50代薬剤師の転職で成功する人と失敗する人のポイント

50代薬剤師の転職

50代で転職をしようとすると、「転職先が見つかるだろうか?」と不安になる人が多いのではないでしょうか?

一般的な50代は転職をするのがとても難しいですが、薬剤師であれば50代でも転職先は見つかります。

この記事では、転職で成功する50代薬剤師と失敗する50代薬剤師の違いをご紹介します。

50代薬剤師が転職したい理由

50代の薬剤師はどんな理由で転職を考えるのでしょうか。

まずは、50代薬剤師が転職を考える理由をご紹介します。

体力的につらい

30代や40代のころは少し体力的に無理をしても回復ができますが、50代になると体力的に無理がきかなくなってきます。

特に夜勤のある病院薬剤師や商品の品出しや陳列業務のあるドラッグストア薬剤師は、体力的なつらさを感じているかもしれません。

定年まで働くことを考えると、体力的に余裕がある職場に転職したいと考えるのではないでしょうか。

調剤を経験したい

MRや開発職として長年企業薬剤師として働いてきたものの、50代になり「調剤を経験してみたい」と調剤業務のある職場に転職を考える人も多いようです。

人手不足で悩んでいるドラッグストアや調剤薬局であれば、50代で調剤未経験の薬剤師でも転職がしやすいですよ。

子育てが落ち着いたので仕事に復帰したい

妊娠や出産を機に退職した薬剤師が、50代になって子育てが落ちついたので仕事に復帰するケースも多いです。

薬剤師業務から長い期間離れていた場合は、以前働いていたころとは仕事の方法が変わっていることも多いので、また1から勉強する気持ちがあることをアピールすると面接でも印象がいいでしょう。

薬剤師のよくある転職理由と面接でのベストな伝え方

50代薬剤師の転職状況

30代や40代と違い50代が応募できる求人自体少なく、会社の方針で50代以上は採用しないと決めている会社もあります。

そういった会社は書類選考などの応募の時点で採用になりません。

書類選考や応募で不採用になったからといってすぐにあきらめていては、転職に成功することができないので、転職したいという強い気持ちがあるのであれば転職活動を続けましょう。

どんなに経験豊富で人柄が良くても50代は転職市場では不利な立場です。

不採用が続いても気にせず転職活動を続けましょう。

50代で管理職に転職するのであれば、薬剤師としての長年の経験とスキルをアピールしましょう。

研修認定薬剤師や実務実習指導薬剤師などの資格を持っていると、管理職として活躍できると思ってもらえます。

管理薬剤師の経験があれば、管理職として問題なく転職できるでしょう。

ただ、経験豊富な50代薬剤師は「仕事にこだわりがある」場合が多く、こだわりをアピールしすぎると、「転職後の新しい環境でうまくなじめないのではないか?」、「新しい職場のやり方に慣れないのではないか?」と応募企業に思われてしまいます。

プライドが高い、柔軟性がないと思われると採用を見送られてしまうので、謙虚な姿勢でいることが大事です。

50代薬剤師の転職後の年収はどのくらい?

管理薬剤師の経験があり調剤業務経験も豊富な50代薬剤師であれば、年収600万円ほどをもらえることができます。

人手不足の薬局や地方薬局では年収700万円以上もらうこともありますよ。

管理薬剤師経験がなくても調剤経験があれば、一般的な薬剤師は年収550万円から550万円はもらえるようです。

50代の薬剤師で転職に成功する人の特徴

50代薬剤師の求人は30代や40代に比べると少ないですが、コツをつかめば転職は可能です。

50代薬剤師でも転職に成功する人の特徴をご説明します。

経験を生かせる職場を探す

50代で未経験の業種に転職することも可能ですが、求人数は極端に少なります。

さらに、業種未経験の50代を採用したいと考える企業も少ないので、50代薬剤師は経験を生かせる職場に転職するのがおすすめです。

即戦力として働けることをアピールできれば、希望条件の職場に転職できるでしょう。

謙虚な姿勢をアピールする

50代は経験豊富なのでプライドが高くなってしまう人もいます。

プライドが高いことが悪いわけではありませんが、転職においては「プライドが高い」と思われると「一緒に働きにくそうだ」、「こだわりが強くて、新しい仕事を覚えるのが大変そうだ」とみなされてしまいます。

できるだけ謙虚な姿勢で面接に臨むことで転職活動がうまくいきやすくなります。

体力の衰えを自覚している

50代になると、それまでは問題なくこなせていた仕事も体力的につらく感じることがあります。

年を取るにつれて体力が衰えるのは自然なことです。

体力の衰えをしっかりと自覚することで、自分に合った転職先に転職することができます。

特に60代や定年後も働くことを考えると、毎日の勤務内容に無理がない方が長く働き続けることができます。

夜勤がある病院薬剤師、忙しい総合病院の門前薬局の薬剤師、ドラッグストア薬剤師は体力的につらさを感じやすい業種です。

眼科や整形外科の門前薬局の方がゆったりと働けるので50代薬剤師の転職先としておすすめです。

柔軟な働き方を選ぶ

50代薬剤師が応募できる求人はパートやアルバイトの勤務形態のものも多いです。

50代は「定年まで働ける時間が限られていること」や体力的な問題で、正社員で採用するよりはパートやアルバイトで採用しようと考える企業が多いのが現状です。

正社員にこだわりすぎるとなかなか転職ができなくなってしまうので、パートやアルバイト、派遣など働き方を柔軟に選びましょう。

転職を急ぎすぎない

早く転職したいからといって急いで妥協して転職先を決めてしまうと転職後に後悔してしまうかもしれません。

「せっかく転職したのに、またすぐに転職活動をする」ということにならないように、希望条件に合う求人が見つからないのであれば急がずに自分に合った求人が出るまで気長に待つことも大事です。

転職に成功している50代薬剤師は、自分の希望条件に合った求人が出るまでじっくり待つ人が多いようです。

50代の薬剤師で転職に失敗する人の特徴

50代薬剤師でも転職に成功する人がいる一方、失敗してしまう人もいます。

50代薬剤師で転職に失敗する人の特徴をご紹介します。

管理職にこだわる

「管理職として働きたい」と高い目標を持つことはいいことですが、管理職にこだわりすぎると転職で後悔してしまうかもしれません。

「管理職」だけに気を取られて、職場の雰囲気や忙しさなどを転職前に確認せずに入職してしまうと、「思っていたよりも忙しくて体力的につらい」、「職場の雰囲気が悪い」ということに気づき、またすぐに転職することになるかもしれません。

管理職という条件だけにこだわらず、体力が衰えてくる50代薬剤師には自分が働きやすいかどうかも重要です。

業種にこだわる

50代薬剤師は30代や40代よりも求人が少なくなるので、転職先の業種も限られています。基本的には50代薬剤師の転職先はドラッグストアか調剤薬局です。

病院は新卒採用が主流なので中途採用はほとんどなく、中途採用の求人が出たとしても20代や30代を採用するでしょう。

病院薬剤師としても経験がないのであれば、50代から病院薬剤師として転職するのはかなり難しいです。

50代薬剤師が転職するのであれば、業種にこだわりすぎず、「土日に休める」、「決まった時間に帰ることができる」、「忙しすぎない」など働きやすさを優先して求人をチェックしましょう。

年収が下がることを妥協できない

MRで働いていて調剤未経験から転職を考える薬剤師は多いですが、調剤未経験から転職する場合は年収が大幅に下がります。

MRで年収1,000万円稼いでいたとしても、調剤未経験で50代から調剤薬局などに転職すると年収は450万円程になります。

「年収が下がっても調剤を経験してみたい!」という強い思いがないのであれば、MRで調剤未経験から薬局やドラッグストアへの転職はおすすめしません。

薬剤師の転職でよくある失敗と後悔する人の特徴!

50代の薬剤師転職を有利に進めるためのコツ

50代薬剤師が転職を有利に進めるためには、いくつかポイントがあります。

50代の転職活動のポイントをつかんで、転職活動を有利に進めましょう。

転職サイトに登録する

50代薬剤師が転職を有利に進めるために、転職サイトに登録しましょう。

転職サイトでは、登録後に求人チェック、面接調整、条件交渉などをすべて自分で行うタイプと登録すると担当コンサルタントがついて、キャリアプランの相談、求人紹介、面接日の調整、書類添削、面接対策、条件交渉、入職穂のアフターフォローを代わりに行ってくれるタイプがあります。

50代薬剤師におすすめなのが、担当コンサルタントと転職活動を進められる転職サイトです。

応募できる求人自体が少なくなる50代薬剤師は、自分で求人を探すよりも薬剤師の業界に詳しいコンサルタントに相談しながら求人を決めて面接対策をする方が、転職活動がうまくいきやすいです。

転職で不安に思っていることや細かい希望条件も相談できるので、転職が初めての人も安心して転職活動を進めることができます。

転職サイトでは、登録しないと紹介してもらえない非公開求人を多くもっています。

それぞれの転職サイトが、他にはない独占求人を持っていることもあるので、条件のいい求人を見つけるためにも、転職サイトは複数登録しましょう。

薬剤師におすすめの転職サイト比較ランキング【2018年】

転職希望先の職場を見学する

求人票だけでは、職場の雰囲気や実際に働いている薬剤師を知ることができません。

職場の内部情報はコンサルタントも教えてはくれますが、やはり実際に自分の目で見て、体験してみるのが一番です。

職場見学や職場体験をお願いしてみましょう。

職場に若い人しかいなければ50代は不採用になるかもしれないですし、40代50代くらいの薬剤師が多く働いていれば採用される可能性が高いかもしれないということが分かります。

職場体験ができれば、実際に一緒に働く薬剤師やスタッフの雰囲気も知ることができます。

自分がなじめそうかどうか職場見学や職場体験で判断することは転職活動において重要です。

コツをつめば50代薬剤師の転職はうまくいく

薬剤師は50代でも転職は可能ですが、応募できる求人は少なくなります。

ですが、ご紹介した50代薬剤師が転職で成功する特徴や転職を有利に進めるコツを参考にしていただければ、十分に転職は可能です。

求人数が少ない分、働き方や条件にこだわりすぎないことも50代薬剤師が転職で成功する秘訣です。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件