ライトワーカーとは?ライトワーカーの特徴と向いている仕事を解説

ライトワーカーとは?ライトワーカーの特徴と向いている仕事を解説

この地球には「ライトワーカー」と呼ばれる人々が存在すると言われているのですが、「ライトワーカーとは?」と疑問に感じている方は多いのではないでしょうか?

この記事ではライトワーカーと呼ばれている人々について詳しくご紹介します。

ライトワーカーの特徴や向いている仕事もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ライトワーカーとは?

ライトワーカーとは、直訳すると「光の仕事をする人」を指します。

「光の仕事?」と疑問を抱かれると思いますが、ライトワーカーとは地球に住んでいる人が抱いているネガティブな感情(不安・嫉妬・恐れなど)を解放するために、地球に生まれた存在です。

簡単にお伝えすると、ライトワーカー以外の人の「光」になるということで、ライトワーカーという名前が付けられています。

そしてライトワーカーは大きく「ヒーラー」「メッセンジャー」「トランスミュター」の3つに分けられます。3種類について詳しくご紹介します。

ヒーラー

ヒーラーとは、ライトワーカーの中でも最も多い種類とされていて、人を癒やす役割を担います。

他人だけではなく自分自身を癒やし続けて、動物や自然さえも癒やすと言われています。

地球の住んでいる人の憎しや怒りをヒーラーが受け止めて、それらの感情を忘れさせてくれるように導いてくれます。

「一緒にいると癒やされる」と言われることが多い方やそう感じる相手はヒーラータイプに該当すると思います。

メッセンジャー

メッセンジャーとは、天からのメッセージをインスピレーションとして受け取って、芸術などに置き換えて人々に伝えていく役割を担います。

少しイメージしにくいかもしれませんが、アーティスト・写真家・歌手・作家などがメッセンジャーに該当します。

自身の芸術により周りの人々をネガティブな感情から解放します。

自分に対して気付きをもたらしてくれたり、影響を与えたりしてくれる方はメッセンジャータイプに該当すると思います。

トランスミューター

トランスミューターとは、ネガティブなエネルギーをポジティブなエネルギーに変換する役割を担います。

周りの人よりも視野が広くさまざまな角度から物事を見ることができるため、ネガティブなこともポジティブに捉えて人々に笑顔をもたらします。

意識的にポジティブなエネルギーに変換しているのではなく、直感的に変換しています。

トランスミューターは「お笑い芸人」をイメージすると、わかりやすいと思います。

ライトワーカーの特徴

上記でもお伝えしたようにライトワーカーは一般人とは異なる思考や感覚を持っています。

そのため一般人では共感することができない特徴があります。

ライトワーカーは大きく3種類に分けられるのですが、基本的な特徴は共通しています。

ライトワーカーの特徴をいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ポジティブ思考である

ライトワーカーはポジティブ思考な方が多いです。

上記でお伝えしたようにネガティブな感情を解放するために生まれた存在なので、ライトワーカーは共通してポジティブ思考です。

10人のうち9人がネガティブ思考になってしまう出来事があっても、ライトワーカーはポジティブな一面を探し出しポジティブ思考を持ち続けます。

人生において苦労した経験がある

ライトワーカーは人生において苦労した経験がある方が多いです。

自分自身で「苦労している」「辛い経験をしている」と自負しているケースは少なく、「運命」として受け入れているケースが多く、信じられない経験をしている場合もあります。

また苦労した経験があるからこそ、ネガティブな感情を解放できるとも言われています。

感情移入してしまうことが多い

ライトワーカーは感情移入してしまうことが多いです。

その理由はさまざまなエネルギーに対して一般人以上に反応してしまうからです。

さらに感情の変化やその場の空気を察知しやすい特徴もあります。

しかし敏感に反応してしまうことが原因で、日常生活で疲労が溜まってしまうことがあります。

チャレンジ精神が旺盛

ライトワーカーはチャレンジ精神が旺盛です。

エネルギーに敏感に反応してしまうことがあり、さまざまなものにチャレンジしたい気持ちが強くあります。

また周りの人がチャレンジしている様子を見ると、「自分もチャレンジしたい」という感情になりやすいです。

ライトワーカーがチャレンジする範囲は広く、かなりマニアックなものでも興味があれば積極的にチャレンジします。

組織やチームになじむことが苦手

ライトワーカーは組織やチームになじむことが苦手です。

組織やチームではさまざまな考え方や感情を抱いている人が多くいます。

ライトワーカーは人の内面を敏感に察知する特徴があるため、組織やチームに属してしまうと自分自身が疲れてしまいます。

また個性が抑えられるような「ルール」に縛られることにも苦痛を感じます。

組織やチームでは目立ちやすく、なじめない特徴があります。

神秘的な場所を好む

ライトワーカーは神社やお寺など神秘的な場所を好む方が多いです。

その理由は一般人よりも「神」という存在を感じやすいからとされています。

神や仏といった存在を感じやすいことから、神秘的な場所では心が安らぎます。

また現実の世界とは異なる世界観を感じることでも安らぐと言われています。

自然や動物を大切にする

ライトワーカーは人だけではなく自然や動物に対しても高い関心がある方が多いです。

自然や動物といった言葉を話せない・感情を伺えないものに対しても配慮することができて、特に動物からは懐かれやすいです。

また自然に関しては地球規模での問題を解決しようと日々考えていて、より良い共存の方法を探しています。

知識を吸収することを好む

ライトワーカーは知識を吸収することを苦手とせずに、喜びと感じている方が多いです。

気になっていることは全て自分自身で調べて、さらに調べた先で気になることがあれば次から次へ気になるものを調べて知識を吸収しようとする特徴があります。

知識を吸収することを喜びと感じる理由は、自分自身の知識量を増やして誰かを癒やしたいと考えているからです。

1人の時間を大切にする

ライトワーカーは1人の時間を大切にする方が多いです。

その理由は周りの人だけではなく、自分自身を癒やすことも大切と理解しているからです。

そのため1人の時間を大切にして、自分で自分を癒やします。

ライトワーカーは1人で旅行に行ったり、1人で映画に行くことを好む傾向があります。

職場でのランチが嫌だ!お昼くらい一人で過ごしたい方必見の対処方

「ツインソウル」と出会うことで目覚めることが多い

ライトワーカーは自分自身がライトワーカーとは気付かずに生活していることがあり、そのまま生涯を終えてしまうこともあります。

しかし、ライトワーカーは「ツインソウル」と出会うことで目覚めることがあると言われています。

ツインソウルとは、もともと一つだった魂が前世で二つに別れて、今世で出会う運命になっている存在のことを指します。

このように2つの魂が結びつくことで、ライトワーカーとして覚醒して、自分の使命に気づくことがあります。

目覚める要因としては「ツインソウル」の存在が大きいと言われているのですが、自分自身を信じ続けることも大切です。

自分自身を信じ続けることができなければ、ライトワーカーとして目覚めることは考えにくいです。

ライトワーカーに向いている仕事

ライトワーカーは「誰かを癒やす」ということが業務の仕事に向いています。

直接的に癒やすことができる「看護師・介護士・セラピスト」はライトワーカーに向いている仕事です。

また間接的に癒やすことができる「歌手・画家・写真家・お笑い芸人」なども向いています。

さらに対象が人ではなく自然や動物の「トリマー・飼育員・樹木医」なども向いている仕事になります。

ただしライトワーカーは3種類存在するため、人それぞれ向いている仕事は異なります。

そのためライトワーカーの種類を把握して仕事を探すことをおすすめします。

ライトワーカーと言われている有名人

実際に身の回りでライトワーカーは少ないと思うので、イメージがしにくいと思います。

そこでライトワーカーと言われている有名人を2名ご紹介します。

1人目は「明石家さんま」です。

明石家さんまは実母と実弟との死別などさまざまな苦労を経験しているのですが、多くの人に「笑い」を提供しています。

東日本大震災のときは「俺らはお笑い芸人や。多くの人に笑いを届けるのが仕事や。」とネガティブな感情になっている人々を救おうとする姿勢は、まさにライトワーカーです。

2人目は「イーロンマスク」です。

イーロンマスクは幼少期に入院するほどのいじめに遭うなどさまざまな苦労を経験しているですが、地球のエネルギー問題や人類の生存問題などについて積極的に取り組み、誰かを癒やす・救う行動が見受けられます。

さらにイーロンマスクは世界トップクラスの資産を持っているにも関わらず、お金には執着していません。

お金に執着しない姿勢は、ライトワーカーの特徴です。

ライトワーカーに資格や定義などはない

ライトワーカーについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

ライトワーカーに資格や定義などはなく、自分自身で感じるしか方法ないです。

見た目で判断することはできないため、身近な方でもライトワーカーだと気付く事は難しいと思います。

もしこの記事を読み自分自身がライトワーカーだと感じることがあるのであれば、自分の思考や感情を押さえようとするのではなく、感情のままに行動してみてはいかがでしょうか。

こんな仕事あるの?実在する変わった仕事12種

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件