25歳は転職の絶好機!キャリアアップを成功させる秘訣

25歳は転職の絶好機!キャリアアップを成功させる秘訣

25歳はキャリアを通して1度目の転職チャンス

働き始めた後ならば、いつでも転職活動を始めることはできます。

ですが転職には適したタイミングがあり、その1度目のチャンスと言われているのが「25歳」なんです。

さらに若い20代前半よりも、少し年上の26・27歳よりも有利と言われるのにはもちろん理由があります。

この記事では「25歳が1度目の転職チャンスと言われる理由」を解説します。

転職するか悩んでる25歳の方にとって、一歩踏み出す勇気が得られる情報もたくさん紹介しますので是非参考にしてくださいね。

25歳に転職の検討をおすすめする理由

多くの転職サイトや転職エージェントなどでも25歳での転職の検討をすすめています。

その理由として最も大きいのは「転職するのに有利だから」です。

転職する際に企業側が求めてくるハードルも高くはなく、未経験の業種にもチャレンジしやすい年齢です。

しかも25歳の人材を採用するのは企業側にとってもメリットが大きいので、条件面でも納得できる求人が多く見つけやすくなっています。

ですから「転職を成功させやすい年齢」ということもできます。

では、ここからは25歳での転職活動を行うメリットをご紹介します。

第二新卒向けの求人へ応募できるラストチャンス

転職活動を考えている方ならば「第二新卒」という言葉を聞いたことがあるかも知れません。

第二新卒に明確な規定があるわけではありませんが、多くの企業や転職サイトなどでは「新卒で働き始めて3年以内の人材」となっています。

22歳で大学を卒業し働き始めたとすれば25歳は働き始めて3年目となり、第二新卒として求人に応募できるラストチャンスの年齢となります。

新卒者の3割は3年に以内に退職しているというデータがある様に、この年代は人手不足にもなりやすく企業側も積極的に採用してくれます。

第二新卒として扱われるということは、転職のチャンスを大きくしてくれるということにもなるのです。

第二新卒で転職に成功する人の特徴・失敗する人の特徴まとめ

新卒から3年経って仕事への理解が深まっている

第二新卒として扱われるだけであれば、22歳〜24歳でも構わないことになります。

ですが、会社に入って1〜2年は研修期間として仕事の基礎知識や社会人としてのマナーを覚えるのに忙しい時期です。

この時期に転職するということは「基礎知識を学んでいる最中で、再教育が必要」と判断されてしまう可能性が高くなります。

ですが25歳になれば社会人としてのマナーも身に付き、仕事への理解も深まってくる年齢と企業側は考えています。

ですから25歳での転職者に対しては教育を短くしたり省くことができる可能性が高いのです。

これは採用する企業にとって大きなメリットになりますから、この歳での転職活動は他の年齢より有利になる傾向があります。

会社の色に染まりきっていない

ある程度の期間同じ会社で働いていると、その会社のカラーに染まってしまいます。

これは仕事のやり方や考え方がまとまってくるということですし、効率良く働くためにも重要です。

ですが転職をした場合には、それが悪影響を及ぼすことがあります。

ちょっとした考え方の違いをアジャストできずにストレスに感じてしまったり。

前職場で身に就いた仕事の癖が新しい職場では認められないこともあるかも知れません。

これらはベテランになるほど起こりやすい問題です。
25歳の時点ではそこまで会社の色に染まりきっていないので、転職後もスムーズに新しい職場での仕事のやり方に馴染むことができるはずです。

未経験・異業種にチャレンジしても挽回できる

未経験・異業種にチャレンジする場合は仕事をイチから覚えなければいけないこともあり、年齢はやはり若い方が有利です。

その様な理由から未経験・異業種へ転職するのならば25歳までにすべきと言われています。

30代近くになってくると教育担当者が自分より年下である可能性も高くなりますし、万が一ですが新たにチャレンジした仕事が自分に合わなかった場合に再度の転職活動を行うのも大変です。

ですが25歳であればもう一度転職活動を行える余裕もあり、何よりまだまだ若いので先にその仕事を始めている年下の先輩たちに追いつくことも決して難しくはありません。

もしこれまで働いてきたのとは違う業界にチャレンジしようと思っているのなら、25歳までに転職活動を始めることをおすすめします。

20代は未経験・異業種への転職で有利!?面接でアピールするべきポイントとは?

今の会社が気に入っていても一度検討して損はなし

25歳という年齢は仕事にも馴れ始めて周りが見ることができるようになる時期です。

3年ほど働いてきたことで自分なりのポジションや人間関係も確立されてきており、居心地の良さを感じだす頃かも知れません。

ですが社会人経験が充分とは言えないこともあり、今いる職場以外のことはあまりわかっていないというのも本当では無いでしょうか?

ですから今の会社に大きな不満が無く、むしろ気に入っているとしても一度は転職を検討してみることが大切です。

もちろん転職活動を始めたからと言って必ず求人に応募しなくてはいけないわけではありませんので、転職を検討すること自体にデメリットは存在しません。

「今の職場で働き続けることが正しいのか?」など、これからの人生計画を考えてみるのにも25歳は最適な時期なのです。

25歳の転職はどのように進めるのがベスト

今が転職するチャンスだと知った25歳の皆さんは、これからどの様に転職活動を始めますか?

転職活動は進め方次第で新しい働き先を見つけるまでに必要な期間も、満足できる転職が成功する確率も大きく違ってきます。

効率的で失敗しない転職活動を行うためにも、本格的に活動を始める前にこれからお伝えする項目を「転職に向けての最初の一歩」として行ってみてはどうでしょうか?

1.とにかくたくさんの求人を比較してみる

まずはスマホやパソコンから簡単に求人探しが行える「転職サイト」を利用して求人情報の比較を行ってみてください。

たくさんの求人を見比べることで、自分が転職先に対して求める条件もまとまってくるはずです。

そして、次は求める条件に優先順位を付けてみましょう。

全ての希望を叶えてくれる求人というのは、まず見つからないと考えるべきです。

そして、どうしても譲れない条件と妥協できる条件をわけることで、応募先選びがスムーズに行える様になっていきます。

もしかすると求人を比較した結果、自分の今働いている会社が案外好条件だったということに気づくことができるかも知れませんよ。

2.友人・知人から他社の実情をたくさん聞いておく

次は友人や知人から他社の生の情報を聞き出してみましょう。

お互いの会社の愚痴を言い合うだけでも構いませんし、信頼できる相手ならば真剣に転職の相談をしてみるのも良いでしょう。

どうしても他の人の働いている職場の方が良さそうに見えやすいものですが、実情を知ることで自分の置かれた立場や環境がどの程度のものなのか何となく理解することができるようになるはずです。

3.これまでのキャリアではなく今後のキャリアを考える

転職をする際には「キャリアの棚卸し」が必要であると言われます。

これまで培ってきた知識やスキルを客観的に見つめ直し、残してきた実績などを整理することで、皆さんの本当の価値を見つけ出すのがキャリアの棚卸しです。

ですが、25歳時点で転職に有利になるほどのキャリアを持つ人はそうはいません。

企業側としてもこれまでの実績に過度の期待は持たず、「将来性」を重視して採用するかどうかを決めています。

ですから、これまでを振り返るばかりでは無く「今後のキャリア」についてしっかりと考えをまとめてください。

そうすることで、これから進むべき道がしっかりと目の前に見えてくるに違いありません。

25歳の転職では転職エージェントの活用をおすすめ

転職先するという決意ができ、求める条件やこれから進みたいと思う道が見つかったのならば、本格的に転職活動を始めましょう。

まだまだ社会経験豊富とは言えず転職経験も無い方が多い25歳の転職には、「転職エージェント」の利用がおすすめです。

求人情報の検索が主なサービスである転職サイトと比べても、豊富で丁寧なサポートが受けられる転職エージェントは必要な負担を大きく軽減してくれるなど、求職者に大きなメリットを与えてくれます。

専門のコンサルタントと相談しながら転職活動を進められる

転職エージェントでは業界知識豊富なコンサルタントのサポートを受けながら転職活動を進めることができます。

面談を通して聞き出した希望条件にマッチする求人紹介を行ってくれるだけでなく、職務履歴書などの書類添削や面接対策も行ってもらえるところがほとんどです。

さらには面接などのスケジュール調整や給与・待遇に関する交渉までも皆さんの代わって対応してくれます。

本来ならば自分でしなければいけない作業の多くを代行してくれますので、大変なはずの転職活動が小さな負担で行える様になるのです。

現在の勤務先に転職活動がバレにくい

登録後の面談を終えてしまえば、転職エージェントを利用しながらの転職活動は随時行われる求人紹介の中で応募先を決めるのがメインとなります。

応募先が決まった後は書類審査や面接などへと進んでいきますが、基本的にはコンサルタントの指示どおり進めていけば良く、自分自身が慌ただしく動く必要がありません。

勤務中の電話連絡を避けてもらって夜間のみの連絡にしてもらったり、コンサルタントとのやりとりをメール中心で行うことも可能ですので、勤務先に転職活動を行っているのがバレる可能性はほとんど無いのです。

公開されていない非公開求人を紹介してもらえる

もしかするとコンサルタントのサポート以上に転職エージェントを利用するメリットになるかも知れないのが、「非公開求人の紹介を受けられる」ということです。

非公開求人とは誰もが見られる求人情報誌や転職サイト上でオープンには公開されていない求人であり、好条件で魅力的な案件であることが大半です。

収入アップを目指していたり、幹部候補生としての転職を望んでいるのなら転職エージェントを利用するのが必須と言えますね。

20代におすすめする転職サイト・エージェントランキング!【2018年版】

25歳におすすめする転職エージェント

転職エージェントは転職活動を効率的に行うために大きく役立ってくれるサービスです。

ですがどこでも良いからと適当に登録してしまっては思う様に応募先が決まらないかも知れません。

ですがこれから紹介する3つの転職エージェントから登録先を選べば安心です。

25歳の転職に最適な場所ばかりですので、利用する場所に悩むのならこの中から選んではいかがでしょうか?

マイナビエージェント

マイナビエージェント

「20代に信頼されている転職エージェント(楽天リサーチ調べ)」としてNo.1に選ばれたマイナビエージェントなら、25歳の方の転職を強力にサポートしてくれます。

はじめての転職や未経験業界への転職を行う方に対してのサポートも手厚く、第二新卒向けの求人が豊富にあるマイナビエージェントは25歳向け転職エージェントと呼べる存在です。

抱えている総求人の8割は非公開求人であり、ここにしかない独占求人も多数です。

「市場価値を高めるカウンセリング」に定評があり、自分の価値を正しく評価することの難しい20代半ばの方に最適な求人紹介を行ってくれます。

マイナビエージェント詳細ページ

キャリトレ

キャリトレ

「挑戦する20代の転職サイト」であるキャリトレなら、簡単操作で求人検索が行えます。

PCサイトからだけでなくアプリを使っての利用も可能ですので、スマホ1つあれば空き時間を利用して転職活動が進められます。

さらにスカウト機能も利用可能で、皆さんの職務履歴書に興味をもった企業やヘッドハンターからスカウトが届く可能性もあります。

キャリトレでは求人情報をチェックし「興味がある」または「非表示」を選択していくことで、皆さんの好みをAIが学習し条件にあう求人をレコメンドしてくれます。

この機能のおかげで使えば使うほどに頼りがいが増していくのが、キャリトレの特徴の1つです。

キャリトレ詳細ページ

Re就活

Re就活

Re就活は「20代専門の転職サイト」です。

第二新卒向けの求人も数多く掲載されており、登録作業は1分で終わり素早く転職活動を始めることができます。

求人は「未経験・キャリアチェンジ歓迎」ですから、今とは違う職種・業界へチャレンジしたいと考えている25歳にとってもピッタリなサイトです。

求人情報には給与などの情報だけでなく、選考のポイントや先輩の入社理由などの参考になる情報を掲載してありますので、応募先選びもスムーズに行なえます。

他にもWeb履歴書を登録しておけば企業からの直接スカウトが届く可能性もありますので、仕事で忙しい方の転職活動にも向いています。

さらに登録することで利用できる「適職診断テスト」を受けてみれば、自分の強みや向いている仕事を知ることができますよ。

Re就活詳細ページ