管理しやすいスケジュール帳の書き方とは?手帳とアプリはどっちが良い?

管理しやすいスケジュール帳の書き方とは?手帳とアプリはどっちが良い?

社会人としてスケジュールを管理する能力は働くうえでの前提条件として求められます。

しかし上手くスケジュール管理することができずに、「スケジュール帳の書き方がわからない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

この記事ではスケジュールを管理しやすくなるスケジュール帳の書き方を解説します。

スケジュール帳の効果的な活用方法やアプリとの違いもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

管理しやすいスケジュール帳の書き方

社会人になるまでスケジュール管理する能力を求められる機会はなかったと思うので、「書き方がわからない」と頭を抱えている方は多いと思います。

しかし、安心してください。スケジュール帳の書き方を理解すると、スケジュールは簡単に管理できるようになります。

そしてスケジュール管理だけではなく、仕事で成果を上げられるようになったり夢や目標を叶えることにもつながります。

明日からでも実践できる書き方を中心にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

シンプルでスッキリするように書く

スケジュール帳はシンプルでスッキリするように書くことが大切です。

スケジュールを管理するアイテムになるので、シンプルでスッキリするように書いていないと自分自身でも理解できないようになります。

またスケジュール帳は1日に何度も見るものだと思うので、スッキリしていないと気持ちが高まりません。

誰かに見られる可能性もあるため、スケジュール帳はシンプルでスッキリするように心がけてみてください、

月間だけではなく週間スケジュールも書く

スケジュール帳の種類によって異なるのですが、基本的に月間と週間が用意されています。

管理しやすい書き方としては、月間と週間の両方に書くことが大切です。

月間だけだと細かいスケジュール管理ができなくなり、週間だけだと一目でスケジュールを把握できません。

月間には「打ち合わせ・食事会」など名目だけ書いて、週間には「時間・内容・相手」など、細かく書くとスケジュールは管理しやすくなります。

色ペンを使い分けて書く

社会人のスケジュール帳は「黒ボールペン」で書いているイメージがあるかもしれませんが、色ペンを使い分けることで管理しやすくなり、スケジュールの内容を瞬時に把握できます。

例えば、「赤色:重要スケジュール」「黄色:プライベート」「青色:金銭関連」「黒色:仕事関連」など、自分なりに使い分けることを意識してみてください。

ただし色を使い過ぎるとかえって見にくくなるので、3色~4色がおすすめです。

記号や略語を使う

スケジュール帳は書けるスペースが限られています。

その限られたスペースで上手くスケジュール管理する書き方が、記号や略語を使うことです。

例えば「ミーティング:MTG」「金銭関連:¥」などと記号や略語を上手く書けるようになると、見やすく管理しやすくなります。

スケジュール帳は自分自身のためのアイテムなので、独自の記号や略語を書いても問題ありません。

スケジュールだけではなく「目標」を書く

スケジュール帳を上手く活用している方は、スケジュール以外に「目標」を書いています。

何かを達成するためにはゴールを明確に見据えることが大切で、スケジュール帳に書くことで毎日目にします。

毎日目にすることで高いモチベーションを保つことができて、日々目標に向かって成長できます。

そしてスケジュール帳に目標を書くときは、具体的な数字やイメージが入った目標を書くようにしてください。

付箋を使ってスケジュールを管理する

スケジュール帳の書き方とは少し離れるのですが、付箋を使うことが大切です。

限られてスペースにスケジュールを書き込むと、スッキリとしてスケジュール帳にはなりません。

またスケジュールを見落としてしまうことも考えられます。そのため付箋を使ってスケジュール帳を活用しましょう。

付箋は自由に貼ったり剥がしたりできるので、貼り付け直して整理をしたり不要になったら剥がしたりしてスケジュール帳を綺麗に使えます。

ただし付箋は剥がれ落ちる可能性があるため、重要なことは書かないようにしてください。

仕事を効率化できる無料アプリ8選!導入するメリットとポイントを解説

スケジュール帳を効果的に活用するポイント

スケジュール帳の書き方をお伝えしましたが、効果的に活用するためにはいくつか抑えておきたいポイントがあります。

書き方とは異なるポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

常に持ち歩く

スケジュール帳を効果的に活用するためには、常に持ち歩くことが大切です。

その理由はいつでもスケジュール帳を確認できるようにするためです。

常に確認できる状態を保っておくことで、「スケジュールを忘れる」ということを防げます。

また目標をいつでも確認できるようになるため、目標達成できる可能性も高められます。

スケジュール帳は常に持ち歩き、1日に何度も見返すようにしてください。

1日の終わりにスケジュール帳を振り返る

スケジュール帳は未来のスケジュールを管理するだけのアイテムではありません。

過去のスケジュールに対して「反省」ができるアイテムです。

そのため1日の終わりにスケジュール帳を振り返ることが大切です。

「今日はここがダメだった」「今日のスケジュール管理は間違っていた」など反省できるポイントはあると思います。

また反省だけではなく、良かった点を振り返ることも大切です。

1日の終わりにスケジュール帳を振り返り、より効果的にスケジュール帳を活用できるようになりましょう。

スケジュール帳を書く時間を決める

スケジュール帳を効果的に活用するためには、書く時間を決めることが大切です。

社会人になると自分の自由な時間は少なくなり、家に帰ると「仕事のことは考えたくない」と思われる方が多いです。

その気持ちは全く悪いことではないのですが、そのような気持ちでもスケジュール帳を書くためには時間を決めておく必要があります。

寝るまえに書いても良いですし、家に帰ってすぐに書いても良いです。

書く時間はいつでも良いので、時間だけは決めるようにしておきましょう。

ルーチンワークが苦手な人の特徴と対処法!おすすめの働き方をご紹介

スケジュール帳とアプリではどちらの方が管理しやすい?

近年はスケジュール管理できるアプリがさまざま提供されていて、アプリで管理しているという方が増えてきています。

中には「仕事関連:スケジュール帳」「プライベート:アプリ」と使い分けている方も存在します。

スケジュール帳とアプリにはメリット・デメリットがあり、人によって好みが変わります。

そこでスケジュール帳とアプリのメリット・デメリットをご紹介します。

両方を比較して自分に合ったものを使うようにしましょう。

スケジュール帳のメリット

スケジュール帳のメリットは「自由度が高い」ということです。

例えば、仮の予定は付箋で貼ったり、言葉で書きづらいことは図やイラストで表現したりすることが可能です。

また紙媒体になるため、充電などを気にする必要がなく、いつどこでもスケジュールを書ける自由度があります。

さらにスケジュールに関連する内容や、目標をメモページに書けることもスケジュール帳のメリットです。

スケジュール帳のデメリット

スケジュール帳のデメリットは「簡単に修正できない」ということです。

スケジュール帳は紙媒体になるため、アプリのように簡単にスケジュールを修正できません。

ボールペンで書いている場合は修正する度に、修正テープなどを使用する必要があります。

そしてスケジュール帳は紛失してしまう可能性があります。

アプリでも携帯を紛失するとスケジュールを確認できなくなるのですが、バックアップを取っていればスケジュールが消えることはありません。

簡単に修正できないこと、紛失してしまう可能性があることは、スケジュール帳のデメリットになるでしょう。

アプリのメリット

アプリのメリットは「手軽さ」です。

スマホ1つでスケジュールを管理できて、移動中や外出先でも簡単にスケジュールを入れられます。

また曜日が固定されているスケジュールの場合は「繰り返し機能」を活用することで、何度も何度もスケジュールを入れる手間が省けます。

アプリによってはアラーム機能が搭載されている場合があり、スケジュールを管理すること以外にもサービスが充実しています。

そして職場の人・家族・友人とスケジュールを共有できることも大きなメリットになります。

アプリのデメリット

アプリのデメリットは「電子機器」ということです。

アプリでスケジュールを管理する場合はスマホやタブレットなど電子機器が必要になります。

電子機器であることから手軽にスケジュールを入れられるのですが、充電が切れてしまった場合にスケジュールを確認できなくなります。

また電子機器の故障で数日間スケジュールを確認できなくなる可能性も考えられます。

「充電が切れることは滅多にない」と思われるかもしれませんが、その1回が大事なスケジュールが入っている日だったということもあると思います。

電子機器が絶対必要になることは、アプリのデメリットになるでしょう。

スケジュール帳の書き方で仕事の結果は変わる

この記事ではスケジュール帳の書き方をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

スケジュール帳の書き方を工夫して上手にスケジュール管理ができるようになると、仕事の結果は変わります。

「スケジュール帳で変わるの?」と思われるかもしれませんが、仕事ができる方でスケジュール管理ができない方は存在しません。

そのため上記でお伝えしたスケジュール帳の書き方・活用方法を参考にして、スケジュール管理ができるようになりましょう。

仕事効率化アプリ・ツールのカオスマップを作成・公開しました!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件