40代女性が転職するには?注意点と転職対策をまとめて紹介

転職したいと感じるのはどの年代でも共通ですが、やはり年齢が高くなるにつれて転職に踏み切れないと感じる人も多いでしょう。

この記事を読んでくださっている40代女性の中にも、

「本当に40代で転職先が見つかるのだろうか…」
「転職できなかったらどうしよう…」

とわからないことだらけで不安に感じていることでしょう。

そこで今回この記事では、40代女性の転職の傾向から転職を成功させるためのポイント、注意点までまとめて紹介していきます。

40代女性の転職は年齢が大きな壁になる

みなさんの不安の通り、40代女性の転職は年齢が大きな壁になります。

転職は人材紹介業界の中では20代をメインターゲットにしており、年齢が上がるにつれて転職の成功確率が下がっていくとまで言われています。

ではなぜ40代女性になると転職が厳しくなっていくのでしょうか。

以下で詳しく解説していきます。

他の年代に比べて求人数が非常に少ない

40代の女性は他の年代に比べて求人数が圧倒的に少ないです。

転職は20代がメインターゲットであるとお話ししましたが、企業側としても若くて今後長期的に企業に貢献してくれる人材を欲しがる傾向にあります。

40代を採用すると人材の穴を補填することは出来ますが、定年までの期間が短いため採用を近いうちにまた行わなくてはいけない手間があるため、避けられがちです。

40代を採用するよりも若い人材を採用するほうが、企業にとってメリットが大きいため求人数も相対的に少なくなってしまうのです。

また、40代のポストが空くこと自体も稀なことも関係しています。

経験・実績重視の採用になる

40代の女性に企業が求めているのは、これまでの職務経験やどんな実績を上げてきたかです。

そのため経験・実績重視の採用になるため、採用枠が絞られてしまいます。

役職をもらっていたり、仕事での実績がある方だったらアピールポイントが潤沢にあるのですが、一握りの人に限られてしまう側面があります。

パート求人が圧倒的に多い

40代女性で転職を検討している人の中には正社員としての転職を目指している人もいるでしょう。

しかし40代女性の求人の多くがパートや派遣などの非正規雇用になります。

正社員として転職するとなると、上述した経験豊富などの条件を満たす必要がありますので注意が必要です。

年齢の壁を越えて40代女性が転職成功するためのポイント

40代の女性が転職するのには年齢の壁が大きいことをお伝えしましたが、その壁を乗り越えて転職を成功させる方法がないわけではありません。

以下では転職に成功した、40代女性が行っていた転職活動の対策を紹介して言いますので、是非参考にしてみてください。

40代求人の多い求人に応募する

転職に成功した40代女性の多くは以下の求人に応募していました。

  • 事務系
  • 企画系
  • アシスタント系

これらの職業は前職での経験をそのまま引きつげますし、女性を求める求人も潤沢にあります。

求人数が多いところに応募することで、より転職が成功する可能性が高まりますし、数うてば当たるを実践できるでしょう。

転職先に求める条件の順位付けをする

転職するときには、転職先でどんな待遇で働きたいか、どんな仕事に取り組みたいかなどの希望条件が出てきます。

しかし希望している条件全てに当てはまる企業を探そうとすると、1件もヒットしないこともあります。

応募できる求人すら見つからないなんて本末転倒ですよね。

そのため40代女性は、転職先に求める条件の順位付けを行うようにしましょう。

転職先に求める条件で何を優先させたいかを明確にすることで、企業の的を絞りやすくなりますし、条件に該当しない企業があってもすぐに他の希望条件に切り替えることができます。

正社員以外の働きかたも検討する

冒頭でもお伝えしましたが、40代女性では正社員求人よりも派遣やパートなどの非正規雇用求人の方が多い傾向にあります。

そのため最初から正社員求人に注目せずに、派遣やパートなどの働き方を検討してみることもおすすめします。

派遣やパートでもいい待遇の求人はありますし、柔軟に体調を気遣って働けるというメリットもありますので、選択肢の一つとして検討してみてください。

在職中に平行して転職活動を行う

40代で転職に成功した人の多くは、在職中に平行して転職活動を行っています。

転職活動は自分の可能性や環境を変える転機としてとらえられがちですが、同時にリスクも大きい行為でもあります。

そのため転職先が決まる前に仕事辞めずに、在職中に並行して転職活動を行う人が多いのです。

もしも転職できなくても対応できるように保険をかけることも重要なのです。

40代女性向けの転職エージェントを利用する

自分で求人雑誌等を読み漁って、転職先を見つけようと考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし求人雑誌に掲載されている情報には限りがありますので、本来自分が応募できるはずだった求人を逃してしまっている可能性だってあるのです。

その点転職サイトや転職エージェントでは、年齢や条件にあった求人を無料で紹介してくれるほか、転職に成功できるように全力でサポートしてくれるんですよ。

もちろん40代女性の求人を豊富に取り扱っている転職サイト・エージェントもありますので安心してください。

以下の記事で40代女性をターゲットにした転職サイト・エージェントを紹介していますので、是非参考にしてください。

40代におすすめの転職サイト・エージェント比較ランキング【2018年版】

40代女性が転職する際の注意点

一方で40代女性が転職する際に注意すべき点ももちろん存在します。

成功するポイントだけ確認してしまうと、落とし穴に気づかずに転職自体がうまくいかないこともありますので、注意が必要です。

以下で詳しく紹介していますので、是非参考にしてみてください。

あいまいな転職理由なら転職自体をやめる

転職理由が曖昧で何を目指しているのかが明確になっていない人は、一度本当に転職すべきかを立ち止まって考える必要があります。

転職活動では明確な希望条件や理由が必要になりますし、採用の場でも採用担当に必ず聞かれます。

自分の中で定まっていなくても捏造できなくはないのですが、担当者もこれまで様々な人材を見極めてきましたから見抜かれてしまう可能性があります。

もしも見抜かれなかったとしても、自分の本心をつたえられていないため転職後にミスマッチを感じて仕事がつらくなってしまう可能性だってあるのです。

もし「とりあえず」の気持ちがどこかにあるのならば、転職せずに今の職場を続けたほうが良いでしょう。

未経験の業界への転職は避ける

「新しい環境で新しいことをしたい!」と転職先に新鮮さを求めている方もいるのではないでしょうか?

しかし40代の女性が新鮮さを求めて未経験の業界へ転職しようとしても、求人が少ないほか企業側も採用するメリットを感じてくれずに、転職に失敗してしまう可能性があります。

転職に成功したいのであれば、前職の経験が活かせるような仕事を選びましょう。

求人上の年齢制限を鵜呑みにしない

求人上では年齢不問!と記載されていても、採用選考の過程で企業独自に年齢制限を設けていることがあります。

求人に掲載されている年齢制限を鵜呑みにしてしまうと、無駄に時間を使ってしまうことにもなりかねません。

求人に掲載されている以外の情報を手に入れたいのであれば、転職サイトやエージェントを利用すると必要な情報を提供してくれますよ。

40代女性の転職は準備が肝心!

いかがでしたか?

40代女性の転職活動は年齢の壁が大きく、人材紹介側も企業側も条件を高く設定していることがほとんどです。

限られた時間で壁を乗り越えて転職を成功させるには、実際に成功した方のやってきたことを参考にするのが一番です。

もしも転職で悩んでいる、あるいは転職のサポートが欲しい場合は、40代女性が利用lしている転職サイト・エージェントを利用してみてくださいね!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件