40代の転職で苦労する人の特徴と乗り越えるための対策を解説!

40代の転職で苦労する人の特徴と乗り越えるための対策を解説!

20代30代の転職とは違い、何十年と社会人経験を積んでいる40代からの転職は、苦労も多く難しいと言われています。

多くの企業が若手の人材を求めているということだけでなく、自分のやりたいことだけで判断することが難しくなり、金銭面や自分のスキルなど、気持ちと現実問題とのバランスを取りながら就職先を見つける必要が出てくるからです。

転職を乗り越えるためには、苦労する人の特徴や企業が求めている人材をしっかりと理解しておくことが大切です。

この記事では40代からの転職で苦労する人の特徴とそれを乗り越えるための対策について考えていきます。

十分な対策が、新たな就職先を掴み、活躍の幅を広げるチャンスとなります。

この記事が、転職活動で悩んでいる方にとって少しでも後押しになると幸いです。

40代の転職で苦労する4つの理由

40代の転職で苦労する理由は、大きく分けて4つ考えられます。

なぜ対策が必要なのか、まずはその理由を確認していきましょう!

40代で応募できる求人が少ない

20代30代に比べ、40代の求人数はかなり少なくなってしまいます。

年齢制限のない求人も増えてはいるものの、若手の人材を求める企業が多いことも事実です。

企業が若手に求めるものは、これからの成長と可能性です。

40代のベテランに求めるものは、これまでの経験とスキル、人を育てる力です。

勢いのある若手の力を重視している企業もあれば、若手も育てることができるベテランの経験とスキルを求めている企業もあります。

若手の人材を求める企業は多くても、経験のある人材を途中から積極的に採用している企業はあまり多くありません。

経験があるというメリットが、企業にとってはデメリットに感じてしまう場合もあるのです。

40代の転職活動は、少ない求人数の中から自分の条件に近い求人を見つけなくてはなりません。

企業側にも求めている人材像があるため、お互いに条件が合わなければ就職にたどり着くことは難しくなります。

若手のような柔軟さがないと判断される

40代というとこれまでの社会人経験が長く、様々な企業で働いてきた経験や、一つの企業である程度の役職について働いてきたという方も多いです。

これらの経験は企業にとっても大きな力となりますが、経験がある分自分のやり方や考え方が構築されていて、周りの声を聞き入れることができない場合もあります。

一方で、若手はこれから自分の仕事に対する考え方の土台を固めていきます。

すでに固まっている土台に新しい植物を植えるのは難しいですが、これから徐々に固まっていく土台に植物は植えやすく、植物も育ちやすくなります。

自分の土台がしっかりと固まっていることは、社会人としても生きていくうえでも大切なことですが、企業にとっては若手と比べると柔軟さがないと判断されてしまうこともあります。

転職先の上司が年下で関係性に悩む

新しい職場に行けば、当然のことながら年下の先輩社員がいます。

これまでの経験やプライドが邪魔をして、相手の話を素直に聞けないということもあるでしょう。

また必要なことを自分から確認できずに、自分のやり方で判断し行動してしまう人もいます。

これまでの経験があっても、新しい職場では新人です。

どんな年齢でも、まずはお互いに相手と素直に向き合う姿勢が大切です。

そのうえで、これまでの経験を活かした解決策を考えられるかどうかがベテランの腕の見せ所でもあります。

転職先の40代転職者の受け入れ態勢が整っていない

若手の人材育成に力を入れている企業でも、経験のある40代を採用した際の受け入れ態勢が十分に整っていない企業も見られます。

これまでの経験があると言っても、ベテランにはベテランへのサポートが必要です。

企業の態勢が不安定な状態で40代転職者を受け入れると、社員も企業も共倒れしてしまう可能性があります。

そこでベテランの力を発揮できれば良いのですが、まずは企業が積極的に40代の転職者を採用していなければ、その機会も生まれません。

40代の転職は難しい?成功させるコツを人事のプロが教えます!

事前に確認!40代転職で苦労する人に共通する4つの特徴

なぜ40代の転職は苦労するのでしょうか。転職活動を始める前に、苦労する人の特徴を確認しておきましょう!

前職の給与と待遇を忘れられない

これまでの企業である程度納得のいく給与や待遇を受けていた場合、新しい転職先にもそれ以上のものを求めてしまいがちです。

納得のいく条件の転職先を見つけるのはかなり難しい作業です。

前職の給与や待遇を忘れられない人にとっては尚更苦労することになります。

若手の意見を取り入れられない

これまでの経験がある分、自分よりも若手の意見に耳を傾けることができなくなっている人もいます。

経験やスキルに長けていても、仕事をするうえで相手と向き合う姿勢がなければ伝わるものも伝わりません。

自分の経験を活かすのであれば、視野を広げて外からの意見に耳を傾けることが大切です。

転職活動で高望みしすぎてしまう

次の職場に期待を込めて転職活動を行う人も見られます。

給与面や待遇、人間関係など、高望みしすぎてしまい転職先が見つからないことも多いです。

新しい職場に期待を持つことは大切ですが、大きな変化を感じられるような企業はほぼ無いと思って探すことも必要です。

コミュニケーションが苦手ない

経験が長くても、コミュニケーションが苦手という人はたくさんいます。

人間関係で悩み転職を考えている人も多いのではないでしょうか。

どんな職場でも、人間関係はついて回ります。年齢を重ねると、無意識に自分よりも年下の社員に求めてしまうことが増えていることもあります。

お互いの立場はあっても、コミュニケーションは人と人との関わりです。

お互いが相手に敬意を持ち、耳を傾ける姿勢を忘れないようにしたいものです。

40代の転職で失敗する人の特徴!今後の転職対策を教えます

企業にとって価値のある40代転職者とは?

当然のことながら、40代転職者は企業にとって価値のある存在です。

具体的に、企業はどのような人材に価値を感じるのでしょうか。

入職後すぐに活躍できる即戦力の人材

これから育っていく若手とは違い、40代に求められるものは即戦力となる経験とスキルです。

40代の人をこれから育てていける企業はほぼないと考えられるでしょう。

入社後からすぐに活躍してもらえる人材は若手を育てる企業にとってもプラスとなります。

人と打ち解けて部下の教育が得意な人材

40代は仕事ができるだけでなく、部下を教育する力やコミュニケーション能力が求められます。

部下の教育も、基本となるのはコミュニケーションです。

新しく出会う人達との打ち解け方や普段からの会話で、周りの人との距離間も変わっていきます。

プロジェクトのマネジメントが得な人材

企業はプロジェクトのマネジメントという面でもすぐに活躍できる人材を求めています。

プロジェクトの成功のためには、広い視野や人の力を見抜く能力が必要不可欠です。

マネジメント能力に長けている人は、会社にとって有益となるだけでなく、若手にも大きな影響を与えます。

注意!40代転職でよくやりがちなNG行動

これから解説していくNG行動、無意識にやってはいませんか?

自分を振り返って、これからの行動を改善しましょう!

転職理由=自分の希望にすり替える

転職理由と自分の希望を無意識にすり替えてはいませんか?

自分の希望が転職理由になってしまうと、高望みしすぎてしまうだけでなく、就職先が決まらない原因を企業や他人に押し付けてしまうこともあります。

これでは転職先が見つからない根本的な原因の解決にはなりません。

“なぜ転職したいのか”“転職するうえでの自分の条件”これらは一旦分けて、きちんと整理する必要があります。

企業を良く調査しないで選考に挑む

どんな年代の転職活動であっても、応募する企業を調査しておくことはとても大切です。

しかし、多くの人が忘れてしまいがちなことでもあります。

書類選考や面接といった企業とのやり取りもコミュニケーションです。

自分が応募した企業をきちんと調べることは相手に対する敬意でもあります。

後から「こんな会社だと思わなかった」と後悔しないためにも、事前の情報収集はマストです。

新天地を求めて未経験の業界へ転職

新たなことに挑戦したいという意気込みは大切ですが、40代からの未経験業界への転職はかなりリスクが多いことを知っておきましょう。

また、それは本当に仕事としてでなければできないことなのかということも考える必要があります。

転職における“これだけは譲れない自分の優先順位”を明確にして、気持ちだけで進まないことも大切です。

40代の苦しい転職を乗り越えるための3つの転職対策

苦しい転職活動を乗り越えるためにはどのような対策ができるでしょうか。

これまで解説してきた苦労する理由を踏まえて、自分にとって何が必要なのかをもう一度考えてみましょう。

スキルや経験を洗い出してアピール材料を増やす

これまでの経験から、自分がどんな知識やスキルを持っていてどの場所ならそれらを存分に発揮できるのかということを整理してみましょう。

転職活動は、自分と向き合い自分を知る期間でもあります。

自分の武器をしっかりと確認しその武器の使い方を考えることは、アピール材料を増やすことにもつながります。

現職と並行しながら転職活動を行う

完全に仕事を辞めた状態で転職活動をするのは、精神面でも金銭面でも不安が募ります。

加えて、ブランクの期間を空けないという意味でも大切です。

仕事をしながらの転職活動は労力が必要ですが、40代の転職はリスクも大きくなります。

自分の安全地帯を確保しておくことは、自分の生活を守るためでもあります。

自分が不安定な状態での転職活動は、想像以上に大変なのです。

ミドルクラス専門の転職エージェントを利用する

ミドルクラスの転職事情に特化したエージェントがいることをご存じですか?

転職は自分の人生に関わる大きなイベントです。ただでさえ不安も多い40代からの転職です。

一人で悩まず、専門家の意見も参考にしながらこれからの人生について考えていきましょう!

40代で活用すべき転職エージェント2選

40代におすすめの転職エージェントを2つご紹介します。

視野を広げるという意味でも、活用してみてはいかがでしょうか?

ビズリーチ

ビズリーチ

国内最大級のハイクラス転職サイトビズリーチは、スカウト型の転職サポートを受けることができます。

採用企業と直接やり取りとヘッドハンターのサポート、2つのアプローチ方法で転職者をサポートしてくれます。

企業やヘッドハンターと直接コンタクトが取れることから、効率的かつ主体的に転職活動を行えます。

また、スカウト型の特徴として、自分の市場価値を測れるという点もポイントです。

有料・無料で機能も異なるため、自分に合った利用を試してみてはいかがでしょうか?

ビズリーチ詳細ページ

ミドルの転職

ミドルの転職

30代40代のミドル専用ということもあり、登録者の平均年齢は45歳となっています。

専門分野を熟知したエージェントのサポートを受けながら、転職活動を行うことができます。

人材紹介会社ということもあり、一般に公募していない求人情報を得ることができます。

自分のキャリアやスキルを査定したうえで、最適な転職先を見つけるだけでなく、採用の可否についても意見をもらうことができます。

専門家からのアドバイスを受け取れるため、相談しながら考えたいという方におすすめです。

ミドルの転職詳細ページ

40代におすすめの転職サイト・エージェント比較ランキング【2020年版】

40代ならではの特徴を生かして転職活動を乗り越えよう

いかがでしたでしょうか?

転職活動は、その年代によっても工夫が必要です。

経験とスキルを持っているからこそ、自分の考えだけを過信せず、周りの人の意見も取り入れながらより良い転職先を見つけましょう!

新たなステージでのご活躍を祈っています!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件