転職で有利になる助産師の転職理由と志望動機の書き方

転職で有利になる助産師の転職理由

「助産師転職を考えているけれど、転職理由の書き方がわからない」

「助産師転職ではどんな志望動機が評価されるのかな」

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

特に初めて助産師転職を経験する方は、転職理由や志望動機の書き方がわからなくて困ってしまいますよね。

そこでこの記事では、転職で有利になる助産師の転職理由と志望動機の書き方を紹介します。

この記事を読めば、転職で有利になる助産師の転職理由と志望動機の書き方がわかり、自信を持って選考に臨めるようになります。

助産師転職を成功させたいあなたはぜひ、読んでみてくださいね。

助産師の転職の決め手となるのは転職理由と志望動機

助産師の転職を成功させるためには、転職理由と志望動機が不可欠です。

転職理由や志望動機に説得力がないと書類審査に通らなかったり、面接で落とされたりします。

具体的には、面接官が転職理由や志望動機から転職希望者の熱意や病院に合う人材かどうかを判断し、採用するかしないかを決めます。

このように、予め転職理由と志望動機が面接で聞かれるとわかっている以上、助転職理由と志望動機を考えておく必要があるのです。

次に、助産師はどんな理由で転職する人が多いのかについて説明します。

助産師はどんな理由で転職する人が多い?

助産師が転職する理由は、大きく次の3つです。

  • 人手不足から想像以上に激務だった
  • 女性しかいない職場で人間関係が悪化した
  • お産する家族とのやり取りに辟易した

それでは、助産師が転職する理由を1つずつ説明していきます。

人手不足から想像以上に激務だった

助産師が転職する理由の1つ目が、人手不足から想像以上に激務だったからです。

助産師は看護師よりも人手不足と言われており、緊急呼出制度を採用している病院であれば、家にいる間も仕事に気を使わなければいけません。

実際に「助産師 激務」と検索してみると、「家にいるときにも仕事が頭から離れない」「食事や休憩をする時間を取れない」などの声が見られます。

助産師は常に妊婦に気を使わなければいけないので、想像以上に激務であるケースが多いです。

女性しかいない職場で人間関係が悪化した

助産師が転職する理由の2つ目が、女性しかいない職場で人間関係が悪化したからです。

人間関係が悪化する理由としては、自分の経験値が高いことで、自分よりも年齢が高く経験値が低い助産師を下に見る等が挙げられます。

女性しかいない職場なので、病院やクリニックによっては陰湿なイジメなどもあるようです。

現在の日本では、助産師は女性にしかなれない職業となっています。

女性しかいない職場という点で、人間関係の悪化に悩まされる助産師は少なくないのです。

お産する家族とのやり取りに辟易した

助産師が転職する理由の3つ目が、お産する家族とのやり取りに辟易したからです。

お産する家族の中には、何かにつけて助産師に文句を言ってくる人たちもいます。

助産師の中には、「赤ちゃんの扱い方が雑なのでは」等と言われた人もいるようです。

妊婦だけではなく、お産する家族との関係性にも気を使わないといけないことが、助産師の負担となっています。

次に、面接官に好印象を与える転職理由のポイントを紹介します。

助産師の転職で面接官に好印象を与える転職理由のポイント

面接官に好印象を与える転職理由のポイントを抑えておくと、ただ漠然と面接を受けるよりも通過率UPを見込めます。

面接官に好印象を与える転職理由のポイントは、次の3つです。

  • ネガティブな理由を伝えない
  • 今後のキャリアも考えた転職理由も伝える
  • 志望動機との整合性を考える

それでは、面接官に好印象を与える転職理由のポイントを1つずつ紹介します。

ネガティブな理由を伝えない

面接官に好印象を与える転職理由のポイント1つ目が、ネガティブな理由を伝えないことです。

ネガティブな理由を伝えてしまうと、「この人はウチでやっていけるかな。ネガティブな感情を持ち込まれたくないな」と思われ、採用される確率が下がってしまいます。

ネガティブな理由を伝えると面接で印象を下げてしまうので、面接に通りたい方はネガティブな理由は伝えないようにしましょう。

今後のキャリアも考えた転職理由も伝える

面接官に好印象を与える転職理由のポイント2つ目が、今後のキャリアも考えた転職理由も伝えることです。

今後のキャリアも考えた転職理由を語ることで、「この人は自分のキャリアについてしっかり考えられる人だから、きっと仕事を任せても大丈夫だろう」と思ってもらえます。

以下、今後のキャリアを考えた志望動機の一例です。参考にしてください。

私は、今後仕事をしていく上で大切になってくるマネジメントのスキルを身に着けたいです。前の病院では役職者が多く、どうしてもチームリーダーのポジションに回れませんでした。こちらの病院は若手のうちから積極的にマネジメントを任せてもらえると聞き、志望致しました

このように、今後のキャリアも考えた転職理由を伝えられると熱意をアピールできますよ。

志望動機との整合性を考える

面接官に好印象を与える転職理由のポイント3つ目が、志望動機との整合性を考えることです。

志望動機との整合性を考えることで、「この人は言っていることが一貫しているな」と思ってもらえ、採用されやすくなります。

以下、志望動機の整合性を考えられた転職理由の一例です。参考にしてください。

「私は助産師の仕事を通して、お母さんに育児に至るまでの知識を授けたいです。そのため分娩だけではなく、母乳指導や育児指導なども行っていきたいと考えています。前回の職場でも様々な学びが合ったのですが、母乳指導や育児指導をもう少しできたらなと思っていました。こちらの病院は妊婦さんの教育にも力を入れていらっしゃるとお聞きし、私の価値観とぴったりだと感じ志望致しました」

この例では、「前回の職場でも様々な学びが合ったのですが」と入れることで、前回の職場のネガティブな面を柔らかく表現するようにしています。

転職理由と志望動機との整合性を考えるとエピソードに一貫性が出てくるので、面接に受かりたい方は試してみてください。

次に、面接官に好印象を与える志望動機のポイントについて解説します。

助産師の転職で面接官に好印象を与える志望動機のポイント

面接官に好印象を与える転職理由のポイントだけでなく、志望動機のポイントも知っておくと、さらに面接に受かりやすくなります。

面接官に好印象を与える志望動機のポイントは次の3つです。

  • 今後どんな助産師になりたいか伝える
  • 看護師へ転職するならこれまでの経験をアピールする
  • 転職先の現状にあった要望を伝える

それでは、面接官に好印象を与える志望動機のポイントを1つずつ解説します。

今後どんな助産師になりたいか伝える

面接官に好印象を与える志望動機のポイントを1つ目が、今後どんな助産師になりたいか伝えることです。

今後どんな助産師になりたいかを面接官に伝えることで、面接官にあなたの熱意を伝えられます。

以下、今後どんな助産師になりたいかを伝えられる志望動機の一例です。参考にしてください。

「私は、分娩介助が得意な助産師になりたいと考えています。以前の大学病院でも分娩介助を担当していたのですが、もっと数を任せてもらいたいと考えました。こちらの病院では分娩件数が月平均55件程あるとお聞きし、自分のなりたい助産師像に近づけるのではと思い、志望致しました」

今後どんな助産師になりたいかを伝えるときのポイントは、以前の職場に関してネガティブな表現を使わず、「もっと任せてもらいたい」とポジティブな表現を打ち出すことです。

「もっと任せてもらいたい」と言うことで、面接官に積極性をアピールできますよ。

看護師へ転職するならこれまでの経験をアピールする

面接官に好印象を与える志望動機のポイントを2つ目が、看護師へ転職するならこれまでの経験をアピールすることです。

これまでの経験をアピールすることで、病院側はあなたがどの部署で活躍できそうかを具体的に考えられるので、採用されやすくなります。

以下、看護師へ転職する人がこれまでの経験をアピールできる例です。参考にしてください。

「私の助産師経験は、看護師として勤務する上でも、妊婦さんの負担を減らしてあげられる点で役に立つと考えています。私は助産師の仕事を通して、妊婦さんができるだけ楽に歩ける介助方法を学びました。妊婦さんが病院まで来られる際、診療室までお連れする時に私のスキルが活かされると考えていますし、乳幼児が病院に来た際もテキパキと動けると考えています」

助産師というキャリアを活かし、妊婦や乳幼児に関して強いことアピールできると良いでしょう。

このように、助産師から看護師へ転職するのであれば、助産師の経験を面接でアピールすることをおすすめします。

転職先の現状に合った要望を伝える

面接官に好印象を与える志望動機のポイントを3つ目が、転職先の現状にあった要望を伝えることです。

転職先の現状にあった要望を伝えることで、転職先の求める人物像とあなたが重なり、採用されやすくなります。

例えば、転職先が人材不足で悩んでいたとします。

転職先が人材不足で悩んでいる場合、下のような志望動機を伝えられると採用される確率が高まるでしょう。

「私は分娩の経験をできるだけ多く積みたいのですが、以前の職場は仕事に対して助産師の人数が多く、分娩の経験を積みづらい環境でした。こちらの病院であればしっかりと分娩の経験を積めると感じ、志望致しました」

面接官に好印象を与えたいのであれば、病院に対してこちらの希望を一方的に伝えるのではなく、病院の現状を把握し現状にあった要望を伝えましょう。

最後に、助産師の転職で使える志望動機を3例紹介します。

助産師の転職で使える志望動機2例

助産師の転職で使える志望動機は、大きく次の2つです。

  • 手に職をつけたいから
  • 生命の誕生という人生の転機に携わりたいから

それでは、助産師の転職で使える志望動機を1つずつ紹介します。

手に職をつけたいから

助産師の転職で使える志望動機の1つ目が、手に職をつけたいからです。

しかし、ただ単に「手に職をつけたいから」で終わらせるのではなく、なぜ助産師を選んだのかを明確にする必要があります。

以下、助産師で手に職をつけたいことをアピールした例です。参考にしてください。

「私は、教育制度が充実しているこちらの病院で手に職をつけたいので、こちらの病院を志望しました。とはいえ、手に職をつけられる仕事は助産師以外にもたくさんあるのが事実です。私が助産師で手に職をつけたいと思ったのには理由があります。私が助産師を選んだのは、自分が最も喜びを感じられる環境で手に職をつけられる職業だと考えたからです。私は両親と子供が一緒に公園で歩いている姿を見る度に、心の底から微笑ましい気持ちになります。私が助産師の仕事で赤ちゃんを元気に生むサポートをすることで、また1つ公園で親子揃って歩くシーンを見られると考えるだけでワクワクするのです。このように、自分の喜びを最大化でき、手に職をつけられる仕事は助産師しかないと考えています」

他の職業ではなく助産師を選んだ理由に敢えて言及することで、ただ単に「手に職をつけたい」という一般的な志望動機から一歩リードできますよ。

生命の誕生という人生の転機に携わりたいから

助産師の転職で使える志望動機の2つ目が、生命の誕生という人生の転機に携わりたいからです。

こちらもただ単に生命の誕生という人生の転機に携わりたいというだけではなく、「なぜそう思ったのか?」を面接官に説明する必要があります。

以下、生命の誕生という人生の転機に携わりたいことをアピールした例です。参考にしてください。

「私は生命の誕生という人生の転機に数多く携わりたいと思っており、こちらの病院は分娩数が月平均45件あると聞いたので志望致しました。私が生命の誕生という人生の転機に携わりたいと思った理由は、普段から母に「一番幸せな瞬間は私が生まれた瞬間だった」という話をずっと聞かされていたからです。2年ほど前までは「出産とはそんなに素晴らしいものなのか」と疑い半分で聞いていましたが、周りの友達が家庭を持ち幸せに暮らすようになる姿を見て確信に変わりました。生命の誕生が多くの人を幸せにすると感じるので、私も助産師として出産という人生の転機に数多く携わりたいと思っています」

このように、生命の誕生という人生の転機に携わりたいことを話す時は、面接官が情景をイメージできるよう具体的に話すことを意識してください。

助産師に絶対おすすめ転職サイト・エージェントランキング!