40代の転職で失敗する人の特徴!今後の転職対策を教えます

40代の転職で悩む男性

40代で転職をしてみたけれど、あまりにも職場が合わずに一カ月も持たずに退職してしまった。

初の転職で職場の環境があまりにも合わない。苦しい。

以前の職場を辞めなければ良かった…。

このように転職をして後悔をする40代の方は、あなたが思うよりもたくさんいます。

今回は、40代の転職で失敗する人の特徴を紹介します。

40代の転職は今後の社会生活を左右するものです。慎重になるのも無理はありません。

大丈夫です。この記事を読めば、どういう人が転職で失敗をして、成功するのか分かるはずです。

少し長くなりますが、最後までお付き合いくださいね。

1、焦って微妙な会社に転職を決めてしまう

今いる会社がリストラを始めたので、焦って転職活動をしてしまう転職希望者の方がたくさんいます。

まだ退職勧奨をされたわけでもないのに、このまま会社にいるとまずいと思って転職してしまうケースもあります。

有名大企業出身者の方に非常に多いです。

まだリストラされたわけでもないのに、今いる会社を見限ってしまうのです。

確かにリスクヘッジという観点から見て、その行動は正解と言えます。

現実的には40代もリストラ対象に入ってくる会社が有名企業・大企業中心に非常に多いのですから、無理もありません。

そして焦った挙句に、意中の企業ではない企業に入社してしまう。

素晴らしい職歴なのに、深く考えずに。そこそこの規模の企業に転職してしまいます。

大企業出身者は大企業に転職することは比較的容易です。転職先の企業規模だけは維持できると思います。

しかし、そこが落とし穴なんです。

就労環境が悪化してしまう!

大昔から上場しているような有名大企業と、少し従業員数が多いだけの大企業はまるで内情が違います。

そして有名企業から転職をした人は、そのギャップに驚かされることが多いです。

ああ、前の有名大企業に居た方が良かったと。意地でも居座っておくべきだったと嘆く方があまりにも多いのです。

特に有名大企業での仕事は完全に細分化されており、仕事の就労環境も桁違いに普通の企業よりも良いものです。

営業職であれば、これまで取引先が「有名大企業だから」とやってくれていた仕事も、中小企業では営業職自ら働かなくてはならないケースもあります。

たとえば、伝票処理や売掛金の回収などもそうです。

わざわざ売掛金の回収になど行かなくても、有名大企業であれば納品してすぐにお金を支払ってくれたりします。

有名大企業であれば取引先が善意でそういった雑用的な仕事を引き受けてくれていましたが、それほど有名でない企業では自分でやらないといけません。

本来は営業職が納品後に売掛金の回収には催促に行かなければなりません。

伝票処理も専門の事務処理をしてくれる部署があったかも知れません。

しかし、ほとんどの会社では雑用も含めて自分でする必要があります。

「こんなことやっていられるか。仕事じゃなくて、雑用じゃないか!」といって辞めていく人が多いです。

2、年下の上司に怒られるのに耐えられない

40代で転職すると、32歳の段階で課長職や係長職になっている社員の部下になる可能性が非常に高いです。

転職すると多くの場合、よほどの実力者でなければ0からやり直しです。

年下の上司ができます。

これが非常に難しい問題なのですが、いくら転職したての新人の立場とはいえ、年下の上司にキツイことを言われたりすると、プライドもあるので中々素直に言うことを聞けません。

年下の上司は上司で40代の新人には非常に気を使います。

ここで上手に年下の上司を立てることができる人であれば問題ありませんが、衝突してしまうと転職先の会社の人事としては、当然、在籍年数の長い年下の上司を守ることに精いっぱいになってしまいます。

プライドを持つことは非常に素晴らしいことですが、もしもプライドが高くなりすぎてしまうと、結局は居場所を失うことになってしまいます。

転職先に馴染む努力が必要です。

「なんであんなやつの言うことを聞かなくちゃいけないんだ!」と言って辞めてしまわれる方も多いです。

3、いきなり管理職待遇で転職できたけど…

40代であれば現在、在籍中の企業で課長職を経験されている方も多くいらっしゃると思います。

転職後も、課長職待遇で迎えられる方もたくさんいらっしゃいます。

しかし、管理職転職には大きなリスクが伴います。

いきなり高い給与を貰うということは仕事へのプレッシャーが半端ではないということです。

通常の転職であれば、日本の企業は年功序列の賃金体系を採用しているため、転職時の年齢で給与を決定します。

年齢給のみで、勤続年数による給与加算はありません。

つまり、勤続年数分の給与は上乗せされていないので、転職先に在籍している社員よりも給与は低くなります。

簡単に言えば年齢給がおおよそ年齢×9000円、勤続年数による給与が概ね勤続年数×3000円だとすると、年齢40歳で転職した場合、通常の場合には転職時の給与は年齢給の36万円だけになります。

既存社員は、40歳の場合には年齢給36万円プラス勤続年数分の5万4千円給与があるので、41万4千円の給与です。納得感があります。

後から入社した社員の給与が以前からいる社員の給与よりも、1円でも安ければ納得するのがサラリーマンです。

管理職転職の場合には、勤続年数による昇給を含んだ金額での処遇になります。

転職していきなり役職手当を含んで月給が50万円、賞与が年間120万円から200万円の範囲で処遇され、転職初年度から年収700万円を超えることが出来ます。

しかも、転職したての社員がいきなり部下を持つことができます。

これが相当な困難を伴います。

高すぎる待遇が仇となることもある!

まず、いきなり管理職を連れてこられた部下はたまったものではありません。

次は自分が上司になれると思っていたところにいきなり外部から上司が来ました。勤続年数は転職先では0年です。

勤続年数0年にも拘わらず自分より高い給与をいきなり手にしています。

上昇志向バリバリの部下からすれば、敵意をむき出しにせざるを得ません。

転職先の既存社員の企業に抱く不信感は半端ではありません。

転職先の経営者の期待も半端ではありません。

「高い給与を支払っているのだから、半端な成果ではいけない。既存社員に示しがつかない。

ドンドン強いプレッシャーをかけて成果を出してもらわないといけない」となります。

周囲からの期待度の高さに潰れてしまい、すぐに退職となってしまう方も多いです。

企業におけるプレッシャーとは期待度の顕れですが、それがあまりにも強すぎるのが管理職待遇での転職です。

転職後に消耗してしまい、半年と持たない人が多いのが管理職転職の現実です。

部下からの反発と、経営者や役員からの尋常でないプレッシャーに耐えることが出来れば、全く問題はないのですが、そうでない場合は避けるのが無難です。

40代の転職希望者は自分の職歴や希望に沿った企業に転職しよう!

40代まで新卒で同じ企業に勤めてきた人材であれば、転職による環境の変化は大きなストレスになるとまず、覚悟を決めましょう。

そして、自分の向いている仕事や適正な給与を掴む努力をしましょう。

実力に自信があるのであれば管理職転職を狙うのも十分に可能な年代です。

そして、いま自分の実力に少しでも疑問があるのであれば、給与が下がることを覚悟して、本当にやりたい仕事を転職先で探しましょう。

40代の転職は、自分の職歴に自信があることが大前提です。

会社がリストラを断行しているから焦って探すのではなく、自分自身が給与が下がっても問題ないのか。

逆に給与アップを狙うために多少のプレッシャーには耐えるのか。

何を自分自身が最優先するべきなのかを決めてください。

給与アップなのか、仕事内容なのか、地位の向上なのか。

出来るだけ全てを叶えられる職場を根気よく探すことが成功への道のりです。

内定を獲得したら職場見学は必ずしよう!

内定を獲得したら、必ず内定先の上司や部下・同僚と顔合わせをする場を設けてもらうようにしましょう。

また、有給休暇を使えるならば入社前に必ず職場見学や職場体験をさせてもらえるようにして転職前に会社の内情を出来るだけ掴むようにしましょう。

定年まで働く可能性のある職場です。

転職に失敗すれば時間のロスや収入のダウンなど、予想以上に辛いことが待ち受けています。

それを回避するには、内定前に必ず職場の様子を見せてもらうようにしましょう。

たった一日二日でも、職場を見学することが出来れば、入社するかしないかの判断をすることができます。

情報が多ければ多いほど、良い転職先に巡り合える可能性が高くなります。

内定後に積極的に職場見学や体験入社を人事にお願いするようにしましょう。

雰囲気の悪い職場だと転職してから分かったのでは遅すぎます。

必ず入社前に配属される職場の見学をするようにしましょう。

一緒に働く予定のメンバーの顔や雰囲気を知っておくだけでも、転職する際には大きな判断材料になります。

40代は積極的に転職サイトを活用しよう!

40代の転職は、積極的に転職サイトを活用することをおすすめします。

理由としては、転職サイトは企業の求人情報が数多く掲載されています。

転職サイトに掲載されている求人情報には、会社からのメッセージが込められています。

それをよく読んで判断することが出来ます。

給与や賞与を前面に押し出して人を採用する企業、働きやすさや年間休日数を強調してワークライフバランスを主張する企業、管理職採用で「こんな人を待っています」というように明確な人物像を打ち出す企業。

まさに情報の宝庫と言えます。

転職サイトには1件あたり120万円以上の求人掲載費用がかかっており、企業が人を採用するために切磋琢磨しています。

転職サイトの中で、いかに会社の求人を選んで応募してもらえるか、魅力的な求人条件を掲載して人材獲得のために戦っています。

同時に、40代の転職希望者の場合には、自分で求人を選べるかどうかという点が非常に大きいです。

転職エージェントでは、年齢が高いと求人の紹介を断られる可能性も高いですし、ハローワークには無料で求人を出すことが出来ます。

転職エージェント側で勝手にこの求人は無理だろうと紹介される求人を制限される可能性があります。

ハローワークのようにお金のかからない求人媒体では、企業も本気で人を採用しようとはしません。

いい人材を獲得するためにはお金がかかるという認識を持った企業の求人広告が、転職サイトには数多く掲載されています。

このような理由から、40代の転職では、求人サイトを積極的に活用することをおススメいたします。

新天地でのご活躍をお祈りしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です