20代の転職で高収入をもらえるのは上位0.3%?高収入を稼げる業界とは

20代の転職で高収入をもらえるのは上位0.3%?高収入を稼げる業界とは

「今の給与に満足できないからもっと高収入の会社に転職したい」そう考える20代の方は多いのではないでしょうか?

実は給与に満足できず転職を考える20代は多いのです!

そこで今回は20代の転職で高収入を稼ぐことは可能なのか、そしてどんな業界・職種が高収入を稼ぐことができるのかについて紹介します!

20代の転職で高収入はそもそも可能?

業界や職種は限られてきますが可能です。

20代の給与は全体的にみて低く設定されています。

20代の平均年収は346万円とどの年代と比較してみても比較してみても低い金額です。

その理由は「まだ経験やスキルを身に着けていない」から。

まだ社会に出たばかりの20代に高い給料を払うような重要な仕事は任せられません。

そのため、20代で高収入を得るために転職するとなると、重要な仕事を任せられるような職業に就くことになるでしょう。

ちなみに、20代での高収入と言って連想されるのは1000万円からとされていますが、20代での高収入は600万円からです。

20代で転職を考えるべき年収は?年収アップの転職の秘訣

一般企業で20代で高収入を稼ぐ人の2パターン

一般企業に転職して20代で高収入を稼ぐには主に2パターンの道があります。

以下ではその2パターンについて詳しく解説していきます。

超高学歴で語学堪能エリートがそろう超大手企業への入社

五大商社や大手広告代理店などの超大手企業に転職すると、20代で高収入を稼ぐことができます。

この超大手企業は、社員の多くが旧帝大出身や高偏差値有名私立大学出身であるなどエリートぞろいです。

また、社員の多くがTOEICのハイスコアを持っており、語学堪能です。

ですが、こういった会社はとても競争率が高いため、入社するのが難しい会社としても有名です。

かなりの狭き門ですのでここに入社できるのはほんの一握りの人間であるといえるでしょう。

インセンティブのもらえる出来高重視の企業への入社

営業などの顧客を獲得できた分だけインセンティブのもらえる企業では出来高しだいでかなりの給与をもらうことができるでしょう。

私の親戚もインセンティブの入る仕事をしていますが、かなりの金額を稼いでいます。

頑張ったら頑張った分だけ稼ぐことができるので、活力あふれる20代にとっては高収入を稼ぐのに一番近い道なのではないでしょうか。

20代で高収入を目指して転職を行う時のポイント

ここからは20代で高収入を目指して転職を行う時のタイミングや、転職前にやっておくべきことについて紹介します。

転職時期は入社2年目まで

転職のタイミングはとても大切です。

「何故2年目まで?3年目に転職するのはダメなの?」と考える方もいるでしょう。

実は入社後3年目以降は仕事に慣れてきたとみなされ、かなり忙しくなってくる時期に当たります。

この3年目以降に転職するとなると、任された仕事の引継ぎをしなければならず、転職に時間を割くことが難しくなります。

転職は情報戦です。

その情報を得るための時間が取れないとなると、自分の求める条件に合った会社に転職することが難しくなります。

高収入を目指して転職をするならなおさら情報収集が大切になってきますので、転職をする時期の見極めは大切です。

転職先の条件に合うか確認する

転職先の会社が求める条件に自分があっているかどうかしっかりと確認しましょう。

会社が「積極性のある人間」を求めているのに、面接や書類で「留学経験がある」ことをアピールしても意味はないですよね。

会社の提示する条件に合ったアピールをするためにも転職先の会社の条件をしっかり事前に調べておくことが大切です。

転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、人材紹介サービスの一つで利用者が転職を効率的に進められるようにサポートしてくれるサービスです。

基本的に利用料は無料で、専任でキャリアアドバイザーがついてくれるため転職に関する悩みの相談口として利用でき、転職先の情報も提供してくれます。

そのため、高収入を稼ぐことのできる会社の情報も提供してくれることがあります。

また、転職サイトに載っていない転職エージェントのみに開示された求人情報もあります。

そういった情報を獲得するためにも転職エージェントの利用をおすすめします。

20代でも高収入をもらえる業界はコレ!

冒頭では20代で高収入を得られる業界は限られているとお伝えしました。

実は高収入を得られる業種は「商社、金融、マスコミ」の3つとされています。

以下ではその業界についてそれぞれ紹介していきます。

商社

5大商社と言われる日本を代表する超大手企業では20代で1000万を稼ぐ社員がたくさんいます。

ですが先ほども挙げた通り、この5大商社に転職するには学歴や語学力などの条件がかなり厳しいです。

また、20代で1000万を稼ぐには海外赴任をすることが必須とされている企業が多く、転勤は必須です。

また、国外だけでなく日本国内も転々と転職することになります。

そのため、家族や恋人がいる場合は理解が必要になります。

金融

証券会社やメガバンク、外資系金融に勤めることで高収入を稼ぐことができます。

ですがこの業種は社員同士の競争が激しく、デスクを隣にした同僚でさえ業績を争うライバルになります。

そのためかなりの精神的負担がかかるといわれています。

ですが業績をお互いに争うことができるため切磋琢磨しながら仕事を行うことができます。

マスコミ

大手新聞社やテレビのキー局に勤めると高収入を稼ぐことができます。

この業界もかなり忙しく、新しい話題を常に手に入れなければなりません。

そのため事件や話題性のある情報が入るとすぐにその現場へ行かねばならず、休みを返上して働くことも多いです。

また、社員同士で業務内容によって出勤時間が変わることでも有名です。

例えばディレクターであれば番組の収録時間や打ち合わせの時間に合わせて行動することが求められます。

記者であれば取材相手の都合に合わせて動くことが求められます。

そのため定時に上がることはあまり多くないとされています。

20代の転職におすすめの業種・職種ランキング!転職先に迷ったら!

20代でも高収入を得られる職種

ズバリ、営業です。

上に挙げたような業界はやはり転職する際の条件がかなり厳しいことで有名です。

誰しも転職できるというわけではないのが現実です。

ですが営業はそういった業界に入らなくても高収入を稼ぐことができるといわれています。

ご存じの通り営業とは「自社の製品を売り込む」仕事です。

顧客を獲得することでそれが個人の業績となります。

その業績に応じてインセンティブとして基本給にどんどんプラスされていきます。

営業は学歴が関係なく行える仕事であり、自分の頑張り次第でいくらでも稼ぐことができます。

特にMR(医療情報担当者)という製薬会社所属の営業はかなりの金額を稼ぐことができるため高収入を目指している人におすすめです。

高収入のみを目的とした転職の注意点

高収入を得ることを目標に転職活動を行うことは自分を高めることにつながりますが、高収入のみを目的とした転職活動には思わぬ落とし穴がある危険性があります。

訳アリの会社かも

実は転職者を求めている会社の中には、高い給与提示しなければ人の集まらないような仕事内容の会社があります。

高い給与にひかれて転職してみたものの仕事内容がキツくかなりの重労働だった、就労環境が酷かったというケースも少なくありません。

経験の浅い20代に高い給与を与える裏には、必ず何かマイナスなことがあるため金額に惑わされることのないようにしましょう。

生涯賃金が低くなる可能性が

20代に高収入を与える企業の中には、転職者自身が成長できないような仕事を任せるような企業もあります。

例えば営業として入ったのに事務仕事ばかり回されるなど自身の成長につながらない仕事を回されることがあります。

そうすると同じ業界の企業で働く同年代の社員に比べ成長が遅れることにつながるため、生涯賃金として換算したときに転職前よりも低くなる場合があります。

採用条件が厳しい場合もある

先にも挙げた通り高収入を得られる会社では仕事内容がかなりハードであることが多いです。

そのため、仕事をこなせる人間を採用するために転職者を採用する条件にかなり高い条件を提示する場合があります。

営業に転職するのであれば問題はありませんが、大手企業に転職したいと考えているのであれば、その条件に自分が見合っているか確認しておくことが重要です。

転職をうまく利用して収入アップにつなげよう

いかがでしたか?

20代で転職をして高収入を得るのは簡単なことではありませんが、不可能なことではありません。

採用条件は厳しいが確実に高収入を得られるマスコミ、金融、商社の業界に入るもよし、自分の頑張り次第でいくらでも稼げるインセンティブをもらえる会社に入るもよし。
ですが高収入のみを目的に転職をする際には様々な落とし穴があります。

こういった落とし穴にも気を付けながら収入アップを目指し転職活動を進めていきましょう!