40代で手取り30万円は普通?40代の平均年収と収入を上げる方法

40代で手取り30万円は普通?40代の平均年収と収入を上げる方法

現在の手取りが一般的に見て多いか少ないかは、誰もが気になることの1つです。

特に40代にもなれば家庭を持つ方も少なくはないはずですし、平均以上の収入を得たいと思うのは普通の事です。

では例えば手取りで30万円あればどうでしょう。

皆さんはこの額を多いと思いますか?

その答えは40代の手取りや年収の平均額を紹介しているこの記事の中にあります。

さらには年収アップ方法も記載していますので、自分の給料の額が気になる方や収入を増やしたいと考えている方は是非参考にしてください!

40代で手取り30万円は多い?少ない?普通

まずは40代で手取り30万円は平均と比較して多いのか少ないのか。40代の平均年収データを元に実際にところを解説していきます。

40代前半・後半の男女別の平均現金給与額

まずは40代の方々が会社からどれくらいの給料を支払われているかを調べてみましょう。

厚生労働省によって2017年にまとめられた賃金構造基本統計調査の中には「年齢階級別きまって支給する現金給与額」という項目があり、このデータを下記に記しています。

現金給与額とは「所得税、社会保険料、組合費、購買代金などを差し引く以前の総額のこと」であり、基本給だけでなく各種手当や残業代なども含まれた額のことです。

つまり会社側から皆さんに支払われている総額と言えますね。

男女計

40代前半(40〜44歳) 36万1000円
40代後半(45〜49歳) 38万3100円

男性

40代前半(40〜44歳) 39万9800円
40代後半(45〜49歳) 43万1800円

女性

40代前半(40〜44歳) 28万400円
40代後半(45〜49歳) 28万6400円

※データは「民営事業所・産業計・学歴計・企業規模10人以上」の項目から抜粋しています。

40代での現金給与額の平均は36万〜38万円ほどとなっていますが、男女間の差も大きくご自身の年齢や性別を考慮してデータを見る必要がある様です。

40代の平均手取り額

あくまでおおよそではありますが、現金支給額の2割ほどは保険料や税金として引かれてしまいます。

つまり現金支給額の8割が「手取り」になるということです。

各個人の状況によって惹かれる割合に違いはあるものの「約2割が引かれている」というのは、知っておくべき知識に違いありません。

下記に現金給与額の80%となる額を掲載しますので、手取り額の平均を知る参考にしてください。

男女計

40代前半(40〜44歳) 28万8800円
40代後半(45〜49歳) 30万4800円

男性

40代前半(40〜44歳) 31万9840円
40代後半(45〜49歳) 34万5440円

女性

40代前半(40〜44歳) 22万4320円
40代後半(45〜49歳) 22万9120円

「手取り30万円」は高いとは言えない額

男女計のデータ上では40代前半であれば手取り30万円は平均以上となり、悪くない手取り額と言うことができます。

ですが40代の後半になれば、この額でも平均以下となってしまいます。

また性別を分けて見れば男性の手取り30万円は決して高いとは言えなくなり、逆に女性にとってはかなり高い額となりますので大きな違いとなります。

男女間の差がかなり大きいので、年齢だけでなく性別ごとのデータも参考にすべきですね。

手取り30万円で高年収の可能性も

毎月の手取額で収入が多いか少ないかを決めたくなるのは仕方ないことですが、実際は毎月の手取額だけで判断するのは危険です。

なぜならば毎月の収入以外にも「ボーナス」を考慮する必要があるからです。

ボーナスは業績の影響を大きく受けることがありますのでアテにし過ぎるのも危険ですが、毎月の給与を抑えめにしてボーナスを多めに支給する企業も現実にあります。

ですから「手取りが平均以下だからウチの会社はダメ」と決めつけるのは、良い判断ではありません。

40代の平均年収

次は「民間給与実態統計調査(2017年)」を参考にした40代の平均年収を、40代前半・後半それぞれについて男女計・男性・女性の3つの項目で記載しました。

さらに年収は税金などを含みますので、その額の8割が手取りになると想定して計算した年間の手取額も併せて記載しています。

40代前半(40〜44歳)

男女計 約468万円(手取り374.4万円)
男性 約569万円(手取り455.2万円)
女性 約308万円(手取り246.4万円)

40代後半(45〜49歳)

男女計 約496万円(手取り396.8万円)
男性 約630万円(手取り504万円)
女性 約310万円(手取り248万円)

皆さんの毎月の手取額に12をかけた値と、年間のボーナスの手取りを合算したものが平均程度であれば「それなりに稼いでいる」と言うことができます。

この場合も性別差が大きいので、男女計を参考とするよりは、それぞれの性別のデータをチェックするのをおすすめします。

40代は平均年収を目指したい

一人暮らしをするのであれば、15万円程度の手取りでも生活は可能と言われています。

ですが40代になってくれば家庭を持つ方も増えてきており、そうなればもっと多くのお金が生活に必要となってくるはずです。

4人家族の場合は手取り30万円程度あれば安心とも言われていますが、貯金を考えれば年収500万円程度を目指したいところです。

もし一家の大黒柱として家庭を支えるのであれば、平均年収以上を目指したいですね。

独り身だとしても、親の面倒や将来の自分の生活を守るためにも収入を多くして損はありません。

40代からでも年収を増やせる?

平均年収以上を目指したいとは言っても「40代になってからそうそう給料が上がるはずはない」と思っていませんか?

確かに今までどおりの働き方をしていても、年収が大きく向上する期待はあまり持てません。

40代から大きく年収を増やしたいと考えているのであれば「何かを変える」必要があります。

ここからは40代におすすめの年収アップ方法を幾つかご紹介します。

昇給を目指すなら思い切った行動を

年収を上げるのにもっともシンプルなのは「昇給を目指す」ことですが、40代になってこれまで以上に結果を出すというのも簡単ではありません。

ですから昇給を目指すのであれば「働き方に変化を付ける」のが大切です。

例えば現場のリーダーを希望してみたり、若手の育成を買って出たり。

これまで行っていなかったことを積極的に行うことで上司からの見られ方も変わり、結果として給与に反映される可能性があります。

資格取得で道が開ける可能性も

キャリアップの為には「資格取得」も1つの方法です。

もちろん仕事と無関係な資格を取っても評価されることは難しいのですが、業務に活かすことができる資格なれば評価されるはずです。

特に職場の定年間近の方しか取得していない資格があるとすれば、大きなチャンスになります。

会社としては後任者を探しているはずですので、取得すれば高い評価が得られる期待は充分です。

現状維持+副収入という選択肢もアリ

現在の職場で働き方に変化を付けることが難しかったり抵抗があるのならば、会社での働き方を変化させずに不足分を副収入で補うという選択肢もあります。

現在は様々な副業があり、副業でも慣れてくれは年間で数十万から百万円を超える額を手に入れることも可能です。

「もう少し収入を増やしたい」という場合には、副収入を考えてみるのも有効な方法です。

夜間のバイトや内職

特に夜間のアルバイトは募集が集まりにくいのもあり、40代の方もOKということも少なくはありません。

コツコツと作業をするのが苦手でなければ、内職にチャレンジしてみても良いかも知れません。

他にも都会に暮らしてる方ならば、自分の都合の良い時間を選んで働くことができる「Uber Eats(ウーバーイーツ)」という食品配達の仕事などもあります。

またWEBライターや、ネットオークションを活用したセドリなどは自宅で行うことも可能な副業です。

副業も探してみれば数多く見つけることができるはずですので、自分に合う副業を探してみてはいかがでしょうか?

投資で少しずつ蓄えを増やす

長期的な考えで蓄えを増やしたいと考えているのなら、「投資」にチャレンジしてみるのもアリです。

株やFXに不動産など様々な投資がありますが、やはりある程度の知識が無いとリスクが高めになってしまいます。

ですがロボットによる自動投資などを選べば、知識が無い方もリスクを最小限にすることが可能です。

安全度の高い投資はリターンも小さくなる傾向ですので、どこまでリスクを背負うかは悩ましいところですが、投資も収入を増やす為の1つの方法であることは間違いありません。

副業での稼ぎ過ぎにも注意が必要

副業を始める前には、勤務先が副業自体を認めているかの確認が必要です。

基本的には年間の収入が20万円を超えない限りは確定申告の必要はなく、会社側にバレてしまう危険も高くは無いのですが、後々のことも考えて行動してください。

多く稼ぎ過ぎて確定申告を忘れてしまった場合などは、後から罰金を含めた支払いを求めれる可能性があることもご注意ください。

転職するなら今がラストチャンスかも

現在の職場での昇給も望めず副業も難しいとしても、年収をアップさせる方法はまだ残っています。

それは「転職」です。

40代になった今までに培ってきたキャリアを高く評価してくれる会社に出会うことができれば、転職した段階から収入アップできる可能性もあります。

50代・60代になってくると求人も限られてきますし、求められるハードルも高くなってきます。

ですが40代の今ならばまだチャンスは充分にありますので、行動を起こすならば今がラストチャンスかも知れませんよ。

40代の転職のメリット

40代で転職を行う最大のメリットは「環境が変わる」ということです。

何年も務めてきた会社の中では、自分の役割というのが決まってきます。

また評価に関しても固まってしまっている面があり、「普通」と思われてしまった多くの方などはその評価を高めることが容易では無くなります。

ですが職場が変わればそれもリセットされます。

転職した場合は期待を持って受け入れられますので、最初から結果を残すことができれば40代からでも収入がドンドン上がる可能性も低くはありません。

転職活動前の準備が何より大切

転職を行うと決めてもすぐに退職してしまうのはおすすめできません。

きちんと準備してから転職活動を始め、次の職場が見つかってから退職するというのが40代の転職にベストな流れです。

もしも転職活動が上手く行かなかった時のことも考えて行動するのが40代の転職には必要です。

理想的な職場を見つける為にも、まずは準備から始めましょう!

キャリアの棚卸しは丁寧にしっかりと

40代にもなれば「若さ」や「将来性」を高く評価されるのは難しくなってきます。

ですが、その代わりに皆さんには「キャリア」があります。

これまでに身に着けた技術や知識を活かせる場所に転職できれば、高い評価が得られるはずです。

その為に必要なのが、これまで経験してきた職務について整理する「キャリアの棚卸し」です。

持っているスキルと強みを把握するた為には必須の作業ですので、丁寧にしっかりと行う様にしてください。

高望みをし過ぎると応募先が中々見つからない

転職する以上は今よりも好条件な職場に移りたいと考えるのは、ある意味で当然です。

ですが全ての条件で現在の職場を上回るという求人を見つけたいという希望は、諦めた方が懸命です。

大切なのは、自分が求めている条件を書き出し優先順位を付けること。

そうせずに高望みばかりしていると、いつまでも応募する求人が見つからずに時間ばかりを浪費してしまうことになりかねません。

もちろん妥協ばかりで転職したとしても気持ちよく働くことはできませんので、譲れない条件は簡単に譲歩しない様にしましょう。

40代は面接対策なしでは危険

キャリアと共に40代の転職で重視されるのが「人柄」です。

40歳も過ぎれば会社の中には年下も多くなりますし、上司が自分より下の年齢ということもあり得るようになります。

実力があるからと横柄な態度を取っていては職場の雰囲気を悪くしてしまいますが、面接で人柄も見られますのでその様な方は内定を受けること自体が難しいでしょう。

受け答えの方法などを含め、面接で落とされないためにも面接対策をしっかりしておくことも大切です。

40代の転職には転職エージェントを

しっかりと準備をすることが重要なのは真実ですが、転職経験の少ない方が自分1人で準備を行うのは「ほぼ不可能」です。

得に失敗が許されない40代の転職には、プロの手を借りるのが得策です。

転職エージェントに登録しサポートを受ければ、負担は減り内定率を高め満足できる職場へ移れる可能性が高まります。

まずは転職エージェントに登録することこそが、40代の仕事探しのスタートと呼べるかも知れませんね。

キャリアカウンセリングで自己PR方法が決まる

多くの転職エージェントでは登録後にキャリアカウンセリングが行われます。

希望条件を伝え、プロの目によるキャリアの棚卸しが行われることで、自己PRの方針が定まっていきます。

転職活動にはキャリアの棚卸しが重要と、この記事の中でもお伝えしていますが、プロのサポートを受けるかどうかで中身は大きく違ってくるはずです。

魅力的な非公開求人と出会える

転職サイトで取り扱っている求人には公開求人と非公開求人があり、条件の良い案件のほとんどはキャリアアドバイザーからの紹介でしか見ることの出来ない非公開求人になっています。

役職者を募集する求人などは多くは非公開ですので、転職エージェントに登録しなければ出会える可能性は低くなってしまいます。

また求人情報の詳細さや、条件交渉の代行なども頼りになります。

最適な書類添削・面接対策で内定率アップ

気に入った求人を見つけて応募しても、書類審査と面接をクリアしなくては内定を勝ち取ることはできません。

ですが採用担当の目に付く職務履歴書の書き方や面接官に好印象を与える受け答えの仕方などを、一般の方が身につけることは至難の技です。

転職エージェントを利用すれば書類添削や面接対策のアドバイスが受けられるので、内定率を大きく高めることができますよ。

40代におすすめの転職サイト・エージェント比較ランキング【2019年版】

40代におすすめの転職エージェント

これから転職エージェントへ登録しようと考えている皆さんに「40代におすすめの転職エージェント」を2つご紹介します。

好条件の求人が集まりやすく、キャリアのある方々の利用率の高い場所を厳選しました。

まずはこのどちらかまたは両方への登録をおすすめします。

ビズリーチ

ビズリーチ

CMでも見かける機会が多い「ビズリーチ」は、即戦力を求める企業が利用している転職エージェントです。

全転職者の内4割が40歳以上であり、40代の転職に高い実績を誇ります。

またビズリーチを利用して転職した40代の方の4割近くは年収アップに成功していますので、収入を増やすことを目的とした転職にも非常に向いていると言えます。

全ての機能を利用するには月額料金が必要になりますが、有料だからこその高品質なサービスが受けられることで、払った額以上の満足感が得られるはずです。

ビズリーチ詳細ページ

JACリクルートメント

JACリクルートメント

30〜50代向けの転職エージェントであるJACリクルートメントは、約43万人の転職支援実績を誇り、年収600万円以上の高収入求人を数多く抱えています。

JACリクルートメントには約1200名のコンサルタントが在籍しており、業界大手の1つであり安心感も抜群です。

役職者・技術職・専門職の転職に強いのが特徴ですので、これまでの実績やスキルを活かした転職活動が行なえます。

JACリクルートメント詳細ページ

転職エージェントを使えば年収大幅アップも可能!

転職エージェントを利用することで年収を大幅にアップさせられる可能性があります。

もちろん必ず上手く行くという保証はありませんが、在籍しながらでも利用することができて、転職活動の大半の部分をお任せすることができるので負担も最小限で済みます。

登録したからと言って転職しなければいけないということもありませんので、まずは気軽に登録してみてはどうでしょうか?

その結果、驚くような好条件での転職ができるかも知れませんよ。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件