看護助手に絶対おすすめ転職サイト・エージェントランキング

看護助手に絶対おすすめ転職サイト・エージェントランキング

「看護助手で転職を考えているけど、どの転職サイトを使えばいいかな」

「評判が悪い看護助手の転職エージェントを選んでしまったらどうしよう」

あなたはこのような疑問や悩みを抱えていませんか?

看護助手は看護師よりも求人数が少ないこともあり、転職に不安を感じてしまいますよね。

そこでこの記事では、どの転職サイトを使えばいいかわからない看護助手のあなたのために、看護助手におすすめの転職サイト・エージェントを紹介します。

あわせて、看護助手の転職で成功するコツや看護助手におすすめの転職先、看護助手からステップアップする方法についても触れています。

この記事を読めば看護助手におすすめの転職サイト・エージェントがわかり、満足のいく転職活動ができますよ。

ぜひ、参考にしてください。

1位 ジョブメドレー

ジョブメドレー

項目別おすすめ度
4.25
求人数
(4.0)
大手
(3.0)
地方
(5.0)
サポート力
(5.0)
求人数 3,004件+非公開求人
対象エリア 全国
ジョブメドレーのおすすめポイント

ジョブメドレーは、株式会社メドレーが運営している看護師・看護助手向けの転職サイトです。
ジョブメドレーには3,004件もの求人が掲載されており、多くの看護助手求人の中から自分に合った求人を探せます。
ジョブメドレーの特徴は、看護助手の特集が組まれている点です。
職場の環境が掲載されている看護助手の求人、職員の声が読める看護助手の求人、未経験OKの求人、育児支援ありの求人などがまとまって紹介されています。
また、看護師転職サイトには看護助手の情報が少ないケースが多いですよね。
ジョブメドレーでは看護助手の就職・転職傾向や看護助手転職におけるポイントなども紹介されているので、看護助手が転職に必要な知識を手に入れられます。
ジョブメドレーはLINEで相談できるシステムも導入しており、手間なく転職活動を進めていきたいあなたにおすすめの転職サイトです。

ジョブメドレーのメリット

  • 必ず役立つ仕事探し術を利用すれば、転職に関する情報をたくさん見られる
  • 無料会員登録をするとスカウトを受け取れる可能性がある

ジョブメドレーを実際に利用した人の口コミ・評判

性別 男性
年齢 29歳
地域 岡山県
転職前の年収 250万円
転職後の年収 300万円

男性で看護師、看護助手と言うと、やはりまだまだ人数が少ない状態です。そんなわけで、職安などに行くと変わった目で見られます。悪意はないのでしょうが、それが嫌でした。サイトを利用しての転職だと周りの目を気にすることなく、加えて迅速に転職活動に打ちこむことができました。転職サイト求人では、看護師だけではなく、看護助手も対象となった求人がたくさんあります。自力で探すよりも、向こうからおすすめしてくれる求人があったりしたので、それが大変助かりました。

ジョブメドレーの詳細ページ

看護プロ

看護プロ

項目別おすすめ度
4.00
求人数
(3.0)
大手
(3.0)
地方
(5.0)
サポート力
(5.0)
求人数 978件+非公開求人
対象エリア 全国
看護プロのおすすめポイント

看護プロは、株式会社ローザスが運営している看護師・看護助手向けの転職サイトです。
看護プロには978件の看護助手求人が掲載されており、転職者アンケートでは「友人にも紹介したい率」97.6%と利用者からも高評価を受けています。
看護プロの特徴は、看護助手の求人に耳寄り情報が掲載されている点です。
「勤務している9割の看護師は残業がほぼ0」「仕事とプライベートとのメリハリをつけられる」「有給消化率が100%」「夏季休暇は有給休暇と合わせて1週間以上連休を取得できる」など、たくさんの福利厚生の情報を見られますよ。
土日も10時〜19時まで電話対応を行っているので、仕事や家事が忙しい看護助手の方におすすめです。

看護プロのメリット

  • 病院・施設で働いていた人の生の声を見られる
  • 病院訪問記を見れば、病院に足を運ばなくても職場の雰囲気がわかる

看護プロを実際に利用した人の口コミ・評判

性別 男性
年齢 33歳
地域 長野県
転職前の地域 300万円
転職後の地域 360万円

看護助手でも看護師転職サイトが使えたことが、今でも驚いているところです。私は地域の(家から近い)病院にて、看護助手をしていました。職場の同僚で、看護師の転職サイトでも「看護助手の募集もあったよー」と聞き調べてみると、丁度自分の地域で当てはまる条件(給料up、働き安い)の病院があったので応募をしてみました。結果、サイトの使用がきっかけで転職し給料も上がり、入ってみたら職場環境もいい所に移れました。
次に、看護助手の転職で成功するコツを紹介します。

看護プロの詳細ページ

看護助手の転職で成功するコツ

これから説明するコツを抑えておかないと、看護助手の転職活動は上手くいきません。

初めて看護助手の転職活動を経験する方は必ず目を通してください。

看護助手の転職は志望動機が大切

看護助手の転職で最も大切になるのが、「志望動機」です。

志望動機の質問ではあなたの志望度合いや熱意を見られており、志望動機をしっかり話せないと面接で失敗してしまいます。

病院の理念や方針を理解しておかないと志望動機は話せないので、事前に病院のパンフレットやホームページをチェックしておくべきです。

志望動機を話す際は、自身の希望や将来のキャリアを伝えられるといい評価を得られやすいので考えておきましょう。

転職エージェントなら志望動機の添削もしてくれる

「志望動機をしっかりと答えられるようにしておく必要はわかったけど、一人で対策できない」という看護助手の方もいらっしゃいますよね。

志望動機を一人で考えるのが苦手な人は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントを利用するとコンサルタントがついてくれ、あなたの志望動機を徹底的に磨き上げてくれます。

なぜなら、転職エージェントは看護助手に転職してもらえると病院からお金を貰えるからです。

転職エージェントは志望動機の添削のみならず面接対策や履歴書の書き方なども教えてくれるので、初めて転職を経験する方はかなり役立ちます。

看護助手におすすめの転職先は?

「看護助手の資格を活かして転職したい」ということであれば、介護業界への転職がおすすめです。

医療の知識を備えている介護士は少ないので、看護助手の経験は重宝されます。

また、あなたは普段から看護助手の業務で、患者さんの食事・入浴介助や移乗介助を行っているはずです。

患者さんの食事・入浴介助や移乗介助経験は、介護業界でも間違いなく活きてきます。

医療業界と同じく介護業界も深刻な人で不足に悩まされており、転職もしやすいのでおすすめです。

看護助手からステップアップするには?

最後に「同じ職種で転職するのではなくキャリアアップを目指したい」という方のために、看護助手から看護師にステップアップする方法を紹介します。

看護助手から看護師にステップアップするには、次の2つのステップを踏む必要があります。

  1. 看護系の4年生大学、もしくは看護短期大学などの専門学校を卒業する
  2. 看護師国家試験に合格する

看護助手として働きながらのステップアップも可能ですが、間違いなくハードな生活を強いられることになります。

医療関連の学校の授業料はかなり高額ですが、奨学金制度を用意している学校も多いです。

また、病院の中には看護助手のステップアップを金銭面で支援してくれるところもあります。

看護師や准看護師へのステップアップを考えている人は、ステップアップを支援してくれる病院に転職するのも1つの手です。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件