20代の転職で高収入をもらえるのは上位0.3%?高収入を稼げる業界とは

20代の転職で高収入をもらえるのは上位0.3%?高収入を稼げる業界とは

「今の給与に満足できないからもっと高収入の会社に転職したい」そう考える20代の方は多いのではないでしょうか?

実は給与に満足できず転職を考える20代は多いのです!

そこで今回は20代の転職で高収入を稼ぐことは可能なのか、そしてどんな業界・職種が高収入を稼ぐことができるのかについて紹介します!

20代の転職で高収入はそもそも可能?

業界や職種は限られてきますが可能です。

20代の給与は全体的にみて低く設定されています。

20代の平均年収は346万円とどの年代と比較してみても比較してみても低い金額です。

下記は国税庁が令和元年に実施した、民間給与実態統計調査のグラフです。

20代はどの年代からみても給与が低い傾向にあり、生活が苦しいケースもあるでしょう。

令和元年度民間給与実態統計調査

(参考:国税庁令和元年度民間給与実態統計調査

その理由は「まだ経験やスキルを身に着けていない」から。

まだ社会に出たばかりの20代に高い給料を払うような重要な仕事は任せられません。

そのため、20代で高収入を得るために転職するとなると、重要な仕事を任せられるような職業に就くことになるでしょう。

ちなみに、20代での高収入と言って連想されるのは1000万円からとされていますが、20代での高収入は600万円からです。

20代で転職を考えるべき年収は?年収アップの転職の秘訣

一般企業で20代で高収入を稼ぐ人の2パターン

一般企業に転職して20代で高収入を稼ぐには主に2パターンの道があります。

以下ではその2パターンについて詳しく解説していきます。

超高学歴で語学堪能エリートがそろう超大手企業への入社

五大商社や大手広告代理店などの超大手企業に転職すると、20代で高収入を稼ぐことができます。

この超大手企業は、社員の多くが旧帝大出身や高偏差値有名私立大学出身であるなどエリートぞろいです。

また、社員の多くがTOEICのハイスコアを持っており、語学堪能です。

ですが、こういった会社はとても競争率が高いため、入社するのが難しい会社としても有名です。

かなりの狭き門ですのでここに入社できるのはほんの一握りの人間であるといえるでしょう。

インセンティブのもらえる出来高重視の企業への入社

営業などの顧客を獲得できた分だけインセンティブのもらえる企業では出来高しだいでかなりの給与をもらうことができるでしょう。

私の親戚もインセンティブの入る仕事をしていますが、かなりの金額を稼いでいます。

頑張ったら頑張った分だけ稼ぐことができるので、活力あふれる20代にとっては高収入を稼ぐのに一番近い道なのではないでしょうか。

20代で高収入を目指して転職を行う時のポイント

ここからは20代で高収入を目指して転職を行う時のタイミングや、転職前にやっておくべきことについて紹介します。

転職時期は入社2年目まで

転職のタイミングはとても大切です。

「何故2年目まで?3年目に転職するのはダメなの?」と考える方もいるでしょう。

実は入社後3年目以降は仕事に慣れてきたとみなされ、かなり忙しくなってくる時期に当たります。

この3年目以降に転職するとなると、任された仕事の引継ぎをしなければならず、転職に時間を割くことが難しくなります。

転職は情報戦です。

その情報を得るための時間が取れないとなると、自分の求める条件に合った会社に転職することが難しくなります。

高収入を目指して転職をするならなおさら情報収集が大切になってきますので、転職をする時期の見極めは大切です。

転職先の条件に合うか確認する

転職先の会社が求める条件に自分があっているかどうかしっかりと確認しましょう。

会社が「積極性のある人間」を求めているのに、面接や書類で「留学経験がある」ことをアピールしても意味はないですよね。

会社の提示する条件に合ったアピールをするためにも転職先の会社の条件をしっかり事前に調べておくことが大切です。

転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、人材紹介サービスの一つで利用者が転職を効率的に進められるようにサポートしてくれるサービスです。

基本的に利用料は無料で、専任でキャリアアドバイザーがついてくれるため転職に関する悩みの相談口として利用でき、転職先の情報も提供してくれます。

そのため、高収入を稼ぐことのできる会社の情報も提供してくれることがあります。

また、転職サイトに載っていない転職エージェントのみに開示された求人情報もあります。

そういった情報を獲得するためにも転職エージェントの利用をおすすめします。

当サイトで人気の転職サイト
初めての転職ならdoda!求人数No.1の転職サイト
doda doda
公開求人数 40,000件以上
非公開求人 80%以上
対象エリア 全国
おすすめタイプ 着実なキャリアアップ

\はじめての転職ならココ!圧倒的求人数/

公式サイトはこちら

20代が高収入を目指すのに利用したい転職サイト・エージェント7選

20代が高収入を目指すためには、高収入を目指せる転職サイトを利用することが重要です。

転職サイトごとに取り扱っている案件のランクや、企業規模が異なります。

以下で紹介する7つの転職サイトは、転職サイトの中でも大手求人や高収入を目指せる求人を取り扱っているサイトですので、是非利用を検討してみてください。

①ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス転職を専門にしている転職サイトです。

利用するには月額で料金が発生するものの、高収入かつ高いポストの求人が揃っていると評判です。

ヘッドハンターによる求人とスカウトによる企業とのマッチングの2本の軸で、転職活動を進められます。

ビズリーチの登録はこちら

外資系企業の求人を取り扱っている

ビズリーチでは外資系企業の求人の取扱いもあります。

外資系企業といえば完全実力主義の世界ですから、若手層関係なく実力があれば上に上がれる世界です。

自分の力を試してみたい20代には、求人を検索してみる価値があるといえます。

年収に応じた求人紹介がある

ビズリーチは利用する際に、現在の年収を入力する項目があります。

現在の年収で紹介で着る求人に応じたプランを提案されるので、身の丈に合った転職活動を進められます。

現在の年収によっては1000万円近くの年収がもらえる求人を紹介してもらえることもあります。

またヘッドハンターからの求人紹介やスカウトで、選択肢をさらに広げられるメリットもあります。

配信されるスカウトの内容によって、自分の市場価値を確認できるので、どこまで通用するかを確認することも可能です。

管理職クラスの求人も掲載されている

ビズリーチではハイクラス求人のなかでも、管理職クラスや役職者クラスの求人も取り扱っています。

現在の企業である程度のポストについているなら、ビズリーチを介してより待遇の良い企業のポストを狙うこともできます。

転職を機に高収入かつ高いポストで活躍できるビジネスマンになりたい20代は必見のサイトです。

ビズリーチの登録はこちら

②パソナキャリア

パソナキャリア(ハイクラス)

パソナキャリアは転職サイト・エージェントの中でも特にコンサルタントのサポートに定評があります。

非公開求人も取り扱っているので、条件に合わせて好みの求人を紹介してもらうことが可能です。

パソナキャリアの登録はこちら

コンサルタントのサポート力が高い

パソナキャリアの強みは何といってもコンサルタントのサポート力の高さです。

転職活動をするうえで、書類選考に通過するための対策や、面接対策が必要になることもあります。

一人一人の希望の転職先に合わせて、担当者がサポートしてくれますので安心です。

求人の年収に満足できない場合は、応募の際などに代わりに交渉をしてもらうことも可能です。

年収アップの実績が約7割

パソナキャリアでは年収アップ実績がなんと67%、つまり利用者の約2/3が提示された条件よりも高い年収での転職に成功しています。

20代で高収入を目指している皆さんは、提示されている条件よりも能力に応じて高い給与を受け取りたいですよね。

コンサルタントの交渉力の高さも、パソナキャリアを利用するメリットであるといえるでしょう。

取扱い求人の幅が広い

パソナキャリアでは様々な業界の求人を取り扱っていますので、転職を機に他の業界で活躍してみたいと考えている20代におすすめです。

同じ業界内でも成長している企業の場合、今の年収よりも高い収入を獲得できることもあります。

職種ごとにサイトで検索できますので、是非利用してみてください。

パソナキャリアの登録はこちら

③マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは転職業界大手マイナビが運営する、20代の転職に強みを持つ転職エージェントです。

20代の特性に合わせて、第二新卒から大手企業の求人まで幅広く取り揃えています。

支援実績も豊富で、20代が転職するならまず登録しておきたいサイトの一つです。

マイナビエージェントの登録はこちら

20代からの支持が絶大

マイナビエージェントは20代の転職支援を永年行っていますので、若手層の転職ならまず思い浮かぶサービスとして知られています。

実際に20代からの支持を得ている転職エージェントとして、業界内で1位を獲得しています。

大手のサポート力を生かして全力で対応してくれる

マイナビエージェントは長年転職業界で様々な転職者をサポートしていますので、ノウハウを多く保有しています。

大手ならではのコネクションとサポート力を生かして、全力で対応してくれるので、安心して転職活動を任せられます。

書類選考対策だけではなく、面接対策も実施してくれますので、初めての転職でもスムーズに進められるでしょう。

第二新卒でも応募できる求人がある

マイナビエージェントでは第二新卒でも応募できる求人を取り扱っています。

「新卒で入社してから数年以内だけど、いい求人はあるか心配…」という方でも、自分に合った求人を見つけられる可能性があります。

段階を踏んで高収入を目指していきたい方にお勧めのサービスであるともいえるでしょう。

マイナビエージェントの登録はこちら

④リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは人材紹介業界内でもトップクラスの規模を持つ、転職サービスです。

年齢層を問わずに利用でき、様々なキャリアに対応できるように幅広い求人を取り扱っています。

リクルートエージェントの登録はこちら

豊富な転職支援実績を持っている

リクルートエージェントは転職エージェントサービスを開始してからの歴史が非常に長いので、転職支援実績を豊富に持ち合わせています。

せっかく高収入を目指すのであれば、いろんなノウハウを知っているサービスに任せたいと思いますよね。

大手から中小企業まで様々な企業規模の転職支援実績がありますので、安心して任せることが可能です。

企業への交渉を代行してくれる

リクルートエーエジェントでは皆さんのいいづらい、労働条件の交渉を代行してくれるサービスも実施しています。

「この求人内容は良いけど自分の実力なら給料はもう少し欲しい…」など、完全に腹落ちする求人を見つけるのは難しいです。

しかし採用選考に進んでいる手前、どうしても担当者に言い出せないこともあるでしょう。

応募時にコンサルタントに伝えておけば、交渉を代わりに進めてくれることもあるので、より希望通りの高収入の求人に出会いたい人におすすめです。

求人数が豊富で比較検討しやすい

リクルートエージェントは、求人数が豊富にあるため、様々な条件で比較検討しやすいメリットがあります。

大手企業から中小企業まで幅広い求人を取り扱っていますので、年収だけではなく待遇面でも比較検討できるのです。

転職活動で納得のいく転職先を見つけるには、複数の求人を比較してどれが自分に合っているのかをじっくり吟味したほうが、理想の求人に出会いやすくなります。

転職業界大手ならではの求人数を体感したいのであれば、リクルートエージェントは利用必須です。

リクルートエージェントの登録はこちら

⑤DODA

doda

DODAは転職サイトとしても転職エージェントとしても利用できるサービスです、。

求人の検索項目が詳細で、複数の条件を掛け合わせて求人検索をしたいならまず利用したいサービスです。

DODAの登録はこちら

取り扱っている求人の企業規模が幅広い

DODAは大手企業から中小、ベンチャー企業まで幅広い求人を取り扱っています。

高収入が得られる企業は大手だけではありません。

中小企業でも業績が上がっているところもありますし、ベンチャー企業では役員クラスのポジションが用意されていることもあります。

企業規模にこだわらずに多角的に高収入な求人を探したい場合におすすめのサービスであるといえます。

転職者満足度が業界トップクラス

転職者に対して実施したアンケートでは、なんとDODAが業界トップの満足度をたたき出しています。

転職は人生を左右する一大イベントですから、みんなから指示されているサービスを利用したいですよね。

第三者からの評価が確立されているので、安心して利用することができます。

求人検索からコンサルタントサポートまで利用用途が幅広い

DODAは求人検索が自分でできる転職サイトの機能と、コンサルタントが転職活動をサポートしてくれる、転職エージェントサービスの2つの顔を持っています。

自分でペースをつかみながら転職したいなら、検索機能で自分で探すのもいいでしょう。

またコンサルタントから転職のサポートを受けたい方は、転職エージェントを利用して、一つずつアドバイスを受けるのもいいでしょう。

利用用途が非常に幅広いので、どんな人でも利用できるサービスであるといえます。

DODAの登録はこちら

⑥キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーはヘッドハンティング型の転職サービスです。

リクルートの運営するサービスの一つで、様々な企業のヘッドハンターが在籍しており、皆さんに合わせて求人の紹介やスカウトを送ってくれます。

キャリアカーバーの登録はこちら

ヘッドハンターからスカウトをもらえる

キャリアカーバーでは様々な特色を持つヘッドハンターが在籍しており、条件に合わせてマッチングできる企業のスカウトを送信してくれます。

スカウトをもらえる企業の中には、皆さんの在籍している業界のものもあれば、他の業界の企業のスカウトであることもあります。

自分の可能性を広げられますので、実力を試してみたい方にはおすすめです。

年収800万円~2000万円の求人を取り扱っている

キャリアカーバーの強みは何と言っても、取り扱っている求人の年収が他のサイトよりも高いことです。

他の転職サイトだと取扱い求人の中に、年収が低いものも含まれているため、煩わしく感じられるかもしれません。

しかしキャリアカーバーは年収800万円以上の求人に絞って紹介しているため、限定的に求人を提案してもらうことができます。

コンサルタントの対応力に定評がある

キャリアカーバーではヘッドハンターの対応力が高いことに定評があります。

様々な企業の優秀な人材が集まっているので、安心して任せることが可能です。

キャリアカーバーの登録はこちら

⑦キャリトレ

キャリトレ

キャリトレはビズリーチの運営する20代専門の転職サイトです。

20代専門の転職サイトの中では取扱い求人の年収が高い傾向にあり、段階的に高年収を狙っていきたい人におすすめです。

キャリトレの登録はこちら

内定の可能性の高いプラチナスカウトがもらえる可能性がある

キャリトレでは内定の可能性の高いプラチナスカウトが受け取れる可能性があります。

通常のスカウトは自動送信されることが多いですが、皆さんが登録している情報を元に、企業側が採用意欲の高いプラチナスカウトを送信してくれるのです。

確実に転職できるわけではありませんが、スカウトを受けることで自信もつきます。

アプリで求人を検索できるためスキマ時間を活用できる

キャリトレはアプリ版がリリースされており、スキマ時間を活用して求人の検索が可能です。

レコメンドされた求人をスワイプするだけで、AIが自動で会いそうな求人を提案してくれるので、時間もかかりません。

通勤時間などを活用して、転職活動を進めたい方におすすめです。

キャリトレの登録はこちら

20代でも高収入をもらえる業界はコレ!

冒頭では20代で高収入を得られる業界は限られているとお伝えしました。

実は高収入を得られる業種は「商社、金融、マスコミ」の3つとされています。

以下ではその業界についてそれぞれ紹介していきます。

商社

5大商社と言われる日本を代表する超大手企業では20代で1000万を稼ぐ社員がたくさんいます。

ですが先ほども挙げた通り、この5大商社に転職するには学歴や語学力などの条件がかなり厳しいです。

また、20代で1000万を稼ぐには海外赴任をすることが必須とされている企業が多く、転勤は必須です。

また、国外だけでなく日本国内も転々と転職することになります。

そのため、家族や恋人がいる場合は理解が必要になります。

金融

証券会社やメガバンク、外資系金融に勤めることで高収入を稼ぐことができます。

ですがこの業種は社員同士の競争が激しく、デスクを隣にした同僚でさえ業績を争うライバルになります。

そのためかなりの精神的負担がかかるといわれています。

ですが業績をお互いに争うことができるため切磋琢磨しながら仕事を行うことができます。

マスコミ

大手新聞社やテレビのキー局に勤めると高収入を稼ぐことができます。

この業界もかなり忙しく、新しい話題を常に手に入れなければなりません。

そのため事件や話題性のある情報が入るとすぐにその現場へ行かねばならず、休みを返上して働くことも多いです。

また、社員同士で業務内容によって出勤時間が変わることでも有名です。

例えばディレクターであれば番組の収録時間や打ち合わせの時間に合わせて行動することが求められます。

記者であれば取材相手の都合に合わせて動くことが求められます。

そのため定時に上がることはあまり多くないとされています。

20代の転職におすすめの業種・職種ランキング!転職先に迷ったら!

20代でも高収入を得られる職種

ズバリ、営業です。

上に挙げたような業界はやはり転職する際の条件がかなり厳しいことで有名です。

誰しも転職できるというわけではないのが現実です。

ですが営業はそういった業界に入らなくても高収入を稼ぐことができるといわれています。

ご存じの通り営業とは「自社の製品を売り込む」仕事です。

顧客を獲得することでそれが個人の業績となります。

その業績に応じてインセンティブとして基本給にどんどんプラスされていきます。

営業は学歴が関係なく行える仕事であり、自分の頑張り次第でいくらでも稼ぐことができます。

特にMR(医療情報担当者)という製薬会社所属の営業はかなりの金額を稼ぐことができるため高収入を目指している人におすすめです。

高収入のみを目的とした転職の注意点

高収入を得ることを目標に転職活動を行うことは自分を高めることにつながりますが、高収入のみを目的とした転職活動には思わぬ落とし穴がある危険性があります。

訳アリの会社かも

実は転職者を求めている会社の中には、高い給与提示しなければ人の集まらないような仕事内容の会社があります。

高い給与にひかれて転職してみたものの仕事内容がキツくかなりの重労働だった、就労環境が酷かったというケースも少なくありません。

経験の浅い20代に高い給与を与える裏には、必ず何かマイナスなことがあるため金額に惑わされることのないようにしましょう。

生涯賃金が低くなる可能性が

20代に高収入を与える企業の中には、転職者自身が成長できないような仕事を任せるような企業もあります。

例えば営業として入ったのに事務仕事ばかり回されるなど自身の成長につながらない仕事を回されることがあります。

そうすると同じ業界の企業で働く同年代の社員に比べ成長が遅れることにつながるため、生涯賃金として換算したときに転職前よりも低くなる場合があります。

採用条件が厳しい場合もある

先にも挙げた通り高収入を得られる会社では仕事内容がかなりハードであることが多いです。

そのため、仕事をこなせる人間を採用するために転職者を採用する条件にかなり高い条件を提示する場合があります。

営業に転職するのであれば問題はありませんが、大手企業に転職したいと考えているのであれば、その条件に自分が見合っているか確認しておくことが重要です。

当サイトで人気の転職サイト
初めての転職ならdoda!求人数No.1の転職サイト
doda doda
公開求人数 40,000件以上
非公開求人 80%以上
対象エリア 全国
おすすめタイプ 着実なキャリアアップ

\はじめての転職ならココ!圧倒的求人数/

公式サイトはこちら

転職をうまく利用して収入アップにつなげよう

いかがでしたか?

20代で転職をして高収入を得るのは簡単なことではありませんが、不可能なことではありません。

採用条件は厳しいが確実に高収入を得られるマスコミ、金融、商社の業界に入るもよし、自分の頑張り次第でいくらでも稼げるインセンティブをもらえる会社に入るもよし。
ですが高収入のみを目的に転職をする際には様々な落とし穴があります。

こういった落とし穴にも気を付けながら収入アップを目指し転職活動を進めていきましょう!

20代におすすめする転職サイト・エージェントランキング!【2021年版】

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件