PTOTST WORKERの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

PTOTST WORKERの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

求人情報 約18,600件
非公開求人 約13,000件
直接面談 あり
履歴書添削 あり
面接対策 あり
タイプ 転職エージェント型
対象エリア 全国

『PT・OT・ST WORKER』は、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の転職に特化したサービスです。

人材紹介サービスであり、各職種専門のアドバイザーが担当についてくれて、転職活動開始から就業までをフォローしてくれます。

そんなPT・OT・ST WORKERについて、今回は実際の利用者の口コミや評判をもとに、サービスの特徴やメリット・デメリット、どんな人に向いているサービスかなどをご紹介していきます。

一目でわかるPT・OT・ST WORKERの評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
サイトは利用しやすい?

PT・OT・ST WORKERの口コミ一覧

年齢 30歳
性別 男性
前職 理学療法士
転職前の年収 450万円
転職理由 通勤に時間がかかるため

(前略)働き方も問題はなかったのですが、距離が非常に遠く1時間以内の範囲で転職を考えていました。1年前から自分で探していたのですが現在の年収を頂ける所がなくインターネットで見たPTOTSTワーカーさんに登録をしました。担当の方が色々と親身になって話を聞いていただき、自分でも諦めかけていた希望年収で求人を探していただく事になりました。私は病院の役職でないと希望年収には届かないと思い込んでおりましたが、ご紹介頂いたのがデイケアでした。自分の思い込みで探していなかったデイケアにて見学時に展望・業務内容・また、役職も就けて頂けるとの事で働きたい!!と思いました。(後略)
年齢 33歳
性別 女性
前職 作業療法士
転職前の年収 340万円
転職理由 子育てしながら働きたい

子供が産まれた事をきっかけに実家付近へ戻る事になり、PTOTSTワーカーさんに登録しました。現在の総合病院は育休・産休はあるのですが業務が忙しく復帰する方がほとんどいなかったので、子育てをしながら働く事がとても不安でした。また、実家付近は待機児童が多く保育園に入園できるかどうかもわからない所も不安でした。担当者にその旨も相談した所、ママさんが多く働いている託児所付きの職場で保育園に入園できない場合は託児所を使用できる病院はいかがでしょうか。と提案を頂きました。実際その病院はママさんが多く働かれており、子供の急な熱の休みには皆さんが協力して対応している病院でした。保育園も入園できない場合は託児所も使用可との事で安心してその病院に決める事ができました。(後略)
年齢 28歳
性別 女性
前職 作業療法士
転職前の年収 360万円
転職理由 前職が合わず

資格取得後、急性期病院へ入職しましたが業務についていけず1ヶ月で退職をしました。本当は学校の実習で行った精神科が希望でしたが、周囲の方からまずは急性期を経験した方がよい。と言われ急性期病院に入職しました。1ヶ月で退職した事・精神科が全くの未経験である事から入職ができないかもしれないと思っていました。キャリアアドバイザーさんから『早期退職でも、経験がない方でも大丈夫ですよ。』と言っていただきとても嬉しかったです。しかも、本来したい業務だった精神科の病院をご紹介頂き、見学・面接時には同行して下さりフォローまでして頂きました。面接時に早期退職・未経験であった為、心配でしたが心強かったです!!(後略)
年齢 43歳
性別 女性
前職 理学療法士
転職前の年収 430万円
転職理由 体力的な不安を感じて

私は今まで一貫して整形畑を歩んできており、整形クリニックでの仕事内容が非常に好きでした。ただ最近、中抜けや夜診で拘束時間が非常に長くなってきていて、体力的な負担を感じておりました。そのような中、PTOTSTワーカーさんのサイトを拝見し、勤務時間等のバランスも取れて整形分野を続けていける病院を見つけたのが転職のきっかけとなりました。担当アドバイザーの方に現在の悩み・要望を詳しく聞いて頂くと、病院も検討はするが、やはり整形クリニックで働きたい気持ちが強いことを再認識致しました。その気持ちをご理解頂き、中抜けも夜診もない整形クリニックを探して頂きました。自分では諦めていた就業先をスピーディーにご提案頂いたことにびっくりしました。

PT・OT・ST WORKERのメリット

  • リハビリ業界の特化型サービスとしては業界トップクラスの求人数
  • 各職種専門のキャリアアドバイザーが担当してくれる
  • 独占求人や非公開求人が多い
  • 入職後もアフターフォローをしてくれる
  • 特集ページも情報量が多い

リハビリ業界の特化型サービスとしては業界トップクラスの求人数

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などリハビリ関連職に特化したサービスはいくつかあります。

しかしPT・OT・ST WORKERはその中でもトップクラスの求人数を誇っています。

取り扱っている求人の種類も豊富で、総合病院やリハビリ病院はもちろん、クリニック、介護施設、訪問看護ステーションなども掲載されており、ニーズに合わせた職場を紹介してもらえます。

各職種専門のキャリアアドバイザーが担当してくれる

登録後は専任のキャリアアドバイザーが担当に付いてくれます。

PT・OT・ST WORKERのありがたいところは、各職種ごとに専任担当がおり、その職種に対しての知識が豊富だということ。

転職支援はもとより、キャリア相談などもしやすいでしょう。

独占求人や非公開求人が多い

独占求人や非公開求人が多いということは、それだけ利用者にとっては魅力的ということ。

特に非公開求人は、その求人事態に魅力があり応募が集まりすぎる場合や、企業の経営戦略上他社に知られたくない求人の場合に使われます。

ちなみにPT・OT・ST WORKERの非公開求人数は、約13,000件。この数字はかなり多いほうです。

入職後もアフターフォローをしてくれる

入職して終わりではなく、就業後もアフターフォローを欠かしません。

実は転職のトラブルの中でも多いのが、『働いてみたら実は違った』というもの。

そんなトラブルが発生した場合は、PT・OT・ST WORKERが企業側と交渉や調整をしてくれます。

また給与のことやキャリアのことなど、社内の同僚や先輩には話しにくいこともあるでしょう。

こうした相談の場合も、キャリアアドバイザーをぜひ活用してください。

特集ページも情報量が多い

求人検索だけでなく特集ページも用意されています。

このページでは、各職種ごとの年収事情や職種に関しての基礎知識などが紹介されています。

参考になるものも多いので、ぜひお時間があるときに目を通してみてください。

PT・OT・ST WORKERのデメリット

  • 担当者の質は運次第
  • 自分のペースで転職を勧めにくい
  • 求人情報の内容自体は薄い

担当者の質は運次第

どんなサイトでも多少は仕方がないことかもしれませんが、担当に付いてくれるキャリアコンサルタントの質は運次第です。

中にはスキルや危険が足りていないコンサルタントや、コミュニケーションが自分と合わないコンサルタントもいるでしょう。

そんなときは、思い切って担当変更を申し出ても構いません。

大切なのは、あなた自身の転職を成功させること。

そのためには、時には言いにくいようなことも伝えなければなりません。

自分のペースで転職を勧めにくい

転職エージェントを利用するということは、求人探しや企業への応募、日程調整、条件交渉などの全てをキャリアコンサルタントに任せるということ。

ゆえに自分のペースで転職活動を進めにくい場面も多いでしょう。

たとえば就業しなければならない日付が決まっている場合などには、キャリア面談のときにキャリアコンサルタント予め伝えておきましょう。

求人情報の内容自体は薄い

転職エージェントサービスは自主応募ではないため、そこまで求人情報の内容にこだわらなくても良いのかもしれません。

しかしサイトを閲覧する側としては、求人情報も作りこんでもらえたほうがありがたいというもの。

そういう面では、PT・OT・ST WORKERの求人情報は最低限のものは載っていますが、ものすごく分かりやすく、内容が充実しているとは言い難いでしょう。

PT・OT・ST WORKERはどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
4.25
在籍中の転職
(4.5)
第二新卒
(4.5)
自分のペースで転職したい
(3.0)
初めての転職
(5.0)
大手
(4.5)
地方
(4.0)

上記を踏まえ、PT・OT・ST WORKERは初めて転職される方や第二新卒の方など、経験が浅い方にオススメなサービスです。

キャリアコンサルタントのサポートを受けながら、効率的かつ高い精度で転職活動を進めることができます。

PT・OT・ST WORKERで転職するまでの流れ

  1. 登録問い合わせ
  2. ヒアリング
  3. 求人の紹介
  4. 面接
  5. 内定・入職

登録問い合わせ

まずはホームページ上の登録フォーム、または電話にて登録を行いましょう。

フォームへの入力の場合は、下記の項目を入力しましょう。

電話の場合も、おそらく同じような内容を聞かれるはずです。

  • 保有資格
  • 希望勤務形態(常勤・非常勤など)
  • 入職希望時期
  • 就業状況
  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

ヒアリング

登録が終わると、次にキャリアコンサルタントと1対1で面談を行います。

この面談は選考ではなく、応募者のキャリアプランを聞いたり、転職先への要望を聞いたりというスペースです。

なお遠方のためどうしてもヒアリング面談に出向けないという場合は、スカイプや電話での対応も可能です。ぜひリクエストしてみてください。

求人の紹介

公開求人・非公開求人の中から、あなたに合った仕事をキャリアコンサルタントが探し、紹介してくれます。

人に仕事探しを任せることに抵抗があるかもしれませんが、キャリアコンサルタントが介在することで、あなたがこれまで気づかなかった可能性にも出会えるかもしれません。

なお、ただ求人情報だけを紹介されるではなく、職場の雰囲気を教えてもらったり、実際に入社した方の情報共有なども行ってくれるようです。

面接

紹介された求人に興味が持てたら、いよいよ応募し、面接へと進んでいきます。

ちなみに企業への応募連絡や応募書類の提出、面接日程の調整などは全てキャリアコンサルタントが代行します。

日々仕事に忙しい方にとって、非常にありがたいサービスですね。

面接での受け答えに不安がある場合は、面接前に『面接練習』をしてもらうことも可能です。

キャリアコンサルタントはその企業の面接でどんなことを聞かれるかをおおよそ把握していますので、受け答えの練習をしてもらうことで面接の通過率も上がるでしょう。

内定・入職

無事内定が出たら、入職となります。

なお、入職条件の確認もキャリアコンサルタントがきちんと行ってくれます。入職後に「聞いていた話とちがう」とならないようにするためです。

条件に不満がある場合は条件交渉を行っていくのですが、交渉も全てキャリアコンサルタントに任せます。

例えば給与を上げてほしいとき、自分では「給与をもう少し上げてください」とは言いにくいですよね…。

キャリアコンサルタントが代行してくれるとありがたいですし、給与アップの成功率も高くなります。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件