仕事を早退する際のおすすめの理由(言い訳)とは?

仕事を早退する際のおすすめの理由(言い訳)とは?

なんとなく今日は早退したい!けど適当な理由が思いつかないという時ありませんか。

本当は良くないってわかってるけど、人間そんな気分の時はあるのではないでしょうか。

そこで今回は、そんな時に使える早退の理由について考えて見ようと思います。

ズル休みを疑われないおすすめの早退理由(言い訳)

「今日は仕事早退したい気分」なんて日もありますよね。

早退理由が思いつかない・ずる休みを疑われないか心配という人もいるのではないでしょうか。

多くの人が早退したいなと思うと、体調が悪いなどを理由にする場合が多いのではないでしょうか。

しかし体調不良を使いすぎると、だんだんと「ずる休みなのでは…?」という周囲の目も気になりますよね。

そんな時におすすめの早退理由は、平日にしか対応していない役所や銀行などの行くことや、持病のための通院、私用を貫き通すことです。

役所・銀行にいく

役所や銀行などは、平日の限られた時間にしかやっていないため、平日勤務の人にとってはなかなか行きにくい場所でもあります。

それを理由に早退することもできるのではないでしょうか。平日にしかいけない場所に行くことを理由にすることで、周りから仕方ないと思われることもあります。

どうしてもすぐに行かなくてはいけないということを、アピールしておくと良いでしょう。

しかし過剰なアピールは禁物です。

あまりにリアルにしすぎると、ほころびが出てしまう可能性があるので、具体的に話す必要はありません。

どうしても今日中に必要な書類があるなど、ある程度ぼかして伝えておくといいでしょう。

持病の治療のために病院に行く

急な体調不良ではなく、持病の治療ののための通院で早退も言い訳として使えることもあります。

午前中は元気だったのに、急に体調不良になったなどの言い訳では、周りから不審がられてしまうことも多いのではないでしょうか。

朝の時点で「今日は持病の治療のために病院行く」ということをあらかじめ伝えておくと、スムーズに早退できるかもしれません。

注意しなければいけないのは、思い立ったように、急に「病院に・・・」と言い出しては不審がられるという点です。

持病の通院と言われて「ダメ」と言われることはあまりないかもしれませんが、頻繁にその理由を使っていると、診断書などの提出を求められる場合もあるかもしれないので、注意が必要です。

私用で言い通す

とにかく理由が思いつかない時は、私用をいい通す方法もあるでしょう。

しつこく「私用って何?」と聞いてくる人も少ないでしょうが、中には聞いてくる人もいるかもしれません。

そういう人に対しても「私用で…」といい通すのが良いかもしれません。

しかし、何度も聞かれると、答えがあやふやになってしまい、不審がられてしまうということもあるかもしれません。

いい通すと決めたら、最後まで私用を貫き通すようにしましょう。

しつこく聞かれる場合には、さらっと家族の事情などにとどめて話す程度にしておくのが無難かもしれません。

このようにずる休みの早退の場合、言い訳を具体的に話すと逆に不審がられてしまったり、周囲からの目が気になってしまうこともあるかもしれません。

そこで、あまり具体的なことを話すことは避けて、さらっと「早退したい」という旨を話すように心がけましょう。

より怪しまれない言い訳を使いたいですよね。

仕事をサボった場合のメリットとサボった後の注意点を解説!

疑われやすい早退理由

次にこれを言い訳に使うと疑われやすいというものを紹介しようと思います。

疑われやすい言い訳というのは=多くの人がずる休みをするときに使用している言い訳なのではないでしょうか。

例えば午前中は元気だったのに、午後急に体調不良を言い訳にするパターンや、言い訳にありがちな課程の事情、なんとなくホワンとした印象のある急用が出来たなど、疑われやすいと言えるでしょう。

先ほど、あまり具体的に話過ぎると不審がられることもあるとお話しましたが、あまりにホワンとしていたり、突発だなと相手に思わせてしまうと「ずる休み…?」と疑われてしまいます。少しだけ具体性を持たせるのがコツと言えるかもしれません。

急な体調不良

ランチを終えたら急に帰りたくなって、早退したいから「体調不良」ということにしてしまうと思う人もいるかもしれません。

しかし急な体調不良は、周りの人からしたら「え?!朝は元気だったのに!」と思うことも多いようです。

もちろん急な体調不良は絶対ないわけではありませんが、多くの人が早退の理由として利用しているため、疑われやすい言い訳なのかもしれません。

また、体調不良で早退すると、次の日に元気に出勤すると「もしかしてずる休みだった?」と疑われてしまう子こともあるので、注意が必要です。

もし体調不良を言い訳にするときは、先ほど述べた通り「持病の通院のため」などにとどめておくとよいかもしれません。

家庭の事情

家庭の事情もよく使われる理由と言えるかもしれません。

既婚者や子持ちの人は「子供が急に・・」というような理由を使いがちです。

しかし独身の人が家庭の事情となると、親戚の入院や不幸などなのではないでしょうか。

親戚の誰?やどうしたの?など聞かれることは少ないかもしれませんが、あまりに頻繁に「家庭の事情」を使用してしまうと疑われることに繋がってしまいます。

どの言い訳にも言えることかもしれませんが、毎回同じ言い訳を使用していると怪しまれてしまうかもしれません。

また人の不幸を言い訳にするという人も多く聞きますが、あまり良いことではありません。

急用ができた

急用が出来たという理由を使ったことがある、という人もいるのではないでしょうか。

しかし、急用で早退というのも、ふわっとしすぎて不審がられてしまうかもしれません。

急用というよりは、役所へ行く銀行へ行くなど、少し具体的にしたほうが、不審がられにくいかもしれません。

どうしても今日でなければならない理由を、具体的に話すことで多少リアルになるかもしれません。

とはいえ先ほど話したように、具体的にしようと話過ぎてしまうとかえって逆効果になってしまうこともあるので加減が大切です。

疑われてしまいやすい言い訳は、多くの人が使いやすい言い訳と言えるでしょう。

そのまま毎回同じような理由を使いすぎると、不審がられてしまう確率は高くなってしまいます。

何回もずる休みや早退することは厳禁なのはもちろんですが、毎回同じような言い訳は避けるようにしましょう。

仕事を休みすぎでクビになるケースは?休み癖のある人の特徴や解消法はある?

どんな理由でも早退時の態度によって印象は変わる

上では、おすすめの言い訳の紹介と疑われやすい言い訳についてお話しましたが、最後は早退時の態度が肝心なのではないでしょうか。

体調を言い訳に使った場合、ずる早退ですので当たり前ですが元気に早退するのはおかしいと思われてしまいます。

また、次の日に元気すぎるのも、不信感を抱かせてしまうことに繋がる可能性もあります。

また嘘の急用を作った場合に、話のつじつまが合わなくなってしまっておどおどしていたり、退社後の予定にワクワクしているのを態度に出してしまうと、周りは怪しく思ってしまうかもしれません。

堂々と早退理由を述べることも大切です。

どんな理由で早退しようとも、理由を述べる時と早退時の態度には、疑われないように注意が必要と言えるでしょう。

堂々と早退理由を述べる

まずズルして早退をしようとしている場合、早退理由を申し出るのに「バレないか」と不安な気持ちからオドオドしてしまう人もいるかもしれません。

しかしそれでは「嘘をついているな」と思われて、疑われてしまう可能性があります。

人は嘘をつくときに、知らぬ間に癖が出やすく、オドオドしてしまって嘘がバレたことのあるという人は要注意です。

まず堂々と早退理由を述べるようにしましょう。

嘘をつく罪悪感から、オドオドしちゃうかもと思う人はズル早退が向いていないかもしれません。

素直に休息をとりたいなど申し出ることも大切です。

体調不良の場合は、朝から体調が悪い雰囲気を出しておく

体調不良を理由にズル早退に使う場合には、朝から体調悪い雰囲気を出しておきましょう。

もちろん急に体調不良になる場合もありますが、大体の場合朝から何らかの不調があるのではないでしょうか。

朝は元気に仕事していたのに、午後に急に体調不良を訴えても疑われてしまうやすいですよね。

朝のうちから体調悪い雰囲気を出しておくことで、体調不良がリアルに受け止めてもらえる可能性が高くなります。

また体調不良で早退する場合には、次の日の態度にも注意が必要です。

治ったということにして出勤するにしても、元気すぎると「あれ?」と思われてしまいがちです。

いつもより少し大人しめに出勤することをおすすめします。

本当に体調が悪い時は素直に申し出て早退しましょう

ここまで色々とお話してきましたが、本当に体調がすぐれず早退したいときもあると思います。

そういう時には素直に申し出て早退させてもらえるようにしましょう。

もし体調不良や急用が本当にあった場合に、スムーズに早退するためには、普段から信用してもらえるようにしておかなければいけません。

仕事面でももちろんですが、ずる休みや早退を多くしてしまうと、本当に必要な時に信じてもらえない可能性があります。

もしどうしても早退したい、休みたいときは素直に休息をしたいことを申し出る必要があるのではないでしょうか。

社会人として、同僚や上司から信用してもらえる人になれるように、日頃から努力しておきましょう。

無断欠勤が続くと懲戒解雇に!無断欠勤をしないための対処法を紹介します

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件