人気YouTuberになるには?必要な機材・スキルと5つの稼ぎ方を解説!

人気YouTuberになるには?必要な機材・スキルと5つの稼ぎ方を解説

YouTuberは近年かなりの人気を集めており、子供から大人まで幅広い層から注目されている職業です。

「自分も流行りに乗って、YouTubeでお金を稼ぎたい」という方は多いですよね!

しかし「機材って何が必要なの?そもそもどうやって稼いているのかも分からない!」と、足踏みしているのではないでしょうか?

そこでこの記事では、「YouTuberになるために必要な機材・スキル」と「5種類の稼ぎ方」
について解説しています。

また、平均年収についても解説しているので、気になる方はぜひ参考にしてくださいね。

人気YouTuberになるには?必要なものと流れ

ライターの仕事はつらい?よくある悩みと解決方法

YouTuberになるには、以下の6つのステップが必要です。

  1. 機材をそろえる
  2. 役者をそろえる
  3. 編集能力を身に付ける
  4. YouTube動画を投稿する
  5. ファン・再生数を増やす
  6. 広告を用いて収益化する

それぞれのステップについて、詳しく解説します。

機材をそろえる

YouTube動画を撮るには、撮影する機材と出演する役者が必要です。

撮影するのに必要な機材は、以下の5つです。

  • パソコン
  • 動画編集ソフト
  • カメラ
  • マイク
  • 照明

それぞれの機材について、詳しく解説します。

パソコン

YouTube動画を編集する際、パソコン一台でかなり便利になります。

動画編集自体はスマホでも可能ですが、10分強の動画編集をするなら少し役不足。PCのほうが圧倒的に使いやすいでしょう。

また、動画編集は莫大な容量を必要とするため、スペックの高いPCを用意しましょう。

パソコンの性能によって作業効率が下がると、動画の投稿に時間がかかって大変。継続するのは難しくなります。

MacとWindowsどっちがオススメ?

YouTube動画用にPCを用意する際、必ず起こる論争が「MacとWindowsどっちが良いの?」論争です。

結論、性能はほぼ変わりませんが、自分の状況に応じて選択するのが良いでしょう。

できるだけ低価格で購入したい方はWindows、軽量性などのデザイン重視の方はMacを選ぶのがオススメ。

価格はWindowsよりMacのほうが3万円近く高い傾向がありますが、ノートパソコンの持ち運びなどを考えるとMacのほうが便利です。

どちらを選択してもスペックはほぼ同等なので、ブランドとして好きな方を選ぶのも良いですね。

動画編集ソフト

YouTube動画を投稿するなら、動画編集ソフトが必要不可欠です。

動画編集ソフトは初心者用の無料のものから、上級者用の有料のものまでたくさんありますが、無料のソフトで十分でしょう。

有料のソフトは操作が複雑なため使いこなせませんし、過度に複雑な演出を入れる必要もありませんしね。

具体的には、以下のようなソフトがオススメです。

動画編集ソフト 対応OS 価格
Lightwork Windows / Mac 無料
AviUtl Windows 無料
iMovie Mac 無料

これらのソフトは無駄な機能も付いていないため、初心者の方でも簡単に動画編集ができますね。

カメラ

YouTube動画を撮る際に、高品質なものを撮影するならカメラが必要になります。

撮影自体はスマホでも可能ですが、撮影のしやすさや品質を考えると、カメラは必要不可欠です。

YouTuberが利用するカメラには3種類あり、特徴や価格帯は以下のようになります。

種類 特徴 価格帯
一眼レフカメラ レンズ交換による高画質動画が撮れる 9万円~30万円
ビデオカメラ 手振れに強く、外での撮影に強い 3万円~10万円
アクションカメラ 体に取り付け可能で、防水性能が高い 3万円~5万円

値段や使いやすさを見ると、ビデオカメラが一番購入しやすいですね。

自分がどういう動画を撮りたいかによって、カメラを使い分けられると良いコンテンツを作れるでしょう。

マイク

撮影で声を拾うために、マイクはあった方が良いですね。

特に屋外での撮影では風の影響も強く、マイクがなければ声が拾えません。そんな動画を見たことある人も多いと思います。

YouTuberは声を使って稼ぐ仕事でもあるので、マイクを利用して高品質な動画を作成するようにしましょう。

自宅やスタジオで撮影するなら、カメラの上部分に取り付けられるマイクを購入するのがオススメですね。

価格は3000円~10000円で求められるはず。自分の用途に合わせたマイクを選択してくださいね。

照明

屋内で撮影するなら、照明があると見やすい動画を撮影できます。

自宅などの撮影場所は想像より暗いことが多く、そのまま撮影すると「なんか雰囲気が悪いな」と感じることも。

マイク同様、カメラに取り付け可能の照明がオススメですね。

価格は2000円~4000円くらいで購入できるので、屋内での撮影が多い方は必ず用意しておきましょう。

役者をそろえる

2つ目のステップは、YouTuberにとって重要な役者の選定です。

役者自信になんらかのパワーがなければ、人気YouTuberになれません

最近では複数人でYouTuber活動をしている人も多く、複数人いることで見る人を飽きさせない工夫をしています。

例えば、ボケとツッコミを用意して面白いチャンネルにしたり、役者を男女にすることで男性・女性両方のファンを獲得するなど。

また、仲間を集めてYouTuber活動をすることで、継続力も高まりますね。

ただし、YouTuber活動をする人が多すぎると、一人当たりの収益が少なくなるので、多くても5人程度の適度な人数で行うと良いですね。

役者を集めてマネージャーになるのもオススメ

役者を集めて、自分自身はマネージャーとして活動をするのもオススメです。

YouTuberは視聴者を楽しませることが第一なので、役者に人を楽しませるスキルがなければ収益化できません。

自分が役者に向いていないと感じる方は、役者だけ集めて自分は運営側に回るのもアリでしょう。

実際、複数人でYouTuber活動を行っている人は、仲間内の誰かがマネージャーをやっていることが多いですね。

編集能力を身に付ける

YouTuberとして活動するには、動画編集の能力を身に付けることも必要です。

良質なコンテンツを作成することが第一なので、視聴者が見やすいように上手に編集しなければなりません。

前述した動画編集ソフトを用いれば大して難しくはないので、自分で色々いじってみると良いでしょう。

編集スキルは動画本数が増えれば勝手に上がっていくはずです。

ただし、編集自体が楽しくなり必要以上に凝ってしまうのはNG。1本の動画編集に時間がかかりすぎるとモチベーション低下につながります。

10分程度の動画であれば、1時間前後で終わらせることを目安にしましょう。

YouTube動画を投稿する

4つ目のステップは、いよいよ動画投稿のステップです。

YouTube動画を投稿するには、以下の3つの手順を踏まなければいけません。

  1. YouTubeアカウントを作成する
  2. 自分のチャンネルを作成する
  3. 作成した動画を投稿する

それぞれについて、詳しく解説します。

YouTubeアカウントを作成する

YouTube動画を投稿する前に、まずは動画を投稿するためのYouTubeアカウントを作成する必要があります。

アカウントの作成の流れは、以下のようになります。

  1. Googleアカウントを作成する
  2. 「YouTubeでログイン」をクリックする
  3. 「Googleアカウントでログイン」を選択

Googleアカウントをすでに持っている人は、YouTubeを開いてログインをクリックすれば簡単にアカウントを作れるでしょう。

入力事項は簡単な個人情報やユーザーネーム程度ですし、YouTubeの誘導に沿うだけなので、困ることはないはずです。

自分のチャンネルを作成する

YouTubeアカウントを作成しログイン出来たら、次は自分のチャンネルを作成します。

チャンネル作成は、YouTubeログイン画面の右上アカウントマークをクリックし、「チャンネルを作成」を選択すれば可能です。

入力事項はチャンネルの方向性や各種設定など、そこまで難しいものではありません。

ただし、チャンネルの方向性は定めてから行いましょう。単純に入力項目で問われるモノですので。

作成した動画を投稿する

チャンネル解説まで出来たら、あとは作成した動画を投稿するだけです。

YouTubeログイン画面右上の「動画または投稿を作成」をクリックし、「動画をアップロード」を選択します。

ファイルが開かれるので、自分が作成した動画を選択し、OKを推せばアップロード完了。

最後にタイトル設定を行いますが、タイトルは多くの人の目に留まるものにしましょう。

具体的にはユーザーが検索しそうなキーワードを含ませ、続きが気になるタイトルが良いですね。

とは言っても難しいと思うので、勉強しながら設定していくと良いでしょう。

ファン・再生数が増える

5つ目のステップは、ファンや再生数が増える段階です。

継続的に投稿し続け、なおかつニーズのある動画を投稿しているなら、必然的にファンと再生回数が伸びます。

その際、SNSなどを利用して、YouTube外部からの流入を図るのがオススメです。

例えば、Twitterでフォロワーが3万人いれば、動画のURLを添付したツイートをするだけで、3万人の人に知らせることができます。

最近でいえばTikTokなども流入源となるので、YouTube解説と同時に運用を始めると良いでしょう。

広告を用いて収益化する

ファン・再生回数・チャンネル登録者数が増えてきたら、YouTuberになるための最後の関門「YouTuberパートナープログラム」に申し込みましょう。

「YouTuberパートナープログラム」とはYouTube内で広告を運用することを許すプログラムのこと。

簡単に言えば「今までの実績がYouTubeに認められれば、広告でお金稼いでいいよ」というプログラムです。

申し込める最低ラインは、チャンネル登録者数1000人以上で公開動画の総再生時間が4000時間以上です。

自分の動画を確認し、達成していたら申し込んでみると良いですね。

「YouTubeパートナープログラム」の申し込み方法

「YouTubeパートナープログラム」の申し込み方法は、以下の5ステップです。

  1. アカウントマークから「YouTube Studio」をクリック
  2. メニュー内の「収益化」をクリック
  3. AdSenseアカウントと接続する(AdSenseアカウントが1つであることを確認)
  4. YouTubeが審査
  5. 審査通過で動画を収益化できる

手順は簡単なので、タイミングを見ながら申し込んでみましょう。

ただし、審査落ちしたらある程度の期間を設けて、改善に努めてください。短期間でもう一度審査落ちするのは悪評価になりますので。

人気YouTuberになるには?必要な5つのスキル

マーケティング職の転職におすすめ転職サイト・エージェントランキング

人気YouTuberになるために必要なスキルは、以下の5つです。

  • 動画発信を継続する力
  • 上質なコンテンツを作る編集能力
  • わかりやすく言語化する能力
  • 方向性を決めるマーケティング能力
  • 人を楽しませる能力

それぞれのスキルについて、詳しく解説します。

動画発信を継続する力

人気YouTubeになるには、動画発信を継続して行う力が必要です。

YouTubeはすぐに結果が出るものではないので、1年以上安定して更新していく継続力が大切。
多くの方は成果が出る前に投稿を辞めてしまうので、収益化できずにYouTuber人生を終了します

動画発信を継続していくためには「毎月○○本投稿する」というような月単位の目標、あるいは週単位の目標を立て続けるのがオススメ。

なんらかのモチベーションをもって、続けることがカギですね。

上質なコンテンツを作る編集能力

YouTube動画は編集含めて作りこまれていることで、たくさんのユーザーが閲覧できる仕組みになっています。

編集能力は瞬間的に上手くなることはなく、経験を重ねて容量が掴めてくるモノ。

編集作業の観点から見ても、動画投稿を継続するのがいかに大切かが分かると思います。

視覚的に把握しやすい色やフォントなどを研究するのもオススメですね。

10分前後の短い動画を作る

動画コンテンツは、基本的に10分前後の短い動画を作成しましょう。

YouTubeでよく見る動画を見ればわかりますが、ほとんどの動画が5分~20分程度に収まっているはずです。

動画は空き時間に見ることが多いので、超大作の動画はあまりニーズがありません。

編集を駆使して15分程度の動画にしたり、長くなる場合は2本に分けたりすることで、上質なコンテンツと判断されます。

「短すぎず長すぎず」を意識して、動画編集を行いましょう。

わかりやすく言語化する能力

YouTuberは話すことが仕事なので、視聴者が受け取りやすい言葉を使えることも必要なスキルになります。

キッズ向けのチャンネルなら漢字はなるべく使いませんし、教育系なら情報をかみ砕いて説明する能力が必須。

わかりやすい言葉を用いたうえで、視聴者が満足する動画を作成してくださいね。

方向性を決めるマーケティング能力

YouTuberをするなら「自分の動画はどういう人に見られるのか」「どんなことが求められているのか」を把握するマーケティング能力が必要です。

ターゲットを定めることで、自分のチャンネルの方向性を定めることができます。

例えば、ゲーム実況のチャンネルを作成するなら、ターゲット設定は以下のようになります。

ゲーム実況系YouTuberのターゲット設定

「ターゲットはゲームが好きな人間。多くは若者だろう。」

「見る時間帯は学校・仕事のない夜で、十分な時間があるから動画は多少長くなっても大丈夫だな。」

「自分はゲームが得意な方ではないから、初心者向けの動画を撮影しよう。」

こんな風にターゲット設定することで再生回数を増やせるので、マーケティング能力も持っておきたいスキルの一つですね。

マーケティングの仕事内容とは?働く企業や必要なスキル・やりがいを解説!

人を満足させる能力

YouTube動画は他人が楽しむための動画なので、人を満足させる能力は必須です。

見ている人によって満足の仕方は変わり、ターゲットが満足する内容を動画にしなければなりません。

例えば、動画を見て笑いたい人もいれば、経済ニュースについて知りたい方もいます。あるいは、カワイイ犬を見て癒されたい人もいますね。

「ターゲットに合わせて、いかに視聴者を満足させられるか」がYouTuberの価値になるので、満足度を第一に考えて動画を作成しましょう。

人気YouTuberになるための確認事項

経理におすすめ転職サイト・エージェントランキング【2020年】

人気YouTuberになるためには、「人気YouTuberになれるのは一握り」と「もうYouTuberの天井は定まっている」の2つを知っておきましょう。

それぞれの確認事項について、詳しく解説します。

人気YouTuberになれる人は一握り

YouTuberは「好きなことをしながらお金を稼げる夢のような仕事」というレッテルが貼られていますが、お金持ちになれるのはほんの一握り。

動画だけを見ていると「この人バカだwww」なんて思うかもしれませんが、実は稼いでいる人はみんな頭が良いです。

自分の戦略を持ち、視聴者がどんな人かを具体的に理解したうえで動画を作成しています。しかもその作業を何年も続けて。

人気YouTuberになる人は、日々の努力から柔軟な発想まで、あらゆる角度から努力を重ねることで高収入を実現しています。

結果、夢のような収入を稼げる人は、ほんの一握りの人間だけですね。

日本一Youtuberはじめしゃちょーの年収は?固定給ってマジ?

もうYouTubeの天井は定まっている

最近かなりメジャーになってきたYouTuberという仕事ですが、現在YouTubeは飽和状態になりかけています。

動画投稿者が多すぎて世の中に動画がたくさん出回り、視聴者がどれを見て良いのか分からないという状態です。

YouTube内の動画が増えても、視聴者の数や動画を見る時間は増えないので、再生回数が減るのは当然のこと。

結果、YouTuberで夢のように稼げる人はだんだん減ってきており、人気の天井は定まってしまいました

今から始めても月に100万円稼げるかもしれない夢のある職業ですが、数年前と状況が変わっていることは知っておきましょう。

20代で手取り15万~20万円って普通?平均年収と今より収入を上げるコツ!

YouTuberの平均年収

ビズリーチに年収制限はある?ハイクラス向け転職サービス会員の平均年収は?

年収の天井は見えてきたと説明したYouTuberですが、平均年収はどのくらいでしょうか。

YouTuberのレベル・形態によって、年収は以下のように変動します。

レベル・形態 平均年収
人気YouTuber 800万円~1億円
中堅YouTuber 200万円~800万円
初心者YouTuber ~200万円
企業の正社員YouTuber 470万円程度

YouTuberは年収の格差が大きい職業なので、一概に平均年収は○○円!とは言えません。

始めて1~2年の初心者YouTuberなら、200万円前後が目安になるでしょう。業界トップの方は5億円以上稼いでいる方もいるようですが、前述の通り「一握り」です。

また、最近では企業が正社員としてYouTuber雇うことも増えているので、安定した年収を求めている方は企業の求人を狙うのがオススメですね。

【2020年最新版】日本の年収の中央値は240~456万円!中央値と平均は何が違う?

YouTuberの5つの稼ぎ方!収入源は?

第二新卒とは?いつまで使えるの?転職を成功させるコツを解説!

YouTuberの稼ぎ方には種類があり、以下の5つです。

  • Google AdSense(グーグルアドセンス)広告
  • 企業から依頼される広告PR案件
  • 自社サービスへ誘導して儲ける
  • 自信をタレント化してメディアに出る
  • YouTuberコンサルティングを行う

それぞれの方法について、詳しく解説します。

Google AdSense(グーグルアドセンス)広告

Google AdSense(グーグルアドセンス)広告はYouTuberの代表的な稼ぎ方です。

動画内に広告枠を設置し、再生回数に応じて報酬が発生するという仕組み。

企業広告の単価は、1再生あたり0.3円~1円ほどで、多くの場合は0.3円に設定されていることが多いです。

例えば、単価0.3円の広告を設置した動画が100万回再生されたら、30万円の報酬が得られるという形式。

さらに広告を複数設置すれば、もっと報酬がアップします。

ただし、広告を挿入しすぎるとユーザーが離れてしまうので、10分前後の動画なら広告は1~2回程度が良いですね。

企業から依頼される広告PR案件

企業から依頼される広告PR案件は「タイアップ動画」と呼ばれ、特定のサービスを動画内で紹介して、企業から報酬をもらう仕組みです。

例えば、スマホアプリや脱毛サロンなど、サービスは多岐にわたりますが、紹介することで企業から直接報酬が貰えます。

YouTuberの影響力次第では、1本の企業案件で数百万の報酬が設定されることもあり、YouTuberにとってはかなり有力な収入源となります。

ただし、タイアップ動画の依頼が来るのは人気YouTuberのみであり、影響力の薄いYouTuberには依頼は来ません。

企業案件を目指してYouTube活動を続けるのがオススメですね。

自社サービスへ誘導して儲ける

企業がYouTuber活動をする場合は、自社サービスを紹介する動画を作成し、販売することで収益化しています。

自社サービスばかりだとユーザーが離れてしまうので、ユーザーが満足できる動画投稿も必要です。

企業YouTubeで多いのは就活関連ですね。就職に役立つ情報を発信しながら、自社のPRも欠かさないという形式が多いです。

この先、YouTube活動は企業にとって必須の事業になるでしょう。

自信をタレント化してメディアに出る

YouTuberとして地位を確立し、テレビや雑誌などのメディアに出ることで収益化する形式もあります。

最近のテレビを見ていると、人気YouTuberが出ていることが多いですよね。

頭の良い人はクイズ番組に、面白い人はバラエティ番組に、個性に合わせてメディアに出ることで、出演料を稼いでいます。

また、YouTuberがテレビに出ると「この人面白いな。YouTubeみてみるか。」と感じた視聴者がYouTubeに流入し、さらに再生回数を稼げるというPR効果も。

自信をタレント化するのも人気が出ないと難しいので、気長に面白いものを投稿し続けるのが近道ですね。

YouTuberコンサルティングを行う

YouTuberは近年かなり主流な稼ぎ方になってきたので、「YouTubeで稼ぎたい」という人向けにコンサルティングをして収益化することも可能です。

特に、企業向けにコンサルティングを行って結果が出れば、将来的には年収1000万円も見えてきます。

そのためには、YouTuberとして培ったスキルや経験が必要になるので、自分でたくさんの壁にぶち当たるのが良いですね。

もしくは、YouTube事業を行う企業で正社員として働いてスキルを身に付け、いずれ独立するのもオススメです。

YouTuberになるのは簡単だが成功するのは厳しい

マーケティングにおすすめ資格7選!未経験でも取れる!

YouTuberはなるのは簡単ですが、成功までの道のりは長く難しいです。

何をもって成功とするかは人によって変わりますが、一人で生きていくのに十分な収益を得るには、少なくとも1~2年以上の月日がかかるでしょう。

いかに継続してユーザーが満足する動画を投稿できるかが大切になるので、粘り強く経験を積みましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件