すぐに仕事を辞めたくなるのを辞めたい!仕事を続けるための改善方法を紹介

前の仕事から転職しても、すぐに仕事を辞めたくなってしまうそこのあなた。

「なんで自分は仕事が続かないの…?」と不安に感じてはいませんか?

実は、すぐに仕事を辞めたくなる人には、いくつか共通する特徴があるんです。

共通する特徴を改善できれば、仕事続けていける可能性も上がります。

そこで今回は、仕事をすぐに辞めてしまう人に共通する特徴から、それらを改善するための方法について紹介していきます。

辞めてしまう特徴とその改善方法を知り、仕事を続けられる自分にシフトアップしていきましょう。

目次

仕事をすぐに辞めるのはやっぱりダメなの?

はっきり言って、仕事をすぐに辞めてしまうのは良いこととは言えません。

仕事をすぐに辞めてしまう癖がついてしまうと、新しい職が見つけにくくなってしまうのです。

仕事を辞めたのであれば、新しい職を見つけるために転職しなければなりません。

しかし転職するたびに、すぐに辞めてしまうのでは、延々と転職活動を続けなければなりません。

あまりにも転職回数が多いと、企業に「この人は長続きしない」と判断されてしまい、転職すらできなくなる可能性があるのです。

仕事をすぐに辞めてしまう人の特徴

仕事をすぐに辞めてしまう人には、以下のような共通の特徴があります。

  • 仕事にすぐに飽きてしまう
  • 我慢をしたくない
  • コミュニケーションに苦手意識がある
  • 人間関係を維持するのが苦手
  • 仕事に楽しさを見いだせない
  • 金銭的に余裕があり稼ぐ意味が特にない
  • 打たれ弱くストレスを感じやすい
  • 精神的な病気が原因の可能性もある

以下で詳しく解説していきます。

仕事にすぐに飽きてしまう

どの仕事についても、すぐに業務内容に飽きてしまう人もいます。

特に、「業務内容が単調すぎて、やる気がなくなってしまった」「友達の仕事の話を聞いて、急に自分の仕事に魅力を感じなくなってしまった」という方がこれに当たります。

自分の仕事に対しての興味を失ってしまうと、自分がすべき仕事でないと判断してしまい、すぐに辞めて次の仕事を探すことになってしまいます。

我慢をしたくない

仕事で嫌なことがあったり、自分の苦手な仕事をやりたくないなど、我慢をしたくない人も仕事をすぐ辞めてしまう人にあたります。

働いていると、必ず自分の思い通りにならないことが出てきます。

しかしすべてを叶えることは出来ませんから、どこかで割り切って「仕方がない」と考えることも重要です。

我慢をしたくない人は、例えば人間関係が悪かったとしても、譲歩せずに「人間関係が面倒だから仕事辞めてしまおう」と考えることが多いです。

嫌なことをがまんして、状況を改善するために努力できない人は、仕事をすぐに辞めて状況を根本から変えようとするのです。

コミュニケーションに苦手意識がある

コミュニケーションは、仕事を円滑に進めていくうえで重要なスキルです。

多くの仕事は自分一人で行うのではなく、他の社員と協力して進めていきます。

中には苦手な人や上司とも話す機会が多くなるため、その場に合わせたコミュニケーションをとっていかなければ、人間関係がうまく作れずに連携が取れなくなってしまいます。

すると連携が取れないことで自分に自信を無くしてしまい、仕事を変えて環境ごと一新していこうと考えるようになりがちです。

しかしコミュニケーションに苦手意識があることには変わりはないので、転職先でも同じ状況になってしまうことがほとんどです。

このように自分のコミュニケーション能力を改善しようとしないで、周りの環境に原因があると考えてしまう人は、仕事をすぐに辞めてしまい、長続きしません。

人間関係を維持するのが苦手

人間関係を構築するのは出来ても、それを維持していくことが苦手な人もいます。

人間関係はずっと同じ状況を維持することは出来ません。

最初は良好な関係を気づけていても、だんだんとほころびが出てくるのは自然なことです。

ほころびが出た際には、お互いに何が悪かったのかを見直して歩み寄ることが大切です。

しかし人間関係を維持するのが苦手な人は「相手が悪い」と決めつけて、人間関係を改善しようとしません。

その結果、人間関係が悪化して居づらくなってすぐに仕事を辞めてしまうのです。

転職した先でも同じ行動を続けてしまうと、また人間関係が問題で仕事を辞めてしまうことに繋がるのです。

仕事に楽しさを見いだせない

今やっている仕事に楽しさを見いだせないような人は、仕事をすぐに辞めてしまう人であると言えます。

仕事はどれだけつらくても、何かしらの楽しさを見出していくことで続けていけます。

自分の考えた施策がやっとハマって利益につながったなど、なんでも構いません。

小さなことでも「楽しさ」を持っていると、それに向けて頑張ることができます。

しかし仕事に楽しさを見いだせないと、ただの作業に思えてきたり、つらいことを淡々とこなすことになります。

人間はつらいことや面白くないことにずっと耐えていけるほど、頑丈な精神力を持っていません。

そのため仕事に楽しさを見いだせない人は、楽しさを求めて仕事をすぐに辞めてしまうのです。

しかし自分が持つ「仕事に対する楽しさ」を理解していないまま、次の仕事に移ってもまた同じ理由で仕事を辞めてしまうことにもつながるので、要注意です。

金銭的に余裕があり稼ぐ意味が特にない

実家暮らしや、実家が裕福で生活費を支給してもらっている人は、仕事をして稼ぐことの意味を見いだせない人が多いです。

1人暮らしをして自分で生計を立てている人は、自分の稼ぎで家賃を支払って、光熱費や食費などのその他の生活費まで捻出しなければなりません。

1人暮らしの方が、同じ給料でも負担が大きいので稼ぐこと=生活することと意味を見出しやすくなります。

しかし実家暮らしや生活費を支給してもらっているような金銭面に余裕がある人は、稼がなくても生活ができますから、仕事をして稼ぐこと=生活することとの時間を持ちづらいのです。

打たれ弱くストレスを感じやすい

ちょっとしたことで強いストレスを感じやすいのも、すぐに仕事を辞めてしまう人に共通する特徴です。

仕事をしていれば、ミスをすることもありますし、人に迷惑をかけてしまうこともあります。

その過程で、同僚や上司に厳しい言葉をかけられることもあるでしょう。

厳しい言葉をかけられても、その言葉を受け止めて指摘として今後に活かしていくことが重要です。

乗り切ることでまた一つ成長できますから、その後はストレスに対する耐性がついていきます。

しかし中には、多少いやなことがあると強いストレスを感じてしまい、気分が下がってしまう人もいるのです。

ストレスを強く感じやすい人は、ストレスから逃げようと、仕事をやめて次の職場を探そうとします。

しかしストレスに対する耐性がついているわけではありませんから、転職した先でも同じように強いストレスを感じてしまった場合、仕事を辞めようとして延々とループすることになってしまうんです。

精神的な病気が原因の可能性もある

うつや躁鬱状態など精神的な病気が、仕事をすぐに辞めてしまう原因に居なっていることもあります。

精神的な病気にかかっている場合は、どう心掛けを買えようとしてもうまくいかないことがほとんどです。

インターネット上で診断できるうつ病チェックの項目を受験し、すこしでも罹患している可能性がある場合はすぐに医療機関を受診するようにしましょう。

放置しておくとさらに悪化することもありますので、可能性が疑われる場合はとりあえず受診することを心掛けてください。

【特徴別】仕事を長続きさせるための改善方法

上に上げたように、仕事をすぐに辞めたくなる人には共通した特徴があることがわかりました。

そこで改善して仕事を長続きさせていくために、どのような改善をすればいいかをこの章では紹介します。

それぞれ特徴別に紹介しているので、自分に当てはまる特徴があった方は、改善する方法の一つとして参考にしてくださいね!

飽きやすいなら業務内容に変化のある仕事を探す

仕事に変化がなくて飽きやすい人や、他の人の仕事内容を聞いて興味がそれてしまう人など飽きやすい人は、業務内容に常に変化のある仕事を探すようにしましょう。

変化のある仕事の例としては、コピーライターやWEBエンジニアが挙げられます。

要するに、何かを自分で作り出していくクリエイティブ志向の職を指します。

クリエイティブな職は、常にクライアントの要望に合わせて業務が変化します。

そのため業務に常に刺激がありますから、飽き性の人でも仕事を続けやすくなります。

特にエンジニア系は20代であれば、未経験でも採用してくれることもあるので、できるだけ若いうちにチャレンジするようにしましょう。

「思いやり」を持って人間関係を安定させる

人間関係を安定させるのが苦手で、気まずくなって仕事を辞めてしまう人は、職場の人に常日頃から「思いやり」をもって接するようにしましょう。

思いやりというと、堅苦しく感じますがそこまで気張らなくても大丈夫です。

以下は例です。

  • 他の人にやってもらったら「ありがとう」と常に言葉を添える
  • 顔を合わせたら挨拶をする
  • 何かミスをしたらすぐに謝る
  • 話を聞くときはメモを取る

自分がやってもらえると嬉しいようなささやかなことでも構いません。

少しずつ思いやりをもって接するように心がけるだけで、人間関係の基盤を固めることができますよ。

ストレスを感じやすいなら身近なストレス発散法を探そう

ストレスを感じやすいタイプであると自覚しているのであれば、身近なストレス発散方法を見つけるようにしましょう。

ストレスをため込みやすい人は、自分に合ったストレス発散方法を見つけられていないことがほとんどです。

そのため、身近でできるストレス発散方法を見つけるようにしましょう。

本を読むでもショッピングをするでも、何でも構いません。

ストレス発散方法を見つけることで、仕事への嫌悪感を少しでも削減できるようにしましょう。

仕事の楽しさを見つけるために興味あることを探す

仕事の楽しさが見つからない…という人は、興味あることを探すようにしましょう。

仕事は楽しさをどこかに見出して、モチベーションにしていくことが重要です。

そこで、これまで自分がどんなものに興味を持ってきたのかをリストアップしてみましょう。

その中に自分が楽しいと思えるものが見つかるかもしれません。

また、自分が何をされると嬉しいかを探してみるのもいいでしょう。

「こんなことをして褒められるのが好き」
「自分の成果物を評価されると嬉しい」

など、モチベーションになりそうなものを探してみましょう。

一人暮らしを始めて稼ぐ意味を実感する

実家暮らしや親に援助してもらっている人は、一度親元を離れて一人暮らしを始めるようにしましょう。

一度自立をして、いかに家賃や光熱費を稼ぐだけでも大変かを実感できるような環境を作ることで、稼ぐことの意味を実感できるでしょう。

意外と家賃や光熱費だけでも、収入の大多数を持っていかれます。

親に払ってもらっていた分が、収入のどれだけの割合を占めていたかを身をもって体験していきましょう。

病気の可能性があるなら無理せず病院を受診

「なんか2週間以上気分が晴れなくてしんどい…」
「最近何をしてもいないのに悲しい気持ちになる」

など、普段と違う心の状態を少しでも感じたのであれば、病院で受診するようにしましょう。

精神的な病気と自覚したくない気持ちもわかりますが、早い段階で受診することで早く治せることもあります。

頑張りたい気持ちもわかりますが、働くうえで心の健康状態を保つことは非常に重要ですので、あまり無理しすぎないようにしましょう。

転職したほうが良いときも?辞めるべきケースとは

仕事を自分の気持ち一つで、すぐに辞めてしまうのは良くないことです。

しかし中にはすぐにその職場を辞めて転職すべきケースもあるのです。

以下で詳しく解説していきます。

企業の待遇に問題があるケース

企業の待遇に問題がある場合は、すぐに転職するようにしましょう。

例えば、

  • 「給料が事前に聞いていた額面とあまりにも違う」
  • 「有給休暇を取得させてもらえない」
  • 「交通費が支給されない」

など本来であれば受け取る権利のある待遇を、企業側の都合で制限されている状態です。

待遇を改善しなければ、生活も精神的にもつらくなってしまいますので、早期に辞めて転職することをおすすめします。

職場の人間関係に問題があるケース

職場の人間関係に問題があるケースも、転職をしたほうが良いでしょう。

例えば、

  • 「上司にセクハラあるいはパワハラを受ける」
  • 「同僚の間で派閥ができていて動きづらい」
  • 「いじめが横行している」

など自分に非が無いにも関わらず、人間関係が悪化しているような職場の場合も、転職を検討したほうが良いでしょう。

元々関係が悪いのは、自分ひとりだけでは改善していくのは難しいです。

はやめに環境を変えるように、転職サイトなどを利用して次の職場を見つけていきましょう。

仕事を辞めたいときには「なぜ辞めたいのか」を考える

仕事を辞めたいと感じた時には、まず「なぜ辞めたいのか」を考えるようにしましょう。

理由が明確でないと、仕事を辞めることで後悔する可能性があります。

しかし、辞めたい理由なんて簡単に言語化できるものではありません。

そこで、仕事を辞めたいと感じている人には、気持ちを紙に書き出して整理するという方法をおすすめします。

気持ちを紙に書き出し、整理する

気持ちを紙に書き出すことで、頭の中を整理することができます。

書き出すべき項目は人それぞれですが、主に以下のような内容です。

  • なぜ仕事を辞めたいのか
  • 仕事を辞めることで悩みは解決するのか
  • 仕事に求めるものは何か
  • 仕事を辞めるタイミングは今か

これらの項目に答えることができるのであれば、それらの答えを整理しましょう。

整理した先に、仕事を辞めたい理由が浮かび上がってくるはずです。

仕事を辞めたい理由の多くが人間関係の悩み

仕事を辞めたい人のほとんどが抱える悩みが、人間関係に起因するものです。

さまざまなハラスメントを受けていたり、同僚とうまくいっていなかったりと、人間関係の中でも悩みはまちまちです。

人間関係のストレスは恒常的なもので、抜本的に状況が変わることは難しいです。

そのため、仮にあなたが人間関係の悩みで仕事を辞めたいと思っているのであれば、すぐにでも退職に向けた動きをするべきなのです。

仕事を辞める前にやっておくべきこと

仕事を辞めるとなっても、すぐに辞めるのはリスクが高いです。

仕事を辞める前にやっておくべきことは3つあります。

  • 転職先を見つける
  • 家族の理解を得る
  • 自分のスキルを棚卸する

後先考えずに仕事を辞めることは得策ではありません。

あくまで次のステップに進む準備ができてから、仕事を辞めるようにしましょう。

転職先を見つける

転職先を見つけることは、仕事を辞める前にやっておくべきことの一つです。

辞める前に転職活動を進め、転職先が決まってから仕事を辞めるべきです。

仮に転職先が決まる前に退職してしまうと、転職活動がうまくいかなかったときにどうにもならなくなります。

収入がなくなるリスクを避けるためにも、仕事を辞める前に転職先を見つけておくべきなのです。

家族の理解を得る

仕事を辞めるのであれば、家族の理解を得ることも重要です。

仕事を辞めるという一大決心を独断で決めてしまうと、家庭にヒビが入ることも考えられます。

円満な家庭を維持するためにも、家族の理解を得ることは重要なのです。

自分のスキルを棚卸する

自分のスキルを棚卸することも、仕事を辞める前にやっておきたいことの一つです。

現職で何を学び、次にどう生かせるのかを考えないことには、自分に合った転職先を見つけることはできません。

自分に合った転職先で長く働くためには、一度自分のスキルを棚卸して、整理することが必要なのです。

仕事を辞めたいときに注意すべきポイント

ここからは、仕事を辞めたいときに注意すべきポイントを解説していきます。

  • 寿退社はキャリアの終了を意味する
  • 介護を理由に仕事を辞めると共倒れする
  • 疲れているなら休んでから辞めるか考える
  • 向いていないならすぐ仕事を辞めるべき
  • 転職先を決めずに仕事を辞めるのは危険

仕事を辞めたいと考えたときに、注意すべき点はこれらの5つです。

仕事を辞めることを考える際には、これらの注意点を踏まえて慎重に判断するようにしましょう。

寿退社の願望はキャリアの終了を意味する

結婚をして仕事を辞めたいという寿退社願望がある人は、寿退社をした時点でキャリアに区切りがついてしまうことを念頭に置いておきましょう。

一度寿退社をしてしまうと、前職と同じかそれ以上の待遇で再就職をすることは難しいです。

結婚前に正社員として働いているのであればなおさらです。

そのため、キャリアを継続したいと少しでも考えているのであれば、寿退社の考えは捨てるのが賢明でしょう。

介護を理由に仕事を辞めると共倒れする

介護を理由に仕事を辞めてしまうと、大きなブランクを生むことになり、共倒れになる可能性が高いです。

介護はいつまで続くかわからず、その間は仕事ができなくなります。

親の介護をしている人であれば、介護中は年金で暮らすことも難しくありません。

しかし、もし親が亡くなってしまうと、それ以上年金は入らなくなります。

収入がないと、働かざるを得ません。

しかし、介護の間の空白のキャリアと鈍った仕事の感覚では、良い条件で働くことは難しいでしょう。

介護は大事ですが、介護が終わった後の自分の将来をよく考えるようにしましょう。

疲れているなら休んでから辞めるか考える

「疲れたから仕事を辞めたい」と考えている人は、まず休んでから辞めるか考えるようにしましょう。

疲れの原因は仕事だけではないかもしれません。

本当は仕事が原因ではないのにも関わらず、疲れを仕事のせいにして辞めてしまうと、自分に合った職場を自ら手放すことになってしまいます。

正常な判断をするためには、適度な休養が必要不可欠なのです。

休むことは決して悪いことではありません。

下手に罪悪感を持たずに、しっかり休養を取ってから仕事を辞めるかを考えるようにしましょう。

向いていないならすぐ仕事を辞めるべき

「この仕事に向いていない」と考えるのであれば、その仕事を辞めるべきです。

一生の中で、働く期間は人生の3分の1以上です。

その大きな時間を向いていない仕事に費やすことは、無駄以外の何物でもありません。

少し仕事を続けてみて駄目だと思ったら、ためらいなくやめることも考えるようにしましょう。

転職先を決めずに仕事を辞めるのは危険

転職先を決めずに仕事を辞めることは危険です。

仮に仕事を辞めた後の転職活動がうまくいかなかった場合、その間の収入はありません。

収入がないと生活することはできませんから、死活問題になるのです。

食いはぐれることを防ぐためにも、あくまで転職先を見つけてから仕事を辞めるようにしましょう。

仕事をすぐに辞めたくない人が続けられる仕事を見つける方法

仕事をすぐに辞めたくないから、まずは続けられる仕事を見つけていきたい…という方もいるでしょう。

そんな時は自分を改善していくことと並行しながら、続けられる仕事を見つける方法を試してみてください。

離職率の低い仕事を見つける

離職率が低いということは、それだけ社員が企業に対して満足感を得ているということです。

そのためまずは不満を持ちにくいように、離職率の低い仕事を見つけるようにしましょう。

離職率は四季報や、転職エージェントから確認できます。

仕事をすぐに辞めてしまう人は、離職率を常に念頭に置きながら転職活動をするようにしましょう。

自己分析してみる

就活のときに誰しもが体験したであろう「自己分析」。

仕事をすぐに辞めてしまう人は、自己分析を綿密にやることで、入職後の企業とのミスマッチを減らすことができます。

すぐに辞めてしまう人の中には、自分の性格に合わない企業を選んでいる人もいます。

長く続けられる仕事を見つけるためにも、自分のことを深く知るようにしましょう。

転職サービスの「適性診断」を受験してみる

転職サイトや転職エージェントでは、適性診断のサービスを無料で提供しているところがあります。

適性診断とは、その人の心理や趣向からどのような仕事に適性があるのかを分析してくれるツールです。

適性診断を受けてみると、自分が思いもしなかったような業界や仕事に適性が出ることがあります。

続けられる仕事を見つける鍵になるかもしれませんし、無料で利用できます。

適性をグラフで見ることもできますので、自分の能力や可能性を可視化できるのもメリットですね。

仕事を辞めたくないなら転職エージェントを利用しよう

仕事をすぐに辞めたくない方は、転職エージェントに転職活動をサポートしてもらうようにしましょう。

転職エージェントは無料で利用できる転職支援サービスです。

利用者の要望に合わせて、求人を選んで紹介してくれます。

長続きできる仕事を見つけるために、自己分析の掘り下げや今後のキャリアプランについてのアドバイスももらえます。

以下では、数多くある転職エージェントのなかから、特にサポートの評判の高い転職エージェントについて紹介しています。

転職エージェントにサポートしてもらいたい人は、ぜひ利用を検討してみてくださいね!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは就職活動でもおなじみ、株式会社マイナビの運営する転職エージェントです。

マイナビエージェントは主に20代の転職活動をサポートしています。

未経験の業界に挑戦する転職者のサポートもおこなっていますので、適性に合った仕事を選びたいときでも対応可能です。

また大手転職エージェントだけあって、幅広い業界の求人を取り扱うとともに求人数も豊富ですので自分に合った仕事を見つけられる可能性が高いです。

詳細はこちら

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、転職エージェントの中でも特にコンサルタントの評判が高い転職エージェントです。

コンサルタントが親身になって転職のサポートを行ってくれるとの口コミが多く、悩みごとを相談しやすい環境で転職活動ができます。

また、転職活動で情報源となる求人票上の情報だけでなく、企業のディープな情報についても共有してくれます。

通常求人票に企業の情報の全てを掲載していますが、中にはその情報に嘘があることもあるんです。

パソナキャリアのコンサルタントは、求人情報にも掲載されていないような企業内の情報についてもリサーチ済みですので、離職率や人間関係、待遇など入社しなければわからないような情報を事前にもらうこともできるのです。

事前に知ることで、ミスマッチを減らすことができるのは非常に大きいメリットですよね。

詳細はこちら

仕事をすぐに辞めてしまう原因を分析して対策を取ろう

いかがでしたか?

仕事をすぐに辞めてしまう自分に悩んでいる人は、まず自分を振り返ってみることが重要です。

今回この記事で挙げたような特徴に当てはまるようであれば、改善していくことが仕事をすぐに辞めずに長続きさせていく秘訣です。

場合によっては企業側に問題がある場合もありますので、待遇面や職場環境に問題がある場合はすぐに辞めて新しい環境を見つけるようにしましょう。

また、自分を振り返るためにも自己分析をしっかりとして、自分が仕事に何を求めているのかを明確にすることも重要です。

もしも長く続けられる仕事を求めるのであれば、転職エージェントにサポートを依頼するのも手です。
転職のプロに依頼して、自己分析のアドバイスを受けながら、自分にはどんな仕事があっているのかを見極めていきましょう。

自分に合った仕事を見つけてすぐに仕事を辞めてしまう自分にサヨナラしましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件