広島県の看護師転職事情!高収入求人やおすすめ看護師転職サイト

広島県は、中国・四国地方で最大の人口数を有する県です。

特に中心となる広島市は平和都市として知られ、外国人観光客も続々と訪れます。

日本の少子高齢化が進む中で、看護師は常に需要が供給を上回っている状態ですので、売り手市場であることは間違いありません。

しかし、満足のいく働き方を得るためには、自分自身で優良な求人を見極めなければなりません。

今回は、広島県で看護師の転職を叶えたい人向けに、気になる年収情報から、実際に転職した人の体験談やおすすめ求人情報まで、役立つ情報を紹介していきます。

ぜひこの記事を参考にして、転職を成功させましょう。

広島県の看護師転職事情

広島県の医療施設数ランキングは全国10位で、病床数20床以上の病院と19床以下の診療所(「医院」や「クリニック」と同義)を合わせると約2,500(歯科診療所を除く)あります。看護師の就職、転職は一般的に、病院の規模が大きくなるほど難易度が高く、広島県でも同様です。

しかし規模の大きいいわゆる「一般病院」は県内で250程しかありません。

広島県で看護師転職を目指すのなら、個人経営のクリニックなども選択肢に入れた方が良いでしょう。

色々な要素を加味して、自身のライフスタイルに合わせて働ける場所を見つけて下さい。

平均年収はどれくらい?

広島県の看護師の平均年収は、2018年の地域別データを参照すると全国第15位で、年収額は482.8万円でした。

トップ5に入った都道府県には、3位の山梨県を除いて大都市圏が名を連ねています。

看護師に限らず、大都市での就労者の収入が上がるのは、どの職種にも当てはまる傾向です。

看護師の都道府県別平均年収トップ5

  • 1位京都541.4万円
  • 2位東京532.3万円
  • 3位山梨524.0万円
  • 4位千葉511.5万円
  • 5位神奈川507.4万円
  • ..
  • 15位広島482.8万円

看護師の都道府県別平均年収ワースト5

  • 43位滋賀422.0万円
  • 44位佐賀415.5万円
  • 45位長崎414.9万円
  • 46位鹿児島406.4万円
  • 47位宮崎395.9万円

最下位の宮崎県の看護師の平均年収は400万円を下回っており、トップの京都府と比べて145.5万円もの差があります。

広島県は平均よりやや上のレベルと言えます。

求人はどの地域が多い?

県内の最大都市広島市は、大規模病院がたくさんあり求人数も必然的に増えますので、圧倒的に求人が多い地域1位です。

なお、広島市内は8つの区に分かれていて、中でも中区や西区の看護師求人数が多いですが、今回はまとめて「広島市」を1つのエリアとして後ほど解説します。

続けて、福山市が2番目に求人数の多い地域、そして3位には、臨海工業都市として知られる呉市が入ります。

1位 広島市

政令指定都市でもある広島市は、首都圏と比べると大病院の数は劣りますが、実績のある有名な総合病院が5つもあります。

広島大学病院、広島市立広島市民病院、県立広島病院、広島赤十字・原爆病院、広島市立安佐市民病院です。

こういった病院が求人数を底上げしており、定期募集だけでなく臨時でも看護師を採用しています。

広島県内の看護師優良求人は、広島市に集中しているとも言われるほどです。

2位 福山市

広島県で2番目に人口の多い福山市では、福山市民病院及び、国立病院機構福山医療センターを中心に、地域に根づいた医療を展開しています。

特に福山医療センターは、備後地区における中核的医療拠点機関の指定を受けていて、患者からの信頼も厚いです。

看護師の立場から見ても、地域最先端の技術や看護を学べる点において、とても魅力的です、

福山市内全体の看護師求人数は、常時300を超えている事が多く、需要の高さが伺えます。

3位 呉市

呉市は、広島市から車で約30分ほどの近距離に位置します。広島市からのアクセスが良いので、広島市内に住みながら呉に通勤する看護師もいます。

市内では、病床数700床を誇る呉医療センター・中国がんセンターが有名です。

そしてこれは呉市に限ったことではありませんが、在宅医療を希望する患者さんに対する訪問看護のニーズや、介護施設での看護師需要の高まりなどにより、求人数は今後も減る気配がありません。

広島県の看護師求人の特徴

“最も求人数の多い広島市の公開求人を見ると、看護師だけで毎日1,300件前後がヒットします。

それに加えて、転職エージェント等を通じてのみ知ることができる「非公開求人」の枠があり、広島県内でもこのような潜在的需要が見込めます。

求人数としては、上記3エリアに東広島市と廿日市市が続きます。

また、全国的な流れとして高齢者の比率が上がっていて、広島県も例外ではありません。

そのため病院勤務の看護師だけでなく、老人ホーム勤務や訪問看護にも適応できる看護師が求められます。

雇用形態としては、准看護師が減り正看護師が増えています。

理由は、介護施設等、病院以外の医療施設の増加に伴い、正看護師の需要が高まっているためです。

この「准看護師か正看護師か」という選択も、広島県で看護師転職を目指す場合に念頭に置くべき点です。

広島県のおすすめ求人

ここでは「広島県のおすすめ看護師求人」ということで、福利厚生の充実度と給与額、そしてその他の要素を考慮した上で、トップ3を見ていきます。

都市部の病院の紹介が中心となりますが、看護師が活躍できる場所は多岐に渡ります。

自分に合った職場で働けることが一番ですので、自身との相性を考えながら、今回紹介する求人も、転職の参考にしてみてください。

1位広島厚生病院(医療法人広島厚生会)

雇用形態 正看護師
給与・賞与 月収:26.0万円~
年収:400万円~
賞与(回数):2
昇給(回数):1
福利厚生・手当 通勤手当
住宅手当
夜勤手当

保育補助
各種保険
退職金
育児休暇制度等
勤務時間 日勤:08時30分~17時30分
夜勤:17時00分~09時00分
2交代制
休日・休暇 4週8休制
有給休暇
出産・育児休暇等
年間休日:110日

広島市南区にある、病床数150床の一般病院です。

「看護師が安心と誇りを持ててこそ、患者様に喜ばれる質の高い看護を実現できる」をモットーに、働きやすい環境作りに力を入れています。

また、近隣に急性期の患者さんの受入れができる病院が多く、救急外来の件数が少ないのも特徴です。

したがって比較的残業が少なく、子育て中の看護師でもワークライフバランスをしっかり取りながら働くことが出来ます。

2位高陽ニュータウン病院(医療法人社団うすい会)

雇用形態 正看護師
給与・賞与 月収:33.9万円~35.1万円 以上
年収:469万円~484万円 以上
賞与(回数):2
昇給(回数):1
福利厚生・手当 通勤手当残業手当、休日勤務手当、夜勤手当
雇用保険、労災保険、健康保険、介護休職制度、託児所等
勤務時間 日勤:08時30分~17時30分
準夜勤:16時00分~01時00分
深夜勤:00時30分~09時30分
休日・休暇 有給休暇
慶弔休暇
出産・育児休暇
年間休日:108日

広島市安佐北区高陽地区にあり、他の病院に先駆けて職場環境整備に力を入れ始めた病院です。

2007年の時点で、財団法人21世紀職業財団広島事業所より「職場風土改革促進事業実施事業主」として指定を受け、以降現在まで継続して高い評価を受けています。

福利厚生や待遇面も充実していて、おすすめポイントは、同エリアの他の病院と比べて高い給与水準です。

3位一ノ瀬病院(医療法人清泉会)

雇用形態 正看護師
給与・賞与 月収:17.5万円~33.8万円 以上
年収:330万円~503万円
賞与(回数):2
昇給(回数):1
福利厚生・手当 通勤手当、住宅手当
健康保険、財形貯蓄、資格取得奨励金制度等
夜間救急外来は専従ナースが対応
キャリアアップ研修支援あり
勤務時間 日勤:08時30分~17時30分(休憩60分)
準夜:16時00分~00時30分(休憩60分)
深夜:00時00分~09時00分(休憩60分)
休日・休暇 4週6休制
有給休暇
出産・育児休暇
介護休暇
年間休日:105日

場所は、広島市中心部(市役所前駅)からほど近い好立地です。

高評価ポイントとしては、看護師がスキルアップできる環境を用意している点です。

認定看護師も在籍し、働きながら専門性も磨くことが出来ます。

それに加えて、ほとんどの一般病院では2交替制もしくは3交替制で統一されていますが、一ノ瀬病院では看護師自身がどちらか選択できるので、これも魅力の一つです、

広島県へ転職した看護師の体験談

転職する前は誰でも不安に思うものです。

特に異業種から看護師に職種転換したり、県外出身で広島県に移住しようと考えている人なら尚更です。

ここでは、実際に広島県で看護師として転職した人の体験談を3件紹介します。

体験談その1:病棟看護師から訪問看護師へ

 

私は生まれ育ちは山口県ですが、大学を卒業して保険会社で働くために広島へ出てきました。

7年程勤務しましたが、将来への漠然とした不安が拭えず、今後も必要とされるであろう看護師を目指すことにしました。

看護学校卒業後は付属病院の病棟勤務でしたが、睡眠時間が不規則な事に加え、職場の女性同士の人間関係にも疲れ、うつ病を発症してしまいました。結局その職場は辞めざるを得ず、半年ほど自宅で療養しました。そんな中、看護学校の頃の友人から訪問看護師を薦められました。その友人は私の性格を良く知ってくれていたので、この人なら信頼できると思いました。その後、訪問看護ステーションで看護師として復帰し、今では患者さんのお宅を車で訪問する毎日です。一人ひとりの患者さんと密に接することのできる在宅看護の分野は、私には向いていると思います。

年齢 36歳
転職前の年収 約300万円
転職後の年収 約420万円

 

体験談その2:子供と一緒に過ごす時間を増やすために転職

 

私の場合は他業種からの転職ではなく、看護師としての転職経験です。私が働いていた病院は比較的子育てにも理解があり、出産した後も同じ職場で働き続ける予定でいました。しかし実際に育休明けで勤務を再開すると、保育所のお迎え時間が思ったより早く、子供のお迎えに間に合わない事もしばしばでした。その原因は、働いていた病院が自宅から遠かった事にもありました。そこで思い切って前の職場を退職し、院内保育がある病院か、家の近くで勤務できる病院を探し始めました。いくつかの転職サイトに登録して1ヶ月程経った頃、院内保育完備の新設病院を紹介してもらい、採用をもらう事ができました。

転職後は、勤務中も同じ建物内に子供がいるので安心して仕事に集中できますし、帰宅時間も一緒なので、子供もいつも喜んで通っています。転職して本当に良かったと思っています。

年齢 31歳
転職前の年収 約430万円
転職後の年収 約400万円

 

体験談その3:介護施設事務員から看護師への転職

 

私はもともと福山市内の有料老人ホームで事務員として働いていましたが、もっと人の役に立ちたいと思い看護師になりました。以前から、自分が働いていた施設の看護師さん達とも交流があり、様子は分かっていたので、病院勤務を経ずに介護施設の看護師になることに、ためらいはありませんでした。

介護スタッフとのコミュニケーションや、看護師一人あたりの責任が大きいことなど、仕事をしていく上での苦労もたくさんありますが、それ以上に私にとっては、高齢者の方々との交流が楽しく、長期に渡って信頼関係をゆっくり築いていけるので、毎日やりがいを感じています。

年齢 28歳
転職前の年収 約350万円
転職後の年収 約450万円

 

広島県でおすすめの看護師転職サイト

広島県で看護師の転職活動をする際、希望する病院や施設に直接応募する事もできますが、非公開求人の紹介や、面談対策もサポートしてくれる転職サイトを利用するメリットは大きいです。

ここではおすすめの看護師転職サイトTOP3を紹介しますので、転職活動に是非役立ててください。

1位看護のお仕事

看護のお仕事

全国で約14万件を超える豊富な求人数もさることながら、優良の非公開求人が豊富な転職サイトです。

自分に向いている施設形態を知ることができる「おすすめ施設形態診断」という無料サービスも提供されています。

「看護のお仕事」ではコンサルタントの担当制を導入していて、経験豊富なコンサルタントに相談できます。

必要に応じて医療機関とのやり取りもしてくれるので心強いです。

他にも、看護師としての転職に成功すると、支援金として最大12万円がもらえる制度があります。

条件はあるものの、サポートしてもらった上に、転職して支援金がもらえるというのは嬉しいサービスです。

看護のお仕事詳細ページ

2位ナース人材バンク

ナース人材バンク

看護師に限らずどんな職種でも、同僚や上司とのコミュニケーションが円滑だと生き生きと仕事ができますし、人間関係がぎくしゃくしている職場への転職は、誰もが避けたいものです。

そんな不安を持つ人をサポートするため「ナース人材バンク」は、職場の雰囲気など求人票には掲載されていない内部情報を、事前に提供しています。

人間関係の良い職場を求めて転職したい人にはおすすめのサイトです。

ナース人材バンク詳細ページ

3位ナースではたらこ

ナースではたらこ

このサイトの優れた点は、利用者の満足度にあります。

楽天リサーチによる看護師の満足度が三年連続第一位を獲得していることからも、その信ぴょう性が高いことが分かります。

キャリアアドバイザーが転職希望者一人ひとりに親身に対応してくれますし、希望があれば転職だけでなく退職の相談にものってくれます。

求人数も92,000件以上あり、東証一部上場の「ディップ(株)」が運営しており個人情報の管理も徹底しているので安心です。

ナースではたらこ詳細ページ