20代男性の転職サイト・エージェントの選び方を目的別に紹介!

20代男性の転職サイト・エージェントの選び方を目的別に紹介!

現在、新卒で入社した企業を3年以内に転職する20代は3割と、20代の転職が盛んになっています。

転職理由も年収や職業へのやりがいがメインとなり、企業側も20代の人材を求めていることも相まって、転職業界は20代の転職者の売り手市場になっています。

その中で20代「女性」が利用すべき転職サイト・エージェントについての話題が増えていますが、20代の男性に関する話題は実は少ないのが現状です…。

20代の男性も自分たちに合う転職サイトについて情報をゲットしたいですよね!

そこでこの記事では、20代男性が自分たちに合う転職サイト・エージェントの選び方や、年収の高い職種・業種の転職に強い転職サイト・エージェントについても紹介します。

目次

まずは20代男性の転職事情を知ろう

転職活動を始める前に、まずは20代男性の転職について知りましょう。

20代とはいえ転職は新卒採用とは異なります。

一度就活を行ったことがある人も、同じやり方では失敗してしまう可能性があるため注意が必要です。

  • 20代男性の転職は増加傾向にある
  • むやみやたらに転職するのは危険

20代男性の転職は増加傾向にある

20代男性の転職は年々増加しています。

特に、入社して3年以内の離職が増えているため「第二新卒」として転職活動を行う人が多いのです。

20代男性の転職市場での需要は高く、若ければ若いほど採用されやすいためできるだけ早めに動きだすことをおすすめします。

むやみやたらに転職するのは危険

できるだけ早めに転職したほうが良いとはいえ、転職できるチャンスは1回~2回です。

そのため、焦りからむやみやたらに転職すると後悔することになります。

転職回数が多いのはマイナスイメージ

なぜむやみやたらに転職するのがいけないのかというと、転職回数はできるだけ少ないほうが良いからです。

転職先で上手くいかず、もう一度転職を行いたいと思っても、2度目は転職成功率がかなり下がるため望む結果が得られない可能性があります。

転職回数が多いと「またすぐに辞めるのではないか」「何か問題があるのではないか」とマイナスイメージを与えてしまうのです。

そのため、初めての転職活動であっても慎重に行いましょう。

20代前半と20代後半では転職のしやすさが大きく違う

20代男性の転職といっても、20代前半と20代後半でかなり評価されるポイントが異なります。

そのため、自分の年齢に適した戦い方で転職活動を行う必要があるのです。

  • 20代前半は経験やスキルがなくても転職できる
  • 20代後半は実績が求められる

20代前半は経験やスキルがなくても転職できる

20代前半は、社会人になってからの経験やスキルはあまり重要視されません。

なぜかというと、20代前半は就職してから1年~3年しか経っておらず、ほとんど新卒と同じだと見なされるから。

新卒採用と同じように、どれだけ素直に業務に向き合えるのか、前向きに経験やスキルを積めそうかというポテンシャルが大切です。

20代前半であれば「第二新卒」として転職できる

企業が第二新卒を採用するメリットは、

  • 社会人としての自覚がある
  • 基本的なビジネスマナーやスキルが身に付いている
  • 前職の企業に染まっていない

新卒で入社した人よりも教育コストがかからない上に、まだまだ柔軟に対応する力がある2第二新卒。

扱いやすいと判断される年齢のため、経験やスキルがなくても受け入れられやすいのです。

20代後半は実績が求められる

20代後半は、就職してから3年以上が経ちある程度能力で評価されるようになります。

そのため、転職するつもりでも経験やスキルに対しては貪欲であることが大切です。

経験やスキルが強みとしてアピールできれば、ただ環境を変えるだけの転職ではなく、キャリアアップ転職を成功させることができるでしょう。

転職先で即戦力として働けるように、自分のこれまでの経験やスキル、実績について改めて考えてみてください。

転職活動を始める20代男性が不安に感じることって?

次に、転職活動を始める20代男性にありがちな不安や疑問を解決していきます。

  • 転職したら今よりも良い環境で働けるようになる?
  • 経験やスキル、資格は転職で重要?

転職したら今よりも良い環境で働けるようになる?

転職自体ができたとしても、一概に転職に成功したとはいえませんよね。

給料や福利厚生などの待遇や、人間関係などの環境など、自分が転職する目的を達成できるかどうかが重要です。

20代男性の場合、30代以降に比べて求人の幅が広いため今よりも良い環境で働ける可能性はあります。

しかし、20代男性というよりも、自分自身が上手く転職できるかにかかっているため、正しく転職活動を行う必要はあるでしょう。

経験やスキル、資格は転職で重要?

先ほどもお話したように、就職して1年~3年の20代男性にはあまり経験やスキル、資格などは求められません。

しかし、資格などはあるに越したことはありません。

わざわざ資格を取得する必要はないですが、もしもアピールできる経験やスキル、資格があるのなら有効活用しましょう。

どんな資格でも良いというわけではなく、転職先で活かせる資格をアピールすることが大切です。

基本!20代男性の転職サイトの選び方のポイント3つ

転職サイトは様々な企業がサービスを展開しており、どれを選んだらいいかわからないのが本音だと思います。

そこでここでは20代男性が転職サイトを選ぶ際に注目すべきポイントについて紹介します。

希望する転職先の業界によって変えよう

人それぞれに得意分野や強みがあるように、転職サイトにも得意とする業界の分野や強みが存在します。

最近の成長が著しいIT業界の転職サイトや、介護職や看護職などの資格系の転職サイトなど業界の広がりに合わせて様々な種類が存在します。

希望する転職先の業界に強みや多くの転職実績を持つ転職サイトを利用すると、求人の専門性はもちろんのこと、コラムなどのコンテンツも充実しており、転職に必要な情報を多く集めることができます。

IT業界は特に言語や開発分野に関して専門性が分かれてくるので、IT専門の求人サイトを積極的に利用するようにしましょう。

求人の対象地域が当てはまるかどうか

求人サイトにはそれぞれ掲載している求人の対象地域があります。

全国区の転職サイトが主流ですが、やはり都市部や関東地方に求人が集中する場合があります。

一方で、地方転職をメインターゲットにした転職サイトも存在します、

転職サイトの求人の対象地域が異なるのに、そのまま求人に応募してしまうと勤務地が離れていて結局働けない、自分の求めるワークスタイルとかけ離れていたということにもつながってしまいます。

転職サイトに登録する前には、そのサイトの対象地域を必ず確認するようにしましょう。

掲載されている求人の職種について把握しておく

その転職サイトに掲載されている求人が「営業職が多い」のか「一般職が多い」のかどの職種が多いのかを確認するようにしましょう。

その転職サイトに掲載されている職種が、自分の社会人としての経験や業務経験が活かせるのかを判断する材料になります。

判断するためには自分のこれまでの経験について洗い出す必用があるので、しっかりと掘り下げておきましょう。

20代男性が転職を成功させるポイント6つ

次に、20代男性が転職を成功させるために行ってほしいことについてお話します。

先ほどお話したように、むやみやたらに転職活動を行っても良い結果は得られません。

そのため、以下の6つのポイントを押さえましょう。

  • 転職する理由や目的を明確にもつ
  • 長期的な目で転職について考える
  • 転職において譲れないものを決める
  • 自己分析を行い自分の市場価値を知る
  • 簡単に前職を辞めない
  • 不安なら転職エージェントを利用する

転職する理由や目的を明確にもつ

転職活動を行う上で忘れてほしくないのが、自分が転職する理由や目的です。

転職してどんな状態になりたいのかを忘れてしまうと、望んでいた結果が得られない可能性が高くなります。

まずは、なぜ自分は転職をするのかを明確にすることが大切です。

長期的な目で転職について考える

「今の状況から一刻も早く脱したい」と、目先のことだけを考えて転職活動を行うと後々後悔するかもしれませんよね。

転職のことだけでなく、今後の人生プランも合わせて考えることで後悔のない転職を目指しましょう。

転職において譲れないものを決める

転職する目的や、自分の人生プランについて考えた後で、転職先に求める条件を明確にしましょう。

条件を自分で決めるのは難しいかもしれませんが、基準がないとたくさんの企業の中から行きたい企業を絞れませんよね。

もし転職のやり方に不安があるのであれば、転職エージェントを利用してサポートのある状態で転職活動を行いましょう。

自己分析を行い自分の市場価値を知る

一度目の就職活動の際に自己分析をした人も多いでしょうが、転職する際にはもう一度行うことをおすすめします。

理由は、実際に社会に出た自分の考え方や価値観は、数年前と変わっている可能性があるからです。

働いてみて「やっぱりこういうことにやりがいを感じるな」「ここは譲れないところだな」と気付くことは多いでしょう。

そして、自己分析と併せて自分自身の市場価値について考えることも大切です。

一度立ち止まってこれまでの自分の行動や経験を振り返らないと、自分のもっている資産に気付けません。

自分の市場価値を見誤っていると、転職に失敗しやすくなります。

自分のことを知る時間を設けましょう。

簡単に前職を辞めない

転職する際にはリスクを最小限に抑えたいですよね。

今の仕事を早く辞めてしまいたい気持ちがあるかもしれませんが、辞めずに転職活動を行うことをおすすめします。

不安なら転職エージェントを利用する

先ほどもお話した通り、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントには、これまでに何人もの転職をサポートしてきた経験がありますよね。

一方で、あなたは転職初心者です。

知識も経験もない中で、やみくもに転職先を探すよりも詳しい人からのサポートを受けながら転職活動を行ったほうが効率的だといえます。

20代男性の転職が失敗する原因は?

意を決して転職を決めたのに、失敗したらショックですよね…

転職に失敗する20代男性の特徴に当てはまっていたら、あなたの転職活動も上手くいかない可能性があります。

失敗する原因を知り、転職の成功率をアップさせましょう。

  • 自分自身についての認識がズレている
  • 上手くいかないと他人のせいにする癖がある
  • 業界研究などの情報収集が甘い

自分自身についての認識がズレている

先ほどもお話したように、自分自身について正しく知る、つまり自己分析をしっかり行うことは非常に重要です。

「自分のことを一番分かっているのは自分だ」と思うかもしれませんが、自己分析は自分ひとりでは完結しません。

転職エージェントなどを利用して、客観的に見た自分の姿を認識するようにしましょう。

自分から見た自分と、他人から見た自分の認識がズレていると転職は上手くいきません。

上手くいかないと他人のせいにする癖がある

仕事や人間関係が上手くいかない理由を他人のせいにしている人は、転職が上手くいかない傾向にあります。

他人は簡単に変えられませんが、自分は変えられます。

次の職場では自分の力を最大限評価されたいですよね。

上手くいかなかったことについて、自分はどうすればよかったのかを考えることで次につなげることができますよ。

業界研究などの情報収集が甘い

転職をテキトーに行ってしまうと、転職自体は上手くいっても転職先で後悔することになるかもしれません。

「前職のほうがよかった…」
「思っていたのと違う…」
「待遇が悪くて後悔…」

などということにならないように、転職活動の際には情報収集をきちんと行いましょう。

知ってた?20代男性の平均年収は367万円

タイトルにもあるとおり、20代男性の平均年収は367万円です。

この金額は一人暮らしであれば十分に生活できるレベルに値します。

また、年齢別だと20代前半では265万円、20代後半だと378万円が相場のようです。

20代男性が目標にすべき年収は400万円

20代男性が20代の間に目標にすべき年収はタイトルにもある通り400万円です。

その理由としては、20代のうち30%が受け取っている金額だからです。

20代のうちに達成するのには少し高い設定になりますが、目標設定にはちょうどいいと言えるでしょう。

また、IT企業では新卒で400万円の年収を提示されることもあるので、その場合はプラス50万円を目標に設定しましょう。

20代男性の目標年収を達成できる業種・職種とおすすめの転職サイト・エージェント

20代男性が先ほど挙げた目標年収である400万円を達成できる職種・業種は以下の通りです。

職種 営業
業種 IT業界

営業は未経験でも出来るほか、出来高次第では基本給にプラスしてインセンティブをもらうことができます。

そのため、どんどん契約を獲得すればするほど給与が上がるシステムになっています。

20代男性であればまだまだ活力も体力も持ち合わせているので、活躍しやすいと言えるでしょう。

また職業選択でも男女平等になってきてはいますが、営業職は未だ男性が有利に働く職種ですのでねらい目ともいえるでしょう。

IT業界は近年急激に成長している業界です。

そのため、人材不足に悩まされており若い人手を常に欲しています。

IT・ゲーム業界は非常にニーズの高い市場ですので、給与の水準も20代にしては高く設定されています。

以下では20代男性の目標年収を達成できる「営業職」と「IT業界」への転職に強い転職サイト・エージェントを紹介します。

営業職の求人多数!「リクナビNEXT」

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、20代男性のみなさんが新卒採用の際にお世話になったであろう「リクナビ」が運営する転職サイトです。

大手の人材会社なため情報源がしっかりしていますので、安心して利用することができるでしょう。

利用料は完全無料です。

詳細はこちら

20代ターゲットの営業の求人が多いので希望収入が見つかりやすい

リクナビNEXTは20代の転職者をターゲットにして求人を紹介しています。

その中でも営業職の求人が多く、中には別の業界からでも募集をかけている求人もあります。

営業職の求人が豊富ということは、提示される収入の条件も豊富です。

そのため、400万円と言わずにさらに上の収入を目指すことも可能です。

営業職の求人を見る際は条件の部分にあるインセンティブの項目や、残業代の支給を注意してみるようにしましょう。

現在の勤務先に転職がばれない「企業ブロック」も利用できる

20代男性の中には「20代のうちに転職するのは良い印象を持たれないのでは…?」と思う方もいることでしょう。

もしかしたら転職サイトに登録してることが今の職場にバレてしまうのでは…?と不安になってしまうのも無理はありません。

リクナビNEXTでは、利用者の現職場に転職活動を行っていることがばれないように、「企業ブロック制度」を設けています。

企業ブロック制度を利用すれば、現職場にはあなたの情報は表示されずオファーも来ることはないので安心して転職活動をすることができます。

IT業界の転職に強い転職大手!「マイナビエージェントIT」

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントITは、リクナビと並ぶ日本最大級の人材紹介会社マイナビが運営する「転職エージェント」です。

通常のマイナビエージェントとは異なり、求人もコンサルタントもITを専門としているのでIT業界の転職の心強い味方です。

利用料は全額無料で、求人紹介や面接の練習など転職に関わるサポートを全て受けることが可能です。

詳細はこちら

取扱い求人の多くが大手企業なので年収アップが狙える!

マイナビエージェントITでは大手企業の求人を多く取り扱っています。

大手企業と言えば「高収入」を目指せる企業形態としても有名ですよね。

収入の高いと言われているIT業界の中の大手企業ともなれば、目標年収を達成することも可能であると言えるでしょう。

保有求人の8割が非公開求人なので好条件の求人が見つかる

マイナビエージェントITが保有している求人の8割は「非公開求人」です。

非公開求人は収入や勤務形態の面で良い条件の揃った求人と言われていますので、この求人が豊富にあるということは選択肢を多く持てるということに繋がります。

また、非公開求人の掲載されているサービスの登録者以外が応募することができないため、競争率が低く応募しやすいです。

年収以外の条件も大事にしたい…!という方にオススメです。

20代男性に人気の仕事は「ゲーム業界の仕事」

転職活動を始めるにあたって「他の20代男性はどんな仕事に興味を持っているのか」ではないでしょうか?

タイトルにもある通り、「ゲーム業界」に対して強い興味を持つ20代の男性は意外と多いのです。

でもゲーム業界に転職するのに求人をいちいち探していくのは面倒ですよね?

そこで以下ではゲーム業界への転職が可能な転職サイトを紹介しています。

ゲーム作りに携わりたいなら「Geekly」!

Geekly

 

GeeklyはIT・Web・ゲーム業界の転職に精通している転職サイトです。

項目別で転職が可能で、ゲーム業界の求人も多く取り揃えています。

また、対象者も20代をメインターゲットにしているため、条件も合わせやすいと言えるでしょう。

また、ゲーム業界でもDeNAなどの大手からアプリ制作のベンチャー企業など、企業形態も豊富にあるので、自分の働き方に合った企業を選ぶこともできます。

利用料は無料です。

詳細はこちら

20代男性が利用しないほうがいい転職エージェント

20代男性の利用をおすすめする転職サイト・転職エージェントを紹介してきましたが、もちろんその逆で20代男性が利用すべきではない転職サイト・転職エージェントが存在します。

そういったサービスを利用してしまうと、条件に合う求人を紹介してもらえない事にもつながりますので、気をつけましょう。

高年収・ハイキャリア向け「ビズリーチ」

ビズリーチはテレビCMでも放映されている転職サイトです。

そのメインターゲットは「高年収・ハイキャリア」を目的にした転職者です。

高年収・ハイキャリア求人に応募するには「目立つ成績や経験」が必要になってきます。

20代男性はまだ経験が浅く、ハイキャリアや高年収を目指すには経験値が足りないことがほとんどです。

「高年収・ハイキャリア」求人に応募する条件に達していれば問題ないのですが、達していない状態では求人に応募するどころか、求人を紹介してもらえないこともあるのです。

求人を紹介してもらえないと転職活動を進められませんよね。

そのため、転職サイトに登録するときは自分の経歴や条件が、そのサービスのメインターゲットに当てはまるかどうかを事前に確認しておくことが重要になるのです。

外資系・海外企業求人多数「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは外資系企業や海外系企業の求人を多く取り扱っている転職サイトです。

外資系企業や海外系企業は確かに提示される収入の条件が高いですが、業務内で使用が必須となる「英語」を話せることが最低条件になります。

また、国内企業よりも高いスペックを転職者に求める傾向にあるので、経験の浅い20代が転職できるのはほんの一握りと言えるでしょう。

高年収を狙うことはできますがかなり難易度が高い転職活動になりますので、20代男性には利用はおすすめできません。

キャリアに自信がないなら「JAIC」に登録しよう

20代男性の中には入社後すぐに辞めてしまってキャリアに自信がなくて転職できるか不安になっている方もいることでしょう。

ですが、キャリアに自信がなくとも転職を成功させることは出来るんです。

「JAIC」という転職エージェントは、キャリアに自信のない転職者向けに実務で活かせるような研修を数日間行った後、その研修の参加者のみが参加できる「合同面接会」を開催してくれます。

合同面接会では、20社以上の企業と同時に面接を行うため手間が省けることに加えて、キャリアではなくポテンシャル重視で採用活動を行ってくれます。

運が良ければその場で内定をもらうことも出来るので、早く転職先を決めたい20代男性にオススメです。

転職サイト・エージェントにはどれだけ登録すべき?

ここまで複数の転職サイト・エージェントを紹介してきましたが、正直どれくらい登録したらいいのか分からないですよね。

登録しすぎてメールがたくさん来てパンクするのも非効率的です。

以下では転職サイト・エージェントごとにどれだけ登録すべきかについて紹介していますので是非参考にして下さいね。

転職サイトは数に限らず登録!利用は2~3個に絞ろう

転職サイトは数に限りをつけずに登録しましょう。

実際に登録してみて、使い勝手や求人の質を比較することで自分に合った転職サイトを見極めやすくなります。

そうして比較した結果、利用する転職サイトは2~3個に絞り、他は利用を停止しましょう。

先ほども挙げたように、大量に登録したままだとメールが毎日何件も来て本当に重要な情報を見落としてしまう可能性があるからです。

利用サイトをしぼったら、情報を取り込みやすい環境づくりを心がけるようにしましょう。

転職エージェントは2個を限度に登録しよう

転職エージェントは登録すると必ず1人につき1人のコンサルタントがつきます。

そのため、転職に関する連絡事項や求人紹介で連絡を頻繁に取ることになります。

メールでの連絡だったら無視できますが、転職エージェントの中には電話で連絡を取らなければいけない場合があります。

コンサルタントの中には電話連絡が頻繁な場合がありますので、複数のエージェントに登録してしまうと電話が鳴りやまないといったことにもなりかねません。

このような事態を避けるためにも、転職エージェントは2個を限度に登録するようにしましょう。

転職サイトの選び方をマスターして転職を成功させよう

20代男性が転職サイト・エージェントを選ぶときは、自分の条件に合うかどうかを考慮した上で20代をメインターゲットにしたものを選ぶようにしましょう。

そうすることで好条件の求人や目標年収の求人を見つけやすくなります。

また、行きたい業界や職業に特化した転職サイトを使うことで、業務内容へのミスマッチを減らすことができますので是非試してみてくださいね!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件