社会人3年目で求められることは?3年目までにやっておくべきことを解説

社会人3年目で求められることは?3年目までにやっておくべきことを解説

社会人1年目・2年目までは、仕事に慣れるための業務や、先輩社員からの指示通りに行動することが多いです。

しかし、社会人3年目からは会社から求められることが大きく変わります。

求められること以上の成果を上げるには、事前に求められることを理解しておくべきです。

この記事では、社会人3年目で会社から求められることについて解説します。

社会人1年目・2年目・3年目の方は、ぜひ最後までご覧ください。

社会人3年目で求められること

社会人3年目は1年目・2年目と違い、求められることが変わります。

社会人3年目で求められることを理解して仕事に取り組むことで、上司や会社からの期待に応えられる可能性が高くなります。

社会人3年目で求められることをいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

自分で考えて行動する力

社会人2年目までは、「言われたことができるようになる」ということを求められることが多いですが、社会人3年目からは「自分で考えて行動する力」が求められるようになります。

上司や先輩の指導下から離れて、1人で仕事に取り組む機会が増えます。

そのような環境で成果を残すには、自分で考えて行動しなければいけません。

また、社会人3年目からの成果によって、「今後の社会人人生が大きく左右される」と言われることが多いため、1人でも求められる以上の成果を残せるようになる必要があります。

営業職の場合は、社会人3年目から数字(ノルマ)を担当することが多いです。

チームとして成果を上げること

社会人3年目からは自分の成果だけではなく、「チームとしての成果」を上げることが求められます。言い方を変えると、「チームとして成果を上げなければ、意味がない」ということです。

社会人2年目までは、自分の成果だけ上げていれば問題ありませんでしたが、社会人3年目からは個人の成果とともにチームの成果を重要視されます。

その理由は、「リーダーとしての力があるのか」ということを見極めるためです。

個人の成果を上げながら、チームとしての成果も上げさせることができている方は、リーダーとしての素質があると判断されて、周りよりも早く出世しやすい傾向があります。

社会人として評価されるためには、「周りにも成果を上げさせる」ということが大切です。

後輩の育成

上記でお伝えした通り、社会人3年目からは上司や先輩社員の指導下から離れるため、「後輩の育成」が求められることとして挙げられます。

社会人1年目・2年目までに上司や先輩から教えもらったことや、仕事のノウハウなどを後輩に引き継ぎます。

会社側にとって「後輩を育成する」ということは肝心なことなので、社会人3年目で最も求められることと考えられます。

また、後輩の育成だけではなく、後輩のミスをカバーすることも社会人3年目で求められることです。

後輩ができることで、やるべき仕事が一気に増えます。

上司のサポート

上司の指導下にあった社会人1年目・2年目までは「上司は仕事が完璧にできる」というイメージがあると思いますが、上司は万能な存在ではありません。

抱えている仕事は現場社員よりも多く、考えなければいけないことも数多くあるので、社会人3年目からは「上司のサポート」が求められます。

特に、社会人3年目は上司から相談を持ちかけられることが増えます。

例えば、「頑張っている新入社員は誰だ?」「配置を変えてみたけど、現場の動きはどう?」などが挙げられます。

「そんなことは自分で考えてくれ」と思われるかもしれませんが、上司から頼られる社会人3年目は、良い評価を受けている証拠です。

上司に期待されている存在だからこそ、意見を求められるので、相談を受けたときには全力でサポートに徹することをおすすめします。

社会人3年目までにやるべきこと

上記でお伝えした通り、社会人3年目から求められることが大きく変わります。

その中で求められること以上の成果を上げるには、社会人3年目までにしっかり準備をしておくことが大切です。

社会人3年で求められること以上の成果を上げるために、やるべきことをいくつかご紹介します。

社会人3年目に突入している方も、ぜひ参考にしてみてください。

先輩社員の言動を観察する

社会人3年目からは上司や先輩の指導下から離れて、後輩を育成する立場になるので、先輩社員の言動を観察しておくことが大切です。

「どのようなアドバイスをしているのか」「どんな距離感を保っているのか」など、後輩という立場だからこそ得られるスキルはたくさんあります。

社会人3年目までにしっかりと先輩社員の言動を観察できていると、後輩を育成するときに「何をすれば良いのかわからない…」と悩みません。

後輩の育成ということ以外にも、先輩社員から得られることは数多くあるので、日常的に観察することをおすすめします。

自分で考える力を身に付ける

社会人3年目からは1人で仕事に取り組む機会が多くなるので、自分で考える力を身に付けるようにしてください。

上司や先輩に言われた通りに仕事をするのではなく、「なぜ、この業務をするのか」「なぜ、このタイミングなのか」などということを考えることが大切です。

社会人3年目までに考える力を身に付けておけば、1人で仕事に取り組むようになっても、慌てることがなくなります。

自分で考える力は、すぐに身に付くものではないので、明日からでも意識することをおすすめします。

他部署に興味を持つ

社会人3年目で求められること以上の成果を上げる準備として、他部署に興味を持つことをおすすめします。

他部署への興味を持つことで、自分の仕事への理解が深まります。

自分の仕事への理解が深まることで、仕事で成果を上げやすくなったり、後輩への指導に説得感が増したりするようになります。

他部署でも同じ会社に勤めている以上は、どこで結びついているため、少しでも興味を持って関わることが大切です。

多くの本を読む

社会人3年目に限ったことではありませんが、会社側から求められること以上の成果を上げるには、多くの本を読むことが大切です。

本を読むことは多くの成功者が勧めていることで、簡単に多くの知識を得ることができます。

また、知識だけではなく、著者の経験を数時間で知ることができることも、本を読む1つのメリットです。

社会人で効率よく本を読む方法としては、「電子書籍」がおすすめです。

電子書籍の場合、スマホやiPadなどのデバイスがあれば、いつどこからでも読書を始められます。

電子書籍の読み放題サービスに登録すれば、お金の節約にもつながるので、社会人には電子書籍をおすすめします。

仕事で役立つ資格を取得する

社会人3年目までに資格を取得していると、求められること以上の成果を上げやすくなります。

その理由は、資格を取得していることが、周りの社会人3年目との差別化になるからです。

例えば、不動産会社に勤めている方が、「宅地建物取引士(宅建)」の資格を取得していると、業務の幅が広がり、周りよりも優れた成果を上げられる可能性が高くなります。

また、資格は「給料アップ」にもつながります。

実際に「宅地建物取引士(宅建)」を取得しているだけで、月2万円〜3万円の資格手当が支給されます。

資格を取得することがマイナスにつながることはないですが、プラスに働かない資格はあるので、「需要の高い資格なのか」ということを意識してください。

稼げる資格おすすめ16選!資格取得条件や難易度まで徹底解説!

社会人3年目は転職を考えるタイミングでもある

社会人3年目は会社から求められることが変わるタイミングですが、転職を考えるタイミングでもあります。

転職市場では、社会人3年目までが「第二新卒」という扱いになるケースが多く、未経験の業界・職種へ転職しやすいです。

第二新卒を好んで求めている会社も多くあります。

年齢を重ねれば重ねるほど、転職するときに今までの職歴や実績が求められるようになり、希望通りに転職することが難しいです。

社会人3年目が転職しやすい最後のチャンスとなるので、「今の会社で働き続けて良いのか」ということを考えてみることをおすすめします。

社会人3年目で転職すべき人の特徴

社会人3年目は転職を考えるタイミングなのですが、「転職すべきなのかわからない」という方は多いと思うので、社会人3年目で他の会社へ転職すべき人の特徴をいくつかご紹介します。

下記の特徴に当てはまる方は、本格的に転職を考えることをおすすめします。

仕事に対してやりがいを感じない

仕事に対するやりがいは働くうえでとても大切なことになるので、「やりがいを感じない」という方は、社会人3年目で転職すべきです。

やりがいの感じる仕事に就くことで、仕事に対するモチベーションが高くなり、今まで以上の成果を残しやすくなります。

また、仕事が楽しくなり、プライベートも充実することにつながります。

人によってやりがいの感じる仕事は異なるので、「どんなことでやりがいを感じるのか」ということを考えて、転職先を決めることをおすすめします。

やりがい搾取とは?搾取されやすい業界と危険な徴候・対策法を徹底解説!

会社の給料や福利厚生に不満がある

会社の給料や福利厚生に不満がある方は、社会人3年目のタイミングで転職すべきです。

会社の給料や福利厚生などは簡単に変わるものではないので、働き続ける以上は不満を抱えることになります。

不満を抱えながら働くことは、モチベーションが低下することにつながり、プライベートも充実しません。

また、ストレスが溜まり、心身的な負担が大きくなる可能性も考えられます。

給料や福利厚生は会社によって大きく違うので、不満を抱えない会社はあります。

納得した状態で仕事を続けるためにも、他の会社への転職を考えてみてください。

社会人3年目で求められることは大きく変わる

この記事では、社会人3年目で求められることについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

社会人3年目から求められることは下記の通りです。

  • 自分で考えて行動する力
  • チームとして成果を上げる
  • 後輩の育成
  • 上司のサポート

社会人3年目は、1年目・2年目とは全く違うことを求められるようになります。

求められること以上の成果を上げるには、社会人3年目までに準備することが大切です。

この記事でお伝えした内容を参考にして、求められること以上の成果を上げられるように準備してください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件