企画営業はきついと感じることが多い?きついと感じる理由と対処法をご紹介

企画営業はきついと感じることが多い?きついと感じる理由と対処法をご紹介

営業職はノルマを決められていることが多く、成績が数字で表されるため、「きつい」と感じる方が多い傾向にあります。

そんな営業職の中には「企画営業」と言われる職種があるのですが、企画営業でもきついと感じることが多いのでしょうか?

この記事では、企画営業できついと感じることはあるのか解説します。

きついと感じる理由や対処法などもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

そもそも企画営業とは?

企画営業とは、自社商品・サービスを使うことで行える施策などを、企画・提案する営業職のことです。

通常の営業職と異なる点は、企画や提案などを行い商品やサービスに付加価値を加えることで、マーケティング要素が強い傾向があります。

消費者のニーズ調査やデータ分析などを行い、自社商品・サービスがどのように役立つのか顧客企業に対して提案します。

さらに企画営業では、自社商品・サービスが売れたら終わりではなく、今後の戦略や運用方法などにも関わることが多いです。

また、プロモーション活動やイベント運営などにも携わることがあります。

そして最近では通常の営業職でも企画力・提案力が求められるケースが増えていて、企画営業と類似する部分が多いです。

そのため企業によっては、通常の営業と企画営業を区別していないこともあります。

「営業企画」との違い

営業企画と似ている言葉に「営業企画」があります。

同じ単語を組み合わせている言葉なのですが、意味が異なります。

営業企画とは、営業職を支援する仕事で、顧客に最適な営業方法について提案する「営業のための企画」を行います。

実際に営業するのが「企画営業」、支援するのが「営業企画」と覚えていると、間違うことはないでしょう。

営業企画は営業を管理する立場になるため、企業内では重宝されるケースが多く、企画営業で成果を上げた方が担う傾向があります。

企画営業と営業企画は似ている言葉ですが、間違わないように注意してください。

企画営業はきついと感じることが多い?

企画営業は営業職の一種になるため、「きつい」と感じることは多いです。

きついと感じる理由は人それぞれですが、仕事内容は営業職と大きく変わらないため、ノルマやコミュニケーションの難しさから感じる傾向があります。

ただし、やりがいを感じやすい仕事になっています。

自分が企画・提案したことを顧客企業が取り入れてくれると、大きな達成感を感じることになるでしょう。

きついと感じることは多いですが、やりがいも感じやすい仕事です。

企画営業がきついと感じる理由

上記でもお伝えしたように、企画営業はきついと感じることが多いです。

そこで企画営業がきついと感じる理由として考えられるものをいくつかご紹介します。

ノルマを決められている

何度もお伝えしているように、企画営業は営業職の一種になるため、ノルマを決められていることが多いです。

企業によって決められているノルマは異なりますが、そのノルマに対してきついと感じると考えられます。

また、ノルマを達成できなくても減給することはないと思いますが、上司からのプレッシャーできついと感じることもあるでしょう。

企画したことが台無しになることが多い

企画営業は通常の営業と異なり、事前に顧客企業に向けた企画をしなければいけません。

その内容によって結果が決まるのですが、場合によっては企画したことが一瞬にして台無しになることがあります。

もし、顧客企業から「そのサービスは不要だね」と言われると、それだけで時間をかけて企画したことが台無しになります。

そのようなことから、企画営業はきついと感じることが多いと考えられます。

自社製品・サービスに自信が持てない

企画営業は自社製品・サービスを売り込むために企画・提案をするのですが、そもそも自社商品・サービスに自信を持てないことからきついと感じることがあります。

「他社の商品の方が優れているんだよな…」と思いながら、売り込むことには後ろめたさを感じます。

そして顧客企業の立場に立って考えられる方ほど、このような理由からきついと感じるでしょう。

ストレスが溜まりやすい

企画営業は結果が全て数字で表れるため、ストレス感じやすく、きついと感じることが多いと考えられます。

良い成績の場合は周りからの称賛を得ることになるため、仕事に対するモチベーションを高められるのですが、悪い場合は周りからの目線を気にしてしまい、ストレスを感じることになります。

企画営業は常に数字と向き合う必要がある仕事なので、きついと感じやすいのでしょう。

営業職の離職率はなぜ高い?理由と転職前の注意点を紹介します

企画営業がきついと感じたときの対処法

実際に企画営業をきついと感じながら、働いている方は多いでしょう。

仕事なのできついと感じながら働くことも大切なのですが、いくつか対処法があります。

きついと感じている方は、下記の対処法を参考にしてみてください。

自社商品・サービスについての理解を深める

ノルマや自社商品に自信が持てなくてきついと感じている方は、自社商品・サービスについての理解を深めてみてください。

「それが対処法?」と思われるかもしれませんが、理解を深めることで、成績を上げやすく、自社商品・サービスにも自信を持てるようになります。

他社と自社商品の違いを徹底的に調べたり、自社商品にしかない強みを探したり、とにかく理解を深めることが大切です。

部署異動を申し出る

企画営業という仕事自体にきついと感じている方は、部署異動を申し出てみてください。

企業内には企画営業以外にも、さまざまな職種があります。

そのため部署異動を申し出ることで、企画営業以外の職種に就けます。

しかし、部署異動は頻繁に行われるものではありません。

1つの部署の人数はある程度定められているため、申し出ても認められないことも考えられるので、注意してください。

転職する

企画営業という仕事自体にきついと感じている方は、転職を考えてみてください。

転職することで違う企業・職種に就くことができて、きついと感じる気持ちから解放されます。

さらに部署異動の場合は認められない可能性がありましたが、転職は企業側が引き止める権利はないため、行動次第では1カ月以内で企画営業以外の職種に就ける可能性があります。

また、企画営業で優秀な成績を残していた場合には、年収アップを目指した転職も可能です。

ただし、「すぐに転職したい」と焦ることには注意が必要です。

待遇や職場環境などに関する情報をしっかりと収集していない状態で転職すると、後悔する可能性が高くなります。

心から転職して良かったと思うためには、時間をかけて転職することが大切です。

企画営業からの転職におすすめの仕事

企画営業からの転職を考えると、まず「どのような仕事が向いているんだろう?」と悩むことが多いでしょう。

きついと感じることのある仕事へ転職することは意味がないので、きついと感じることが少ないおすすめの仕事を3つご紹介します。

自身のキャリアプランなどをイメージしながら、参考にしてみてください。

ルート営業

ルート営業は、すでに取引している顧客企業を周り、ヒアリングをしたり、新たなサービスの宣伝を行ったりする仕事です。

営業職の一種になるですが、ノルマに追われることはなく、新規開拓することもありません。

また、ルート営業は顧客相手が決まっているため、新しい人間関係を構築する必要もないです。

そのため企画営業のようなストレスはなく、きついと感じることもないでしょう。

そして同じ営業職ということで、経験を活かしやすく、年収アップを目指せます。

IT関連の仕事

IT関連の仕事とは、システムエンジニア・インフラエンジニア・プログラマーなどITを駆使して、サービスを提供する仕事です。

営業職とは全く異なる仕事ですが、PCと向き合うことが多く、ノルマなどは決められていないため、きついと感じることは少ないでしょう。

また、クライアントと打ち合わせをする機会などはあり、企画営業で培った提案力・コミュニケーション能力を活かすことができます。

さらにIT業界は急速に拡大しているため、人材不足を抱えている企業が多い傾向があります。

そのため未経験でも希望通りに転職を成功させられる可能性が高いです。

しかし、専門的な知識とスキルを有する仕事なので、無知な状態で転職することは難しいでしょう。

ドライバー

ドライバーとは、タクシードライバー・トラックドライバーなど車を運転する仕事です。

基本的に1人で仕事を行い、コミュニケーションが発生する機会も少ないため、企画営業にあるきつさを感じることはないでしょう。

特に運転することが好きな方には、ぴったりな仕事です。

また、ドライバーは休憩時間を好きな時間・場所で取れる特徴があるので、仕事に対するストレスを感じにくいでしょう。

そしてドライバーは人材が足りていないため、スムーズに転職を成功させれます。

しかしドライバーとして働くためには、大型免許や二種免許を取得する必要があります。

営業から転職したい!営業職以外へ転職する方法とおすすめの転職先

企画営業がきついと感じる場合は転職しよう

この記事では企画営業がきついと感じることがあるのかについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

企画営業は営業職の一種になるため、きついと感じることは多いです。

きついと感じる理由は人それぞれですが、ノルマを定められられていることが最大の理由と考えられます。

そして、きついと感じている場合は転職することをおすすめします。

上記でお伝えした仕事を参考にして、企画営業以外の仕事への転職を成功させましょう。

企画職の転職におすすめ転職サイト・エージェントランキング

営業職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件