WORKPORT(ワークポート)との面談の流れと面談前に準備しておくべきこと

ワークポート面談の流れ

ワークポートで転職活動を開始すると決めたのなら、早速「転職相談サービス」への申込みを済ませ次はとても重要な転職コンシェルジュとの面談を受けましょう。

でも「面談」と聞くと何となく緊張してしまいませんか?だけどワークポートで理想通りの転職をするには避けては通れないものなんです。

それなら「面談が必要な理由・面談までの流れ・準備と注意点」を知ってみてはどうでしょうか?

きちんとした知識を得て心構えをしておけば全く恐れる必要は無くなり、落ち着いて面談が受けられるはずです!

今回は申込みを済ませたら知っていただきたい情報として、「WORKPORT(ワークポート)の面談」に焦点を当てて徹底解説します!

転職コンシェルジュの面談は何のため?

きっとほとんどの方は「面談」を受けたくはないはずですが、これはキャリアシートなどでは伝わらない皆さんの魅力を転職コンシェルジュが知るためには絶対に必要なモノなんです。

コンシェルジュは企業と皆さんを繋ぐ存在です。その相手に自分の魅力を知ってもらうのはとても重要ですよね。

自分にとっては大したことがないと思っていた経験や資格が、実は企業から見ると大変価値のあるモノということだってあります。

面談は「アナタの価値を正確に把握し、そして最大限で企業に伝える為」に必要なことなんです。

面談を通して、あなたの本当のキャリアや考えが伝わります

  • これまでの職務経験に関する質問
  • 転職を決断したきっかけや転職目的
  • 転職先に求める条件など

これが面談時に聞かれる基本の内容です。

その他にも雑談に近い会話も行われるはずですが、上記の3項目は必ず聞かれると思っていてもほぼ間違いありません。

ある程度自分で情報をまとめておく必要はありますが、「面接」ではありませんので緊張せずに気楽に受けてOKです。

話上手なワークポートの転職コンシェルジュが皆さんの情報を聞き出してくれますから、会話が得意じゃないという方でも大丈夫ですよ!

理想の求人をゲットするには面談が重要です!

面談で聞き出した希望や情報から総合的に判断して、転職コンシェルジュは皆さんへ最適と思われる求人を選び出してくれます。

ですから有り得ない高望みをした希望を出したり、必要な情報を伝えることができなければ「アナタにとってベストな求人」が紹介されないかも知れないということにもなります。

そう考えてみれば、この面談がとても重要なものだということがわかりますね。

でも「面接ではないので緊張する必要はなく、見栄を張ったりせず素直に話すことが大切」ということも忘れないでくださいね。

面談を受けるまでの流れ

次は、申込みから実際に面談を受け求人が紹介されるまでの流れをご説明します。

  1. 会員登録(転職相談サービスへの申込み)
  2. 面談日程の調整
  3. 面談(来社or電話)
  4. 求人の案内

流れとしては上記の様になります。

手続きなどで特に難しいところは無く、初めて転職エージェントを使うという方もあまり戸惑うことなく手続きを進められるはずですよ。

まずは会員登録

登録は公式サイトのトップページを含め、サイト内のほとんどのページに表示されている「無料相談サービスを利用する」と書かれているオレンジ色のボタンを押すことで開始できます。

  • 氏名(漢字、フリガナ)
  • 生年月日(選択)
  • 連絡先メールアドレス
  • 電話番号
  • 居住している県(選択)
  • 希望勤務地(選択)
  • 希望職種

転職相談サービスへの申込みに必要な入力内容はこれだけです。

項目数もとても少なく選択するだけの項目も幾つかあります。

特に難しい入力内容もないので、数分程度で申込みを完了させることができるはずです。

連絡を待ち、日程調整

登録が完了すれば、早ければ当日中にもワークポートより連絡が届きます。

公式サイトにも「当日から3営業日以内」となっており平日であれは翌日には連絡が来ることが多い様ですが、中には登録完了後数分で電話がかかってきたという話もあります。

そして無事に登録が終われば転職コンシェルジュとの面談調整を行うことになります。

送られてくるメールに記載されている指示通りに操作を行い「面談予約画面」から希望の日付を伝えてください。

AM10時からPM8時30分と対応可能時間も長いので、勤務後に面談も受けやすく助かりますね。

手続きが平日であれば翌日にも、専任の転職コンシェルジュから日程に関する案内メールが届きます。

面談は東京都品川区にあるワークポートの本社で行われますが、遠方であったりと都合が悪い場合には電話での面談も可能ですので、遠いからと諦めずに相談をしてみてください。

面談を受け、転職活動の本格スタート!

日程調整によって決まった日時に面談を受ければ、いよいよ求人の紹介がスタートされ本格的に転職活動が始まることになります。

求人案内は電話やメールによって行われますが、早ければ面談を受けてその場で求人が紹介されることもあります。

面談時間や約1時間(電話の場合は約30分)となっています。

前もって履歴書などを送付しておけば話はスムーズに進むはずですが、当日までには履歴書や職務経歴書の準備をしておくようにしてくださいね。

面談を受ける時の注意点

転職エージェントとの面談は気楽に受けていただいて問題ないのですが、ある程度の準備をしたり注意点を気にする必要はあります。

考えをまとめておくのも大切ですし、服装も本当の意味で「なんでも良い」わけではありません。

また当日の行動も計画的に行い、面談中も常識的な対応をしなければいけません。

とは言っても特別難しい注意点があるわけではないので、それほど心配する必要はないんですけどね。

考えをある程度まとめておく!

前段階の準備は「情報をわかりやすくまとめる」だけでOKです。ここで言う情報とは職歴や転職理由、希望条件などです。

自己アピールも考えておければ良いのですが、これはちょっと難しいかも知れませんね。どれもできる範囲で大丈夫ですので、時間がある時に一度考えてみてください。

もしワークポート側にとって必要な情報が不足している場合には、ちゃんと転職コンシェルジュが上手に聞き出してくれます。

何時間もかけて考えをまとめるなんてことは、無理にしなくても大丈夫ですよ!

常識の範囲の服装で!

「面談はスーツで」と思っている方も多いかも知れませんが、ワークポートの転職コンシェルジュとの面談は「カジュアルな服装でOK」となっています。

もちろんスーツがダメというわけではありませんが、リラックスできる堅苦しくない格好で問題無いのです。

でもアクセサリーをたくさんジャラジャラ付けていたり、奇抜な格好で行くのはダメですよ!

会社に行く時に着ていける様な、少し落ち着いた服装を選択する様にしましょう。

態度も見られています

「面談は面接ではない」ので面談中も背筋をピッと伸ばし、全身に緊張感を漂わせながら言葉を選び話さなくても大丈夫です。

でも転職コンシェルジュが会話を通して皆さんの「素の姿」を見ているのも事実です。

「社会人としての資質」とでも言うべきかも知れませんが、あまりにも常識の無い行動・言葉遣いをしていてはワークポート側からしても企業に紹介しずらいですよね。

その点は頭に入れておく必要があるかも知れません。

面談当日に遅刻したりするのも当然ですが印象はよくありませんので、ワークポートまでの行き方や電車の時間などもきちんとチェックしておいてください。

本気で転職を目指すなら、本気で面談を受けましょう!

最後にWORKPORT(ワークポート)の面談で最も重要なポイントをお伝えします。

それは「全てを包み隠さずに正直に伝えること」です。

自分の特徴を聞かれたとすれば、良い面も悪い面も思い付く通りに伝えてください。特にマイナス面の情報を隠したりするのはおすすめしません。

なぜなら自分が良くないと思っていることが、転職のプロから見れば良い特徴になったりもするからです。

また思いや考えを正直に伝えないと、皆さんと転職コンシェルジュとの間で意思疎通ができません。

結果として期待する様な求人が紹介されなかったり、コンシェルジュが企業に伝えた情報と皆さんが面接で応える内容に差が産まれてしまったりしてしまいます。

皆さんが本気で転職を目指すなら、面談も本気で受け思いと考えを全て伝えましょう。それができれば、面談は大成功となるはずですよ!