会社へ行こうとすると吐き気・動悸がする…!考えられる原因と対処法

会社へ行こうとすると吐き気・動悸がする…!考えられる原因と対処法

仕事に対するストレスや人間関係の悪化により、会社へ行こうとすると「吐き気がする」「動悸がする」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

この記事では会社へ行こうとすると吐き気がする原因と、そのときの対処法について解説します。

会社へ行こうとすると吐き気がするときの注意点もご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

会社へ行こうとすると吐き気・動悸がする原因

会社へ行こうとすると「吐き気・動悸がする」ということには、必ず原因があります。

仕事も楽しくて人間関係も良好で健康な状態で、吐き気がすることは考えられないと思います。

そこで会社へ行こうとすると吐き気・動悸がする原因を6つご紹介します。

原因を把握してないと改善することはできないため、下記の原因を参考にしてみてください。

上司からのプレッシャー

1つ目の原因が「上司からのプレッシャー」です。

会社に勤めている方は必ず「上司」がいると思います。

その上司は部下を指導・管理する立場になるため、プレッシャーのかかることを言ってくる場合があります。

そのプレッシャーからストレスを感じて会社へ行こうとすると吐き気がすると考えられます。

またプレッシャーは言い方を変えると、「パワハラ」にも該当するでしょう。

部下は上司に反抗したり無視したりすることが出来にくいため、余計にストレスを感じると思います。

上司を殺したい…ストレス発散方法と解決方法を教えます

人間関係が上手くいっていない

2つ目の原因が「人間関係が上手くいっていない」ということです。

仕事は1人でできるものではないため、会社の上司・同僚や取引先企業の方と人間関係を構築する必要があります。

しかしコミュニケーションを取ることが苦手な方は、良好な人間関係を構築できません。

良好な人間関係を構築できないと、会社に行くことがストレスに感じてきます。

そして会社へ行こうとすると、吐き気がすると考えられます。

特に大人の人間関係は複雑なため、余計にストレスを感じやすいと思います。

仕事の為に人間関係は割り切ろう!メリットと割り切るための考え方を解説

職場の人間関係を良くする6つの方法とNGな行動

仕事ができない

3つ目の原因が「仕事ができない」ということです。

会社に勤めていると与えられる業務があると思います。

例えば、営業職だと自社の商品やサービスを買ってもらうことが与えられた業務だと思います。

もしその業務ができないと、上司からは邪魔者扱いをされて同僚にも相手にされない状況になるでしょう。

そのような状況だと、気が滅入ってしまい吐き気がすると考えられます。

そして「ノルマ」が決められている仕事では、余計にストレスを感じやすく気が滅入ってしまう可能性が高まると思います。

残業・仕事量が多い

4つ目の原因が「残業・仕事量が多い」ということです。

日本では法定労働時間が8時間と決められています。

しかし法定労働時間内に退社できている方は少なく、残業するということからストレスを感じている方は多いと思います。

また残業はしていないものの、1日の仕事量にストレスを感じている方もいるでしょう。

仕事をするためには「会社」へ行くため、仕事に対するストレスが大きくなると吐き気がすると考えられます。

そして残業・仕事量が多いとプライベートが充実しないため、余計にストレスを感じやすいと思います。

体が疲れている

5つ目の原因が「体が疲れている」ということです。

「会社へ行こうとすると吐き気がした」と悩んでいる方は、精神的にダメージがあると考えると思います。

上記でお伝えしたように精神的にダメージを負っている場合もあるのですが、体がダメージを負っている場合も考えられます。

「睡眠時間が極端に少ない」「ストレスから食事を取れていない」ということがあると、吐き気がする可能性があります。

精神的な問題ではないと思う方は、しっかりと体を休ませてあげてください。

仕事にやりがいを感じていない

6つ目の原因が「やりがいを感じていない」ということです。

「やりがいを感じていないと、吐き気がするの?」と疑問に感じられた方が多いと思いますが、やりがいを感じない仕事は楽しくないと思います。

もし楽しくない仕事を毎日続けていると、「なんで仕事をしているんだろう…」と気が滅入ってしまい、吐き気がすることが考えられます。

「やりがい」という不明確なもののため実感しにくいと思うのですが、意外にもストレスを感じている方は多いです。

会社へ行こうとすると吐き気がするときの注意点

会社へ行こうとすると吐き気がすることを放置していると、さまざまなリスクが考えられます。

うつ病になることも考えられますし、ストレス胃炎になってしまう可能性も考えられます。

そのため会社へ行こうとすると吐き気がする場合は体からのSOSサインと思い、放置しないようにしてください。

「まだ症状が軽いから大丈夫」という考え方には注意が必要です。

将来的に大きな問題に発展するケースも考えられるため、吐き気や動悸がするときには自分と向き合うようにしてください。

会社が嫌い、同僚が嫌いな人の5つの対処法!あなたのストレスの原因は?

吐き気がするときの対処法

「会社へ行こうとすると吐き気がする」という経験したことがある方は少ないと思うので、「どうすれば良いんだろう…」と悩まれると思います。

そこで吐き気がしたときの対処法をいくつかご紹介します。

大きな問題に発展させないためにも、下記の対処法を参考にしてみてください。

上司・同僚に相談する

会社へ行こうとすると吐き気がする場合は、まず上司や同僚に相談してみてください。

上司や同僚からストレスを感じている場合は、家族でも職場の違う友人でも良いです。

まずは誰かに相談することが大切です。

相談することでストレスは軽減されると思います。

自分が悩んでいることを相談することに抵抗はあるかもしれませんが、1人で抱え込むと余計に気が滅入ってしまいます。

そのためまずは誰かに相談してみてください。

病院で診断してもらう

会社へ行こうとすると吐き気がするということは、精神的な問題が大きいです。

そのため病院へ行って、診断してもらうことが大切です。

症状が軽いうちに病院で診断してもらうことで、うつ病やストレス胃炎になる可能性が低くなります。

精神科や心療内科で診断してもらうことが理想ですが、「行きづらい」と感じる方は内科で診断してもらいましょう。

「病院で診断してもらうほどではない」と自分で決めつけないようにしてください。

会社を辞めて転職する

会社を辞めて転職することも1つの対処法です。

転職することで心機一転して、今まで感じていたストレスはなくなると思います。

しかし「会社を辞めるのは…」となかなか一歩踏み出せない方は多いと思いますが、将来を考えるとストレスを感じながら働くことは仕事もプライベートも充実しません。

そのため思い切って転職することをおすすめします。

そして会社を辞めて転職する場合は、転職エージェントを活用してください。

転職エージェントとは、無料で転職に関することをサポートしてくれるサービスです。

求人紹介・面接対策・条件交渉・退職に関するアドバイスまでさまざまなことをサポートしてくれます。

また「前職でストレスを感じていた」という相談をすると、ストレスを感じにくい仕事を紹介してくれます。

希望通りに転職を成功させるためにも、転職エージェントの活用をおすすめします。

会社に行きたくないあなたに考えて欲しい本当の原因と解決策

おすすめの転職エージェント

希望通りに転職するためには、転職エージェントを活用することが大切とお伝えしました。

しかし転職エージェントにはさまざまな種類があるため、「どのサービスが良いのだろう?」と悩まれることが多いと思います。

そこでおすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

転職エージェントは併用しても問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手人材会社「マイナビグループ」が運営している総合型の転職エージェントです。

20代から圧倒的な人気があり、35歳までの登録者が多い傾向があります。

そんなマイナビエージェントは、キャリアアドバイザー(転職のプロ)のサポート力が充実しています。

転職経験がない方でも安心して転職活動を進められるように、丁寧にサポートしてくれます。

そしてキャリアアドバイザーは各業界に精通しているため、業界ならではのサポートも受けられます。

「サポート力を重視したい」という方には、マイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェント詳細ページ

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは「株式会社ビズリーチ」が運営しているハイクラス向けの転職支援サイトです。

従来の転職エージェントでは「応募して面接を受ける」という流れなのですが、ビズリーチでは「登録してスカウトを待つ」という流れになります。

スカウトとは、企業側からオファーしてくれるサービスで、優良企業や一流のヘッドハンターが直接オファーしてくれます。

そのため働きながらでも希望通りに転職を成功させられます。

実際に登録者の8割以上がスカウトサービスで転職を成功させています。

「仕事が忙しくて転職活動に時間を割けない」という方は、ビズリーチがおすすめです。

ビズリーチ詳細ページ

会社へ行こうとすると吐き気がする場合は転職しよう

この記事では会社へ行こうとすると吐き気がする原因と対処法についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

人によってさまざまな原因が考えられますが、多くの場合は精神的なストレスが原因です。

放置しておくとうつ病やストレス胃炎という症状に発展してしまう恐れもあるため、しっかりと自分と向き合うようにしてください。

そして転職する選択肢を選んだ場合は、上記でお伝えした転職エージェントを活用して、希望通りに転職を成功させましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件