上司からのlineがうざいときの対処法とは?lineを来なくする方法をご紹介

上司からのlineがうざいときの対処法とは?lineを来なくする方法をご紹介

社会人になると、メールや電話で仕事の連絡をすることが多いと思います。

しかし、コミュニケーションアプリである「line」から連絡されることがあり、「上司からのlineがうざい」と悩むことがあるのではないでしょうか?

この記事では、「上司からのlineがうざい」と感じている方に向けて、具体的な対処法を解説します。

上司からのlineに悩まされている方は、ぜひ最後までご覧ください。

そもそも上司にlineを教える必要はある?

上司からlineを聞かれることがあると思いますが、上司にlineを教える必要はありません。

上司との連絡手段としてメールアドレスや電話番号を共有しているため、lineを聞かれても断ることができます。

上司からlineを聞かれたときの断り方としておすすめなのが、「lineが苦手」ということです。

lineを利用することが苦手と伝えることで、しつこく聞いてくる可能性は低くなります。

もし、しつこくlineを聞いてきた場合には、「メールの方が対応しやすい」と伝えるようにしてください。

上司からlineを聞かれたときに、「lineをしていない」と断ると、「ウソをついている」と思われる可能性が高いため、lineが苦手という理由で断ることをおすすめします。

上司からのlineがうざいときの対処法

上司からのlineに対して「うざい」と感じることは多々あると思います。

そのストレスから仕事に対するモチベーションが低下したり、プライベートが充実しなかったりするため、上司からのlineがうざいときの対処法をいくつかご紹介します。

上司からのlineに悩まされている方は、ぜひ参考にしてみてください。

未読無視を続ける

上司からのlineがうざいときは、「未読無視を続ける」ということがおすすめの対処法です。

未読の状態であれば、「lineに気付かなかった」と言い逃れることができ、上司からの印象が悪くなりません。

lineではトーク画面を長押しすることで、既読にしないままトーク内容を確認できるようになっているので、返信する必要ない内容であれば、未読無視を続けるようにしてください。

ただし、「既読無視」には注意してください。

既読無視は「lineを既読したのに、無視をした」ということになるので、上司にマイナスの印象を与えます。

間違えて既読してしまったときは、返信するようにしてください。

上司のlineだけ通知をオフにする

lineではアカウント別に通知設定ができるようになっているため、上司からのlineがうざいときには「上司のlineを通知オフする」という対処法が挙げられます。

上司のlineを通知オフにすることで、「また、lineが来た」「上司からのlineが来ているかな…」などというストレスを軽減できます。

また、あまりlineを開かない方であれば、上司からlineが来ていても気付くことなく生活することが可能です。

通知オフにしていることが相手にバレることはなので、上司に気付かれる心配はありません。

適当な相槌だけする

上司からlineで送られてくる内容は、仕事とはあまり関係のないことが多いです。

そのため上司からのlineがうざいときは、「適当な相槌だけをする」という対処法が挙げられます。

「そうです」「はい」などと適当な相槌だけで対応することで、上司からのlineで感じるストレスは軽減されると思います。

ただし、スタンプは利用しないように注意してください。

上司に対してスタンプを利用することは失礼にあたります。

適当な相槌で良いのですが、スタンプだけは送らないようにしてください。

「忙しい」ということを伝える

上司からのlineがうざいときは、「忙しい」と伝えてみてください。

「すみません。今立て込んでいるので、後で返信します」などと伝えることで、上司からのlineを放置することができます。

忙しいことだけでも伝えておくと、上司から何か言われたときでも、言い逃れることが可能です。

もし、仕事に関するlineや、緊急なlineであれば、忙しい状態でも返信することをおすすめします。

メールでの連絡を希望する

上記でお伝えした通り、上司にはline以外にメールアドレスを共有しているため、メールでの連絡を希望することをおすすめします。

「lineは気付かないことが多いので、メールでの連絡をお願いします」と伝えることで、上司からlineが来る可能性は低くなります。

もし、上司に伝えにくい環境にある場合は、上記の対処法を参考にしてみてください。

無能な上司を見極める5つの特徴!こんな上司の言うことは聞くな!

上司からのlineを来なくする方法

上司からのlineがうざいと感じている方は、「上司からlineが来なくなるようにしたい」と考えることがあると思います。

上司からのlineが来なくする方法をいくつかご紹介するので、下記に記載されている内容を参考にしてみてください。

仕事の連絡をメールだけに徹底する

上司からのlineを来なくする方法として、「仕事の連絡をメールだけに徹底する」ということが挙げられます。

メールだけに徹底することで、「lineをしても返ってこない」というイメージを与えることができ、上司からのlineを来なくすることが可能です。

もし、上司からlineが来ても、メールで返信するようにしておくと、メールに徹底していることを自ずと伝えることができます。

また、「lineとメールで仕事の連絡を管理しづらいため、メールに徹底します」などと上司に伝えれば、上司からlineが来る可能性はグンと低くなります。

「lineのアカウントを削除した」と伝える

lineはコミュニケーションアプリの1つになるので、アカウントを作っている方のみが利用できるサービスです。

そのため上司に「lineのアカウントを削除した」と伝えれば、上司からのlineを来なくすることができます。

もし、「本当にアカウントを削除するのは…」と思われる方は、上司にだけウソをつくようにしてください。

ただし、同じ職場に勤務していれば、ウソがバレてしまう可能性があるので、本当に削除したくない方にはおすすめしない方法です。

上司よりの上司に相談する

上司からのlineを来なくしたい方は、上司の上司に相談してみることをおすすめします。

上司よりも偉い方に相談することで、上司からのlineが来なくなる可能性が考えられます。

また、社内にコンプライアンス室のようなものが設けられている場合は、そちらへ相談してみてください。

会社側は「大きな問題が発生することは避けたい」と考えているため、パワハラやコンプラに関する相談であれば、すぐに対応してくれる傾向があります。

誰かに相談することは勇気を必要としますが、ストレスを解消するために勇気を出して相談してみてください。

他の企業へ転職する

上司からのlineを来なくする最終手段が、「他の企業へ転職する」ということです。

他の企業へ転職してしまえば、上司と関わることがなくなり、lineが来ることもありません。

「そんなことで転職?」と思われるかもしれませんが、上司からlineが来るというストレスを抱えた状態で働き続けることはおすすめしないです。

ストレスを溜め込むことは心身的な負担が大きいので、上司からのlineに悩まされている方は思い切って転職してみてください。

転職経験のない方や、転職に対して不安を抱いている方は、「転職エージェント」の利用をおすすめします。

転職エージェントでは、無料で転職に関することをサポートしてくれるため、転職経験がない方でもスムーズに転職しやすいです。

気になる転職エージェントがあれば、登録してみてください。

うざい…言葉遣い・態度の悪い上司の対処法12選!体験談も紹介

他の企業へ転職するときに注意すべき点

「上司からのlineがうざい」ということが理由で転職するときは、いくつか注意すべきことがあります。

転職するときに注意すべき点をいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

「上司からのlineがうざい」という転職理由は伝えない

転職するときには、「なぜ、転職を考えましたか?」と転職理由を聞かれます。

その転職理由で「上司からのlineがうざい」と伝えることはおすすめしません。

上司からのlineがうざいという転職理由を伝えてしまうと、「この人は何か嫌なことがあれば、退職してしまう」と判断されてしまい、採用を見送られてしまう可能性が高くなります。

企業側はポジティブな転職理由を好む傾向があるので、ポジティブな転職理由を伝えるべきです。

転職先の上司にlineを教えない

上司からのlineがうざいという理由で転職するときは、転職先の上司にlineを教えないようにしてください。

もし、転職先の上司にlineを教えてしまうと、同じことの繰り返しになる可能性が考えられます。

上記でお伝えした通り、上司にlineを教える必要はないので、転職先の上司にはメールアドレスと電話番号しか教えないようにすべきです。

また、仕事に関係していることをlineで連絡されることを好まない場合は、社内の方にもlineを教えないことをおすすめします。

プライベートで関係を築く方だけにlineを教えるようにしてください。

今の会社を退職する前に転職先を見つける

他の企業へ転職するときは、今の会社を退職しないように注意してください。

転職先が見つかる前に退職してしまうと、「早く転職先を見つけないと…」と焦る気持ちが出てきて、納得できる転職を成功させられない可能性が考えられます。

気持ちに余裕を持つためにも、転職先が決まるまで今の会社は退職しないようにしてください。

上記でお伝えした「転職エージェント」を利用すれば、働きながらでもスムーズに転職を成功させることが可能です。

パワハラ上司の5つの特徴と仕返し方法!どこからパワハラなの?

上司からのlineがうざいときの対処法はさまざまある

この記事では、上司からのlineがうざいときの対処法をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

上司からのlineがうざいときの対処法はさまざまありますが、「未読無視を続ける」という方法が最もおすすめです。

未読無視を続けることで、自ずと上司からのlineの数も少なくなり、精神的なストレスも軽減できます。

上司からのlineを来なくしたい方には、「仕事の連絡をメールだけに徹底する」という方法がおすすめです。

上司からのlineにストレスを抱えた状態で働き続けることはおすすめしないので、最終手段としては他の企業へ転職すべきです。

この記事でお伝えした内容を参考にして、上司からのlineで溜まるストレスを解消しましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件