20代は未経験・異業種への転職で有利!?面接でアピールするべきポイントとは?

第二新卒の転職

会社ごとに採用基準は確かに変化しますが、20代が転職市場で圧倒的に有利なのは間違いありません。

今回は、20代が面接で特にアピールすべきポイントを紹介いたします。

この文章を読めば、具体的に企業の人事担当者の欲しい要素をアピールすることが出来ます。

少し長くなりますが、最後までお付き合いくださいね。

20代は未経験・異業種への転職で有利?

20代の転職希望者に企業が求めているものの正体は、吸収力と物事を柔らかく捉える柔軟性、そして体力です。

若ければ若いほど、人間は物事を吸収するスピードは早いです。

そして体力も老齢者より高いので、無理が効きます。

年齢を重ねるほど人は柔軟性を失い、物事に対する考え方のカチカチに固まってしまい、柔軟性もなくなり発想力も尽きていくと考えるのが企業です。

これはかなり現実的な考え方で、特に会社内の管理職を見ると新しい物事に手を伸ばすことを極端に恐れる人が出てきます。

今の世の中の変化のスピードは過去にないくらい早く、かつてないスピードで状況が変わっていきます。

変化についていけない企業は、生き残ることができません。

そんな時に頼れるのは、若者特有の感性です。

最近では若者を管理職にハイスピード登用する企業も増えてきました。

一つのやり方に固執するのは、いまの状況では最も悪手であると考える経営者が出現しているからです。

経営陣の若返りを求める株主も増えており、この流れはしばらく止まりません。

変化して変化しまくる、その考え方で進んでいきましょう。

過去に拘るスタイルでは、企業は儲けることが出来ない時代に突入しました。

第二新卒ではなくても大丈夫?

第二新卒でなくても、20代であれば問題ありません。

この理由としてはそもそも第二新卒というものは、通常の中途採用の延長線上にあると考えて差し支えないからです。

第二新卒といえども、結局は中途採用です。

日本の雇用区分名に、新卒と中途採用以外はありません。

第二新卒といえども中途採用者で、新卒よりは厳しいハードルで採用基準が存在します。

「第二新卒採用!」と書かれている求人があったら、20代であれば電話をしてみるべきです。

恐らく、よほどの上場企業か大企業でない限りは、29歳までであれば面接をしてくれる可能性があります。

「自分はもうすぐ30歳だから無理だな」と決めつけるのではなく、そのような求人を見かけて自分のやりたい仕事であったら迷わずに応募するように心がけてください。
天職に巡り合うチャンスです。

第二新卒の転職は本当に厳しい?内定をゲットするための秘訣

面接・自己PRではどこをアピールすべきか

企業が求めているものを先述しましたが、若いからこその体力や、自分にしかできない発想を大切にして下さい。

自分自身が普段の仕事で心がけている仕事のスタイルをそのまま伝えるのがベストです。

それがそのままアピールになります。

日系企業に所属している方でしたら、おそらくは若いので様々な仕事を振られていることでしょう。

雑用に近いような仕事から、少しレベルアップしたような仕事まで、様々だと思います。

日系企業の良い所は仕事が限られていないことです。

もしも、その企業の中では若手がやっているような仕事でも、他社に行けば管理監督者がやっているようなハイレベルな仕事だったりと、仕事の経験は玉石混合。

その仕事をアピールすることで、まずは仕事のレベルの高さのアピールします。

特に大企業経験者が転職しようと考えたときに最も注意すべき点ですが、大企業の仕事は細分化されていて、管理職がやるようなことでも、中小企業では新入社員がやっているような仕事があります。

ここを認識せずにアピールすると、「それはどの企業でもやっている当たり前のことだよね」と言われかねません。

まずは自分にしか経験できないような仕事を探してください。

特に事務系は企画立案能力がないと話になりません。

いま、誰でも出来るルーチンワークは外注先に流れていくのが世間での流れです。

ルーチンワーク以外の仕事ををしっかりとやってきているよとアピールしてください。

ルーチンワーク以外とは何を指すのか?

ルーチンワークは、誰がやっても同じような結果が出る「作業」のような仕事を指します。

「仕事」とは、誰がやっても同じ結果が出るとは限らない、新しい仕事のことを指します。

「仕事」が出来る人が企業は欲しいのです。

営業職はこれらが自然と出来ています。なので、特に対策は必要ありません。

事務職はこの認識がないと採用に至りません。なので、事務職は倍率が高いのです。

20代で理想の転職を実現した人の実例

具体的な例を挙げます。

28歳の、経理職の青年がいます。これまで中小企業で、経理に関わることは全て一人で行ってきました。

「私はこれまで6年間、新卒で入社した現在の企業で、経理職として一人でなんでもこなしてきました。ただ日々の伝票処理のようなルーチンワークをこなす時間も入社当初は多かったですが、現在では経営陣からの信頼を得たことで、決算だけでなく財務も任されています。財務の仕事の本質は、過去のデータを読み解き、これから企業に起こるであろうお金の問題を先読みして潰したり、経営者に経営方針について進言することが仕事だと考えております。決算月などは、会社の近くのホテルに泊まりこみで決算をするなど体力には自信があります。よろしくお願い申し上げます。」

このように体力と、ルーチンワーク以外も出来るという根拠を示すとより内定が近づきます。

特に事務職では、ルーチンワークの経験しかない場合には、採用のハードルは非常に高いと考えてください。

ルーチンワークだけできても、なかなか採用に至らないのが現状です。

事務職はルーチンワーク以外も出来る!というところを面接官に見せるようにして下さい。

それだけで内定が確実に近づきます。

単純な事務処理の仕事はこれからドンドン少なくなっていきます。

外注化した方が人件費より安いからです。

企画立案できる能力を示すようにして下さい。

どんな業界が転職しやすいのか

20代の場合には、特に業界問わず転職をしやすいと考えてください。

特に20代はどんな業界にもフィットしやすいので、自分自身の嗜好を重視してください。

まだ20代であれば、メーカーでも金融でも、印刷でも、商社でも、それこそ業界を問いません。

20代という年齢はどこにでも受け入れられる武器なのです。

なので、転職しやすい業界を選ぶのではなく、出来るだけ興味の持てる業界を選んでください。

よくある失敗は「この業界に興味ないわ!」というパターン

私の先輩でこんな先輩がいらっしゃいました。

自動車会社に入社して5年間、調達を務めた優秀な方でしたが、ある飲み会でこう言われました。

「やっぱ俺、車興味ないわ。なんかなんのためにやってんのか分からなくなってきた」

彼は自動車会社から子供向けの玩具メーカーに転職して去っていきました。

外国語も堪能で優秀な方でしたが、やはり興味のない業界を選ぶと仕事をしていて苦痛に感じるという部分は大きいと感じた瞬間でした。

現在では海外営業としてイキイキと転職先で仕事をされています。

帰国子女の方なので、英語を活用したいという気持ちが強かった部分もあるかも知れません。

転職の準備では何をしておくべきか

転職の準備として行うべきことは、これまでしてきた仕事をルーチンワークとそれ以外に分けてみて下さい。

文章に書き起こして可視化して下さい。

不思議なことに、文字に書き起こすと安心しますし、仕事内容を相手に伝えやすくなります。

いま所属している会社でも目標管理面談などで行動評価のためのシートを作って上司と面談などをしていませんか?

いつも人事考課の季節になると忙しく書いている方が大半だと思いますが、この作業をそのまま職務経歴書に掲載するつもりで行ってください。

意外と自分自身でも実力がついていることに気が付くと思います。

このように、まずは自分の仕事のしている仕事を整理することが転職成功への第一ステップです。

ちなみに、文章に出来ないことは言葉にしても話せません。

面接の場でぶっつけ本番状態での面接をすることは避けるようにしましょう。

具体的にどんな準備をすればいい?

営業職を例にします。

いましている仕事を分解してみて下さい。

  1. 朝礼
  2. 得意先への訪問(既存顧客の深耕と言い換えても良いですね。)
  3. 見積書作成業務
  4. 社内で雑談
  5. 営業ロープレ
  6. 新製品のパンフレットの得意先への配布
  7. 今月の売り上げ目標を達成するための行動目標策定。
  8. 支店ミーティング
  9. 会議(ミーティング)での議題作成
  10. 議事録作成業務(会議等出席後)

営業職などの動きの多い仕事であっても、これは自分にしかできない仕事だというものを見つけられるはずです。

特に分解していった中に、7番のような仕事はありませんか?

自分で考えろと最近では言われている行動目標の部分です。

新しい営業先を訪問するなど、新規開拓は良いアピールになります。

また実直さをアピールするならば、既存顧客との深耕なども良いです。

とにかくルーチン以外でも、私はこれだけの仕事が出来るんだ!とアピールできる材料を探して、上手くアピールできるようにして下さい。

ルーチンワークが悪いわけではありません。

ルーチンワークしかできない人はいません。

特に20代では良い上司につけなくて、仕事を教えてくれる上司もいなかったという人も多いと思います。

しかし、だからこそこれは自分で考えて最後までやり切ってやったぞ!と面接で言える仕事をするようにして下さい。

その仕事での経験が何よりも企業の望んでいるものです。

新天地でのご活躍をお祈りしております!

20代におすすめの転職サイトは、こちらのページでも詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

20代におすすめする転職サイト・エージェントランキング!【2018年版】