10年目の看護師が転職で成功するためのポイント

10年目看護師の転職ポイント

看護師10年目ともなると、職場によってはベテランの扱いを受けたり、役職についてマネジメントする側に回る人も増えてきます。

後輩から頼りにされる立場となり、現場の中心として活躍する、働き盛りの時期ともいえるでしょう。

しかし10年目となれば30歳を過ぎたあたりにさしかかり、いろんな葛藤が出てくるタイミングでもあります。

プライベートやライフイベントとの両立など、働き方を見直して転職したい、と考えている人も少なくないでしょう。

長く働いていれば、疲れてふと立ち止まりたくなることは普通のことです。

今回は看護師10年目の人に向けた転職活動についてご紹介します。

看護師の10年目ってどんな時期?

看護師10年目となると、年齢的には30歳を過ぎたあたり。

これからも看護師としてバリバリキャリアを積んでいくのか、プライベートとの両立ができるようにワークライフバランスのとれた働き方をするのか、それとも全く違う職業に進むか、これからの働き方に迷う年代ともいえます。

いつかは子供を持ちたいと思っている人は出産のことも視野に入れ、これからの選択についてよく考えなければいけません。

こういった悩みや迷いが出てきて、今後の選択を迫られるのが、ちょうど10年目辺りになるでしょう。

10年目の看護師はどんな理由で転職したいと思う?

では、10年間同じ職場で勤め上げた看護師の人が転職を考えるのは、どんな理由があるのでしょう?

実際の意見をもとに、みなさんが転職したいと思った理由をご紹介します。

多くの先輩があなたと同じような理由で転職を考えているので、「こんな理由で転職したいなんて甘いのかな」と自分を責めないでくださいね!

働き方を見直したい

新人の頃から無我夢中で仕事に取り組んできて10年を迎えた今、もう少しゆとりを持った働き方や生活がしたい、と自分の働き方を見直すことが多いタイミングです。

年齢的にも結婚や出産などが重なってきて、仕事中心の生活からプライベートも充実させられる働き方へシフトチェンジしたいというのも理由に挙げられます。

また、自分の理想とする看護を提供できる現場で働きたい、という思いから転職を考える人もいるようです。

マネジメントが向いていない

10年目ともなるとベテランの扱いとなり、主任などの役職に就く人も増えます。

役職に就かなくとも、リーダー業務や管理職の代行業務を担うなど、人の上に立ちまとめる側になる機会が出てきます。

しかし、マネジメントする側に回ったものの自分には向いていないと感じる人や、責任や重圧が重すぎて耐えられないと感じる人も多いです。

一度マネジメントする側になると、そこから離れることはなかなか難しいので、そこから逃れたいという思いから転職する、という人もいます。

体力的にキツイ

10年間看護師として働いてきて、夜勤や長時間勤務に慣れたとはいえやはり体力的にこのままの働き方をするのはキツイと感じるようになってくる頃でしょう。

病院によっては勤務中はなかなか座ることもできなかったり、落ち着いて休憩をとれないという職場も多いです。

こういった体力的な面から考えて、ゆとりを持って働ける職場への転職を考えるケースもあります。

看護師のよくある転職理由ランキング!面接ではどう伝えるべき?

10年目の看護師は市場価値が高い?メリットとデメリット

10年目となると経験やスキルは十分身についているものの、年齢が不利になるのでは?と、不安もでてきます。

そこで、10年目で転職するとメリットになる点、デメリットになる点をご紹介します。

メリットはアピールポイントとして使うために、デメリットはどうすればカバーできるか?と考えるための要素として、知っておくことも大切です。

メリット

即戦力として採用されやすい

10年という確かな経験と実力、スキルがあるので、即戦力となってくれる人材を求めている職場には採用されやすくなります。

また、役職やリーダーを任されていた経験があれば、現場だけでなく管理職として活躍できる可能性もあります。

厚遇が期待できる

転職する職場によりますが、これまでの経験やスキルを活かせる職場や、高く評価してくれる職場であれば、交渉次第では厚遇で転職できる場合もあります。

デメリット

年齢制限

20代の頃はあまり気にすることもなかった年齢制限ですが、30歳を境に応募できない求人も目にするようになります。

若年層の人材補填のためなど、特に規模の大きな施設になると年齢制限の設定が低いことがあります。

応募したいと思った求人に、年齢が理由で応募できないという場合もでてくることは覚えておきましょう。

給料が下がる可能性がある

メリットであげたように厚遇を受けられる可能性もあれば、反対に給料が下がってしまう可能性もあります。

もちろん、一時的に下がるということもありますが、給料が下がることは仕事のモチベーションにも関わってくるので、どのくらいの給料があれば自分が満足できるのか、どれくらい必要なのかを見直しておくといいかもしれません。

看護師の平均年収はどれくらい?転職で年収をアップさせる方法

10年目看護師の転職活動のポイント

10年目で初めての転職となると、挑戦することに不安も恐怖もあるはずです。

転職して後悔したり、失敗したくないというのは誰でも思うことです。

そこで、転職活動をするうえで、大切なポイントをお伝えします。

活動をスタートする前に、ぜひ一度しっかり考えてみることをおすすめします。

① 求める条件を明確にする

10年という経験があるがゆえに、職場をいろんな視点から見ることができるようになっています。

そのため、不満な点を見つけやすいともいえます。

不安要素ばかりが目に付いてしまい、なかなか求人を絞れないということもあるでしょう。

そんな経験豊富な看護師が転職する前に必要なことは、転職で叶えたい条件を明確にすることです。

「こんな職場で働きたい」「こんな看護理念の職場がいい」「こんな働き方が自分には合っている」という理想を思いつく限り書き出してみましょう。

特に、求人を探す前にやっておくことがおすすめです。

なぜなら求人を探し始めると、年齢制限があったり大きな病院の求人が少なかったりという現状を見て、妥協して転職先を決めてしまうことがあるからです。

転職は自分の不満や不安を解消したり、叶えたいことを実現するための手段の一つです。

満足できる転職を成功させるためにも、しっかり自分と向き合っておくことが大切です。

② 経験の棚卸をする

転職活動をはじめるとき、自分のスキルや経験を整理して棚卸ししておくと求人を探しやすくなります。

自分がどんなことができて、どんな経験があるのかをしっかりと把握できていれば、採用する側のニーズに自分がマッチしているかどうか、アピールできるポイントはどこなのか、が明確になります。

また、未経験の分野に進むよりも経験のある仕事内容のほうが有利な条件で転職できる可能性もあるので、勤務経験のある診療科や、求められている人物像と自分のスキルがマッチしていると感じる求人を選ぶと良いでしょう。

③ 計画的に活動する

働きながらの転職活動は、「早く転職したい」という気持ちが高まるものの、なかなか転職先が見つからず精神的にも体力的にも大変なものです。

ここは焦らず、自分が納得できる職場が見つかるまで時間をかけて転職先を探すようにしましょう。

また、職場で重要な役割を担っている人は特に仕事の忙しさとの兼ね合いもあるので、1年間ほど時間が必要だという人もいます。

長期的になることも頭に入れて、転職活動の計画を立てるのが良いかもしれません。

10年目の看護師におすすめの転職先

看護師不足は、今や多くの病院や施設で起きている問題です。

そんな状況の中、ベテランナースが必要とされ、有利な転職ができる可能性があるのが、介護施設や訪問介護などの施設になります。

施設で働く看護師の数は病院ほど多くなく、ドクターも常にいる環境ではないので、いろんな対応や判断を1人でしなければいけない場面が多いです。

そのため、経験が浅い看護師よりも、何かあった時に判断ができるような経験豊富な看護師さんを必要としていることが多いのです。

今まで積んできた経験を評価され、歓迎される職場として、病院やクリニックの他に施設という選択も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ちなみに施設を選ぶ時、体力的に考えて働き方を変えたいと思っている人は特に「夜勤」「オンコール」の有無、「看護師の人数」などはよく確認することをおすすめします。

好印象を与える10年目看護師の志望動機

志望動機の書き方は一般企業で転職する場合と特に変わりはありません。

採用担当者が知りたいと思っていることを志望動機に盛り込むことがポイントです。

具体的なポイントとしては、

  • 会いたいと思わせるもの
  • 主体的かつ具体的

この2つです。

まずは、会いたいと思ってもらえる内容でなければ面接に進むことはできないため、どんなに優秀な人材だとしても、「会ってみよう」と思わせるような志望動機を書く必要があります。

そして特に採用担当者が知りたいのは、転職することでどのようになっていきたいのか、どんな行動を起こしているのか、どんな姿勢で仕事と向き合っていきたいのか、ということです。

転職活動をはじめたきっかけの理由はネガティブなものだったとしても、そのきっかけを見つめなおし、自分の気持ちを整理して、これから自分がどうしていきたいと思っているのか、具体的なプランを考えるようにするようにしましょう。

また病院や施設についてもしっかりリサーチし、なぜその職場がいいのか、自分なりの意見を言えるようにすることも必要です。

採用する側も同じ医療の現場で働いているので、人間関係のストレスや労働条件が転職理由になり得ることは理解しているはずです。

そのうえで、転職して自分がどうなっていきたいと思っているのか、なぜこの病院なのか、を伝えることがとても重要です。

10年目看護師が好印象を与える転職理由のポイント

看護師の転職理由で多いのは「人間関係のストレス」「待遇の不満」「忙しさ」といったネガティブなことが理由として挙げられます。

しかし、これらの理由をそのまま転職理由として伝えるわけにはいきません。

では、これらの理由をどうやって伝えればいいのか、理由ごとにわけて紹介します。

人間関係のトラブル

どの職場でも起こってしまうのが人間関係のトラブルです。

むしろ、人間関係に悩まない人のほうが少ないのではないでしょうか。

転職理由の伝え方としては、人間関係のトラブルがあったとしてもあえて伝えないのが得策です。

新しい職場でも同じことになるのでは?と採用側に不安を与えてしまいかねません。

ですのでこの場合は、「チームワークを大切にして、仲間と協力して働きたい」「仲間同士で支え合いながらも、お互いを刺激し合いながらさらにスキルアップしていきたい」という表現を使うのがおすすめです。

待遇の不満

給与や待遇は仕事のモチベーションにもつながるので、これらの不満は転職を考えるのには十分な理由になるでしょう。

「給料が安い」のようなストレートな表現よりも、「キャリアアップしたい」「ワンランク上の看護師を目指したい」という方向性で伝えるほうが、ポジティブな印象を与えることができます。

忙しすぎる

職場が忙しすぎることが理由の場合、そのまま伝えてしまうのはとても危険です。

忙しいという感覚は人によって違うので、伝える場合は数字などを使うとわかりやすいです。

ですが、やる気がないのかもしれない、と思われる可能性もあります。

伝え方としては、「メリハリを持って働ける職場で働きたい」という表現や、看護業務に集中したい人であれば「患者さん一人一人に寄り添ったケアをしたい」などの表現が良いでしょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件