50代の薬剤師転職ガイド!未経験にもおすすめの職場とは?

50代の薬剤師転職ガイド!未経験にもおすすめの職場とは?

50代からでも薬剤師なら転職できる!

50代になってからの転職は一般的な会社ではあまり現実的ではありません。

何かしらのコネがあったり高い役職に就いている方ならば問題ないかも知れませんが、普通に働いている方には転職を強く勧めることはできない年齢です。

ですが皆さんが「薬剤師」ならば、50代からの転職も難しい話では無くなります。

きちんと下調べを行うなどすれば、実務は未経験という方でも転職できる可能性があるのです。

「もう50代なんて歳だから転職は無理」と諦める前にこの記事を読み、自信を持って転職活動を始めてはいかがでしょうか?

50代薬剤師におすすめの転職先

今から転職を考えている50代の薬剤師さんには「調剤薬局・ドラッグストア・医薬品卸業者・病院薬剤師」の仕事がおすすめです。

ここからはそれらの仕事内容と、おすすめする理由をご紹介しますので是非参考にしてください。

この中にはきっと皆さんにとってピッタリな仕事があるはずですよ。

調剤薬局

調剤薬局の多くは慢性的な人手不足になっていますので、50代からの転職であっても歓迎してもらえるはずです。

また病院の近くなどを中心に非常に店舗数が多いので、通勤しやすい場所を見つけるのも難しくはありません。

さらに近くにある病院が無くなったりしない限りは経営も安定しています。

ドラッグストアなどは土日祝でも営業している場所がほとんどですが、調剤薬局はきちんと休みが設定してあり日曜日が休みの場所も見つけやすいのもメリットです。

薬剤師として調剤業務や服薬指導をする以外にも、受付や事務関係の仕事も業務に含まれることがあります。

薬剤師が調剤薬局へ転職する秘訣!転職成功へ導くポイント

ドラッグストア

調剤併設のドラッグストアは高年収が期待できます。

OTCのみであっても薬剤師の平均年収より高めの収入が期待できるものの、高収入を期待するのであれば調剤併設のドラッグストアがおすすめです。

ですが調剤以外の業務として品出しやレジでの接客なども行う必要があります。

立ち仕事も多く勤務先によってはシフト制や夜間の勤務もありますので、体力的に自信のある方に向いているかも知れません。

パートやアルバイトを募集する求人も多いので、短時間勤務を求める方はそういった求人を探してみるのも良いアイデアです。

ドラッグストアへの転職ってあり?薬剤師の転職で後悔しないための秘訣

医薬品卸業者(企業)

薬の品質管理や薬に関する資料作成がメインの仕事となりますが、場合によっては薬についての問い合わせに対して回答も行うことも業務に含まれます。

これらの業務を行うには豊富な知識が必要となりますし、パソコンなども少しは使える方が良いでしょう。

決して多くはありませんが、薬の配達も業務として行っている場所もある様です。

薬剤師としてもあまり一般的な仕事では無いかも知れませんが、残業の少なさや体力的な負担の少なさなどのメリットがある仕事です。

経験があるなら病院薬剤師

外来の患者さんや入院中の患者さんに対しての調剤業務が主な仕事となりますが、薬学分野の高度な知識と経験が必要になる仕事です。

その為に50代を過ぎてから未経験で転職するには向いているとは言えません。

ですが人手不足になりがちな職種ではありますので、経験があるのならば50代の方も歓迎してもらえる可能性は充分です。

薬剤師の仕事の中では年収は高めとは言えないのですが、非常に安定している仕事というメリットも存在します。

病院の転職に強いおすすめ薬剤師転職サイト!

派遣やパート、アルバイトという選択肢も

転職を希望される方のほとんどは「正社員」として求人を探しているかも知れません。

ですが現在は派遣やパート、アルバイトなど色々な働き方があります。

派遣の仕事は3ヶ月など短い期間での契約が行われるのが一般的ですので、退職がしやすいというメリットがあります。

それでいて社会保険に加入することも可能です。

パートやアルバイトも勤務時間などに融通を付けやすいというメリットがありますので、中々働き先が見つからない時には、正社員以外の働き方も検討してみてはどうでしょうか?

基本的に50代から未経験への転職は厳しい

薬剤師に限ったことではありませんが、企業側としては「若い人材に長く努めてほしい」という思いがあります。

もちろんベテランらしい知識やスキルがあれば、若い人材以上に活躍することは可能です。

ですが未経験となると若い方に勝つことは容易ではありません。

これは薬剤師であっても同じことです。

ただ大きく違うのは「薬剤師は慢性的に人手が不足気味である」ということです。

薬剤師は売り手市場だからと言って簡単に転職できると考えるのは危険ですが、50代未経験であってもチャンスがあるのも事実なのです。

さらに、なぜ未経験者の転職が容易ではないかを知っておけば対策することも可能になるはずです。

調剤薬局は未経験だとキツイ人も多い

調剤薬局で働くには様々な知識が必要になります。

ですがだからと言って薬事法や薬に関する知識さえ持っていれば、それで大丈夫とは言い切れ無いのです。

なぜなら調剤薬局では薬の調合だけでなく、調剤報酬明細書の作成や窓口での接客、その他にも会計などの仕事もしなくてはなりません。

これらの仕事を全てこなすのは未経験の方にとっては本当に大変です。

覚えることの多さから精神的にも疲れてしまうかも知れません。

50代になってからの転職でイチから全ての仕事を丁寧に教えて貰うのは中々期待できませんので、調剤薬局への転職を未経験で希望する場合は、仕事内容についてしっかりと確認しておくことが大切です。

新しい職場での指導や教育が難しい

職場環境が変われば、その新しい環境に適した仕事のやり方やルールを学ばなくてはなりません。

他の職場でバリバリと働いてきたベテラン薬剤師であっても、自分のやり方で自由に働くことはできないと考えておくことも必要です。

転職してすぐには指導や許育を受ける必要が出てきますが、50代の方の場合はこれが問題になります。

自分より若い年代の方が指導員になることも多いので、教育をする側もされる側もストレスを感じやすいのです。

経験が豊富であることが影響して今までと違う方法を受け入れにくく、また年下から指示されることに対する反発を覚える方も少なくは無いと雇用側も考えてしまうのです。

高収入・長期雇用への過度な期待は危険

経験を積めば収入はアップするのが自然ですが、50代での転職の場合は収入がダウンしてしまう覚悟も必要かも知れません。

経験を高く評価してくれる職場であれば収入アップの可能性もありますが、その分だけ仕事上で求められるハードルも高くなるはずです。

さらに50代になると転職後にどれぐらい働き続けることができるかも不透明です。

ですから定年を過ぎても働き続けられる環境なのかどうかを調べておくとも大切です。

条件面で何を求めて何を割り切るかを前もって考えてから、転職活動を始めましょう。

体力的な問題

50代の方を雇用する際に問題となりやすいのが「体力」です。

これまで座り作業が多かった方が立ちっぱなしの仕事を行うのは本人的にも大変なはずですが、雇用する側としても雇ってから続かないとなると再募集を行ったりと費用面などで負担になってしまいます。

応募する際には自分の体力で無理無く続けられる仕事かどうかを、きちんと判断するようにしてください。

年齢的に考えてみても、体力的に無理をして仕事を続けることは得策ではありませんよ。

薬剤師が少ない地方なら求人は見つかりやすい

もし薬剤師向けの求人が見つからないとすれば、「地方」での転職を考えてみてはどうでしょうか?

地方では薬剤師不足が起きていることも多く、年齢に関わらず歓迎してもらえる可能性があります。

もちろん見知らぬと土地で働くというのは大変ですが、上京してきた方などがこの機会に地元に戻って働くとなれば負担も少ないはずです。

また新たな生活環境に移ることで、一層高いモチベーションで働き始めることができるかも知れませんよ。

特に地方都市は思ったよりも高い収入が期待できるのでおすすめです。

50代の薬剤師が転職で成功するためのコツ

豊富な知識と経験を身に着けてきた皆さんであっても、50代での転職は簡単ではありません。

ですが幾つかのコツを知っているだけで、転職が成功する確率はグッと高くなります。

「転職を成功させたい!」と強く思っている50代の薬剤師さんは、これからお伝えするコツをよく読み準備してくださいね。

これまでの実績や経験に頼りすぎない

ベテランになれば自分の仕事のやり方や、実績・経験に誇りを持っていておかしくはありません。

むしろそれは、そこまで一生懸命に働いてきた証だとも言えます。

ですが、転職後も過去の実績や経験に頼り過ぎてしまうとトラブルに繋がってしまう可能性があります。

新しい職場ではその職場に適したやり方があるはずです。

もしかすると過去の経験では正しかった知識が否定されてしまうかも知れませんが、転職先のやり方・考え方に理解を示すことも大切です。

もちろん明らかに間違っていることがあれば、丁寧に自分の考えを伝えて問題ありませんよ。

普段からPCの操作など勉強しておく

今はほとんどの仕事でパソコンを利用します。今までは年下の部下や親切な仲間が代わりにしてくれていたパソコンでの作業も、転職先ではそうはいきません。

それほどレベルの高いことができなくても問題はありませんので、メール・インターネットのやり方や簡単なファイル作成などを勉強しておくことをおすすめします。

普段からパソコンに触れて慣れておくだけでも構いませんし、勉強しておいて損はありませんよ。

年下の先輩社員にも謙虚な気持ちで接する

50代での転職となれば、転職先で働いている人のほとんどが自分より年下という可能性も低くはありません。

そしてその自分より年下で先に働いている方たちは、みんなが皆さんにとっての先輩になります。

薬剤師としての経験も年齢も上だとしても、皆さんは新入社員です。

良好な人間関係は働きやすい環境を作るためにもっとも重要なポイントですから、自分より若い人たちに対しても謙虚な気持ちで接し自分自身で働きやすい環境を作るよう努力してくださいね。

目指すべき適正年収を把握しておく

ある程度の年齢になれば給料は上がりにくくなります。

ですから、50代からの転職となればそれから大幅な年収アップは期待できないかも知れません。

50代の薬剤師の方の平均年収は500万円から550万円程度となっていますが、多い方では700万円ほどの収入を得ている方もいらっしゃいます。

転職を考えている方の多くは年収アップを目指すはずですが、50代での転職であれば転職前の職場での年収と同程度を目安として考えるのをおすすめします。

やはり同程度の知識や経験を持っている方の場合は若い方の方が採用されやすいのは仕方ありませんので、あまり高望みをしないことが大切です。

ベテランを求めている職場を探す

薬剤師を募集している企業の中には、50代などのベテランを歓迎している求人を出している場所も少なくはありません。

その様な職場を見つけることができればチャンスです。

平均年齢が低い職場が頼りになるベテランを探している場合も、平均年齢が高い職場で中高年を中心に採用している企業もあります。

そのどちらかによって働きやすさも随分と変わってきますので、きちんと確認した上で自分に合う環境の職場へ応募してください。

即戦力となることができるベテランは、多くの職場が求めています。

50代薬剤師におすすめの転職エージェント

50代薬剤師の方が転職活動をするのなら、転職エージェントの活用は必須と言えます。

転職エージェントを利用することで、皆さんがこれまで培ってきた経験とスキルを正確に評価し最適な求人の紹介を受けることができる様になります。

また職務履歴書の作成や面接に対して不安のある方へのサポートもしっかり行ってくれます。

給与交渉なども任せることができますし、未経験の仕事への転職を希望する場合も丁寧にアドバイスをしてくれるはずです。

ただ転職エージェントであればどこでも良いわけではありません。

これから紹介する薬剤師の転職に強いエージェントを選ぶことで、転職が成功する確率を大きく高めることができますよ。

薬キャリ

薬キャリ

「薬キャリ」は薬剤師の5割が登録していると言われる、医療専門サイトのm3.comが運営している転職サイトです。

薬剤師向けの転職サイトとして登録者数と成約率でNo.1を誇り利用者の満足度も95%と高く、利用した方のほとんどが満足していると答えています。

求人数は常時5万件ほどありますので50代の方が自分の希望に合う求人が見つけられる可能性も高く、60秒で紹介申込みが行なえ、即日で最大10件の求人紹介を受けることもできます。

さらに転職支援サービスへの登録も可能ですので、はじめて転職を行うという50代薬剤師の方も、丁寧なサポートを受けながら転職活動を進めることができます。

薬キャリ詳細ページ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

1人の求職者に対して平均20件以上の求人紹介を行う「マイナビ薬剤師」ならば、50代の方もたくさんの求人を紹介してもらえる可能性大です。

5年連続で利用者満足度でNo.1に選ばれているマイナビ薬剤師では、転職活動のパートナーとなるキャリアアドバイザーの提案力も抜群です。

対面での面談を通し細かな希望を聞き出した後は、求人情報の読み方から給与交渉など転職先が無事に決まるまでしっかりとサポートしてくれます。

知名度抜群のマイナビであることで、だれもが安心して利用することができるはずです。

マイナビ薬剤師詳細ページ

サイトは複数利用がおすすめ!

転職エージェントを利用すれば、50代の薬剤師さんが理想の転職先を見つけられる可能性が一気に高くなります。

そして可能であれば「複数の転職エージェントの利用」がおすすめです。

勘違いしている方が多いのですが、複数のサイトに登録してはいけないという決まりはありません。

登録と面談をサイトごとに行わなければいけないのと、連絡回数が多くなること以外にはデメリットは特に無いので早く転職先を見つけたい方や多くの求人を比較検討したいとお思いならば、複数の転職サイトへ登録してみてはいかがでしょうか?

薬剤師転職サイトは複数登録が基本!1社に絞るリスクを徹底解説

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件