看護師を辞めたい…仕事が辛いときの7つの解決策

屋上にいるナース

看護師の多くは「辞めたい」と思ったことが1度はあるのではないでしょうか。

辞めたい気持ちは、年齢や経験年数に関わらず、どの年代でも湧き起こる思いです。

漠然と思っているだけなら良いのですが、明確な理由があって辞めたい場合、そしてその理由のため仕事に行くのが辛くなったとしたら、とても大変なことですね。

辛い状態が続くことで心身の健康が損なわれてしまうこともあります。

仕事が辛い時は気持ちにゆとりがなく、視野も思考も狭くなりがちです。

辞める前に気持ちが少しでも軽くなる解決策を考えて行動していきましょう。

看護師が仕事を辞めたい理由トップ5

看護師が辞めたいと思うくらいに悩む事柄としては5つが挙げられます。

人間関係

医療の世界は専門職の集まりです。

一般企業と比べるとそれぞれの立場での行動や意見があり、人間関係も複雑になりがちです。

さらに患者さんやそのご家族と良い関係性を築くことが必要になりますので、人間関係の悩みで辛くなり辞めたいと思う看護師は多いですね。

仕事の質と量

夜勤が辛い、残業が多い、研究など業務以外の仕事もある、教育担当になったなど、仕事の内容や量に関する辛さもあります。

年齢を重ねると体力的に辛くなると感じている看護師も多くいます。

お給料が安い

仕事の内容に対して、お給料が見合っていないと感じている看護師は多いのではないでしょうか。

少しくらい仕事が大変だと感じても、お給料が高いとモチベーションが上がることもあります。

仕事も大変でお給料も少なければ、辞めたいと思っても仕方がないかもしれませんね。

看護師の平均年収はどれくらい?転職で年収をアップさせる方法

ライフステージの変化

結婚や出産、引っ越し等で、それまでと生活が変わった時、辛さを感じる看護師もいます。

特に結婚、出産は看護師が離職する理由の上位に入っていますので、両立が難しいと感じたら辞めたいと思うようになるようですね。

やりがいを感じられない

毎日義務感のように働くことは辛いことです。

大変なことも充実感や達成感があるとがんばれることもたくさんあります。

そもそも自分は看護師に向いているのか?という思いも生まれ、1度仕事を辞めて今後を考えたいと感じるようになります。

1 同僚や先輩に相談をする

仕事が辛くなってすぐにできることは、同僚や先輩に話を聞いてもらうことですね。

「辛い」「辞めたい」気持ちから抜け出した時の体験談を聞くことで解決へのヒントが見つかるかもしれませんし、アドバイスをもらえるかもしれません。

身近な人に相談はとても効果的ですよ。

もし具体的な解決策が見出せなかったとしても、女性は特に話をするだけでも心が軽くなりますので、ひとりで悩むことがないようにすることが大切です。

相談する時のポイントは、愚痴で終わらせないことです。

批判的なことを言うのは簡単ですが、それだけでは解決に向かいません。

少し客観的に冷静に話をすることが必要なのです。

そのためには普段から話を聞いてくれる存在を作っておく必要があります。

もし同じ職場に話せる人がいなかったら、看護学校の同期や先輩でも良いですよ。

2 上司に相談をする

仕事の悩みは個人だけで対応するのが難しいこともありますので、遠慮せずに上司に相談しましょう。

夜勤が辛い、残業が辛い、休みが少なくて疲れが取れない、人間関係でどうにもならない悩みがあるなどの場合は、同僚や先輩に相談をしても解決しにくいものです。

上司に相談をすることで、夜勤を減らしてもらったり、休めるシフトにしてもらったり、休職・異動を含めた解決策を講じることができます。

もし上司との関係性に悩み辞めたいと感じている場合は、さらに上の立場の人に相談をするようにしてくださいね。

3 まとまった休暇をもらう

どうしても仕事に行くのが辛い場合は、有給休暇を使うなどをして、しばらく休むことも必要です。

場合によっては休職という方法で数ヶ月休むこともできますが、1週間くらい休むだけでも心が軽くなることがありますよ。

体を休めるのも良いですし、旅行に行くのも良いですし、家のことに集中するのも良いです。

単発の休みですと、寝て終わる、家族や子供の用事、家族の介護などで終わってしまうことも多いのではないでしょうか。

まとまった休暇を取って自分のために時間を使ってみましょう。

悩みにより体調不良がある場合は、休暇ではなく休職をする方が良いですね。

仕事の悩みが原因でうつになる人もいますので、そうなる前にしっかり休むことが大切です。

4 気持ちの切り替えをする

辛いと感じている時は、仕事にすべての意識が集中している可能性があります。

日々の中で気分転換や気持ちの切り替えをすることで、前向きな気持ちになれます。

職場を出たら仕事のことを考えない

仕事上の悩みで辛い時は、職場を出たら考えないようにすることが大切です。

解決策を見つけようと必死になるあまり、四六時中考えがちですよね。

問題から少し距離を置くことで、冷静になり今まで思いつかなかった良い方法が浮かぶこともあります。

寄り道をしてから帰る

オンとオフの切り替えをするために、仕事が終わったらプライベート時間だと意識するようにします。

そのためには帰る前にどこかに寄りましょう。

カフェでも良いですし、ショッピングに行くのも良いですね。

特別なところではなくても、スーパーでも良いのです。

仕事に関係ないところに行くことが大切です。

自分だけの楽しみを見つける

何かひとつでも良いので、仕事以外に集中できることをしましょう。

習い事をしていたらその回数を増やしてみるのも良いですよ。

ドライブが好きならドライブを、映画鑑賞や音楽鑑賞が好きであればその時間を、ひとりの時間が好きならひとりの時間を増やすようにします。

心が喜ぶことをしてくださいね。

友達や家族と話をする

女性は話をするだけで気分転換が可能です。

職場の人以外の人と話をする機会を作りましょう。

友達でも家族でも、恋人でも良いので仕事以外の話をすることがポイントです。

悩みや辛さから離れる時間が必要ですよ。

5 思いっきり泣いてみる

泣いて辛さは解決できないと思われるかもしれませんが、泣くことは気持ちを楽にしてくれます。

看護師は責任感が強く、まじめな人が多いため、悩みを溜め込みがちです。

この溜め込みが気持ちをさらに窮地に追いやります。

心を柔軟にしておかなければ良い解決策を考えようにも考え付かなくなります。

心に隙間を作るためにも、泣くことは効果的ですよ。

辛いことを思って泣くのも良いですが、悲しい映画を見る、泣けるドラマを見る、感動できる小説を読むなどでも大丈夫です。

泣く理由は直接の悩みではなくても良いのですよ。

6 辞めるメリットと辞めないメリットを考える

辛くて仕事を辞めたいと思った時は、解決策を見つける他に今すぐ辞めるメリットと辞めないメリットを考えてみましょう。

今すぐ仕事を辞めるメリット

  • 今ある辛さから解放される
  • 心も体も楽になる

何よりも今ある辛さから解放されるのは大きいですよね。

心身に何らかの不調がある場合は、体調を整えることができますし、自分にあった働き方や時間の使い方ができるようになります。

ライフステージの変化がある人は、理想通りの生活が可能になります。

今すぐ仕事を辞めないメリット

  • 新しい解決策が見つかる
  • 成長のチャンスになる

看護師の悩みは年代や職場によりそれほど差がありません。

完全に仕事を辞めない限り、今ある辛さからの解放は一時になる可能性があるのです。

辞めないことで新しい解決策が見つかる可能性が広がりますし、自分自身の成長のチャンスにもなりますよ。

どちらのメリットが魅力的かを考える

今すぐ辞めるメリット、留まるメリットの両方を考えて、どちらが自分にとって有益だと感じますか?

体に影響が出ているような場合は辞めるメリットが強いかもしれませんが、まだそこまでではない場合、少し先の自分を想像して考えると良いですよ。

1年後どうなっていたいかを考えた時に、どちらが良いかの答えが出ます。

辞めることは簡単ですので、解決策と共にこれからの看護師生活を考えてみましょう。

7 どうしようもないなら転職する

どうしても現状では解決策が見出せない時は、転職も考えましょう。

看護師の働く場所はたくさんありますので、辛さから解放される職場を探すのは不可能ではありません。

悩み別転職探しのポイントをまとめました。

「転職したい」と思ったときに取るべき行動!後悔しない転職活動の秘訣

人間関係を解決したい

人間関係の悩みはどこに行ってもあるものですが、諦めることはありません。

実際に働いている看護師から話を聞いたり、転職サイトのアドバイザーに聞くなどの情報収集をする方法があります。

その他にも面接時の面接官の表情や言葉使い、口調からも想像できます。

院内見学の時の職員の様子や患者さんと話している様子をチェックすると良いですよ。

働き方を変えたい

夜勤が辛いのであれば、外来やクリニック、介護施設、企業などの夜勤のないところが良いですね。

これらの職場は残業も少ないですし、研究発表や教育担当になることもほとんどありません。

病院にこだわりたいのであれば、規模の大きな病院は夜勤者の人数も多めですから、小さな規模の病院よりは負担が軽くなります。

収入をアップしたい

最先端医療の病院や専門性が高い病院ではお給料が高く設定されているところが多いですね。

月々のお給料をアップしたいのであれば、手当が充実しているところが良いですし、年収をアップさせたいのであれば基本給が高いこところを選ぶと良いでしょう。

家庭や子育てとの両立を図りたい

子育て中の看護師が多く働いているところは、ママさん看護師にやさしい職場と言えます。

看護師の年齢の幅が大きいところは、結婚や子育て経験者も多く相談に乗ってもらいやすいですし、休み希望が重なる可能性も高くないため、両立が図りやすくなります。

やりがいを見つけたい

自分が興味のある分野を明確にするのが良いのですが、それがわからない場合は、たくさんの診療科がある病院が良いかもしれませんよ。

院内異動を希望することで定期的に環境が変わりますので、楽しさを見出しやすくなります。

自分に合った仕事の見つけ方!転職で悩んでいる方必見!

諦めなければ解決策は必ずある

働いてみないと看護師の大変さを実感できない部分もありますし、日進月歩の医療界では悩みは尽きません。

辛くて辞めたくなることもあると思います。

そして今現在、解決策が見つからずに悩んでいる最中の人もいるかもしれませんね。

どんな悩みも問題も、解決策がないものはありません。

必ず方法はありますので、諦めずにいろいろな方法を試してみてくださいね。

看護師におすすめ!転職サイトランキング【口コミ徹底比較!】