第二新卒の転職は面接のアピールが大切!内定をゲットする志望動機・自己PRを伝授!

面接を控える第二新卒

転職活動を始めると、避けて通ることができないのが「面接」です。

第二新卒の転職は、特に面接が内定獲得の鍵を握る重要なポイントになるので、しっかりアピールすることを心がけてください。

今回は、第二新卒の転職における面接の注意点やポイント、準備しておくことについて解説します。第二新卒で転職を考えている方にとって、効果的なアドバイスがたくさんありますので、ぜひ参考にしてみてください。

第二新卒の転職は本当に厳しい?内定をゲットするための秘訣

第二新卒の転職で面接が大切なのはどうして?

企業が第二新卒に求めているのは成長性と、将来的に会社に長く貢献してくれるかどうかです。

一度社会に出たとは言え、経験が少ない第二新卒にスキルや強力な即戦力を求めることはありません。

それよりも入社後にどんどん成長してくれて、長い目で見て会社に貢献してくれる、会社の中枢を担うような人材を探しています。

そのため面接では、「どれだけこの会社で働きたいのか」「この仕事をやりたいのか」というモチベーションや情熱を見極め、今後活躍してくれる人材かどうかを判断しているので、第二新卒の転職では面接が非常に重要になります。

また社風に合う人材かどうか、一緒に働きたいか、といった人柄や人物面も重要視されるので、人柄が伝わりやすい面接はとても大切になってくるのです。

第二新卒は経験が少ないのは当然なので、条件を設けていない限り書類選考は中途採用に比べて通過しやすいです。

経験よりも活かせる強みや仕事に対する姿勢、人物像をエピソードをつかって効果的にアピールすることが大切です。

第二新卒で転職に成功する人の特徴・失敗する人の特徴まとめ

第二新卒の面接ではどんなことを聞かれる?

面接が大切と言われても、何を聞かれるのかわからないのにどう準備したらいいの?と思う人もいるかもしれません。

また、質問に対してどんな風に答えたらいいかわからない、ということもありますよね。

そこでまず、面接でよく聞かれる質問をご紹介します。

  • 志望理由
  • 当社と似た企業は多くありますが、その中でなぜ当社なのでしょうか?
  • 転職理由
  • 今の会社(前職)では、どんな仕事をしていますか?
  • 今の会社を選んだ理由はなんですか?
  • 仕事をする上で重視していたこと、気を付けていたことを教えてください
  • 一番大変だったこと、苦労したことや厳しかった仕事は何ですか?
  • 長所と短所

志望理由・転職理由はもちろんですが、他にも企業や仕事に対する姿勢について質問をされることが多いです。

この質問の中で、特に回答に気を付けるのはズバリ転職理由です。

第二新卒は就職してから3年以内で退職をした人ですので、企業からすると期待はあるものの、またすぐに辞めてしまうかもしれない、という不安もあります。

企業の不安を払拭するためには、転職理由をどれだけ明快に答えられるかがポイントになります。

感情に任せた理由ではなく、「そういう理由なら転職を考えるよね」と、面接官が納得するような理由を、客観的な視点から考えてみましょう。

第二新卒の面接で好印象を残す志望動機

面接で必ず聞かれる質問の1つである志望動機は、会社の特徴や業務内容、求められている人物像に合わせて考えることが大切です。

注意してほしいポイントは3つ。

  1.  なぜこの会社に応募したのか?(この会社でなければならない理由)
  2.  入社したら何ができるのか、何がしたいのか?(今までの経験と、会社が求める人物像にマッチしている理由)
  3.  将来どんな風になっていきたいのか?(将来性や成長性)

応募するからには、「なぜこの会社なのか」を具体的に答えられることが大切です。

同じ業界、同じ職種の求人がたくさんある中からこの会社を選んだ理由を、面接官に伝えましょう。

他の会社との違いや、この会社だから働きたいと思った理由を考えてみてください。

次に、あなたを雇うことによって会社が得られるメリットを伝えます。

企業が求めている人物像に沿って、今までの経験をどのように活かし、どんなことをしていきたいかをアピールしてください。

あなたと一緒に働くイメージを与えることができ、「この人と働きたい」「この人なら頑張ってくれそうだ」という印象をもってもらえれば最高です。

そして最後に、将来自分はどうなりたいかという熱意を伝えましょう。

「将来は部署の中心として活躍していきたい」「新しいことにチャレンジしていきたい」など、入社後の自分の目指すキャリアやビジョンを伝えることで、今後活躍してくれそうだなと思ってもらうことができます。

第二新卒は経験よりも熱意とやる気で判断してもらうことができますので、「どうしてもこの会社でないとだめだ!」という思いをぶつけましょう。

転職を成功に導く志望動機の書き方!面接のプロがポイントを解説!

実際に第二新卒の面接で使える自己PR例文

自己PRは、会社や仕事に対する熱意・やる気をアピールしましょう。

先に解説したとおり、第二新卒の面接では今後活躍してくれる人材かどうかを、モチベーションや情熱から判断しているので、自己PRは絶好のチャンスです。

応募する会社で求められる能力や、関連するような学生時代のエピソードを盛り込むと、より効果的な自己PRになります。

また、アピールできるような実績がない、前職に在籍していた期間が短かった、と悩んでいる人も、アピールできる点は必ずあるはずです。

どんなことに気を付けて仕事をしていたのか、どんな気づきがあったのか、など振り返ってよく考えてみましょう。

そうはいってもなかなか思いつかない、という人のために今回は自己PRの例文をご紹介します。例文を参考にして、自分なりの自己PRを考えてみてください。

 今まで経験した接客業を通して、コミュニケーション能力を身に着けることができました。お客様と会話を交わす中で、お客様の立場に立って何を求めているかを理解・把握し、適確に応対することの難しさと重要性を感じました。
言葉遣いだけでなく、正確な意思疎通ができるかどうか、お客様が求めていることに対してどう提案を行うか、を常に意識していました。
前職で培ったコミュニケーション能力は貴社での業務にも活かすことができると思います。
 前職ではコールセンターでカスタマーサポートを行っており、お客様に対してつねに柔軟な対応をすることを心がけていました。
カスタマーサポートはトラブル対応をすることが多く、トラブルの内容はお客様によって毎回異なるため、どれだけ臨機応変にお客様に対応できるかが求められていました。
そのためビジネスシーンに必要なコミュニケーションスキルはもちろん、臨機応変に対応する力を身に着けることができました。貴社でも柔軟な対応力とコミュニケーションスキルを活かし、一日でも早く戦力となれるよう努めたいと思っております。
 粘り強さには自信があります。今の会社では1日10件のクライアントを訪問することを自分のタスクとし、1年間実践してきました。
一度目の訪問ではなかなか成約まではいかないことが多かったのですが、複数回訪問することによって契約を獲得することができたことが数多くありました。
貴社に入社できましたら、この強みを活かし、粘り強い姿勢で仕事に取組むことで、成果を挙げたいと考えています。
 未経験のことにも、積極的に挑戦することを大切にしています。
前職で、上司から請求書の新しいフォーマットへの作り直しを依頼されたことがあったのですが、私はパソコンに苦手意識があり、ExcelもWordもあまり詳しくない状態でした。
しかし、これは成長するチャンスだと考え、この機会にオフィスソフトの勉強を始めました。結果、フォーマットは期限内に完成させることができ、オフィスの資格を取得することにも成功しました。この経験から、やったことがないことであっても、チャレンジすることで自分の力にしていけることを体感できました。
貴社でも新たな業務に積極的にチャレンジし、ステップアップしていきたいと思っています。

好印象を与えるための逆質問は?

面接の最後に聞かれる、「何か質問はありますか?」という質問、苦手に感じているひとも多いのではないでしょうか。

そんな人は、「どうして面接官がこの質問をするのか?」を考えてみるといいでしょう。

面接官がこの質問をする理由は3つあります。

1つめは応募意欲を見たいから。2つめにコミュニケーション能力を確認したいから。

そして最後に、社風や会社に合うかどうかが知りたいからです。

「何か質問ありますか?」という問いは、非常に自由度が高く、聞きたいことはなんでも質問することができます。

そのため面接官は、質問に対するあなたの対応によって、あなたを評価・判断しているのです。

そこで、どんなことを質問すれば好印象を与えることができ、いい評価をしてもらえるのかが気になるところですよね。

一次面接で有効な、いくつか逆質問の例文をご紹介しますので参考にしてみてください。

  • 「実際に仕事をしていて、嬉しかったことややりがいを感じたことを教えてもらえませんか?」
  • 「社員に求めることはどんなことですか?また、今後こうなってほしいというイメージがあれば教えていただけますか?」
  • 「私と同世代ではどんな活躍をされている社員の方がいらっしゃいますか?」
  • 「●●な社風だとHPで拝見したのですが、具体的になにかエピソードや取り組みなどはありますでしょうか?」
  • 「面接官の方々が、今まで御社で働いてこられた中で感じた、重要な資質やポイントとは何ですか?」

ご紹介した質問はどれも「この会社で働くとはどういうことか」「将来どうなっていくことができるのか」ということを意識した内容です。

これらの質問をすることで、働く意欲があり、強い関心を持っていることを面接官にアピールすることができます。

どんな質問をするときも、質問の中に自分なりのメッセージを込めることが大切です。

逆質問が苦手な方は、この会社で働いたらどんな風になれるのか?ということを考えて、面接官への質問を考えてみてください。

面接のプロが教える!転職を成功に導く逆質問と失敗に終わる痛い逆質問

志望動機以外でも面接で注意することは?

いろんな注意点を挙げてきましたが、とはいえ面接は緊張するもので、想定外の質問や咄嗟に話すことを忘れてしまうこともあると思います。

そんなときはまず落ち着いて、どんな質問に対してもできるだけ前向きな姿勢の回答を心がけてください。とにかくこれが一番大事です!

マイナスな回答をすると、もちろん良い印象を与えることは難しいだけでなく、入社しても不満を言ったり前向きに仕事をしてくれないのではないか?と不安を与えてしまいます。

伝え方には十分に注意して、ネガティブな内容はポジティブに言い換え、前向きな熱意を伝えることを心がけましょう。

第二新卒におすすめ転職サイト・エージェントランキング!【口コミ徹底比較】

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件