仕事を辞めたいけど言えない…そんな悩みの解決法と上手な伝え方

仕事を辞めたいけど言えない…そんな悩みの解決法と上手な伝え方

いざ仕事を辞めたいと思っていても、なかなか言い出せずに悩んではいませんか?

辞めたいということを上司に伝えるのは、とても勇気が要りますよね。

辞めてから後悔しないためにも、辞めたいと思っている理由や言い出せないときの対処方法を自分自身で把握しておくことが大切です。

気持ちよく次のステップへ進むためには、どんなことを考える必要があるのでしょうか。自分の気持ちを整理するところからはじめてみましょう!

どうして仕事を辞めたいのか

仕事を辞めたいと思う瞬間は誰にでも訪れるものです。

あなたはどうして今の仕事を辞めたいと思っているのでしょうか。

辞めたい理由を具体的に説明できるでしょうか。

まずは、なぜ辞めたいと思っているのか、思い浮かぶものをすべて書き出してみましょう。

実際に目に見える状態にすることで、自分の気持ちを客観的に見ることができます。

辞めたいという気持ちだけに囚われないことが、後悔しない判断につながります。

辞めたい理由の例7つ

辞めたい理由は様々かと思いますが、ここでは7つの例を挙げてみます。あなたが辞めたい理由はなんでしょうか。

  1. 給与が少ない
  2. 仕事にやりがいを感じない
  3. 人間関係で悩んでいる
  4. 残業が多い
  5. 理不尽な対応をされる
  6. スキルアップしたいから
  7. 家庭の事情

仕事の悩みランキング!【20代・30代・40代】

本当に辞めた方がいいのか、立ち止まって考えてみよう

辞めたい理由はいくつかあると思いますが、すぐに辞めるという決断をすることで、後になって後悔してしまうこともあります。

あなたが仕事を辞めたい理由は、本当に後悔しない理由でしょうか。

今すぐに辞めない方がいい理由

なんとなく

「なんとなく仕事がつまらない」「なんとなく人間関係がうまくいかない」「なんとなく仕事にやりがいを感じない」など、ぼやっとした理由で辞めたいと思っている人は、焦ってすぐに結論を出すことは避けましょう。

なんとなくという気持ちで転職をしても、次の職場でも同じことで悩むことになります。

無理矢理理由をこじつけても、自分が後悔することになります。

すこし気持ちを落ち着かせてから、今の職場でできることを考えてみましょう。

仕事が合わない

まだ始めて間もない場合など、慣れていないことばかりに触れると辞めたくなることがありますよね。

新しい環境で不安な気持ちもあるので、尚更気持ちが落ち込んでしまいます。

新しい仕事に慣れるまでには、時間が必要です。

できない自分を責める必要はありません。

例えば、慣れない職場で一日過ごした自分を褒めてあげてください。

その日そこで過ごしたことが、次の日の励みになります。

職場に気に入らない人がいる

どんな職場にいても、合わない人というのはどうしてもいます。

仕事をする上で必要な会話は避けられませんが、あなたがその人のことを苦手と思っているように、その人もあなたのことを苦手と感じているかもしれません。

気に入らない人がいるからと仕事を辞めてしまう前に、自分が働きやすい環境をつくる工夫を考えてみましょう。

その工夫は、あなたがいつか本当に転職したときにも役に立つと思います。

どこで働いても悩みは尽きない

どんなに職場を変えたとしても、悩みがすべて解決されることはないでしょう。

新しい場所に移っても、そこで生まれる葛藤や悩みが出てきます。

辞めたいという気持ちも、今だけのものではありません。

今いる場所で解決できることもあるということを忘れないようにしたいですね。

すぐに仕事を辞めたくなるのを辞めたい!仕事を続けるための改善方法を紹介

「仕事を辞めたい」と言えない理由とその対処法

辞めたいけれど、それを周りの人に伝えることは勇気が要ります。

言えない理由によって、対処方法も変わります。例を挙げながら、対処の仕方を考えていきましょう。

職場の人との関係が悪くなりそう…

あなたが退職するということは、あなたが抜けた穴を他の人が埋めなければならなくなります。

退職するあなたに冷たく当たる人もいるかもしれません。

もう長くは居ない職場だとわかっていても、一緒に働く人たちと良好な関係を築きたいものです。

退職が決まっている人ができることは、

  • 自分の仕事をこれまで通りしっかりとこなす
  • 引き継ぎに手を抜かない
  • 退職や転職に関する話をむやみに話さない

ということです。できることは決まっています。自分の仕事に最後まで責任を持ちましょう。

人手不足なのに…

人手不足なのに、自分まで辞めてしまったら周りの人に迷惑を掛けてしまう…。

そう考えて言い出せない人もいるかと思います。

冷静に考えていただきたいことは、人手不足なのはあなたが背負う問題ではなく、会社が背負わなくてはならない問題です。

人手不足でもそうでなくても、誰かが辞めることで、その穴を他の人で埋めていくのです。

他の人が辞めていったときのことを振り返ってみてください。

あなたが思っているよりも、周りの人はそんなに気にしていないこともあります。

引き止められてしまいそう…

上司や同僚から、「辞めさせない」「辞めないで」「辞めてしまうのはもったいない」などと言われることもあります。

ですが、周りの人にあなたの意思を引き止める権利はありません。

どうしてもしつこく引き止めてくる場合には、自分の意思をはっきりと伝えることや、引き止めにくい理由を考えておくと良いと思います。

家庭の事情でどうしても…という理由も、相手にとっては引き止めにくい事情になるかと思います。

円満に退職するには?

辞めるときには、なるべく円満に退職したいですよね。

職場の人達も自分自身も不快な思いをしたまま退職日を迎えないために、何ができるでしょうか。

意志を明確にしておこう

まずは「辞めたい」という自分の意思を明確にしておくことが大切です。

これが曖昧な状態だと、相手も納得しにくいですし、引き止められたときにも自分の気持ちが揺らいでしまいます。

なぜ辞めたいのかということをしっかりと説明できる状態にしておくことで、自信をもって気持ちを伝えることができます。

何と伝えるか?

会社に伝える退職理由と実際の退職理由は違ったという人も少なくありません。

会社には説明しにくい本当の理由もあると思います。会社に伝える理由として、

  • 家庭の事情
  • 引っ越すため
  • 身体的にきつく、これ以上続かない

などが考えられると思います。正直に伝えることは大切ですが、状況によって説明の仕方を考える工夫も必要です。

伝える時期や時間帯に気を付ける

会社にいつ伝えるかということも考える必要があります。

引き継ぎや後任の人を探すことを考えて、1ヶ月~2ヶ月前には伝えるようにしましょう。

会社によっては、就業規則で退職の申し出の時期を指定している場合があります。事前に確認しておきましょう。

また、上司に伝える時間帯も考える必要があります。

相手のことも考え、しっかりと話す時間がとれるように、忙しい時間帯は避けましょう。

退職してからの自分を想像しよう

いざ自分の意思を伝えるとなると、どんなに心が決まっていても緊張して不安にもなります。

そんなときは、退職してからの自分を想像してみてください。

次の仕事が決まっている人も、そうでない人も、新しいステージに向かっていることに変わりはありません。

想像した自分が、背中を押してくれます。

仕事を辞めたいと伝えてから気を付けること

会社に自分の意向を伝えることができたら、退職日まで何に気を付ければよいのでしょうか。

伝えてからが大切なのだと思います。自分のことだけではなく、周りの人のこともこれまで以上に考えて仕事をしましょう。

自分の仕事は退職日までしっかりと

正式に退職が決まっても、退職日までは会社の一員です。

最後の日まで、自分の仕事に責任をもって取り組みましょう。

中途半端な引き継ぎをしない

自分の仕事は、しっかりと引き継ぎをしましょう。

引き継ぎは、退職する人の重要な仕事です。

自分が辞めた後のことも考えて、最後まで責任をもって仕事をしましょう。

周りの人の気持ちを考えて行動する

退職する人に対して良く思わない人もいるかもしれません。

辞める立場にいるからこそ、同じ職場の人達の気持ちを考えて行動しましょう。発言にも気を付けましょう。

仕事を辞めてから悩まないために

次の仕事は決まっているでしょうか。それとも退職してから考えるのでしょうか。
どちらの選択もあっていいと思いますが、退職してから困らないために、考えておく必要があることを整理します。

次の仕事が決まっている

次の仕事がすでに決まっているという人は、気持ちの切り替えが必要です。

今までとは違う環境で働くことになるので、慣れるまでは大変でしょう。仕事の内容が変わる人は、新しく覚えることがたくさん出てきます。

新しい職場で良いスタートがきれるように準備をしましょう。

次の仕事は退職してから考える

退職してから次の仕事をゆっくり考えるという人も多いと思います。

焦らずに探せるという反面、金銭面での余裕がなくなったり、なかなか仕事が決まらずに焦ったりという状況が考えられます。

どのくらいの期間であれば焦らずに次の仕事を探せるのかということを、自分で把握しておきましょう。ひとりで悩まないことも大切です。

まとめ

退職したくても言い出せないという悩みを抱えている人はたくさんいます。

本当に退職して後悔しないのか、退職してからどうしたいのか、など自分の気持ちを明確にしてから行動することが、気持ちよく次のステップを踏むためには必要です。

退職は働く人が自由に決めて良い権利です。必要な準備をして、次へ進みましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件