年収から考える適正家賃とは?年収ごとの家賃の目安

年収から考える適正家賃とは?年収ごとの家賃の目安

社会人として年収が上がると「もっと良い家に住みたいな…」と考える方は多いと思います。

しかし「年収に見合った家賃っていくらなんだろう?」と悩むことは多いのではないでしょうか?

この記事では年収に見合った適正家賃について解説します。

年収ごとの家賃や年収を上げる方法もご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

年収から考える適正家賃とは?

住んでいる地域や勤めている企業の家賃手当などによって変動するのですが、基本的には年収の20%〜25%が適正家賃と言われています。

もし家賃手当が数万円分支給される場合は、その分を差し引きて考えると適正家賃が分かると思います。

「年収の30%が適正家賃」と言われることがあるのですが、それは「手取り」での計算です。

手取りで計算する場合は30%で良いですが、年収で計算する場合は20%〜25%が最適家賃になります。

手取りの30%と年収の20%〜25%を比較すると家賃に大きな差は生じないのですが、間違えて計算してしまうことには注意が必要です。

住んでいる地域によって適正家賃は変動する

適正家賃は年収の20%〜25%とお伝えしましたが、住んでいる地域によって多少変動します。

地方の家賃と東京都の家賃には大きな差があるため、地方に住まれている方は15%〜20%程度でも、満足のいく物件に住める可能性があります。

反対に家賃が高いとされている「東京都・神奈川県・大阪府」などの場合は20%〜25%では満足のいく物件には住めない場合があります。

そのため年収の20%〜25%はあくまで目安として、住んでいる地域によって判断することが大切です。

家賃は限界まで抑える人が多い

年収によって適正家賃はありますが、家賃は限界まで抑える人が多いです。

「将来のために貯金しておきたい」「数年後に家を購入したいから家賃は抑えたい」などという理由から限界まで抑える人は多く、特に独身の方は家賃の安い物件を探す傾向にあります。

そのため自分の将来をイメージして家賃を考えると、将来的に後悔することはなくなると思います。

年収ごとの適正家賃の目安

年収ごとの適正家賃を下記のようになっています。

年収 20% 25%
年収300万円 5万円 6.3万円
年収350万円 5.8万円 7.2万円
年収400万円 6.7万円 8.3万円
年収450万円 7.5万円 9.3万円
年収500万円 8.3万円 10.4万円
年収550万円 9.1万円 11.4万円
年収600万円 10万円 12.5万円
年収650万円 10.8万円 13.5万円
年収700万円 11.7万円 14.6万円

※表記変更必須

上記の家賃はあくまで目安にしてください。

生活とのバランスを考えて自分にあった家賃を考えるようにしましょう。

そして年収に対する適正家賃は理解できても、「その金額でどんな物件に住めるの?」と疑問だと思うので、年収300万円・500万円・700万円で住める物件を簡単にご紹介します。

住んでいる地域によって家賃は変動するため、あくまで参考程度にしてください。

年収300万で住める物件

年収300万円で住める物件は、「ワンルーム・1K」が多いです。

ワンルームはキッチンと部屋の間に仕切りがなく一体化している構造で、1Kはキッチンと部屋が仕切られている構造になります。

面積によって異なりますが、トイレとお風呂が一緒になっている物件が多い傾向があります。

そしてマンションではなくアパートが多いです。

1人暮らしには十分だと思うのですが、2人で暮らす場合には少し窮屈だと思います。

年収500万円で住める物件

年収500万円で住める物件は、「1LDK・2K」が多いです。

1LDKは8帖以上のキッチンスペースと部屋がドアなどで仕切られている構造で、2Kは居室が2部屋とキッチンが仕切られている構造になります。

キッチンと寝室が分かれるのでキッチンからのにおいを防ぐことができます。

そしてマンションでもアパートでも物件はあります。

2人暮らしでも余裕のある生活を送ることができる物件です。

年収700万円で住める物件

年収700万円で住める物件は、「2DK・2LDK」が多いです。

2DKは居室が2部屋と4.5畳〜8畳未満のキッチンスペースが仕切られている構造で、2LDKは居室が2部屋と8帖以上のキッチンスペースが仕切られている構造になります。

プライベートな空間が2部屋あるので二人暮らしに向いている物件です。

そしてアパートではなく、マンションが多いです。

2人暮らしでも余裕がありますし、小さな子供がいる方でも満足のいく生活を送れると思います。

【2021年最新版】日本の年収の中央値は240~456万円!中央値と平均は何が違う?

30代で手取り20万円はやばい?気になる平均年収と収入アップのコツ

賃貸よりも家を購入した方が良い?

年収が上がれば上がるほど「賃貸よりも家を購入した方が良いのかな?」という悩みが出てくると思います。

結論からお伝えすると、どちらも正解です。住居に対しての考え方は人によって異なるため、「賃貸が良い」と思う方もいれば「購入が良い」と思う方もいます。

そのため自身のライフスタイルにあった選択をしましょう。

そして賃貸にも購入にもメリットとデメリットがあるため、両方を比較して判断すると後悔する可能性が低くなります。

年収を上げる方法

少しでも家賃の高い物件に住むためには、年収を上げることが1番の近道です。

年収を上げれば金銭的な余裕が生まれるため、上がれば上がるほど家賃も高められます。

そこで年収を上げる方法を4つご紹介します。

自社でキャリアアップする

1つ目の方法が「キャリアアップする」ということです。

現在勤めている会社でキャリアップすることができれば、間違いなく年収は高まります。

「年功序列制度」を定めている企業に勤めている場合は、一気にキャリアアップする事は難しいですが、勤続年数が増えれば増えるほど年収は高まります。

また年功序列制度ではない企業に勤めている場合は、成果を上げてキャリアアップを目指してみてください。

資格を取得する

2つ目の方法が「資格を取得する」ということです。

勤めている企業や職種によって異なるのですが、資格を取得することで年収が上がることがあります。

例えば不動産業界で働いている場合は、「宅建」を取得すると手当てとして年収が上がります。

資格手当てが支給される資格は下記の通りです。

  • 社会保険労務士
  • 中小企業診断士
  • 建築士
  • 管理栄養士
  • 日商簿記(2級以上) など

勤めている企業によって資格手当ての金額は異なりますが、多い場合は毎月2万円〜4万円支給されるため大幅に年収を上げられます。

副業を始める

3つ目の方法が「副業を始める」ということです。

副業を始めるとほとんどの確率で年収を高めることができます。

また副業の種類は年々増えているため、自分にあった副業を始められると思います。

しかし副業によっては本業で残業した方が良い場合があり、年間で20万円以上稼ぐと税金を払う必要が出てくるので注意してください。

転職する

4つ目の方法が「転職する」ということです。

今の会社を辞めて転職することで、年収を上げることが可能です。

「転職することで年収を上げるのは難しい」と思われる方が多いのですが、今までの経験や実績をしっかりとアピールできれば年収を上げる転職は成功します。

また業界に特化している資格などを取得していると、より可能性は高まるでしょう。

そして転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。

求人紹介から面接対策までサポートしてくれるため、成功する可能性を高められます。

そして転職エージェントを活用することで、働きながら転職活動を進められます。

転職する場合は、転職エージェントを活用することをおすすめします。

年収を上げたい方におすすめの転職エージェント

年収を上げるために転職する場合は、転職エージェントを活用することが大切とお伝えしました。

しかし国内には数多くの転職エージェントがあるため、「どのサービスが良いんだろう?」と悩まれることがあると思います。

そこで年収を上げたい方におすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

併用しても問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

doda

doda

dodaは業界最大級の転職支援サイトで、転職サイトと転職エージェントのサービスが1つになっています。

両方のサービスを受けられることもあり、登録者は550万人を超えています。

そんなdodaでは「非公開求人」を3万件以上取り扱っています。

非公開求人はサイトに公開されている求人よりも給与や条件が良いことが多いため、年収を上げられる可能性が高まります。

また各業界に精通しているキャリアアドバイザー(転職のプロ)が在籍しているため、希望する業界ならではのサポートを受けられます。

幅広い求人から転職先を選びたい方は、dodaがおすすめです。

doda詳細ページ

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは「株式会社ビズリーチ」が運営しているハイクラス向けの転職支援サイトです。

取り扱っている求人の30%が年収1,000万円以上で、ハイクラスの管理職や経営幹部の求人を多数取り扱っています。

そんなビズリーチでは、登録者の8割以上がスカウトサービスで転職を成功させています。

スカウトサービスとは企業側からオファーしてくれるサービスで、優良企業や一流のヘッドハンターから直接オファーが来ます。

そのため働きながらでもハイクラスの転職を成功させられます。

スカウトサービスで転職を成功させたい方は、ビズリーチがおすすめです。

ビズリーチ詳細ページ

家賃に高い家に住みたい人は年収を上げよう

この記事では年収に対する適正家賃をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

住んでいる地域によって異なりますが、一般的には年収の20%〜25%が適正家賃と言われています。

手取りで計算したい場合は、30%で考えると適正家賃が分かると思います。

そして少しでも家賃の高い物件に住みたい方は、年収を上げる必要があります。

上記でお伝えした年収を上げる方法を参考にして、少しでも家賃の高い物件に住めるようにしてみてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件