保健師に転職して後悔する人は多い?保健師が向いている人と向いていない人

「保健師に転職したけど、給与が下がってしまった」

「保健師から看護師に戻れないかな」

あなたはこのような悩みを抱えていませんか?

一度保健師になると看護師への復職が厳しくなると聞いたことがあり、不安な方も多いでしょう。

そこでこの記事では、保健師に転職して後悔する理由や保健師が看護師へ復職するのは難しいのか、看護師から保健師に転職するメリットなどを説明します。

あわせて、保健師におすすめの転職サイトも紹介しています。

この記事を読めばあなたが保健師転職をすべきかがわかり、自分に合ったキャリアを選べるようになります。

保健師転職について気になっているあなたはぜひ、読んでみてくださいね。

保健師に転職して後悔する理由

まず、保健師転職を考えているあなたのために、保健師に転職して後悔する理由を紹介します。

保健師に転職して後悔する理由は、大きく次の3つです。

  • 夜勤がないから給与が大幅に下がった
  • 今後のキャリアの展望がない
  • 採用枠が少ないから転職が難しい

それでは、保健師に転職して後悔する理由を1つずつ紹介します。

夜勤がないから給与が大幅に下がった

保健師に転職して後悔する理由の1つ目が、夜勤がなく給与が大幅に下がってしまったからです。

夜勤があるのとないのとでは時給が大きく異なるので、結果的に給与が大幅に下がってしまいます。

一般的に、健康・医療などの相談に電話で答えるコールセンター業務、保健センターや1泊ドック検診を行う健康管理センター等を除けば、保健師で夜勤ができるお仕事はありません。

保健師に転職をする際は夜勤がない分、どれくらいの給与が貰えるのかをチェックしておく必要があります。

今後のキャリアの展望がない

保健師に転職して後悔する理由の2つ目が、今後のキャリアの展望がないからです。

今後のキャリアの展望がないと転職後に、「自分は転職を通して何を実現したかったのか」がわからなくなり、自己嫌悪に陥ってしまいます。

実際に「臨床の仕事が嫌いだから」という理由で看護師から保健師になった人の中には、保健師になったことで仕事の幅が狭まり後悔している人も多いようです。

このように、保健師に転職してから後悔しないためには今後のキャリアの展望を考えておく必要があります。

採用枠が少ないから転職が難しい

保健師に転職して後悔する理由の3つ目が、採用枠が少ないので転職が難しいからです。

「保健師になるために仕事を辞めたのはいいけど、思ったよりも募集枠が少なかった」というケースがあります。

特に、保健師の中でも人気が高い産業保健師は、1企業あたり1~3人の募集しか行われていないケースが大半です。

この募集枠の中に入ろうと思うと、数十倍の倍率で選考を通過する必要があります。

仕事を辞めたことを後悔しないためにも、事前に募集枠の数や倍率などを調べておくのが賢明です。

次に、保健師になると看護師への復職は難しいのかについて説明します。

一度保健師になると看護師への復職は難しい?

結論から言いますと、一度保健師になっても看護師への復職は可能です。

看護師経験が長ければ長いほど復職に有利と言えます。

1年間看護師の業務を経験している保健師と5年間看護師の業務を経験している保健師では、看護師として身につけているスキルや経験に差があるからです。

また、看護師としての業務にどれくらいブランクがあるのかも復職の基準になります。

ブランクが短ければ短いほど仕事を覚えている可能性が高いと判断されやすいため、転職しやすいです。

次に、看護師から保健師に転職するメリットを紹介します。

看護師から保健師に転職するメリット

看護師から保健師に転職するメリットは、大きく次の3つです。

  • 夜勤がなく身体的負担が楽
  • プライベートの時間を確保しやすい
  • 同僚との人間関係のトラブルが少ない

それでは、看護師から保健師に転職するメリットを1つずつ紹介します。

夜勤がなく身体的負担が楽

看護師から保健師に転職するメリットの1つ目が、夜勤がなく身体的負担が楽な点です。

冒頭でも説明したとおり看護師には夜勤がつきものですが、保健師は多くの場合夜勤がありません。

そのため、看護師よりも規則正しい生活ができると考えられます。

夜勤が少ない理由としては、保健師は看護師と違い臨床のような緊急性の高い業務を担当しないためです。

保健師の仕事内容は、病気予防のアドバイスや生活指導等が中心となります。

このように、夜勤がなく身体的負担が楽なのは保健師として働く1つのメリットと言えます。

プライベートの時間を確保しやすい

看護師から保健師に転職するメリットの2つ目が、プライベートの時間を確保しやすい点です。

残業・夜勤がある看護師とは違い、大半の保健師は土日休み&残業なしで働けます。

土日に休めて定時で帰れるとわかっていれば、予め友達や家族との予定が組みやすいでしょう。

仕事だけではなくプライベートも充実させたいと考えている人は、看護師から保健師に転職するとその思いが叶うかもしれません。

同僚との人間関係のトラブルが少ない

看護師から保健師に転職するメリットの3つ目が、同僚との人間関係のトラブルが少ない点です。

保健師は看護師よりも人数が少ないため、保健師同士のコミュニケーションが取りやすく良い人間関係を築きやすいです。

例えば、産業保健師は1企業あたり1~3人の保健師しかいないので、密にコミュニケーションを取れます。

間接的ではありますが、同僚との人間関係のトラブルが少ない理由として、残業がないこと&固定で土日休みなことも挙げられるでしょう。

保健師の心に余裕を生み、その余裕がギクシャクした雰囲気を産まないと考えられます。

同僚との人間関係のトラブルが少ないというのは、仕事をしていく上でも大切なポイントですね。

それでも保健師から転職したいと思ったら?

ここまで見てきて分かる通り、保健師は看護師よりも時間的・精神的な余裕を持ちやすい職業です。

しかし、「自分は保健師に合っていないんだ」と思われる方もいらっしゃると思います。

そこで、保健師から転職したいと思ったあなたのために、保健師から転職する前に試して頂きたいことを3つ紹介します。

保健師から転職する前に試して頂きたいことは、次の3つです。

  • 身近な保健師と看護師に相談してみる
  • 転職先に求める条件を整理してみる
  • 転職サイト・エージェントへ登録してみる

それでは、保健師から転職する前に試していただきたいことを3つ紹介します。

身近な保健師と看護師に相談してみる

保健師から転職する前に試して頂きたいことの1つ目が、身近な保健師と看護師に相談してみることです。

身近な先輩保健師や看護師にあなたの考えをぶつけてみることで、自分1人では考えが及ばなかった回答を得られることがあります。

あなたが保健師から看護師への転職を考えている場合、下の例のように理由はたくさんあると思います。

  • 事務仕事が多い今の仕事があっておらず、自分のスキルをもっと活かせる看護師に戻りたい
  • 患者さんに看護師の視点を交えたアドバイスをできるようになりたい

看護師から保健師転職した経験のある先輩に相談すれば、もしかすると次のような返答が得られるかもしれません。

「看護師・保健師は担当する領域が全く違う。本当に保健師としての仕事を全うしたいなら、このまま保健師の領域でスキルを磨くべき」

もしあなたが保健師から看護師への転職を考えているのであれば、身近な保健師・看護師に相談してみることを強くおすすめします。

転職先に求める条件を整理してみる

保健師から転職する前に試して頂きたいこと2つ目が、転職先に求める条件を整理してみることです。

転職を考える前に転職先に求める条件を整理しておかないと、「何で転職したのだろう」と転職後後悔してしまうことに繋がるからです。

給料を上げたい、家から近い病院に勤めたい、臨床に戻りたいなど様々な転職条件があると思うので、全て書き出してみましょう。

また、転職条件を書き出すだけでなく、転職条件に優先順位をつけて並べ替えてみるのもおすすめです。

転職条件に優先順位をつけて並び替えるのをおすすめする理由は、転職条件全てが叶う職場を見つけられなかった時にも、最大限満足のいく転職活動にできるからです。

転職サイト・エージェントへ登録してみる

保健師から転職する前に試して頂きたい3つ目が、転職サイト・エージェントへ登録してみることです。

転職サイト・エージェントに登録すれば、転職先に求める条件をコンサルタントに伝えるだけで転職活動を進められます。

転職サイト・エージェントに登録した後の大まかな流れは次のとおりです。

  1. 電話がかかってくるので、面談の日程調整を行う
  2. 面談であなたの条件をヒアリング
  3. マッチした仕事が見つかれば、選考に向けて書類整理・面接練習
  4. 面接
  5. 内定

転職サイト・エージェントのコンサルタントは看護師転職について知り尽くしているので、あなたが思ってもみなかった求人を紹介してもらえる可能性もあります。

看護師転職のプロに相談に乗ってもらいながらスムーズに転職活動を進めていきたいあなたは、転職サイト・エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

保健師におすすめの転職サイト・エージェント

最後に、保健師におすすめの転職サイト・エージェントを2つ紹介します。

保健師におすすめの転職サイト・エージェントは次の2つです。

  • 看護roo!
  • ナース人材バンク

それでは、保健師におすすめの転職サイト・エージェントを1つずつ紹介します。

看護roo!

看護roo

保健師におすすめの転職サイト・エージェントの1つ目が、看護roo!です。

看護roo!は東証一部上場企業の株式会社クイックが運営する、看護師・保健師向けの転職サイトです。

看護roo!には1,044件の保健師求人が掲載されています。

看護のroo!の特徴は、求人詳細が他サイトに比べてもかなり詳細に書かれている点です。

任せられる業務内容がかなり明確になっているので、業務がスタートしてから「思っていた業務内容と違った」というケースを避けられますよ。

その他にも、施設写真が掲載されており病院の雰囲気がわかりやすいこと、看護部長からのメッセージなど病院の声が掲載されているので、安心して求人に応募できることもポイントです。

また、看護roo!では看護師転職をする方向けに、無料でナースのHappy転職ガイドブックをプレゼントしています。

ナースのHappy転職ガイドブックでは、経験年数に応じたアピールの方法が具体例と模範解答付きで詳しく解説されています。

看護師転職を考えている人にとって役立つ情報が満載なので、看護師になることを考えているあなたはナースのHappy転職ガイドブックが役に立つでしょう。

看護roo!詳細ページ

ナース人材バンク

ナース人材バンク

保健師におすすめの転職サイト・エージェントの2つ目が、ナース人材バンクです。

ナース人材バンクは株式会社エス・エム・エスキャリアが運営している、看護師・保健師向けの転職サイトです。

ナース人材バンクには180件の保健師の求人が掲載されています。

一見少ないと思われるかもしれませんが、ナース人材バンクでは非公開求人を多数紹介しているので、実際の求人数はもっと多いです。

ナース人材バンクの特徴は、特集の豊富さと利用者の多さです。

ナース人材バンクでは給与高めの求人特集、クリニックの求人特集など多くの特集が組まれています。

他サイトではあまり組まれることのない、保健師の求人特集も組まれているのがポイントです。

また、年間10万人以上がナース人材バンクを利用しており、安心して利用できる大手転職サイトと言えます。

年間10万人以上がナース人材バンクを利用する理由は、地域の医療機関の募集状況を熟知している専任のキャリアアドバイザーが対応してくれるからだと考えられます。

病院やクリニックの内情を把握しているキャリアアドバイザーに相談したいあなたは、ナース人材バンクの利用がおすすめです。

ナース人材バンク詳細ページ