2年目看護師は転職できる?メリット・デメリットと転職を成功させるために必要なこと

新卒1年目のころは、新しい環境に慣れるのに必死でしたが、2年目は仕事にも少し慣れて、余裕が出てくる頃ではないでしょうか。

周りが見えてくると、「上司からのあたりがきつい」「夜勤続きで体を壊してしまった・・」など「こんなはずではなかった!!」という方もいらっしゃると思います。

就職したらとりあえず3年と言われていますが、看護師は資格という武器があり、2年目でも転職先は見つかります。

ここでは2年目で転職することのメリット・デメリットと転職を成功させるために必要なことをご紹介していきます。

2年目で転職は早すぎる?

日本看護協会によると、新卒の看護師の離職率は7.8%と言われています。

離職率7.8%というのは、約13人に1人は1年以内に転職しているということです。

7.8%は平均の数字ですので夜勤がある病院はもっと高い離職率でしょう。

看護師は5年に一度は転職すると言われている業界です。

女性が多い職場であるため、結婚・出産・育児のために転職することがその背景にあげられます。

2年目の看護師の方が転職を考える理由としては、

  • 後輩が入ってきたことのプレッシャー
  • 自分だけ教育担当がついている
  • 他に興味があることがでてきた
  • 人間関係が不満
  • 職場が遠い
  • 給料への不満
  • 夜勤がきつい

などがあげられます。

看護師2年目は新卒に比べて、他への興味が出てきたり、同期や後輩との成長スピードの差に悩み、転職するケースも増えています。

2年目で転職することのメリット

2年目に転職するメリットは以下の通りです。

  • 1から教える必要はない
  • 新たな環境にも対応できる

1から教える必要はない

看護師2年目は厳しい研修や使用期間を乗り越えていますので、新卒のように1から手取り足取り教える必要がありません。

さらに、看護師としてまだまだ新しいことを吸収できるのが2年目です。

まだまだ成長する可能性を秘めています。

また、新卒1年目でやめた場合は新卒2年扱いになりますが、看護師2年目で、転職した場合は中途採用扱いになります。

新たな環境にも対応できる

看護師2年目は看護師3年目に比べて経験は浅いですが、そのかわり新しい職場に柔軟に対応できます。

そのため、前の職場で長く働いている人よりも、2年目の方が転職先になじみやすいというメリットがあります。

2年目で転職することのデメリット

  • 忍耐力がない人なのかと思われる
  • 経験不足だと思われる
  • 応募すらできない場合もある

忍耐力がない人なのかと思われる

2年目で退職していることで、採用担当者には「またすぐに辞めてしまうのでは・・」と思われる可能性があります。

そのため、3年目以降の人と比べると難易度は上がるでしょう。

面接では必ず聞かれる項目になりますので、担当者が安心できるような理由を用意し、アピールしましょう。

経験不足だと思われる

看護師2年目は1年目より経験はあるといっても、やはり3年目以降の人とは経験もスキルも劣る場合がほとんどです。

即戦力を必要としている病院の場合、経歴2年目は経験不足とみなされてしまうことがあります。

少人数で仕事をしているところはまだ新人を育てる余裕がないため、経験が少ない2年目は採用されにくいでしょう。

応募すらできない可能性がある

例えば「臨床経験3年以上」と条件の記載がある場合は応募すらできないのが、2年目のデメリットです。

本当に行きたい場合病院に、実務経験3年以上と書かれている場合は応募することすらできません。

やはり、3年以上働いた人に比べると選択肢は狭くなるでしょう。

やっぱり3年働いた方が有利なの・・?

先ほども述べた通り、2年目で退職することでのデメリットは避けられません。

一般的には「とりあえず3年」と言われています。

とりあえず3年以上と言われているのは、3年以上働くと経験をアピールできるほか、忍耐力もある程度はあると見てくれるからです。

しかし、一般の企業の転職に比べて、看護師は2年目でも転職先に困ることはありません。

それだけ「資格がある」ということは強みになるということですね。

看護師は職場の環境に左右されやすい仕事のため、「職場を変えたことで人生が変わった」という方も珍しくありません。

現在は多くの病院で看護婦が不足してあり、経験が少ない看護婦でも採用される場合が多いです。

転職を考えている方も諦めないでくださいね。

そして、転職する場合は今の悩みを解決できる職場を探しましょう。

2年目の転職を成功させるために必要なこと

看護師では2年目の転職は珍しくなく、働き口も見つかりやすいですが、転職を成功させるためには準備が大切です。

退職理由をしっかりと用意しよう

転職理由は必ず聞かれる項目ですので、面接の際にきちんと答えられるように準備しておきましょう。

家庭の事情や結婚・出産などのやむを得ない事情の場合、ある程度正直に話しても問題ありませんが、人間関係や、待遇面の不満が原因の場合、そのまま伝えてしまうとあまりいいい印象は持たれません。

ネガティブな退職理由の場合はポジティブな理由に変換できないか考えましょう。

(例)
○○の分野に興味を持ったが前職では勉強できない分野だった。
自分の資格を活かせる環境に身を置きたい

「またすぐ辞めるのでは・・?」という面接官の不安をなくしてあげることが面接突破に近づきます。

看護師の転職は面接が決め手!好印象を与える志望動機・自己PRを教えます

転職先に求めることを整理しよう

看護師2年目の皆さんは新卒ときの病院選びとは違う価値観を持っているはずです。

転職先に何を重視するのか整理できないまま「逃げる転職」をしてしまったり、「何となく職場を選んだりしてしまうと、また同じようなことで悩み転職を考えることになってしまいます。

  • 給料は少し減ってもいいから、きちんと休みが取れる職場にしたい
  • ○○科に興味があるから、○○科があるところに努めたい
  • 子供の送り迎えがあるから、職場は自宅から近いところがいい

など、求めている条件は人それぞれだと思います。

自分が職場に何を求めるのか、1度立ち止まって考えてみましょう。
志望動機をはっきりさせることにも繋がります。

看護師としての将来のことを考えよう

職場でどうなりたいかを考えて余裕のある方は、将来自分が看護師としてどうありたいかを考えてみましょう。

特に女性の方は、結婚・出産・出産などのプライベートな理由で転職する可能性もあります。

家庭との両立を考えたとき、どんな職場がいいかを考えることで転職先を選ぶ基準も変わってくるのではないのでしょうか。

円満転職を目指そう

次の職場で気持ちよく働くために、今の職場では円満退社を目指しましょう。

家庭の事情や結婚・出産などやむを得ない理由は正直に話してOK。

人間関係や待遇面の不満などのネガティブな理由の場合は、勉強したい分野があるといったポジティブな理由に置き換えて話しましょう。

教育制度がきちんとしている職場を探そう

看護師2年目はまだまだ学ぶことが多いため、教育制度が整っている職場や先輩が丁寧に指導してくれる職場を選ぶことが大切です。

新しい職場で教育が受けられないと、戦力になることができず、周りとの格差に悩み、転職を繰り返してしまう原因にもなります。

まだまだ吸収でき、成長する可能性を秘めている2年目だからこそ、教育制度が整っている職場を探しましょう。

周りの人に相談する

転職に悩みはつきものです。迷ったらひとりで 抱え込まず、周りの人に相談しましょう!

職場の人には相談できませんが、看護学校の先輩や同じ業界で働いている友達の中には、転職を経験している人もいるはずです。

価値観の近い人からのアドバイスは大変参考になるでしょう。

転職に狙い目のタイミングがある!

転職に適した時期に転職することも、成功させるコツのひとつです。

1月・7月・8月・9月が狙い目と言われています。

それぞれ月が退職に適している理由について、簡単にご説明します。

  • 1月・・看護師の冬のボーナスは12月。もらってから転職する看護師が多いため病院は人手不足になりやすいです。良い病院も空きが出る可能性があります
  • 7月・・看護師の夏のボーナスは6月で、もらってから転職する人が多いため、求人が増えます。また、看護師は交代で夏休みをとるため人手不足になりやすいです
  • 8月・・公務員看護師の求人募集があります。国立・県立の病院への転職を考えている方はこの時期の転職活動がおすすめです
  • 9月・・夏の美ボーナス後に退職した看護師の補充のため、転職に適しています

看護師の転職には「看護師向け転職サイト」がおすすめ!

転職サイトを利用するなら、一般の求人サイトよりも募集が多いため、看護師専用の転職サイトを利用しましょう。

転職で悩んだ時の相談相手にもなってくれますし、非公開求人も見ることができます。

さらには、病院の内部情報を教えてくれるため、職場の雰囲気や労働環境などを知ることができます。

人間関係や労働環境で悩んで転職を決めた方は、求人票に載ってない詳しい労働状況を知ることができますので、安心ですね。

見事、合格してからも、お給料の干渉や提出する書類の準備を代わりに行ってくれます。

看護師におすすめ!転職サイトランキング【口コミ徹底比較!】

ハローワークは求人の質が良くありません。
担当者は求人に載っている情報しか分からず、病院の内部事情まで知ることができないため、職場を探す手段としてはお勧めできません。

看護師の転職にお勧めの転職サイト3選

看護のお仕事 総合サイトNO.1 公開求人数5.3万

看護のお仕事

「看護のお仕事」は日本最大級の看護師向けサイトです。

丁寧な相談で膨大な量の求人があるため、希望の転職先が見つからないという口コミは見つかりません。

面接・退職の際だけでなく、入社後もフォローしてくれるためサポートが手厚いです。

正社員ではなく、派遣社員を考えている方には、「看護のお仕事(派遣版)」があります。

看護のお仕事の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

ナースではたらこ サポート満足度はNO.1 求人数0.8万

ナースではたらこ

「ナースではたらこ」はバイトルも手掛ける人材会社ディップの看護師向け転職サイトです。

ナース・キャリア・ステーションでの対面支援を行っており、サポート満足度はNO.1。

電話対応を24時間受け付けているので、忙しい方にもぴったりです。

また、病院を指名できる「逆指名」制度があり、気になる病院を言えば求人を探してくれるので、行きたい病院がある人におすすめです。

ナースではたらこの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

看護roo! 求人の評価が高い 求人数2.1万 非公開求人5万以上

看護roo

ホームページには出せない良質な求人が沢山掲載されており、求人の質も高いと評判です。

面接にまで同席してくれるサポートの手厚さのため、面接が苦手の人も安心です。

看護roo!(看護ルー)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

まとめ

看護師の2年目は1年目の頃とは物の見方がかわり、自分自身のこと、仕事について、職場について・・など、いろいろ見えてくる頃なのではないかと思います。

そんな2年目は「なぜ転職したいと思ったのか」「これからどういう職場でどのように働いていきたいのか」を見つめ直す絶好の機会ではないでしょうか。

2年目で転職することは一般の企業よりは多いですし、職場も見つかりやすいでしょう。

しかし、メリットもデメリットもあるためしっかりとした準備が大切です。

まずは、自分自身で転職する理由と将来の見通しを立てることで成功に近づきます!