左遷されたらどうする?左遷に対する不安の緩和法と万が一のときの対処法

左遷されたらどうする?左遷に対する不安の緩和法と万が一のときの対処法

希望していない部署や場所の離れた事業所への異動が告げられると、「もしかして左遷だろうか…」と不安になりますよね。

ここでは、左遷についての理解を整理し、実際に異動が命じられた時の捉え方などを解説します。

左遷に対する不安を少しでも緩和させ、人事異動を自身の一歩につなげましょう。

左遷とは?

左遷とは、人事異動の際に、これまでよりも低い役職や地位に落とされることを指します。

例えば、「本社勤務をしていた社員が、地方の支店に異動を命じられ、出世コースからはずれてしまった」という場面がイメージされやすいかと思います。

対義語としては、「栄転」という言葉があります。今までよりも高い役職になることです。

その他にも人事異動の際に使われる言葉には、以下のものがあります。

【配置転換】

従業員の配置を変えることです。同じ企業の中で、仕事の内容や勤務場所を変更します。

【出向】

在籍している企業との契約はそのままの状態で、グループ会社や子会社などに異動することを指します。

【転籍】

出向元(在籍している企業)に在籍しながら出向することを“在籍出向”、出向元から出向先に籍を移転することを“転籍出向”と言います。主に前者を出向、後者を転籍と呼んでいます。

なぜ人事異動を行うのか

そもそも、なぜ会社は人事異動を行うのでしょうか。その理由は大きく分けて2つ考えられます。

人事異動は基本的に会社側の都合により行われることがほとんどです。

会社が必要と判断すれば、急な時期に人事異動の辞令が出されることもあります。理由があって辞令を出しているということを理解しておきましょう。

組織の成長のため

異動者がこれまで培ってきた知識やスキルを他の部署で活かすことは、組織の成長だけでなく、他の社員の知識やスキルアップにもつながります。

社員が入れ替わることで、これまでとは視点が変わったり、新たな議論が交わされたりします。

それは組織の成長には欠かせない要素です。

事業の拡大や人員整理のため

新しい部署の立ち上げといった事業の拡大や、退職する人が出た場合の人員を調整する場合にも、人事異動は行われます。

人事異動は、即戦力として活躍できるチャンスでもあるのです。

左遷の理由として考えられるもの

左遷される理由としては次のものが考えられます。

「どうして自分が…?」と不安になると思いますが、会社にとって今の場所では能力が合っていないと判断された場合や、仕事においてのトラブル、上司や同僚などとの人間関係のトラブルも、仕事に支障が出ると判断されれば左遷する理由になると考えられます。

いずれにしても、異動した先でどう仕事をしていくかが、今後のスキルアップや役職にも関わってくるでしょう。

能力不足や仕事上のミスによるもの

今の部署では能力が足りないと判断されて異動の辞令が出された場合、「どうして自分が…」と考えてしまい気持ちも落ち込みます。

会社は、普段どんな仕事をしていたのかで、社員の今後を判断します。能力が足りないと判断されたのであれば、次の部署でまた自分の能力を上げてゆけば良いのです。

新たな場所で、これまでとは別の能力が発見できる可能性もあります。

また、仕事上で大きなミスをしてしまった場合も左遷の理由として考えられます。

ミスをすることは誰にでもありますが、そのミスが大きければ会社の経営にも関わるでしょう。

異動した先で、どうやってそのミスを挽回できるような仕事をしていくかが今後にも影響していきます。

自分を責めるのではなく、ミスしたことを今後の自分に活かすことが大切です。

人間関係によるもの

人間関係のトラブルも、左遷の理由として考えられます。

どこの部署にいても人間関係でうまくいかないことはありますが、仕事をするなかで会社が問題ありと判断すれば異動の対象になります。

今後も同じことで悩まないように、異動先で良好な人間関係を築くための工夫をしていくことが大切です。

仕事をするうえで、人とのコミュニケーションは欠かすことができません。仕事のスキルアップにもつながります。

職場の空気が悪い…空気を悪くする要因とあなたにできる解決策

職場の人間関係を良くする6つの方法とNGな行動

人事異動と左遷は決してイコールではない

人事異動の辞令が出され異動先を聞くと、「もしかして左遷…?」と考えてしまうことがあります。

ですが、人事異動と左遷はイコールではないということをしっかりと理解しておく必要があります。

会社としての理由があるから、辞令が出るのです。

異動先が希望していない部署や職種

異動先が希望していない部署や職種の場合、左遷の可能性を考えてしまいがちですが、必ずしもそれが左遷であるとは限りません。

部署や職種が変わると、これまでは見えなかった会社の姿が見えてきます。

色んな方向から物事を見ることができるのです。

そのため視野が広がり、以前よりも自分がいる会社について知ることができます。

会社はそういったことを期待して異動の辞令を出した可能性も考えられます。

それは会社にとって良いというだけではなく、自分自身の経験となりスキルアップにもなります。

ひとつの部署に居続けていると見えてこないものが、部署を変わることで見えることがあります。

それは今後、自分の強みとなって仕事に活かすことができます。

異動先が地方や遠い事業所

地方の支店や遠く離れた場所にある事業所に異動の辞令が出されることは多いです。この場合も、左遷であるとは判断しきれません。

地方や離れた場所にある事業所の場合、立て直しのための戦力として異動の辞令を出した、ということも大いに考えられます。

立て直しにはすぐに戦力となるような人員が必要です。

同じ会社の中でも、別の支店や離れた地域にある事業所では人も雰囲気も異なります。

そういった環境のなかで仕事をすることは、自分の経験を試される場でもあり、多くのことを学ぶ場でもあります。

これまでできなかった新たな挑戦ができる環境でもあるのです。

異動先が少人数の部署や事業所

少人数の部署や事業所では、一人一人が即戦力である必要があります。

これまでの経験を活かしながら、より優れたスキルを身に着けて欲しいという理由で、異動の辞令を出したということも考えられます。

人数の多い部署だけが優れていて会社を支えているわけではありません。

会社に存在する一つ一つの部署に役割があり会社を支えています。

人数や規模の大小だけで判断するのは得策ではありません。

自分の持っているスキルを活かすチャンスと考えましょう。

異動を命じられたら

いざ自分に異動の辞令が出されると、動揺してしまいます。

これまでとは仕事の内容も周りの環境も変わります。

それ以前に、他にもいる社員のなかでどうして自分なのだろうと考えて不安にもなります。

異動の辞令が出されたとき、その辞令をどう受け止めて、どう次に活かせば良いのでしょうか。

受け止め方は自分で決めることができる

異動の辞令が出されても、それが必ずしも左遷であるとは限りません。

自分がその辞令をどう受け止めるかで、自分にとって良い出来事にも悪い出来事にも変えることができます。

環境が変わるということは、知らない世界に飛び込むことと同じように予想ができず不安になります。

ですが一方で、これまでの環境ではできなかったことに挑戦できるチャンスでもあります。

一緒に働く人達も変わるため、新しい出会いや発見もあるでしょう。

“考え方次第”と言うのは簡単ですが、実際に受け止め方を変えるのには時間もかかります。

悪い方にも考えてしまいがちです。すぐにポジティブな捉え方をする必要もありません。

新しい場所で挑戦しながら、少しずつ自分の気持ちを整理してゆけば、それが自分の経験になります。

やるべきことは変わらない

異動することになっても、目の前の仕事を一つ一つこなしていくことに変わりはありません。

もちろん仕事の内容や人間関係で新たな壁を感じることもあります。ですが基本はなにも変わりません。

新たな場所でも、自分がここで何をする必要があるのか、何を求められているのかを考えて仕事をすることが大切です。

自分の可能性に気が付くきっかけにもなるでしょう。

“退職”という手段もある

どうしても異動の辞令を受け入れられないという場合は、退職するという方法もあります。

それも考え方次第ではチャンスになります。

異動の辞令をきっかけに、自分の将来を考える時間にすることもできます。

辞令を受けても受けなくても、それはあくまでもひとつのきっかけに過ぎません。

普段から自分がどこでどうなっていきたいのかをイメージしておくことで、急な事例にも冷静に判断ができるのではないでしょうか。

昇進できない原因は?昇進することのメリットや気になる所を解説

まとめ

会社の一員として働いていると、人事異動は避けては通れない問題です。

噂ばかりが広がりやすく、落ち着いて辞令を受け取れない場合もあります。

日頃から会社の一員として自分にできることを考えながら仕事をすることで、左遷に対する不安も減るのではないでしょうか。

考え方の転換は左遷に限らず、普段の仕事でも必要です。左遷をじぶんにとって良い話か悪い話にするのかは、自分で決めて良いのです。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件