仕事がだるい…だるさの原因と対処方法をご紹介します!

仕事がだるい…だるさの原因と対処方法をご紹介します!

日々の仕事に追われて、気が付いたら通勤前や仕事中に「なんだかだるい…」と感じることが増えていませんか?

ちょっとした工夫でそのだるさが改善されることもあれば、回復までに時間がかかってしまうこともあります。

身体も心もすっきりとした状態で仕事ができるように、仕事のだるさの原因とその対処方法、そしておすすめのリフレッシュ方法をご紹介します!

毎日の仕事でお疲れの方は、ぜひ参考にしてみてください!

仕事がだるいと感じる原因

仕事がだるいと感じる原因は、大きく分けると身体的なだるさと精神的なだるさの2つに分けることができます。

精神的なだるさというのは、ここでは心に負担がかかっていることでだるさを感じている状態を指しています。

心と身体は密接につながっているので、どちらか一方の不調が別の形で私たちの心や身体に現れることもあります。

それは自分への注意警告なのです。

身体のだるさ

仕事をしていると、本人が感じている以上に様々な場面で身体にストレスがかかっています。

また、心が感じているストレスが、身体にも何らかの形で現れることがあります。

一口で疲労といっても、休息や睡眠をとって回復する場合もあれば、なかなか回復しない場合もあり、別の病気が隠れている場合もあります。

いずれにしても、早めの対処や普段からストレスを溜めないことが深刻な事態に陥らないための予防になります。

身体に現れるだるさは、何らかのサインです。自分だけでは解決できない場合は、プロの手を借りることも時には必要です。

心のだるさ

精神的なだるさとも言えますが、心に負荷がかかっていることでだるさを感じ、仕事に対して意欲がわかなくなることがあります。

仕事の内容が単調でつまらないと感じたり、職場の人との人間関係で悩んでいたり…。毎日の通勤ラッシュも、心と身体に大きな負担がかかります。

自分に合ったリフレッシュ方法をわかっている人は早めに対処できますが、状態によってはあまり効果が見られないということもあります。

心にだるさや疲れを感じると、仕事だけではなく私生活にも影響を与えることがあります。

仕事の悩みランキング!【20代・30代・40代】

身体のだるさとその対処法

朝起きるのがつらい

夜は遅くまで起きていられるのに、朝はなかなか起きられないという方は多いです。

目覚ましを5分おきや10分おきに設定しても、なかなか布団から出られないことはありますよね。

眠るのが遅いため睡眠不足で朝起きられないという理由が一番に浮かびますが、その他の原因も考えられます。

  • 寝る直前までパソコンやスマートフォンの画面を見ている
  • 夜もカフェインが含まれているものを飲んでいる
  • 仕事が終わる時間が遅く、夕食の時間が遅い
  • 仕事でストレスを感じている
  • 生活リズムが乱れている

思い当たるものはありますか?パソコンやスマートフォンの画面から出ているブルーライトは、人間の睡眠ホルモンの分泌を抑制してしまいます。

目が疲れる原因にもなるため、パソコンやスマートフォンの画面を就寝前まで見るのは控えましょう。

夕食の時間が遅いと、消化のために腸が働き身体も休まりません。朝起きて、胃が重いという経験がある人も多いのではないでしょうか。

食事の内容をなるべく消化の良いものに変え、寝る直前には食事を避けるなどの工夫を心掛けましょう。

ストレスを抱えていると、脳や身体がそのストレスによって興奮状態になり、寝つきが悪くなることがあります。

気がかりなことがあると、次の日を迎えることも億劫になり、気分がすぐれないまま朝を迎えるので、なかなか起きられないという状態になってしまいます。

何にストレスを感じているのかを知ることも大切ですが、気分転換になる時間を増やすことも大切です。

おすすめのリフレッシュ方法は以降で取り上げますので、ぜひそちらを参考にしてみてください。

目の疲れ、腰痛、肩こりがひどい

パソコンの画面を見ながらの作業は目が疲れるだけでなく、長時間座ったままの体勢になるので腰や肩にも負担がかかり血流も悪くなります。

デスクワークに限らず、身体を使う仕事はどれも思っている以上に体に負荷がかかっているのです。

蓄積されたそれらのダメージは、解消するのにも時間がかかります。日頃からこまめに対処しておくことが大切です。

デスクワークが多い人は、座りっぱなしにならないような工夫をしましょう。

こまめに肩や首を動かし、力を抜くことも大切です。

目を画面から離す時間をつくったりしましょう。腰痛や肩こりは、ひどくなると頭痛や吐き気などの症状にもつながります。

腰や肩への負担が少なくなるグッズも多く発売されているので、自分の身体に合ったものを試してみるのも良いでしょう。

マッサージや整体院などで専門家に身体をほぐしてもらうのも、気分転換にもなりリラックスできます。

身体を温めるのも効果的です。

体力の低下

どんなに体力に自信がある人でも、長期的な残業や不規則な生活が続けば体力は低下します。

身体をつかう仕事の場合は、疲労を溜めてしまうと仕事にも大きな影響が出てしまいます。

年齢という問題もあるでしょう。歳を重ねると、若いころのようには体力が続かず、回復にも時間がかかるようになります。

だからこそ、日々の疲れを溜めないことが大切です。

まずは毎日の生活習慣を見直してみましょう。

夜型の生活になっていたり、食事のバランスが摂れていなかったりしてはいないでしょうか?

飲酒の量が多い人は、休肝日をとれていますか?

一度生活習慣が乱れてしまうと、元に戻すのはけっこう大変です。

自分ひとりで生活習慣を見直すよりも、家族や友人など周りの人に手伝ってもらうことでお互いに健康的な生活リズムをつくれる場合もあります。

毎日完璧に過ごすのは大変ですし長続きもしないので、できるところから少しずつ、ですが早めに対策を考えましょう。

心のだるさとその対処法

仕事が単調でつまらない

仕事の内容が単調な場合、作業自体に飽きてしまいつまらないと感じることがあります。

作業の内容を自分で調整できる場合は、単調なものとそうでないものを組み合わせて作業のリズムが一定にならないような工夫をしましょう。

同じような作業が続く場合も、時間で区切って気分転換をすることでつまらなさの軽減につながります。

単調な作業は、メリハリをつけることが大切です。つまらないと思いながら、だらだらと作業を続けるよりも、思い切って手を止めてみることで効率が上がることもあります。

職場の人間関係で悩んでいる

人間関係の悩みはどんな職場でもつきものですが、仕事だからと自分に言い聞かせて、悩みに蓋をしてしまうこともあります。

そういった対処方法で気持ちを切り替えられる場合もあれば、すぐには切り替えられないこともあるかと思います。

悩みを吐き出してすっきりするのであれば、職場とは関係のないところで信頼できる人に聞いてもらうことも対処法のひとつです。

職場内でのトラブルは避けられるに越したことはないですが、必要な場合は上司に相談する必要もあります。

また、パワーハラスメントやセクシュアルハラスメントで悩んでいる場合にも、自分ひとりで抱え込まないことが大切です。

毎日の通勤ラッシュによる負荷

毎日の通勤が、思っている以上にストレスになっている場合もあります。

ラッシュ時の電車や道路の混雑で、余裕がなくなりイライラする人も多いのではないでしょうか。

電車の場合、他人と近い距離になるのもストレスになりますよね。

時間に余裕をもって行動することで通勤時の混雑を避けることや、通勤方法を変えてみることもひとつの方法です。

ですが、それも難しい場合が多いと思います。

毎日のことなので、気分転換をすることは大切です。

時々帰り道に一駅分歩いてみるなど、いつもの通勤方法から離れてみることで、気分も変わるかと思います。

仕事の休みがない…過労死する前に知ってほしいことと対処法

おすすめのリフレッシュ法

自分に合ったリフレッシュ方法はありますか?まだ見つかっていないという場合は、以下の方法をぜひ試してみてください。

興味があるものは色々試してみることをおすすめすます。

入浴で身体を温める

熱めのお湯ではなく、すこしぬるめのお湯でゆっくりと身体を温めましょう。

好きな香りの入浴剤やオイルを使うことで、リラックス効果も上がります。

だるいと感じているときは気持ちも乱れていることが多いです。

身体を温めるだけでなく、気持ちを落ち着かせる効果もあります。

温かい飲み物をゆっくり飲む

普段温かい飲み物をあまり飲まないという方は特に試してみてください。

最近ではノンカフェインのお茶も種類が豊富です。甘いものが好きな方はココアなどもおすすめです。

温かい飲み物は、身体を内側から温めてくれます。一息つくときにぴったりです。

好きな音楽を聴きながら外を歩く

身体を動かせそうな場合には、身体を動かすことも気分転換になりおすすめです。

ハードな運動でなくても、例えば好きな音楽を聴きながら苦しくならない速度で外を歩くことで、気持ちがすっきりすることがあります。

通ったことのない道を歩いてみると、新たな発見につながることがあり、いつもと違う気分になれます。

注意したい危険なサイン

以下のような状態が長期間続いている場合や、なにを試しても一向に改善されないという方は、他の病気が隠れていることも考えられます。

何科に行ったら良いのか分からないという方は、まずは普段利用している病院に相談しましょう。

専門家に診てもらうことをおすすめします。

  • ひどい肩こりや腰痛
  • 頭痛、めまい、吐き気
  • 寝つきが悪く、眠れない日が何日も続いている
  • 長い間気分の落ち込みが続いている
  • 動悸がひどく、呼吸が苦しい
  • 休んでも全く疲れが取れない

おわりに

いかがでしたか?仕事がだるいと感じているときは、身体や心になにか負担がかかっているサインです。

日頃からできる対策もあります。回復に時間がかかってしまうような状態になる前に、できる対策をして、気分転換をしながら過ごしていきましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件