仕事をクビになった!解雇される理由と仕事を早く見つけるための方法を解説

仕事をクビになった!解雇される理由と仕事を早く見つけるための方法を解説

ある日突然、仕事をクビになるということは映画やドラマの中だけの話ではなく現実にも一定数いるようです。

クビになってしまう理由としては、リストラなどの会社の事情や就業規則違反など、本人の事情など様々な理由で解雇になってしまいます。

そこで今回は、急に仕事がクビになってしまう理由と、その後にするべき行動などについてお話していきます。

仕事を突然クビになる人は一定数いる

仕事を突然クビになるなんてそうそうないと思っている人もいるかもしれませんが、現実には一定数いるようです。

その理由は色々ありますが、目に余る度仕事に対してやる気がない、就業規則に反した、刑事事件を起こした、リストラなどの原因の場合があるようです。

リストラを除いては、自身に原因があるため、そうなる前に改善する余地あったのではないでしょうか。

本人の仕事に対するやる気が見られない

仕事にやる気をもって取り組めるという人もいれば、仕事に対してやる気がもてないという人もいると思います。

しかし周りから見てあまりにもやる気が見られない場合に、解雇を言い渡されてしまう可能性があります。

仕事にやる気をもてなくても、きちんと仕事をこなし、やる気がないことを悟られないことが大切なのではないでしょうか。また社会人として当たり前でもあります。

就業規則に反する行為が見られる

会社には就業規則があり、その就業規則に反する行為があった場合にも解雇を言い渡されてしまう可能性があります。

就業規則に反することをしてしまうと、突然解雇されてしまっても問題はないのでしっかりと一読しておくことが大切です。

ルールを守ることは人として当たり前なので、しっかりと守りましょう。

刑事事件を起こしてしまった

刑事事件を起こした場合、高い確率で解雇になってしまいます。

刑事事件とは、傷害、窃盗、痴漢などの、いわゆる犯罪行為をしたと疑われる者(被疑者、被告人)について、警察や検察といった国の捜査機関が介入し、その者が犯罪を行ったのかどうか捜査を行い、裁判において刑罰を科すかどうか等について判断を行う手続のことです。

刑事事件を起こすことは、社会からも離れなければならない事態を引き起こしてしまうので、絶対にやめましょう。

会社が存続するためのリストラ

突然の解雇で一番多いのがリストラによるものなのではないのでしょうか。

会社の経営の悪化による、人員の整備などリストラには色々な理由がありますが、会社が人を解雇しなければならないほどひっ迫している状態だということが言えます。

リストラは自分が原因ではないため予防できないことかもしれませんが、普段から会社に必要な人材と思ってもらえるように、きっちりと仕事をこなしましょう。

このように、突然仕事をクビになることはあり得ないことではありません。

そうならないためにも、普段から真面目に仕事に取り組み、人として当たり前の会社と社会のルールを守ることで、突然の解雇を回避できる場合もあります。

仕事に対して真剣に取り組んでいるかなど、今一度自分を見直すことが大切です。

仕事で大失敗!立ち直れない人向けのメンタル回復法を解説します

仕事を突然クビになった人が仕事を見つけるための方法

仕事を突然クビになってしまうと、ショックが大きく何もやる気が起きないという状態になってしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし生きていくためにはお金が必要で、そのためには仕事を見つけなければいけません。

ここからは仕事を見つけるためにするべき行動と、転職活動の前や並行して行うべき行動についてお話していきます。

クビになってしまったことに落ち込んでいるばかりではなく、しっかりと次に進むための努力をしましょう。

自分に原因があるリストラなら振り返る

もしクビになってしまった原因が自分にある場合は、なぜそうなってしまったのか原因を振り返ることが大切です。

このような事態を引き起こした原因がわからないまま次の職場に移れたとしても、また同じこと繰り返してしまう恐れがあります。

なぜ解雇になってしまったのか、何がダメだったか、改善するために必要なこととはどのようなことなのかなど、しっかり自分を見つめなおして反省する時間を持つことが大切です。

働くことの意味をしっかり理解して、次の職場では解雇にならない努力をしましょう。

ハローワークにいって失業手当を得る

現実的な手続きとして、ハローワークに行き失業手当を申請して得るようにしましょう。

突然解雇になってしまった場合、次の就職先が見つからないまま退職しなければならないこともあり、金銭面でも不安になりやすいです。

会社では雇用保険に入っている場合が大体なので、退職の際にもらう書類をハローワークに持参して、失業保険を申請しましょう。

自己都合で退職の場合は給付制限が3か月設けられており注意が必要です。

解雇や倒産など、会社都合の場合は申請から振込までに1か月程度時間がかかるようです。

失業保険を受けるには雇用保険の加入年数などの条件があるので、注意が必要です。

金銭面的余裕を得るためにアルバイト先を見つけてみる

失業保険がおりるまでのお金が厳しい場合には、とりあえずアルバイトすることも必要になってくるでしょう。

急な解雇で貯金などがある場合や、すぐに就職先が見つかった場合などは必要ありませんが、そうでない場合は就活と並行してアルバイトでお金を稼ぐ必要があります。

就活をしていることを正直に話してしまうと、アルバイトとはいえ採用が難しくなってしまうかもしれないので、短期の募集などを見つけても良いかもしれません。

会社側に退職金や手当の支給を依頼する

会社都合のリストラ場合、退職金の他に手当が支給される場合があるようです。

一般的に勤続年数が長いほど退職金の額も多くなるので、当面の生活費にあてることも可能でしょう。

しかし懲戒解雇などの場合には退職金などの支給がないので注意が必要です。

資格を取得して転職に備える

就活と並行して、実務で使えるような資格を取得しておくことで転職を有利に進められる可能性もあります。

自分の興味のある業界に必要な資格を調べて取得したり、パソコンのスキルを証明するようなMOSを取得するなど、面接で有利になる資格を取得して転職に備えておくことも大切です。

今まで以上にやる気があることのアピールにも繋がり、転職先でのモチベーションにもなるかもしれないので、クビになったことをくよくよせず、前向きに頑張りましょう。

人手不足の正社員求人を狙って応募してみる

採用されやすい求人を狙うことで、早期に転職先を決める方法もあります。

採用されやすい求人としては、人手不足などの企業があげられます。

人手不足のため多少きついことが予想できますが、なるべく無職の時間を減らしたいという人には有効な手段です。

とはいえ、焦って決めてしまい転職を繰り返すのはあまりよくないので、見極めが必要です。

転職サイトや転職エージェントに登録してみる

クビになってしまったけど、働かなければならない人は転職エージェントや転職サイトに力を借りることも有効です。

転職は1人ではなかなかスムーズに進めることが難しいこともあります。

また履歴書の書き方や面接の練習など、サポートもしっかりしいるので、心配な人も安心して転職活動を進めることができます。

キャリアアドバイザーが入社後もサポートしてくれる場合があるので、入社後も安心です。

クビになってしまったことのショックが大きく、やる気が起きないという人もいると思います。

しかし過ぎてしまったことはどうしようもありません。

クビになってしまった後に出来ることは、きちんと振り返り反省すること、金銭面の確保のための手続きやバイトを探すこと、転職のためのスキルを身に着けることなどやれることはたくさんあります。

大切なのは二度と同じ過ちを繰り返さないことです。

クビになってしまった現実を受け止め、前を向いて頑張りましょう。

転職したいけどスキルがない…そんな方で転職できるコツを教えます

不当な解雇だったら裁判で争えることも

もし、突然の解雇が不当であったのなら裁判を起こして、争うこともできます。

身に覚えのない罪や違反など、寝耳に水の状態での解雇の場合裁判で解雇取り消しの訴えをすることも検討しましょう。

不当であると感じている場合には、弁護士にまず相談し不当解雇に当たるのかどうか話を聞いてみましょう。

その際にお金がかかってしまうことを念頭においておく必要があります。

注意!年齢が高いときのクビだとスムーズに仕事が見つからないかも

突然の解雇により転職活動を余儀なくされてしまった場合に、注意が必要なのが年齢です。

クビになってしまった年齢が高いと、再就職が難しくなってしまう可能性があります。

解雇ではない転職の場合にも、年齢が高くなると特別な能力やスキル、実績がないと転職は難しい傾向にあり、クビとなるとさらに困難になってしまうことが予想されます。

年齢が高くなってからの転職活動は、スムーズに行かないかもしれないことを理解しておきましょう。

クビになった人がすぐに職を見つるために使える転職エージェント

突然クビになってしまったけど、切り替えて転職先を見つけなければならないという人におすすめなのが転職エージェントです。

就職支援に強い転職エージェントであれば、転職で不利な状況でも、早期に転職先を見つけることも可能です。

就職shop

就職shop

就職SHOPはリクルートキャリアが運営する転職支援サービスです。

未経験や若手育成に実績のある企業の求人が多いことが特徴の一つで、若い年齢の転職に向いている転職支援サービスです。

条件や興味関心を詳しくヒアリングしてくれるので、より希望にあった求人を紹介してくれるので、自分ではなかなか転職活動を進められないという人も安心できる環境です。

就職shop詳細ページ

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代専門の就職支援サービスです。第二新卒はもちろん、正社員の経験がない派遣やフリーターの就職の支援もしています。

支援内容は、専任のアドバイザーがマンツーマンで就活の基本や履歴書・職務経歴書の書き方などをサポートしてくれます。

さらに、書類の提出や面接の日程の調整などの工数がかかることも行ってくれるので、面接に集中することができる環境を作ってくれる心強い就職支援サポートです。

ハタラクティブ詳細ページ

JAIC

JAIC

JAICは、豊富な研修が魅力の転職エージェントです。

さらに30代でも社会経験が少ない・未経験という人にも向けた研修サービスなども行われているので、年齢的に難しいかもと考えている人におすすめの転職エージェントです。

JAIC詳細ページ

仕事をクビになっても迅速に行動してあたらしい職場を見つけよう

会社を突然クビになることは、全くあり得ない話ではありません。

やる気のなさが見えすぎてしまったりルールに違反するようなことしてしまうなど、自分の行動で解雇になってしまう可能性は大いにあります。

クビになってしまうと、ショックですぐに次の行動を起こせないという人もいると思いますが、過ぎたことを後悔し続けていても次の職場は見つかりません。

反省をしながらも気持ちを切り替えて、転職に必要なスキルを身に着けるなど前向きな行動が大切です。

転職活動を成功させて、次の職場では同じことにならないように努力をしましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件