言語聴覚士へ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

言語聴覚士へ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

「話す」「聞く」など人間のコミュニケーションスキルに欠かせない分野のリハビリを専門的に行う言語聴覚士へ転職したいと考えているなら、まずは情報を集めることから始めましょう。

今回は言語聴覚士への転職を検討している方に向けて、言語聴覚士になるための必要な資格や仕事内容、年収事情などを紹介します。

またおすすめの転職サイトも紹介しますので参考にしてみて下さい。

言語聴覚士への転職におすすめ転職サイト・エージェント

ジョブメドレー

ジョブメドレー

言語聴覚士におすすめの求人サイトとして挙げられるのがジョブメドレーです。

ジョブメドレーは医療や介護の現場で勤務経験があるスタッフが運営している求人サイトなので、的確なアドバイスをしてもらえるという特徴があります。

言語聴覚士の求人も多く取り扱っており、幅広い求人の中から探すことができます。

ジョブメドレーには入職した際に祝い金を受け取れる制度があります。

また充実したキャリアサポートもあるので、ブランクのある方や未経験の方も安心して利用することが可能です。

ジョブメドレー詳細ページ

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の求人を多く取り扱っているのがPTOT人材バンクです。

医療や介護分野に特化している会社が運営しているので、病院などの医療機関や老人保健施設などの介護施設への求人を幅広く紹介してもらうことができます。

PTOT人材バンクには言語聴覚士求人専門のスタッフが在籍しているので、言語聴覚士求人に合った書類の書き方や面接対策を行ってくれるという特徴があります。

登録から入職まで料金は一切かかりません。

PTOTST WORKER

PTOTST WORKERの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

長年医療関係者の転職活動において多くの実績がある医療WORKERグループの一つであるPTOTST WORKERは、言語聴覚士の求人を多く取り扱っている転職サイトです。

専門のキャリアアドバイザーが履歴書の書き方から面接対策までしっかりとサポートしてくれるので、初めて転職する方も安心して利用できます。

また各医療施設や介護施設と密接な関わりがあるPTOTST WORKERでは、求人票からはわからないような職場の雰囲気や人間関係の情報を教えてもらうことが可能です。

PTOTST WORKER詳細ページ

コメディカルドットコム

コメディカルドットコム

求人を掲載している事業所の利用負担が少ないという特徴があるコメディカルドットコムは、多くの事業所が求人を掲載しています。

したがって求職者はさまざまな求人の中から自分に合った求人を探すことができます。

コメディカルドットコムでは、職種資格と希望エリアを選定してさがすことができ、さらに特定のキーワードを入力して求人を探すことも可能です。

言語聴覚士の求人も多く取り扱っているので、言語聴覚士の職種と希望エリアや特定のキーワードをかけ合わせることによって、自分の希望に合った求人を見つけることができます。

コメディカルドットコム詳細ページ

言語聴覚士に必要な資格・条件

言語聴覚士として働くには、基本的に言語聴覚士の国家資格を取得する必要があります。

その国家試験を受けるためには受験資格が必要です。受験資格を得る方法は、文科省が指定した大学や短期大学、もしくは各地方自治体に設置された専門学校を卒業することです。

一般大学を卒業した方の場合は、指定の大学院か言語聴覚士養成学校で学ぶことによって受験資格を得ることができます。

したがって夜間学校などを利用すれば、働きながらでも取得することは可能です。

ただし夜間学校であっても実習は昼間に行われるので、実習期間中は長期休暇を取る必要があります。

試験内容は基礎医学や臨床医学などから11科目出題され、マークシート形式による回答となります。全体で200問出題され、120点以上取ることができたら合格できるといわれています。

言語聴覚士の仕事内容

言葉を上手く話せない、話の内容を理解することができない、文字を読むことができないなどの言語聴覚障害を持った方やうまく声を出すことができない、話せないなどの音声障害を持った方のサポートをするのが言語聴覚士の仕事です。

他にも摂食や咀嚼、嚥下ができないなどの嚥下障害を改善させることも言語聴覚士の役割となっています。

これらの方たちのサポートを行うには、医学や歯科学、心理学や福祉学など幅広い知識が必要です。

勤務先はこれらの障がいを持った子ども達が多く通っている児童福祉施設や高齢者福祉施設などが多いです。

他にも総合病院のリハビリテーション科や訪問リハビリテーション、デイケアセンターや特別支援学校などに活躍の場があります。

言語障害と聴覚障害の方のケアを行う際の仕事内容とは?

言語聴覚士の仕事の領域には、言語障害と聴覚障害の分野があります。言語障害の分野では、失語症や認知症、記憶障害の方に対してその人に合った最適なリハビリをします。

失語症は脳卒中などの病気や交通事故などで発症することがあり、聞く・話す・読む・書くの行為が難しくなります。

これらの方に対しては、機能を回復させるリハビリを行うのではなく、快適な日常生活を送るための訓練を行うことが多いです。

伝音性難聴や感音性難聴などによって発症する聴覚障害の方に対する業務では、訓練だけでなく検査や補聴器の調整も同時に行います。

特に言葉を獲得するのに大切な時期を過ごしている子どもに対しては、言葉の発達についてもしっかりとケアを行う必要があります。

摂食・嚥下障害のケアを行う際の仕事内容とは?

言語聴覚士の仕事の領域には、摂食・嚥下障害もあります。

摂食・嚥下障害ではその症状が起きてしまう原因を突き止めることから始めます。

摂食・嚥下障害の患者さんに対しては、言語聴覚士だけでなく医師や歯科衛生士、栄養士などさまざまな職種が関わることになります。

その中で言語聴覚士は、実際に食事ができるように訓練するのが仕事です。

食事は生きる上での楽しみの一つですが、上手く嚥下ができないと誤嚥性肺炎を引き起こすなど命に係わる症状が発生する可能性があるため、言語聴覚士の役割は重要です。

したがって患者さんの状態をよく確認しながら、医師や栄養士と連携して訓練を進めていくことになります。

他にも言語聴覚士は、吃音症など話すことが困難な人や発達障害の子どもに対してのケアも行います。

言語聴覚士の仕事はきつい?

言語聴覚士が仕事をきついと感じる時は、患者さんとの信頼関係を築くのが難しい時です。

言語聴覚士を利用する患者さんの多くは、言語や聴覚に問題がある方ばかりなので、うまく話したり聞いたりすることができません。

またある日突然症状が発症したケースもあり、そのような患者さんは病気を受け入れていないこともあります。

したがって患者さんと信頼関係を築くのはとても根気がいる作業なので、仕事がきついと感じる言語聴覚士が多いです。

他にも言語聴覚士は、患者さんの命に関わるような責任感の重い仕事という特徴があります。

患者さんの機能回復のために一生懸命訓練を行ったとしても、考えていたような成果を上げることができないこともあり、そんな時に無力感を感じることが多いです。

このように言語聴覚士の仕事は、肉体的にはそんなにきつくはないですが、精神的にはきつい仕事であるといえます。

言語聴覚士の年収事情

言語聴覚士の平均年収は、2015年度の国の調べによると約456万円です。年齢別の平均年収の推移を見てみると、下記の通りとなります。

年齢 平均年収 平均月額 給与ボーナス
20~24歳 259.9万円 16.2万円 65.0万円
25~29歳 323.8万円 20.2万円 80.9万円
30~34歳 355.7万円 22.2万円 88.9万円
35~39歳 405.8万円 25.4万円 101.5万円
40~44歳 456.0万円 28.5万円 114.0万円
45~49歳 510.7万円 31.9万円 127.7万円
50~54歳 547.2万円 34.2万円 136.8万円
55~59歳 542.6万円 33.9万円 135.7万円
60~65歳 369.4万円 23.1万円 92.3万円

上記の通り言語聴覚士の平均年収は、年齢が上がるにつれて高くなる傾向です。

ただしこの数字は平均であるので、勤務地や役職などによりそれぞれ異なります。

言語聴覚士の年収は、同じ分野で働いている理学療法士や作業療法士より若干低いです。500万円以上の収入を得たいと考えているなら管理職への道を選ぶことがポイントになります。

言語聴覚士が収入をアップさせる方法とは?

言語聴覚士が給料をアップさせるのに有効な方法は、同じ職場で地道に経験を積み重ねることです。

基本的に言語聴覚士など医療に携わる人の給料は、勤続年数によってアップしていくというシステムがあります。

一度にたくさんの昇給を見込むことは難しいですが確実に給料を上げたいと考えているのであれば、同じ職場で働き続けることが最適です。

しかしさまざまな事情により、同じ職場で働くことが困難である場合があります。

そんな時は、転職するのがいいでしょう。言語聴覚士の給料は勤務先によって異なることがあるので、経験や実績があれば今より高い給料の転職先を見つけることができるからです。

言語聴覚士の数は少ないので、転職サイトやエージェントを活用すれば現在より高い給料の職場で働くことも可能です。

勤務場所によって異なる言語聴覚士の給与の実態とは?

言語聴覚士の給料は、勤務場所によって給与金額が異なります。

言語聴覚士の年収が高い勤務先はリハビリテーション施設です。リハビリテーション施設は運営会社の規模が大きい場合が多いので、比較的平均年収が高い傾向です。

他にもリハビリ科の患者が多い総合病院で働いた場合の平均年収が高く、安定して働くことができます。

ただし転職などで求人を探す場合は、始めから勤務先を限定させてしまうのではなく、幅広い求人の中から探すことがポイントになります。

勤務先よりも勤務地や働き方の形態などを確認することから始めるのが大切です。

年収アップで転職を考えているのであれば、昇給制度や福利厚生制度が充実しているかどうかを確認するようにしましょう。

言語聴覚士はどんな人に向いている?

言語聴覚士に向いている人とは、コミュニケーション能力が高い人です。

言語聴覚士の仕事は言語聴覚系に問題がある患者さんの支援を行うのが仕事なので、患者さんと上手くコミュニケーションをとれるスキルが必要です。

言語聴覚士の支援が必要な方は、言語聴覚に問題があるので意思の疎通が一般の方より難しいといえます。

そのような患者さんと円滑にリハビリを進めるには高いコミュニケーション能力が必要であるといえるでしょう。

さらに言語聴覚士は他の専門家と連携しながら仕事を進めることがあります。

また子どもの患者さんの場合は、必要に応じて保育園や幼稚園の先生と連携を取ることもあり、さまざまな人と関わり合う仕事であるといえます。

言語聴覚士への転職は難しい?

言語障害や発達障害などを持った子供や嚥下障害がある高齢者に対しての言語聴覚士のニーズが高まっていることから、言語聴覚士への求人は多い傾向です。

また他の仕事だと転職するなら若い方が採用されやすい傾向ですが、言語聴覚士の場合は年配の方も転職しやすいといわれています。

それは職業柄、年齢を重ねた言語聴覚士の方が利用者からの信頼感を得やすいからです。

利用者やその家族に言語聴覚士としてどれくらいの経験があるか伝える必要がないので、どうしても見た目が大切になってきます。

言語聴覚士になりたいけど、年齢が高いので躊躇しているという方であっても転職できる可能性が高いです。

このように言語聴覚士の転職は、幅広い年齢層に対応することができます。

言語聴覚士へ転職した人たちの口コミ・評判

転職を考えた理由は、前職の児童福祉施設では給与が少なかったのでもっと年収の高い職場で働きたかったからです。転職は初めてだった私は、転職に関して右も左もわからなかったため、医療求人専門の転職エージェントを活用しました。転職エージェントでは丁寧に求めている条件などをヒアリングしてくれたので、ぴったりの求人を探してもらうことができました。また採用されやすい職務経歴書の書き方や面接対策をしてくれたおかげで、比較的スムーズに次の勤務先が決まりました。新しい勤務先は人間関係もよくとても満足しています。
いずれ結婚して子どもができた時に備えて、福利厚生がしっかりしているところで働きたいと思い転職することにしました。福利厚生がしっかりしている求人を探してみると、運営母体が大きいリハビリテーションセンターが多かったので、そこを中心に探すことにしました。面接ではどうして転職したいかを聞かれたので、正直に話したところ、長く勤めたいという意思が伝わり結果的に採用をもらえたのでよかったです。転職先は子育て支援が充実しているので安心して働くことができています。
前職は高齢者ばかりを対象としている介護施設での勤務だったので、他の分野にも目を向けてみたいと思い児童養護施設への転職をしました。転職先の児童養護施設は、チームで一人一人の子ども達をケアしていく体制なので、理学療法士や作業療法士との兼ね合いが大変ですがとてもやりがいがある仕事なので満足しています。子どもの人生を左右させるかもしれない仕事なので責任感とプレッシャーを感じることがありますが、ベテランの言語聴覚士の方に相談しながら業務を進めています。
50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件