50代看護師の転職は厳しい?採用を勝ち取る方法

50代看護師の転職は厳しい?採用を勝ち取る方法

50代ともなると、看護師としては相当なベテランです。

管理職として現場スタッフの管理や指導、育成などを行っている方が多くなり、かつ転職活動の難易度も高くなる年代です。

今回の記事では、50代の看護師の方の転職について徹底解説。転職活動において50代という年齢がどうみられるのか。

有利になるポイントや、反対に不利になるポイントはあるのか。

そして転職を成功させるためのコツや、50代の看護師の方にこそおすすめの転職エージェントについてもご紹介します。ぜひサービス選びの参考にしてください。

50代看護師の転職は厳しい?

最初に申し上げておくと、看護師に限らず50代の転職は相当難易度が高くなります。

転職活動において有利なのは、ある程度若い年代。ベテラン層は現場スタッフとして迎えるわけにいかず、役職者としての採用が中心になります。

結果的に、年齢を重ねるにつれて管理職としての経験や専門性などが求められるようになります。

病院以外の医療施設ならまだまだチャンスはある

もし管理職のご経験がないのであれば、病院への転職は難しいかもしれません。

しかし病院以外の医療施設であれば、年齢に関係なく採用される可能性はあります。

例えば介護施設や検診センターなどがその代表例。看護師としての経験を活かしながら仕事が出来ます。

また医療施設以外にも教育機関で指導者として活躍したり、企業の医務担当として働く元看護師の方もいらっしゃいます。こうした選択肢も視野に入れてみましょう。

実績があれば管理職としての転職も可能

看護主任や看護師長、看護部長など管理職の経験がある方は、その実績を買われて管理職や管理職候補として充分に転職可能です。

経験を買われての転職となるので、給与や待遇も相当のものが期待できます。

50代看護師が転職で有利になる点

次に、転職活動において50代看護師が有利になるポイントを3つにまとめます。

年齢を重ねることが、むしろ有利になることもあります。それをきちんと理解して転職活動をするかどうかで、成功の確率は大きく変わるでしょう。

長年の実績があるから安心

50代ということは、看護師として30年以上の経験があるということ。

長年の実績の中で積んだ経験と蓄えた知識は、採用する病院側からも重宝されます。

リーダー職を任せやすい

長年看護師として仕事をしてきたのであれば、リーダーや主任、管理職などの経験がある方も多いはず。

そういったご経験があれば、病院側としてもリーダー職をすぐに任せられるため、採用しやすくなります。

結婚・出産による退職リスクが低い

採用側がリスクに感じるのは、結婚や出産による退職です。

せっかくコストをかけて人を採用して育てても、退職してしまえば大きな損失です。

特に20代~30代の方はこれから結婚や出産を迎える方が多く、そうなると退職につながりかねません。

しかし50代の方であればそうしたリスクがほとんど無く、退職リスクも格段に低くなります。

50代看護師が転職で不利になる点

有利になるポイントとは反対に、不利になるポイントも把握しておきましょう。

不利なポイントを知って、それをケアできるような自己アピールができれば、より採用の可能性は高くなります。今回は3つのポイントをご紹介します。

若手と比べて給料が高い

年齢である程度年収額が決まるような給与体系の場合、50代の方を迎えるとなると若手と比べて給料を高く設定しなければなりません。

もちろん経験や知識に対して正当な対価は支払われるべきですが、病院側にとって高い人件費はリスクになってしまうことも確かです。

面接や条件交渉の場で希望年収について伝えることもあるかと思いますが、あまりに高額な給料を要望するのではなく、「入社後に評価されるよう努力し、自分自身で給料を上げていく」という姿勢を見せることが大切です。

今後働ける年数が限られている

定年の年齢は病院によって異なると思いますが、60~65歳くらいで設定されていることがほとんどです。

となれば、今後どんなに長く働けても15年以内。勤務可能年数が短いと、病院側はそれだけ採用をためらうことになります。

限られた年数の中でも経験を活かし、努力を続け、病院に貢献していくという姿勢をきちんと伝えることが大切です。

また再雇用制度などが用意されている病院の場合は、定年後であっても貢献していくと伝えるのも良いでしょう。

若い人が多い職場では採用しづらい

若手中心の職場の場合、50代の方が入社してくると職場の雰囲気に馴染まない可能性もあります。

もちろん仕事に年齢は関係ないかもしれませんが、人間関係や雰囲気を大切にする職場の場合は、年齢がマッチするかも重要視しています。

無理に若手の方の雰囲気に合わせる必要はありませんが、若手の中でも上手にコミュニケーションが取れることや、先輩としてうまく接していくといった旨を伝えるようにしましょう。

50代看護師の転職を成功させるコツ

次に、50代看護師が転職を成功させるための、ちょっとしたコツを3つにまとめます。

いずれも経験やスキルに関するものではなく、転職活動における心構えです。

もちろん無理をして面接で伝える必要はありませんが、こうした心構えを伝えることで、採用の可能性は高くなります。

今の年収にこだわりすぎない

転職するにあたって、給与は有用な判断材料です。

しかし、今の年収にこだわりすぎても転職活動はうまくいきません。

病院側は、あなたを採用して、実際に働き始めるまで、スキルや能力を正確に判断できません。

つまり、入職前の条件交渉などで高い希望年収を伝えても、それに応えられないことがほとんどです。

大切なのは今の年収額ではなく、転職後に努力し、病院に不可欠な存在になることで、自分の力で高い報酬を得ていくということ。

「入社時は年収が下がっても構いません。入社後、自分自身で年収を上げられるよう努力します」という姿勢を伝えるようにしましょう。

新しい環境にもチャレンジする

これまでの経験に固執してしまう人は、新しいことにチャレンジしようとしません。

採用する側としては、そういった前向きな姿勢のない方は採用したくないのが本音。

面接などの場では、年齢やこれまでの経験に関係なく、新しいことにも挑戦し、勉強していきたいという気概を伝えるようにしましょう。

転職先の文化を尊重する姿勢をみせる

その職場には“ならでは”の風土や決まり、文化などがあります。

今までの職場の文化については一度忘れ、転職先の文化を尊重するような姿勢を伝えるようにしましょう。

郷に入っては郷に従え、というように、病院側は柔軟に対応できる方を求めています。

50代看護師におすすめ転職エージェント

最後にご紹介するのは、おすすめの転職エージェントです。

転職活動をする際は、転職エージェントや転職サイトなどの転職サービスを活用すると思います。

50代の看護師の方に特におすすめなのは、転職エージェントです。

転職エージェントとは、転職活動をあらゆる面からサポートしてくれるサービスです。

登録すると専任のキャリアコンサルタントが付いてくれて、あなたの条件に合った求人を探してくれます。

それだけでなく履歴書や職務経歴書の作成を手伝ってくれたり、面接前には受け答えの対策も行ってもらえます。

また面接日程の調整や入職前の条件交渉なども代行してくれるため、自分一人で転職活動を進めるよりもはるかに効率的です。

仕事をしながらの転職活動は、大変なことも多いと思います。

仕事や家事に忙しく時間が無い中で動かなければならず、体力的にも負担は大きいでしょう。誰かにサポートしてもらうだけで、精神的にも肉体的にも負担は軽減されるはずです。

今回おすすめするのは、数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、特に50代向きの転職エージェントです。

まだ利用するサービスを決めていない方は、ぜひ下記を参考にしていただければと思います。登録や利用は全て無料なので、まずは試しに登録してみましょう。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

まずご紹介するのは『マイナビ看護師』です。看護師専門の転職エージェントで、求人掲載件数はなんと38,000件以上。

業界でもトップクラスの掲載件数です。

マイナビ看護師を運営しているのは、人材業界大手のマイナビ。

転職サイトや転職エージェントのほか、業界・職種特化型の転職サービスを多数運営しており、実績やノウハウは申し分ありません。

また業界大手企業が運営しているサービスということもあり、利用にあたって安心感もあります。

マイナビ看護師詳細ページ

マイナビ看護師の特徴

  • 求人数は38,000件以上と業界トップクラス
  • マイナビの実績とノウハウに裏打ちされた、キャリアコンサルタントがいる
  • 大手企業が運営しているため、安心して利用できる

業界・職種特化型の転職エージェントは首都圏や大阪、愛知などに求人が集中していることが多いのですが、マイナビ看護師は求人が全国にわたっているため、地方在住の方でも使いやすいサービスです。

マイナビ看護師を利用した方の口コミ

前職は小規模医院ということもあり、キャリアに悩んでいました。遅いかとも思いましたが、思い切って規模の大きな病院へと転職を決意。ただキャリアプランが明確でなかったため、マイナビ看護師のキャリアコンサルタントの方と一緒にキャリアを考えていくところから始めました。非常に親身になって話を聞いてくださって、おかげで面接でキャリアについてきちんと語ることもできました。
51歳 女性

体力的負担を減らしたいということもあり、特に役職などは求めていませんでした。病院だけでなく介護施設なども視野に入れていましたが、キャリアコンサルタントの方にいい求人を見つけていただき、これまでの経験を活かせるクリニックに出会うことができました。本当に感謝しています。

53歳 女性

看護roo!

看護roo

次に紹介するのは、『看護roo!』です。看護師専門の転職エージェントで、37,000件以上の求人が掲載されています。求人の特徴は、高給与・休日多めの案件が豊富という点。看護師にとっては嬉しいサイトです。

看護roo!は、株式会社クイックという企業が運営しています。東証一部上場企業で、40年近く人材業界で実績を積み重ねています。年間売上は190億円以上で、人材サービスを中心に情報出版事業やIT・ネット関連事業なども運営しています。

看護roo!の特徴

  • 求人は37,000件以上と豊富
  • 年間2万人もの看護師が利用しており、利用者満足度は96%以上
  • 「高給与」「ゆったり働ける」「休み多め」「福利厚生充実」など働きやすい求人が多い

『看護roo!』は単に求人数が多いだけでなく、働きやすい求人が豊富なサイトです。

「経験5年なら月給40万円」「年間休日133日・残業ゼロ」「好きな曜日に固定休」「初年度から有給20日付与」「支度金30万円」など、公式サイト上では魅力的な採用条件が並んでいます。

もちろん全てが厚待遇ではありませんが、働きやすい求人が多いことが期待できます。

看護roo!詳細ページ

看護roo!を利用した方の口コミ

50歳を過ぎてからの転職なので、条件については全く期待していませんでした。ですが少しでも良い条件のところが見つかればと思い、ホームページで好条件の求人が多いと書かれていた看護rooに登録してみました。結果的にこれまでと同じ診療科目で、経験を活かせていますし、給与額もほとんど下がることなく転職できました。
54歳 女性
紹介までのスピードが早いことと、紹介件数が多いことがよかった。3つのサイトを一緒に使っていましたが、一番求人数は多い。コンサルタントの方の連絡なども早くて、応募から面接、入職までとんとん拍子で進んでいった。
50歳 女性
50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件