仕事って一日で辞めても大丈夫?今後のキャリアに大きな影響はない?

仕事って一日で辞めても大丈夫?今後のキャリアに大きな影響はない?

入社してみたものの、何か違うと思ってしまったことのある人も少なくないでしょう。

しかしそれが入社一日目だと、辞めたいけど言えないなんてことになってしまいますよね。

実際に一日で辞めることに違法性はありませんが気まずさはあります。

そこで今回は、仕事を一日でやめることについて色々お話していきます。

一日で仕事を辞めても違法ではない

結論から言うと、一日で仕事を辞めたとしても違法性を問われることはありません。

労働契約をむすんでいたり、試用期間が設けられていると「辞めたら訴えられるのでは・・?」と考えてしまい、退職を言い出せない人もいるかもしれません。

実際に正社員が退職を申し出てから2週間は勤務しなければならないという法律がありますが、労働契約と大きくかけ離れている場合などは、その限りではありません。

しかし例え一日で退職を申し出ても、違法ではないことがあるので訴えられることはあまりないでしょう。

労働契約期間内に辞めても罰則はない

労働契約期間などが設けられている場合に、一日で辞めると罰則があるかもしれないと思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし労働契約期間内に辞めても、罰則を受けることはあまりありません。

労働契約で結んだ条件とあまりに異なる場合には、即日退職が可能と法律で定められているので、予定していた業務内容と大きく異なる場合や、残業が当初聞かされていたものとは違った場合などに、即日退職は可能です。

一日で仕事を辞める人は多い?

実際にインターネットの掲示板や、SNSなどには一日で退職したことのある人の書き込みが多数存在します。

一日で辞めたくなるような会社の多くが、聞いていた業務内容と違ったり、教育をまったくしてくれないなどの職場環境が悪かったりと、会社側の問題を指摘する書き込みや体験談が多く見られました。

また会社側からしても、どうせ辞めてしまうなら新人に使う時間がもったいないと考える会社もあるようで、早めに辞めてくれたほうが良いと思っていることもあるようです。

「一日で辞めてしまうなんてどうしようもない人間だ」など自己嫌悪に陥ってしまう人もいるかもしれませんが、繰り返さなければ良いので、よりよい会社に入社するためと割り切って考えましょう。

掲示板・SNSでは意外と多い

インターネットの掲示板やSNSなどには、会社を一日で辞めた人の体験談や、アドバイスなどが多数書き込まれています。

多くの書き込みがあることから、一日で会社を辞めたことのある人は、意外と多いことがわかります。

「一日で辞めたいけど、そんな人あんまりいないよな」と思っている場合、一度ネットで検索してみても参考になるアドバイスが見つかるかもしれませんね。

一日目で辞めたくなるような会社もやばい?

一日で辞める場合、辞めた人ばかりが「ダメな人」と思われてしまいがちですが、一日勤務しただけで「辞めたい」と思われてしまう会社に問題がある場合もあります。

例えば、業務内容が契約条件と大きく異なるものだったり、残業が聞いていた時間より多かったりと、所謂ブラック企業と認識されてしまうことで「社畜のなりたくない」と退職を決めさせてしまう会社もあるようです。

辞めた人にフォーカスをあててしまいがちですが、辞めたいと思わせる会社にも問題はあるようです。

会社側も中途半端に続けられるより一日で辞めてくれた方が良い

一日で辞めたいと思う会社で、長く働き続けることはほぼ不可能なのではないでしょうか。

一日ではないにしろ、一か月・一年など短期間で退職してしまう人が多いことが考えられます。

一日で辞めることを伝えると「我慢がたりない、早すぎる」と会社に引き止められてしまうこともあるようですが、中には「どうせやめるなら早くやめてほしい」と考える会社もあるようです。

その理由は、どうせやめてしまう人に、教育する時間を費やすことがもったいないや、慣れたころに辞められてしまうことでまた一から人を育てなければならないということが多いようです。

どうせ辞めるなら無駄な時間を費やしたくないという、会社の意見も納得する部分もあります。

「この会社絶対続かない、早く辞めたい」と思っているのであれば、早めに辞めるのも会社にとっても良いかもしれません。

一日で辞めても人生が終わるわけではない

会社を一日で辞めてしまうと、なんだか自分がダメ人間に思えて人生が終わるような気分になってしまう人もいるかもしれません。

しかし極論を言えば、会社を一日で辞めてしまっても人生が終わるわけではありません。

人生が終わると感じてしまうのは、一日という短期間で退職してしまった自分が恥ずかしいという気持ちからきているのかもしれません。

大切なのは、繰り返さないことです。合わない会社にずっと勤めることは、精神的にも辛く身体にも不調をきたしてしまう可能性があります。

例え一日でも「合わない」と思ってやめたのならば、転職する場所は自分に合う場所を探す必要があります。

何が合うのか、どういう条件なら働けるのかをきちんと把握して、企業研究を行うことで、次は一日で辞めることのないようにしましょう。

このように、会社を一日で辞めたことのある人は意外と多くいるようです。

その理由は様々あるとは思いますが、辞めた側の人間性だけではなく、会社に問題がある場合も多くあります。

合わない・辞めたいと思いながら働いていても長く続けることは難しいでしょう。

また無理をしてしまうと、メンタルだけでなく、身体にも不調をきたしてしまうこともあります。

無理をせず、自分に合う会社を見つけるためにも、早めの退職は大事と言えるかもしれません。

仕事を正社員でばっくれたときに生じるデメリットと後処理を徹底解説

一日で仕事を辞める時の会社への伝え方

一日で仕事を辞める場合、どのように申し出ようか悩んでしまいますよね。

辞めるのが早すぎて、周りの人から色々言われるのではないか、過剰な引き止めや最悪恫喝されるなんて話も耳にしたことがあります。

そこでここからは、一日で会社を辞める時の、伝え方についてお話していこうと思います。

もちろん勤務後に直接退職を申し出るという方法もあるでしょう。

しかし、なかなか直接は言いづらいと考える人が多いのではないでしょうか。

そこで次に考えるのが「電話」「メール」「バックレる」の3つが多くいるようです。

電話は直接話すことにはなりますが、顔を見て話さないため直接よりはまだいいやすいようです。

またメールはやり取りをしなければなりませんが、声を聞くことがないため多く選ばれる手段と言えるでしょう。

バックレることに関しては、一日で仕事を辞めた人の多くが経験しているようです。

詳しく見ていきましょう。

電話

電話は、話すという点においては直接申し出るのと変わりないですが、顔を見なくて済むという点で、この手段を採用している人もいるようです。

顔を見てしまうとなかなか言い出せないけど、しっかり辞めることを申し出たい、という人にとって電話を利用する人もいます。

しっかりと口で話すことで、辞める合意をとりやすくもなるので、直接は言いにくいという人は電話で申し出ても良いかもしれません。

メール

メールで退職を伝えたことがある人もいるようです。

送ってしまえば、あとは返信を待つだけで会話をする必要がないため、会話をしたくないという人におすすめの方法です。

メールで退職のやり取りをすることで、文面が残るというメリットもあります。

しかし退職の申し出をメールでしても、会社から折り返しの電話がきてしまい、結局会話をしなければならないこともあるようです。

申し出をメールで済ませることは、少し難しいのかもしれません。

一日分の給料がいらないならバックレも?

一日で辞めても、会社は給料を法律上出さなければいけません。

しかし入社してから、振込先の提出などをする場合が多く、一日で辞めた場合でも振込先を提出するか、給与を受け取りに行かなければなりません。

しかしバックレた場合には振込先を提出していない場合、給与がもらえません。

バックレたことにより取りに行くことも、ほぼ不可能でしょう。

もし一日分の給与はいらないと思っている場合には、バックレもありなのかもしれません。

しかしバックレることにより、色々な人に迷惑をかけてしまうことになるかもしれないので、あまりおすすめはしません。

社会人として、どんなに早い退職でも、しっかりと申し出るようにしましょう。

一日で仕事を辞める申し出は気まずいことかもしれません。

しかし、一時気まずさを我慢をすれば辞められると考えてきちんと申し出るようにしましょう。

退職の申し出により、会社でひどい引き止めや恫喝などが考えられる場合には、第三者に相談したり退職代行サービスなどを利用しても良いかもしれません。

仕事を辞めたいけど言えない…そんな悩みの解決法と上手な伝え方

一日で仕事を辞める時の理由(言い訳)

一日で仕事を辞めたいと思っても、そのままの理由は言いずらいですよね。

もちろん労働条件がと契約条件が大きく異なったなど、事実を伝えてもかまいません。

しかし、最後まであまりもめたくないと考える人もいるのではないでしょうか。

そこでここからは、実際に一日で退職するときに理由として使える言い訳についてお話していこうと思います。

契約条件と違った

契約条件を確認して入ったのに、全然違ったなどの場合にそのまま退職理由として伝えることもよいでしょう。

この条件ならと入社したのに、実際に働いたら全然違うというのは、即日退職できる条件にもあるので、退職理由として成立します。

「この条件とは聞いていませんでした」ということをはっきりと伝えるときに、入社前に聞いた話をまとめてある資料などを提出すると、よりスムーズに進むかもしれません。

家族に不幸があった

「家族に不幸があり、田舎に帰らなければならなくなった」という理由をつける人もいるようです。

家族とはいえ、嘘の不幸を理由にすることに多少のうしろめたさを感じるかもしれませんが、不幸を理由にされた場合に、会社も無理に引き止めることは難しいでしょう。

なんとなく会社も嘘とわかっていても、言いづらいところでもあるのかもしれません。

一身上の都合

一日の退職に限らず、会社を退職する際に使われるのが「一身上の都合」なのではないでしょうか。

具体的な退職理由は述べることなく、退職したいときにはこの方法が多く使われます。

あまり理由を言いたくない、話したくない場合などには「一身上の都合」としておくのが良いでしょう。

一日で辞めてもいいけど報告はしておこう

一日で仕事を辞める人は意外と多くいるようです。

正社員の場合には2週間前までにという決まりもありますが、契約条件と大きく異なる場合などはその限りではないようです。

一日という短時間で辞めたいと思っているけど、言い出しにくいから「バックレちゃおう」と考える人もいるかもしれませんが、社会人として次に就職するためにもきちんと退職の申し出はするようにしましょう。

一日で辞めることは悪いことではありません。

しかし繰り返さないためにも、しっかりと自分に合う職場を探して転職をすることが大切なのではないでしょうか。

すぐに仕事を辞めたくなるのを辞めたい!仕事を続けるための改善方法を紹介

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件