っています。

マイナビエージェントは書類の添削や面接対策、フィードバックをしてくれるのも大きな特徴です。

【女性の転職】マイナビエージェントのメリット

  • コンサルタントのサポートが丁寧
  • 非公開求人が80%。マイナビエージェントの独占求人もある
  • 優秀なエージェントが在籍している
  • 第二新卒のための求人を多くもっている

サポートが丁寧

【女性の転職】マイナビエージェントはDODAやリクルートなどの業界最大手に比べて登録者数は少ないですが、登録者が少ないエージェントだからこそ、サポートが丁寧なため利用者満足度が高いです。

特に面談の丁寧さ、サポートの丁寧さでは業界トップです。

はじめての転職で面接が不安な女性にも、女性の転職に特化したマイナビエージェントをおすすめしています。

非公開求人が80%!【女性の転職】マイナビエージェントの独占求人もある

【女性の転職】マイナビエージェントは求人の約80%が非公開求人です。

自力ではたどり着けない様々な企業を見ることで、自分の選択の幅も広がります。

また、マイナビエージェントは中小企業を中心とする求人量が多いです。

リクルートは広告費が高く、求人を出すことを嫌がっている企業もあり、そういった企業の案件を持っているため独自案件もあり、さらに中小企業や地元の優良企業にも訪問営業していているため、中小企業や案件が多いといえます。

【女性の転職】マイナビエージェントは「リクルート」「DODA」に求人数は劣りますが、それでも案件数は業界トップクラスのため、少なすぎるというとこもありません。

マイナビ転職エージェントの求人数が少ないというよりは、リクルートやDODAの求人数が多すぎると言えます。

転職エージェント選びは求人数だけで選ぶのではなく、独占優良求人がどれくらいあるかも重要な要素です。

優秀なエージェントが在籍している

【女性の転職】マイナビエージェントは新卒領域でリクルートを追い越しNO.1になりました。

次は、中途採用でNO.1を目指しているため、他社に比べて社員のやる気が非常に高いです。

返事が早いことはもちろん、単なる求人紹介だけではなく、その人のことをしっかり分析して求人案内をしてくれます。

社員のやる気が高いといっても、「自社の利益より利用者の満足度を追及する」という社風のため、無理に転職を勧めてきたり、意見を押し付けたりすることもないので安心です。

第二新卒のための求人を多くもっている

新卒採用でマイナビを使う人が多い背景から、マイナビエージェントでしか第二新卒の募集を出していない最大手人気企業も多数あります。

特に新卒3年目以内の第二新卒から求人の質が高いと評判です。

他の企業に比べて、経験者を優遇する案件よりも、未経験でも人物重視の案件が豊富なので、第二新卒で大手を狙う方や、異種業界に挑戦してみたい方にお勧めです。

【女性の転職】マイナビエージェントのデメリット

  • 登録場所が限られている
  • 業界によっては業界知識がたりなかったりする
  • 30代以上やハイキャリアの求人は物足りない
  • 連絡が密すぎて窮屈と感じることがある

登録場所が限られている

【女性の転職】マイナビエージェントの拠点は東京(京橋)、横浜、大阪、名古屋、札幌、福岡のみで、オフィスに直接足を運べない場合は電話での面談になってしまいます。

電話でも、もちろん無料で相談や面談ができますが、直接会って話したい!という方には不向きかもしれません。

業界によっては業界知識が足りないという口コミも・・

【女性の転職】マイナビエージェントは他のエージェントに比べて若いアドバイザーが多いため、「業界知識が足りない」という口コミも見られます。

志望する業界が決まっている場合、希望の業界に強いエージェントを並行して利用することをお勧めします。

30代以上やハイキャリアの求人は物足りない

30代以上やハイキャリア向けの求人がDODAと比べて少なめため、30以上の方や、ハイキャリアの転職を目指す方にとっては物足りなく感じるかもしれません。

ハイキャリア、管理職を目指す方はビズリーチなどの転職サービスを利用するとよいでしょう。

マイペースに転職を勧めたい人には向かない

マイペースに転職活動をしたい方にとっては、返事が早かったり、求人数を多く紹介してくれたりすることに対して、少し窮屈さを感じるかもしれません。

エージェントに訪問する日程調整もする必要があるため、「自分のペースで転職活動を勧めたい」「転職を迷っている・急いでいない」という方エージェントサービスではなく、転職サイトに登録しましょう。

個人的には、マイナビエージェントは転職を無理に進めてこないエージェントのため、もし迷っているなら相談してアドバイスをもらってもいいと思います。

【女性の転職】マイナビエージェントの連絡はしつこい?

マイナビエージェントからの電話連絡はしつこくありません。

利用者の満足度を重視しているため、転職を無理に勧めてくることなく、自分のペースで転職活動ができます。

メルマガでは、服装のアドバイスなどのコラム受け取ることができます。

もし必要なければ伝えれば連絡きませんので、自分に関係ない情報だと思ったら担当者に伝えましょう。

【女性の転職】マイナビエージェントはどんな人に向いている?

マイナビエージェントは第二新卒・20代の方、IT・通信系・メーカー系を志望する方に向いています

第二新卒・20代の方におすすめの理由

マイナビエージェントは、経験者を優遇する案件よりも、未経験でも人物重視の案件が豊富のため第二新卒で大手を狙う方や、異種業界に挑戦してみたい方にお勧めです。

また、サポートも手厚いため若い方も安心して利用することができます。

IT・通信系・メーカー系を志望するにとっては求人が豊富

マイナビエージェントが取り扱っている求人の業界の割合は、IT・通信系が33.6%、メーカー系が25.7%、それ以外の業界が2%~8%です。

特に商社系の求人は2%のため、商社への転職は考えている方は、他のエージェントを利用しましょう。

また取り扱っている職種の割合は上位から、IT・インターネットが19.3%。

機械・電気・素材が8.7%、医薬・医療機器が9.2%で、最も低い割合の職種は流通・消費財の1.3%でした。

このようにIT・通信系・メーカー系を志望する方にはマイナビエージェントがおすすめです。

なぜ女性に【女性の転職】マイナビエージェントはおすすめなの?

マイナビ転職エージェントは女性専用のサービスではありません。

ですが、

  • サポートが手厚く、利用者満足度が高い
  • 業界大手で求人の数も豊富
  • 女性のアドバイザーも多く在籍しているので相談しやすい

以上の3つから、女性専用の転職エージェントに引けをとらないくらいお勧めです。

女性ならではの転職の理由の相談や、家庭と仕事の両立など、言いづらいことも相談できる環境です。

【女性の転職】マイナビエージェントで転職するまでの流れ

  1. 無料申し込み
  2. 個人面談
  3. 求人紹介
  4. 書類作成・応募
  5. 面接
  6. 転職成功

1 無料申し込み

WEBサイト上の「簡単無料転職支援サービス申し込み」を選択し、基本的なプロフィール、最終学歴、職務経歴、希望勤務地、希望業種を入力します。

過去に担当した職務の内容や希望について詳しく記入すると、自分の希望に合った案件を紹介してもらえる可能性が高くなるので、できるだけ詳しく記入しましょう!

登録が完了したら、登録サポートからメールか電話で、面談の日程連絡が届きますので、希望する面談日を伝えます。

2個人面談

キャリアアドバイザーと1対1で面談を行います。専門の面談ルームで行うのが基本ですが、会社まで足を運ぶのが難しい場合は、電話での面談も可能です。

面談では職歴や希望の業界・職種、希望の勤務条件を伝えましょう。

このとき、嘘や隠し事はNGです。親身に相談にのってもらえますので、正直に話しましょう。

職種や業種に迷っている場合もアドバイスしてくれますので、安心してくださいね。

3 求人紹介

面談で職種・業種が明確になったら、公開求人、非公開求人の両方から条件に合う求人が紹介されます。

求人紹介では仕事内容や、条件だけでなく、書類では分からない企業の雰囲気や、業界の成長性、書類・面接選考の難易度も教えてくれます。

企業の内部の情報は自力では収集することが難しいので、嬉しいですね。

結論を急がされることもないので、紹介された求人の中から自分が応募したい企業を選んでください。

4 書類作成・応募

応募したい企業が決まったら、キャリアアドバイザーが応募手続きを行い、履歴書と一緒に提出する推薦状も書いてくれます。

また、書類選考・面接選考の通過率を高めるために、応募書類の添削や面接対策を行ってくれるため、初めての転職に不安な方も安心です。

5 面接

面接の雰囲気に慣れるためにキャリアアドバイザーが模擬面接を行ってくれます。

企業によっては過去の面接で聞かれたことを事前に教えてくれたりもします。

面接後は企業側に評価のポイントを聞き、応募者にフィードバックしてくれるため、たとえ不合格だったとしても前向きに次に生かせます!

6 転職成功!

内定入社が決まっても、勤務開始日などの調整をキャリアアドバイザーに頼むことができます。

給与面の条件はなかなか自分からは言い出しづらいですよね・・。

聞きづらい条件もアドバイザーが企業側と調整してくれますので、内定が決まってからも安心です。

退職に向けて退職交渉や関係者へのあいさつ、引継ぎのアドバイスももらえるので、安心して新しい職場で働きましょう!

【女性の転職】マイナビ転職エージェントは他のサイトとの併用がおすすめ

利用者満足度が高く、求人の質もよいマイナビ転職エージェントですが、求人の数自体はリクルートやDODAに比べて劣ってしまいます。

これらのエージェントと並行して転職活動を行うことで、幅広い選択肢の中から自分にぴったりの求人を探すことができます。

特に20代の方や、第二新卒の方には非常に使い勝手のよい転職エージェントなので、条件に当てはまる方は、ぜひ利用を検討してみてはいかかでしょうか?